カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

『忘れていた!』とならないために…車検を受けるのに必要な持ち物を知っておこう!

車の維持のためには避けて通れないのが定期的に受けることが義務付けられている車検の存在だと言えるでしょう。万が一、車検が切れた車を公道で走らせると道路交通法違反で刑事処分を受けることになるので、車検は必ず受け、自分の車が国土交通省の定める安全基準を満たしていることを確認する必要があります。 しかし、車を維持するために必要であることは理解していても、やはり車検は煩わしいものであり、問題なくクリアしたいのが本音です。書類に不備があると車検を受けることができませんので、車検場で「忘れていた!」とならないために、車検に必要となる書類など、車検の際の持ち物を紹介します。

車検時に必要な持ち物は?

車検は定期的に受ける必要がありますが、個人で使用するマイカーで普通自動車や軽自動車を利用している場合、利用者が関係する車検は一般的に継続車検と呼ばれるもので、新車登録後3年目が最初の車検となります。

それ以降は2年ごとの車検となるため、決して頻度が高いものではなく、車検時に必要な持ち物は案外忘れがちです。現在、車検はディーラーや整備工場、大型自動車用品店やガソリンスタンド、車検代行専門業者などが代行を行っており、多くの方がこれらの業者に車検を依頼すると考えられます。

車検当日に業者から不足した書類などの催促を受けないように、車を業者に引き渡す際に用意し、業者に渡すべき持ち物として次のものが挙げられます。

車検証

自動車検査証と呼ばれるもので、車検はこの書類を更新するために行われるので車検には欠かせない持ち物です。通常車内のグローブボックスなどで保管されていますが、万が一、紛失している場合は再発行が行えます。

納税証明書

毎年発生する自動車税の納税を証明するもので車検を受けるためには「継続検査用」と記載されたものが必要となる重要な持ち物です。万が一、紛失した場合は自動車税事務所で再発行を受けられるので、事前に確認をしておく必要がある持ち物だと言えるでしょう。

自賠責保険証

現在は自動車損害賠償責任保険証明書と呼ばれますが、一般的に強制保険などと呼ばれる保険証で、保険が有効期間中であることの確認のために必要となります。一般的に車検証と共に車内で保管されるものですが、紛失していないかを確認すべき持ち物であり、紛失の場合は、契約した保険会社で事前に再発行する必要があります。

認め印

車検証の使用者の欄に記載されている名義の印鑑が必要となりますが、いつも持ち歩く持ち物のなかにシャチハタなどのスタンプ印があっても、スタンプ印は使用できませんので、事前に印鑑を持ち物に追加しておく必要があります。

車検費用

一般的に車検代行業者に依頼する場合、車検費用の支払いは車検終了後、車の受取時に行いますが、車検当日の持ち物に車検費用は含めておくべきでしょう。

盗難防止ロックナット用アダプター

意外と見落としやすい持ち物として、タイヤ盗難防止用ロックナットのアダプターが挙げられます。車検整備の際にタイヤを取り外すケースもあるので、盗難防止用ロックナットを装着している場合は忘れずに持ち物の中に加えてください。

 

ユーザー車検では持ち物が少し違う?

前項では、車検代行業者に車検を依頼する場合の持ち物を紹介しましたが、車検には業者に依頼することなく、利用者が直接「陸運支局」に車を持ち込んで行うユーザー車検という方法も存在します。

車検を依頼する場合は車検基本料と呼ばれる車検整備や車検代行手数料が発生しますが、ユーザー車検では陸運支局で支払う法定料金のみで車検が受けられるため、車検費用を抑えたい方に人気の車検方法です。

しかし、専門家である車検代行業者を介さない分、必要となる書類が増え、用意するべき持ち物も増加します。ユーザー車検で車検を受ける場合は、次に挙げるとおりです。

・車検証
・納税証明書
・自賠責保険証
・継続検査申請書
・自動車重量税納付書
・自動車検査票
・点検整備記録簿

前記の3つの書類は業者に依頼する場合の持ち物リストに挙げられるものと同じですが、残りの4つの書類はユーザー車検時に必要となる持ち物だと言えます。

継続検査申請書

陸運支局内の販売窓口で購入できる書類ですので、事前に用意する持ち物リストには入りません。用紙代は地域によって異なりますが、東京都の場合1部20円で購入できます。

自動車重量税納付書

新規登録や継続車検、構造変更検査など車検を受ける際には自動車重量税の納付が求められますが、一般的に重量税と呼ばれる税金の納付用の書類です。この用紙に重量税と同額の印紙を貼り付け納付しますが、印紙なども陸運支局内で購入可能ですので事前に用意する持ち物ではありません。

