カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

「カーリースは高い」って本当?カーリースが本当にお得かどうか徹底検証!

個人向けのカーリースの人気はとても高いですが、その一方で「カーリースを利用したら高くついてしまった」「カーリースは高いので損だ」という意見もあります。実際のところ、カーリースの料金は高いのでしょうか?

カーリースの料金はどのようにして設定されているのか?

そもそもの問題として、カーリースの料金はどのように設定されているのかを知っておきましょう。

一般的な個人向けのカーリースでは、リース期間終了時点での車両の下取り価格を予想して価格を設定します。これを「残価設定」と呼びます。そして、「残価」を「車両本体価格」からあらかじめマイナスするのです。

例えば、新車価格150万円の車を5年契約でリースする場合、車両の5年後の「残価」を60万円に設定したとすると、150万円から60万円を差し引いた90万円がリース料金を算出する元の金額になります。

ただし、この金額にはリース期間中に発生する「新車登録手数料」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検費用」「点検・整備費用」「消耗品交換費用」などが加えられます。さらに「金利」も上乗せされます。最終的に合計金額を契約月数で割った料金がリース料金となります。

カーリース会社によってリース料金にどの費用が含まれるのかは異なりますので、詳細は各カーリース会社にお問い合わせください。

 

「カーリースは高い」は本当か!?

一般的な個人向けのカーリースでは「残価設定」がおこなわれ「車両価格」から「残価」をあらかじめ差し引きます。ローンで購入する場合よりも「残価」の分だけ言わば「割引」になるわけですから、カーリースの料金が高いということはなさそうです。

事例として、「ニッサン ノート」(2WD X ホワイト)の場合、5年契約のカーリース(オリックスカーリースの「いまのりくん」プラン)と金利6%のローン購入とでどちらが高いかをシミュレーションしてみました。

「いまのりくん」プランですと、月々のリース料金は32,724円となりました。5年間(60ヶ月)支払い続けると、32,724×60か月で総額1,963,440となります。

ただし、リース料金には「車両本体価格」のほかに契約期間中に発生する「自動車取得税」「新車登録時手数料(車庫証明代行手数料、納車費用等)」「自動車重量税」「自動車税」「自賠責保険料」がコミコミとなっています。

さらに、リース期間中の「車検費用」や「オイル交換(半年ごと)」が無料になるクーポンも付いています。

一方、ローン購入の場合はどうでしょうか?車両価格は約150万円ですが、それに加えて税金や自賠責保険料、登録諸費用がかかりますから、車購入時に必要な費用は1,649,339円となりました(1月登録の場合)

年率6%の金利の5年ローンで支払う場合、月々の支払いはどれくらいになるでしょうか?

四捨五入して165万円の金額でシミュレーションしてみますと、初回支払額が37,747円、2か月目以降の支払額が31,800円となりました。総支払額は37,747円+31,800×59カ月で1,913,947円ということになります。

さらに、ローン購入の場合は、この費用に加えて5年間のうちに「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検費用」「オイル交換費用」などの出費があります。これらにかかる費用を計算してみると合計335,000円になりました。

そのため、ローン購入の場合にかかる5年間の総費用は、1,913,947円+335,000円で2,248,947となります。カーリースの総額が1,963,440でしたから、ローン購入の方が約29万円高いということになりますね。

つまり、カーリースがローン購入よりも高いということはないのです。

 

「カーリースは高い」場合がある!

では、なぜ「カーリースを利用したら高くついた」「カーリースは高いので損だ」などの意見があるのでしょうか?

まず、カーリースはリース期間満了まで料金を支払い続けても車が自分の物にならない、ということがあります。

先程の例で言えば、カーリースの方が約29万円安いわけですが、その代わりに5年後の時点で車をカーリース会社に返却しなければならないのです。一方、ローン購入の場合は支払いが終われば完全に自分の物になります。

このように、せっかく支払い期間を終えたのに車が自分の物にならないことが「カーリースは高い」というイメージにつながっている可能性があります。

カーリースではリース期間終了時に返却車両の査定がおこなわれます。車の損耗状態によっては「査定価格」が契約時に設定した「残価」を下回り、差額を清算金として請求されることになります。

リース期間中に車を大切に扱わないと高い費用を請求され「カーリースを利用したら高くついた」という結果になりかねません。

契約プランによっては、契約期間終了後にリース車両を買い取れる場合がありますが、買い取った場合の総費用はローン購入よりも高いです。

カーリースの場合、金利が一般的なローンよりも高い利率に設定されており、しかもリース料金の「車両価格」以外の部分にも金利がかけられているからです。

カーリースを利用している状態で、最終的に車を買い取った場合には、カーリースはローンよりも高いということになります。このため、「車を自分の物にしたい人」の場合はカーリースを利用するのではなく最初からローンで購入した方が良いということになります。

「カーリースが高くつく」別のケースとして中途解約があります。カーリースは原則として中途解約できないことになっており、やむを得ない事情で解約する場合には高額な費用が必要になります。

カーリース会社によって違約金の計算方法は異なりますが、多くの場合、途中で解約しても残りの全リース期間の料金を支払わなければなりません。このような理由から、中途解約した人にとっては「カーリースは高いので損だ」ということになるのでしょう。

 

まとめ

今回は「カーリースは高いのか」というテーマで見てきました。「残価設定」がある分、カーリースの料金は高いどころかリーズナブルであることがわかりましたね。

確かに「カーリースは高い」という意見も存在しますが、それはカーリースの特徴や注意点をよく理解せずに利用してしまった人の感想である場合が多いです。

「車が自分の物にならなくて構わない人」、「一定の期間だけ車が必要な人」、「車の管理は業者に任せたい人」、「月々の支払いを安定させたい人」などにとって、カーリースはむしろお得で便利なサービスだと言えるでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースと割賦(かっぷ)は同じもの?カーリース・レンタル・割賦の違いを解説!

マイカー購入とレンタルの違いは分かるけれど、カーリースと割賦(かっぷ)の違いとなると、はっきりと説明できない方もいます。この記事では、カーリースとレンタル、割賦の違いを詳しく説明します。違いを見極めて、ご自分にふさわしい利用方法を見つけましょう!

カーリースは何年契約が一般的?契約期間の選び方の基礎知識をご紹介

「カーリースを利用したいけれど、何年契約が普通なのだろう」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、カーリースは何年契約が一般的なのか、契約期間はどう選べば良いのか、長期・短期のそれぞれでどんな人に向いているのかなど、基礎知識を解説しています。おすすめのカーリースサービスもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください!