カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

あなたの月間予定走行距離はどのくらい?カーリースを利用する際に頭に入れておきたい注意点とは

「あなたの月間予定走行距離はどれくらいでしょうか?」これはカーリースを利用するにあたって大切な意味を持つ質問です。なぜ、月間予定走行距離がカーリースにおいて重要なのでしょうか。今回は、その理由をご説明します。

カーリースの仕組みとルールとは?

まず、カーリースの仕組みやルールについて確認しておきましょう。

カーリースは、毎月定額のリース料を支払うことで、カーリース会社から車を借りられるサービスです。カーリースは、数時間から数日間の利用を前提とするレンタカーとは異なり、3年や5年、7年などの長期に及ぶ契約となります。

リースする車はレンタカーのように在庫の中から選ぶわけではありません。ユーザーが希望する車をカーリース会社がディーラーから調達する仕組みになっていますので、さまざまなメーカーや車種から車を選択することが可能です。

個人向けのカーリースでは、残価設定があることが多いです。残価設定とは、契約満了時の車の残存価格(残価)をあらかじめ予測し、車両価格からその金額を差し引くことです。車両価格から残価がマイナスされる分、リース料を安く抑えることができます。

ただし、契約満了時に車の査定が実施され、査定額が残価を下回った場合には、不足分を請求されることもありますので注意が必要です。

月々のリース料には、車両価格や登録諸費用だけではなく、各種税金や自賠責保険料、車検代などが含まれていることが多いです。また、契約によってはオイル交換や消耗部品の交換などのメンテナンスもサービスに含めることができます。

このように、月々のリース料に諸々の費用が含まれますから、毎月の車にかかる費用が安定して家計の管理が容易になりますし、煩わしい車の管理の手間もカーリース会社にお任せすることが可能です。

なお、リース車の所有者はあくまでもカーリース会社です。

ですから、リース車の使用には一定の制限があります。損傷を与えないように大切に扱う必要がありますし、好き勝手に改造やカスタマイズすることはできません。また、毎月の走行距離にも制限が設定されます。

 

リース車を使う際には月間予定走行距離に注意!

先ほど、リース車の使用にはいくつかの制限があることについて見ました。その中でも毎月の走行距離の制限には特に気をつける必要があります。

走行距離を超過するとどうなるのでしょうか?

契約満了時に返却車両の走行距離がチェックされ、走行距離制限(月間走行距離制限×契約月数)を超えていた場合には、超過距離に応じて追加料金が発生します。追加料金の相場は1kmあたり5円~10円くらいです。

また、前の項目でご説明した残価設定は、月間予定走行距離(月間走行距離制限)に基づいて行なわれます。

ですから、走行距離制限をオーバーして使用していた場合には、車の査定額にマイナスの影響が及び、査定額が残価に届かず、精算金が発生してしまうリスクも高まります。

このような理由で、カーリースを利用する際には、月間予定走行距離に十分注意する必要があるのです。

毎日のように車を長く走らせる人や、毎週末かなりの遠出をする人などは、走行距離制限をどうしてもオーバーしてしまうため、カーリースにはあまり向いていないと言えるかもしれません。

 

カーリースを利用する際は月間予定走行距離を念頭に置いて!

前項のとおり、走行距離制限を超過してしまいますと、契約満了時に想定外の出費が発生してしまう可能性があります。

ですから、カーリースを契約する前には自分の月間予定走行距離がどれくらいなのかをしっかりシミュレーションすることが大切です。

通勤や家族の送迎で車を使うなら、往復の距離がどれくらいで、1カ月で何kmくらいになるのか、計算してみましょう。また、週末にレジャーなどで利用するのであれば、どれくらい遠出するのかを考えて、1カ月あたりの距離を計算してみることができます。

このように、自分の月間予定走行距離を具体的に計算して、利用を検討しているカーリースの月間走行距離制限と照らし合わせてみましょう。

月間予定走行距離が制限をオーバーする可能性が高いのであれば、月間走行距離制限が長めのカーリース会社を探したり、カーリース以外の選択肢を考えたりする必要が出てくるでしょう。

ここで、参考までにカーリース会社ごとの月間走行距離制限をご紹介したいと思います。

「定額ニコノリパック」(株式会社MIC)

原則として5年間で60,000kmまでの走行での契約となっていますので、月間にすると1,000kmとなります。

「カーリースまる乗り」(株式会社オートバックスセブン)

月間予定走行距離を1,000kmとしています。

「コスモスマートビークル」(コスモ石油マーケティング株式会社)

月間走行距離制限を、500km、1,000km、1,500kmの3つの中から設定できます。

 

車がもらえるカーリースプランであれば月間予定走行距離の心配なし!

ここまで、カーリースを利用する際には月間予定走行距離に注意しなければならないことについてご説明してきましたが、実は走行距離を気にせずに利用できるカーリースのプランも存在します。

例えば、「オリックスカーリース」(オリックス自動車株式会社)や「カーコンカーリースもろコミ」(カーコンビニ倶楽部株式会社)では、契約満了時に車をそのままもらえるシステムになっているため、走行距離制限超過によって追加料金や精算金が発生する心配がありません。

ここで、上記2社のカーリースの特長をご紹介します。

オリックスカーリース

5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」という契約プランを用意しています。

「いまのりくん」の場合は最後に車を返却しなければなりませんが、「いまのりセブン」と「いまのりナイン」では契約満了時に車をもらうことができますので、走行距離が問題となることはありません。

「いまのりセブン」と「いまのりナイン」は契約満了の2年前から自由に車の乗り換えや返却ができるようになります。

ただし、途中で車を返却する場合には、月間の走行距離制限を2,000kmとして、超過1kmあたり8円を請求されることになります。

カーコンカーリースもろコミ

7年契約の「もろコミ7」、9年契約の「もろコミ9」の2つの契約プランがあります。

どちらのプランも残価設定なしの契約ですので、契約満了時に車をそのままもらえます。煩わしい車の査定や精算の手続きは不要で、走行距離制限超過による料金の発生の心配もありません。

「もろコミ7」と「もろコミ9」はいずれも契約満了の2年前から原則解約金なしで車の乗り換えや返却が可能になります。ただし、途中で車を返却する場合は、月間走行距離は2,000kmを基準として、超過していた場合には1kmあたり8円の追加料金が生じます。

今ならガソリン1ℓあたり20円(毎月最大2,000円)をキャッシュバックしてもらえるキャンペーンを実施中です。

※キャンペーンは、2018年4月1日から2018年9月30日までに、もろコミのWEBサイトまたは販売店よりお申込みのうえ、販売店でご契約の方が対象となります。

 

月間予定走行距離についてあれこれ心配したくない方は、「オリックスカーリース」や「カーコンカーリースもろコミ」の利用を検討してみるとよいでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事