自動車検査票

実際に車検が行われる各検査レーンの担当者に渡し、問題なければ合格印が押される書類で、全ての項目に合格印が押されれば車検が完了する用紙です。こちらも陸運支局内で手に入るので、事前の持ち物リストには入りません。

点検整備記録簿

法定点検で行った内容が記載されるものですが、定期点検整備を行っていなくても車検に影響はありません。一般的に車検証などと共に保管されているので、事前に確認しておきたい持ち物だと言えます。

 

ユーザー車検に必要となる書類は上記の7つですが、業者に依頼する際の持ち物同様、認め印と車検費用、盗難防止ロックナット用アダプターはユーザー車検の際の持ち物リストに入れておいて下さい。

 

持ち物の準備ができたら、いざ車検に!

車検時の持ち物リストに挙げた持ち物が揃えば、車検当日を待つのみです。車検代行業者に依頼する場合の車検当日の流れと、ユーザー車検で車検を受ける場合の当日の流れを紹介します。

車検代行業者に依頼する場合の車検の流れは、次のとおりです。

・車検を予約した期日に業者を訪れ入庫する
・受付で特に整備して欲しい場所があれば伝える
・業者が点検を行い交換が必要な部品などを確認
・交換部品のリストアップと見積りを確認しながら交換の要不要を相談
・交換を行う場合は交換整備作業、不要であれば次のステップへ
・完成検査を行い合格すれば車検完了
・現在の車の状態を係員から説明を受け清算

上記の6から7ステップで車検が終了します。

ユーザー車検の場合の車検当日の流れは次のとおりです。

・予約した期日に陸運支局に入庫する
・必要書類を手に入れ、記入例のとおりに必要事項を記入する
・重量税の納付を行う
・自動車検査票を持ち検査レーンに入庫する
・各検査レーンの担当者に自動車検査票を渡し指示に従って検査を受ける
・全ての検査に合格すれば事務所等で車検証の発行を受ける
・車検証が発行されれば車検完了

上記の7ステップで車検が完了しますが、各検査レーンを回るのには時間がかかるので、車検当日は他の予定を入れないことをおすすめします。

また、検査に合格できなかった部分は当日であれば何度でも再検査を受けられるので、陸運支局の近くの整備工場で整備を行い、再検査を受けましょう。再検査の可能性もあるので、ユーザー車検は午前中に予約するのがポイントです。

 

カーリースで車検無料クーポンがある場合は必ず持っていこう!

多くのカーリースでは車検費用が利用料金に含まれる、メンテナンスリース契約を採用し、カーリースサービスを提供しています。この契約の場合、カーリース会社の指定する提携整備工場を利用して車検を受けますが、カーリース会社から「車検無料クーポン」が発行される場合は、車検時の持ち物リストに忘れずにいれておく必要があります。

車検無料クーポンのシステムを採用するカーリース会社は多くはありませんが、オリックスのカーリースサービスなどで採用されています。クーポンには車検整備費用や印紙代が含まれており、自動車重量税や自賠責保険料などは月々の利用料金に含まれていますので利用者は負担の必要がありません。

しかし、車検時にクーポンを忘れた場合、車検費用は利用者負担となるので持ち物リストの最重要リストに入れるべきでしょう。

他のカーリースサービスの場合も、メンテナンスリース契約を結べば印紙代、重量税、自賠責保険料、自動車税などの車の維持費はカーリース会社の負担となるものが一般的です。利用者の記号する車の代理購入をカーリース会社が行い、貸し出すのがカーリースのシステムですので、新車購入時の頭金の必要もないことから、個人向けカーリースは現在、大きな注目を集めています。

カーリースを利用する場合でも、車検時の持ち物リストは変わりませんので、紹介した車検時の持ち物リストを参考に車検に備えて下さい。
人気カーリースを見る

関連する記事

均等払いでカーリースを利用したい!均等払いでも支払い額を抑えられるカーリースプランの選び方とは?

カーリースといえば、月額一定の料金を支払うことで、車を利用することができるサービスとして知られています。月々の支出を安定させることができるので、家計も計画的に行うことが可能です。しかし、本当にカーリースの利用料金は毎月一定なのでしょうか。今回は、気になるカーリースの均等払いについてまとめていきます。