カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

人気急上昇中のカーリース!一方で解決すべき課題も?カーリースのメリットとデメリットを知っておこう

人気の車の利用法として知られているカーリース。車の利用に関する費用に支払い方に特徴があり、カーシェアやレンタカーなどとは異なったメリットがあります。しかし、人によっては、メリットだけではなくデメリットもあり、これに関してはカーリースの解決すべき課題と言えます。今回は、カーリースのメリット、デメリットを取り上げながら、カーリースの持つ課題についてまとめていきます。

カーリースの基本的な仕組みとは?

そもそもカーリースという車の利用スタイルについて知らない人もいるかと思います。ここではまず、カーリースの基本的な仕組みを解説しながら、カーリースのメリットを挙げていきましょう。

カーリースとは、車を一定期間、月々の利用料金を支払いながら乗ることができるという仕組みとなっています。車を一定期間利用する点においては、レンタカーと似ていると思われたかもしれません。

カーリースとレンタカーの違いとしては、レンタカーは乗ることができる車種も限定的で、レンタル期間も短期間が中心の乗り方となります。一方、カーリースでは、比較的選べる車種が多く、利用期間も数年単位になっています。レンタカー特有の「わ」ナンバーに関しても、カーリースでは取り付けの必要がありません。

カーリースにおける、利用料金の内訳については、車体価格、保険、税金、メンテナンス費などが含まれています。つまり、カーリースで車を利用すると、月々の料金以外でかかる費用を単純化することができます。

カーリースの基本的な仕組みとしては、このようになっています。次に、この仕組みからわかるカーリースのメリットをまとめていきます。

1.カーリースのメリット 頭金が必要ない

車を購入するときにローンを組むために頭金が必要となりますよね。カーリースでは、基本的に頭金などのまとまったお金は必要ではありません。料金に関しては、月額で一定となっているので、初期費用がかからないというメリットがあります。

2.カーリースのメリット 税金・保険・車検は月額料金に含まれる

カーリースの特徴として、月額の利用料金に税金、保険、車検などが含まれています。また、車の所有者はカーリース会社となっているので、税金の支払いから、車検、保険に関する面倒な手続きに至るまで、カーリース会社に任せることができます。

3.カーリースのメリット メンテナンスも受けられる

カーリースの契約プランにメンテナンスに関する項目を入れると、提携している工場などでメンテナンスを受けることができます。自分であれこれやらなくてもいいので、安心していい状態の車に乗ることができます。

4.カーリースのメリット 月々の出費を一定にできる

カーリースでは基本的に月々の利用料金は一定になっているので、毎月の出費を一定にすることができます。急な出費を避けることができるので、計画的な利用ができます。

5.カーリースのメリット 色んな車に乗れる

カーリースでは、選べる範囲から好きな車を選ぶことができます。好きな車に乗ることができるうえに、契約満了後に別の車で再契約するなど、色々な車に乗ることができるというメリットがあります。

 

便利なカーリース!しかし、一方でこんなデメリットも…

カーリースには、色々なメリットがあることが理解できたと思います。しかし、当然ながらカーリースにもメリットだけではなく、デメリットがあります。カーリースの利用を考えている方は、メリットとデメリットを両面から知ったうえで、判断したほうがいいでしょう。

ここでは、カーリースのデメリットをまとめていきます。

1.カーリースのデメリット 走行距離が制限される

カーリースでは、契約時に想定される走行距離から、利用料金が設定されます。そして、利用時に、想定した走行距離を超過してしまった場合、追加料金がかかってしまうことがあります。

そのため、カーリースを利用するなら、走行距離が想定できる人でないと、向いていないでしょう。毎日通勤で車を利用する人であれば、おおよその走行距離はわかりますが、使用頻度が不規則かつ長距離な場合には、カーリースはおすすめできないこともあります。

2.カーリースのデメリット 自分の車のようには扱えない

カーリースでは、契約期間中に車をカーリース会社から借りている状態になります。そのため、契約期間中は、マイカーのようにカスタマイズをしたり、ドレスアップしたりすることもできません。

