カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

「リースで新車」が大人気!そのヒミツとは!?

以前は法人向けが主流だったリースも近年では個人向けの商品がどんどん増え、今や車の購入手段の一つとして一般的になってきました。ローンでの購入を検討している方はぜひ一度、リースと比較してみてください!

ローン購入との違いは?リースはどうして人気があるの?

リースの人気のヒミツはたくさんありますが、代表的なものを挙げるとすると「月々の支払いが安定する」「手続きや支払いを任せられる」「低予算で乗れる」などがあります。

(1)月々の支払いが安定する

車両代金に諸費用を加えた金額を分割で支払うローンの場合、車検、自動車税、自賠責保険、法定点検、消耗品の交換など、維持費として様々な費用が別途必要になります。

 

リースでは、車両代金、諸費用のほか車検基本料、自動車税、重量税、自賠責保険料、法定点検料、メンテナンス料などが全て込みのプランがほとんどです。

 

リース期間中に必要なこれらの維持費を算出し、リース月数で割った金額を月々のリース料金としていますので、車検時に「まとまったお金を用意しなければ…」といった心配が要りません。

 

なお、ボーナス払いを併用する場合はボーナス月に別途加算額を支払います。

(2)手続きや支払いを任せられる

車の使用者は契約者本人になりますが、所有者はリース業者です。そのため車検、自賠責保険、自動車税、重量税などの支払いや手続きをリース業者に任せられます(納税証明書などもきちんと送ってもらえます)。

 

また、もし事故や故障などで保険を使う場合も保険会社とのやりとりを任せられますし、修理工場の手配なども一任することが可能です。

 

ローンで購入した場合はこれらの手続きや支払い、手配などを自分で行わなければなりませんので、リースは時間・精神的にもかなり負担が少なくなります。

(3)低予算で乗れる

ローンで購入する場合は最初にまとまった頭金を用意する必要がありますが、リースは基本的に頭金が不要です。そのため少ない予算でも気軽に新車に乗り始めることができます。

 

頭金を入れることでさらに月々のリース料金が割安になるプランもありますので、ある程度用意できるという方は頭金を用意しても良いでしょう。

 

また、リースでは残価設定をしています。残価とはリース期間満了後に予測されるその車の価値で、いわゆる下取り価格のようなものです。

 

例えば、300万円の車の7年リース後の価値が50万円であると予測した場合、250万円の車としてリースすることになりますので、さらに月々の料金がお得になります。

 

同じ車種でもリースの方がお得って本当!?

リース業者は、ディーラーや販売店から新車を一括で仕入れることがほとんどです。そのため割安で購入することができ、その分がリース料金にも反映されます。

 

同じ車種であってもディーラーで購入するよりお得になっていることがほとんどです。このように、意外な部分でもリースのメリットが得られ、カーリースはとても魅力的な購入方法と言えるでしょう。

 

リースにもデメリットがある!知っておきたい注意事項

メリットだらけのリースですが、もちろんデメリットもあります。後から「知っていれば良かった」ということがないように、しっかり押さえておきましょう。

■自分のモノではない!

リース期間中の車の所有権はあくまでリース業者にありますので、自分の所有物にはなりません。

 

ただし、その車が気に入った場合はリース期間満了後に車を買い取ったり、そのままもらえたりするプランを用意しているリース業者もいますので、必ず返却しなければならないものではありません。

■走行可能距離が決められている!

月間○kmまで、年間○kmまでなどリース業者や契約内容によって異なりますが、基本的にはリース期間中に走行できる距離が決められています。

 

この距離をオーバーしてしまうとその分だけ車の価値が下がることになりますので、返却時に超過料金(残価が下がった分)の支払いを求められることになります。

 

毎日通勤で使用して、毎週末は家族で旅行!など走行距離が多くなりそうな場合は、あらかじめ多めに設定できるリース業者を選ぶと良いでしょう。

■自由なカスタマイズはNG!

ディーラーが販売しているオプションや特別仕様などは、リース業者が購入する際に自由に選択できますが、契約後のカスタマイズは制限されます。

 

勝手にカスタマイズをしてしまうと違約金が発生したり、返却時に元の状態に戻すための費用がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

■大きな事故にはご注意!

自走が不可能なほどの事故や廃車になってしまうような大きな事故は即解約となり、解約金や残金などをまとめて支払わなければならないことがあります。

 

事故は自分に落ち度がなくても車に乗っている以上常につきまとうリスクですが、大きな事故を防ぐためにもくれぐれも安全運転を心がけましょう。

■中途解約には解約金が発生する!

リース月数で月々のリース料金や残価設定をしていますので、もし途中で解約するとなるとリース業者が損害を被ってしまいます。

 

そのため、原則として中途解約は不可とされていますが、中にはどうしても解約をしなければならないケースもあると思います。

 

解約金を支払うことで解約に応じてもらえるケースもありますので、その場合は速やかにリース業者に相談をしましょう。

 

これらをデメリットと感じるかどうかは使い方次第ですが、利用する前に知っておきたいポイントです。

 

いざリース!どの業者がオススメ!?

リースの魅力はお分かりいただけましたでしょうか?