契約満了時に車を買い取った場合に関しては、後にマイカーとして利用することができますが、契約期間中に関しては、自分の車ではないので、窮屈に感じる可能性があります。

3.カーリースのデメリット 契約満了時に追加請求の可能性あり

カーリースでは、契約時に「残価設定」を行います。この「残価」とは、残存価値のことで、カーリース利用後に、残っている車体の価値を示しています。カーリースの契約時には、契約期間や走行距離などから、想定される残価を設定し、車体価格から差し引いた分が月額料金となります。この残価については、契約満了時に清算を行います。

つまり、契約時に想定した残価と、契約満了時の実際の査定額を比較し、差額を清算します。この時に、査定額が残価を下回っていた場合、追加料金が請求されます。逆に、差額が戻ってくる場合もありますが、カーリースでは、残価設定による追加料金の支払いの可能性があることを知っておいてください。

 

デメリットから見えてくるカーリースの課題、解決するには?

カーリースに関する3つのデメリットを挙げましたが、これらの課題を解決するにはどうすればいいでしょうか。

まず、1つ目の走行距離の制限に関する課題については、走行距離を柔軟に設定できる契約プランやカーリース会社を選ぶことで解決できます。

例えば、契約時に想定する走行距離は1,000㎞/月に設定しながらも、2000㎞/月までの超過までならOKといったプランが考えられます。走行距離に関して不安のある方は、このように柔軟に対応してくれるカーリース会社を選びましょう。

2つ目に関しては、契約満了時に車を買い取るプランを選ぶと、契約終了後、使っていた車をマイカーにすることができます。マイカーにすれば、ドレスアップもカスタマイズも思い通りになります。

3つ目に関しては、できるだけ車を丁寧に利用したり、契約プランにメンテナンスに関する項目を盛り込んだりして、定期的なメンテナンスを受けることで、車を良好な状態に保つようにすると解決できます。

 

課題を解決してくれるおすすめのカーリース会社をご紹介!


ここでは、カーリースの課題について、実際に解決してくれるおすすめのカーリース会社を紹介します。取り上げるのは、カーコンカーリースもろコミ、オリックス、コスモスマートビークルの3社です。

1.カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースもろコミでは、毎月の走行距離が2,000㎞/月と長く設定されており、契約満了時に車が貰える契約プランがあります。また、残価設定が0円ということもカーコンカーリースもろコミの特長です。

2.オリックス

オリックスも走行距離を2000㎞/月と長く設定することができます。契約満了時には、車を自分のものにするプランもあります。

3.コスモスマートビークル

コスモスマートビークルでは、走行距離に応じて契約プランを選ぶことができます。契約時に、走行距離をしっかりとシュミレーションすることで、自分にあったプランを選べます。

人気カーリースを見る

関連する記事

おすすめの7年契約のカーリースプランをご紹介!

カーリースの契約期間はリース会社や契約プランによって様々な種類があります。 1ヶ月単位で契約できる短期のカーリースもあれば、7年や9年などの長期にわたるカーリースもありますので、自分のライフスタイルに合わせて契約期間を選択することができます。 今回の記事ではおすすめの7年契約のカーリースプランをご紹介していきます。

料金は月々1万円以下!格安のカーリースサービスをご紹介

車を購入すると何かとお金がかかるものです。ローン代に加えて税金やメンテナンスのための出費などがあり、費用がかさみます。しかしながら、今では軽自動車であれば、月々1万円以下の料金で新車をリースできる時代になりました。実際に、車を購入する代わりにカーリースを利用する人も多くなっています。ここでは、月々1万円以下の料金で利用できるカーリースサービスをご紹介します。

カーリースのサービス内容とは?メリットやデメリット、今注目のカーリース会社のサービスまで詳しくご紹介!

これまでは新車を導入するとなると、購入するのが一般的でした。新車の購入の際には現金で一括購入するか、オートローンを利用するかの二択でしたが、どちらにしてもかなりの初期費用がかかります。 新車の購入はマイホームの次に大きな買い物である、というのがこれまでの一般的な認識だったのではないでしょうか。ですが、話題となっているカーリースは、今までの認識を覆すようなサービスとして注目を集めています。 ここでは、カーリースのサービス内容についてはもちろん、メリット、デメリットについても詳しくご説明します。