 

いよいよリースを検討する!という場合、リース業者ごとにそれぞれ様々な特徴がありますので迷ってしまう方も少なくないと思います。

 

オススメの業者をピックアップしていますので、ぜひ参考にしてください。

■人気急上昇!もろコミ(カーコンビニ倶楽部)

走行可能距離:月間2,000km(相談可)

 

カーコンビニ倶楽部のもろコミは、リース業界に参入してまだ新しいのですが、ここ数年で人気が急上昇しています。

 

その理由としては

・他の業者と比べて安い

・リース期間満了後に車が「もらえる」

・支払いプランを契約者が自由設計できる

・とにかくいろいろと融通が利く

 

などが挙げられます。「もろコミ」の名前の通り、リース料金には車検基本料、自賠責保険料、自動車税、重量税などが含まれていますし、月々2,700円を追加するだけでメンテナンスなども任せることができます。

 

《スズキ・ワゴンRのリース料金例》

・もろコミ7(7年リース)

8,100円(ボーナス月加算額75,168円)

*月々均等払いでは20,628円

 

・もろコミ9(9年リース)

8,100円(ボーナス月加算額57,672円)

*月々均等払いでは17,712円

 

なおもろコミ7では5年経過後、もろコミ9では7年経過後にそれぞれ車を返却したり、別の新車に乗り換えることができます。

 

>>もろコミ(カーコンビニ倶楽部)

 

■分かりやすい料金!定額ニコノリパック

走行可能距離:5年間で60,000kmまで

 

定額ニコノリパックは5年リースの商品で、月々1万円、2万円、3万円などキリが良く分かりやすい料金設定になっています。

 

契約満了後には「返却して別の新車をリース」「同じ車を再リース」「契約時に設定した残価を支払うことで車を買い取る」の3パターンですのでもろコミのように車をもらうことはできません。

 

《スズキ・ワゴンRのリース料金例》

10,800円(ボーナス月加算額67,200円)

*月々均等払いでは22,896円

 

>>定額ニコノリパック

 

■3つのプランから選べる!オリックスカーリース

走行可能距離:月間2,000km以下

 

オリックスカーリースの特徴は何と言っても5年リースの「いまのりくん」、7年リースの「いまのりセブン」、9年リースの「いまのりナイン」の3つのプランから選べるということです。

 

長く乗りたい、早めに乗り換えたい、という希望に応じて選ぶことができます。いまのりセブンでは5年経過後に、いまのりナインでは7年経過後に返却や乗り換えが自由にできます。

 

《スズキ・ワゴンRのリース料金例》

いまのりくん 24,948円
いまのりセブン 20,844円
いまのりナイン 17,388円

 

>>オリックスカーリース

 

■ガソリン代がお得に!コスモスマートビークル

走行可能距離:月間500km以内/1,000km以内/1,500km以内から選択

 

コスモスマートビークルでは「ホワイトパック」「シルバーパック」「ゴールドパック」という3種類のメンテナンスパックが用意されていて、それぞれガソリン代が月間100Lまで1Lにつき「1円引き」「3円引き」「5円引き」になります。

 

全国のサービスステーションでメンテナンスを受けることもできますので、遠出した時なども安心感があります。

 

《スズキ・ワゴンRのリース料金例》

36ヶ月 60ヶ月 84ヶ月
ホワイトパック 32,460円 22,788円 18,900円
シルバーパック 34,560円 25,596円 21,924円
ゴールドパック 37,260円 28,296円 24,624円

 

>>コスモスマートビークル

 

このようにリース業者ごとに様々なプランが用意されています。自分の乗り方に合わせて最適なプランをぜひ、見つけてください。

人気カーリースを見る

 

関連する記事

ガソリンスタンドで有名な “出光”のカーリース、どんなメリットがある?サービス内容や申込みの流れなどをご紹介!

出光といえばガソリンスタンドのイメージが強いですが、カーリース事業を展開していることを知っていましたか。出光のカーリースでは、ガソリンスタンド事業の強みを活かしたメリットがあり、その他にも、様々なメリットが盛りだくさんになっています。今回は出光のカーリースのサービス内容や、納車までの流れなどを紹介していきます。

カーリース会社の有名どころはココ!おすすめカーリース会社の特徴やメリットを解説

カーリースの利用を検討されている方にとって、カーリース会社選びは非常に重要です。料金やサービス内容で比較していくのもいいですが、有名な会社を選ぶというのも安心感があって良いでしょう。有名なカーリース会社は、知名度の高さなどを活かしたメリットが多くあります。今回は、そんな大手カーリース会社の特徴やメリットを紹介します。

「自家用車向けマイカーリースが人気急上昇!カーリースの基本から審査や申込みの流れなどを詳しくご紹介」

昨今の自家用車ユーザーの所有動向として「自分で購入するよりカーリースする方が楽!」という考え方が流行になりつつあるようです。そもそも、カーリースのシステムとは一体どんなものなのでしょうか? 今回は、人気上昇中のマイカーリースのシステムやサービス内容、審査や申し込みの流れ等を詳しく解説していきたいと思います。

普通乗用車も軽自動車も福祉車両も!カーリースをかしこく利用して手軽に乗り始めよう

カーリースではどんな車種が利用できるのか、あまり考えたことがない方もおられるかもしれません。カーリースでは、軽自動車から乗用車、福祉車両まで豊富なラインナップがあり、中には業務用トラックなど、作業車のカーリースもあります。今回は、乗用車などをカーリースする際に知っておきたいポイントをお教えします。