カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

あの高価な車も夢じゃない?カーリースを上手に利用して憧れの車種に乗ろう!

新しい車の乗り方として、個人向けのカーリースサービスが人気を集めています。カーリースは低予算で利用を開始できますので、ワンランク上の高価な車にも無理なく乗ることが可能です。 今回は、カーリースを使うと高価な車にも乗りやすい理由や、高価な車のカーリース料金の例、高価な外車を扱っているおすすめのカーリース会社などについてご説明します。

カーリースを使うと高価な車でも手が出しやすい理由とは?

カーリースは、毎月のリース料を支払うことでカーリース会社から車を貸し出してもらえる仕組みのことです。契約期間は5年や7年などの長期に及ぶのが一般的です。

ローン購入とは違って、カーリースでは基本的に頭金を支払う必要がありません。ですから、まとまった初期費用を出すことなく、利用を開始できます。

毎月定額のリース料には、車両価格や登録諸費用のみならず、各種税金や自賠責保険料、車検代がコミコミになっていることがほとんどです。さらに、契約によってはオイル交換や消耗部品の交換など、メンテナンス費用もリース料に含めることが可能です。

ですから、毎月のリース料を支払っていれば、他に必要なのは、ガソリン代や駐車場代程度になります。車に関わる出費が安定しますので、家計の管理が楽になります。

このように、初期費用がかからず、出費の計画が立てやすいという理由で、カーリースでは高価な車にも手を出しやすいと言えます。

さらに、個人向けのカーリース契約には「残価設定」があるのが一般的です。残価設定とは、契約満了時に車の下取り価格がどれくらいになるのかを予測して設定することです。ここで設定された金額を「残価」と言います。

毎月のリース料を算定する際には、この残価を車両価格からあらかじめ差し引きます。つまり、ユーザーは車両価格を全額負担する必要がありませんから、購入する場合よりも支払額を抑えることができます。

特に、人気車は価格が下降しにくいという判断から、残価を高く設定することができ、よりリーズナブルなリース料で利用できる場合があります。この残価設定の仕組みも、カーリースで高価な車に手を出しやすい理由の1つです。

 

カーリースはお得!だけど注意点もアリ

前の項目で、カーリースが高価な車にも乗れるお得で便利なサービスであることを理解していただけたかと思います。ただし、カーリースには注意点もありますので、ここでご説明します。

・解約金が高額

カーリースの契約は原則として途中で解約することができません。やむを得ない事情で解約する場合には、残リース期間の料金全額を解約金として支払うルールになっていることが多いです。途中で使用をやめても、結局リース料全額を支払う訳ですから、解約するメリットは事実上ありません。

・車の価値が残価を下回ると不足分を請求される

契約満了時に、返却車両の査定が実施され、契約時に設定した残価を下回ると差額を請求されることになります。ですから、車の価値が下がらないように大切に扱わなければなりません。

・走行距離に制限がある

カーリースでは、走行距離に制限が設定されることがほとんどです。制限を超過した場合には、距離に応じて追加料金が生じてしまいます。

・改造やカスタマイズが原則としてできない

車の改造やカスタマイズは許されていないことが多いです。改造してしまった場合には、返却の前に原状回復をする必要があります。

カーリースを利用する際には、上記の注意点をしっかりおさえるようにしましょう。

 

軽自動車から高価な車まで!カーリースできる車種とは?

カーリースは、ユーザーが希望する車をカーリース会社がディーラーから購入して貸し出す仕組みになっています。

在庫の中から車両を貸し出すわけではありませんので、さまざまなメーカーや車種から好きに車を選べます。軽自動車や小型車などの比較的安価な車から高価な車まで、自由に車を選択することが可能なのです。

ここで、比較的高価な車のカーリースの料金例をご紹介します。料金例を見ると、高価な車も無理のないリース料で利用できることがよくわかります。

トヨタ プリウス S(「オリックスカーリース」の月額リース料)

・いまのりくん(5年契約):49,356円
・いまのりセブン(7年契約):42,552円
・いまのりナイン(9年契約):35,748円

※「いまのりくん」では契約満了時に車を返却しなければなりませんが、「いまのりセブン」と「いまのりナイン」では、車をそのままもらえます。月間走行距離制限は2,000kmです。リース料には、車両本体価格、自動車取得税、新車登録時手数料、自動車税、重量税、自賠責保険料が含まれます。また、車検無料クーポンやオイル交換無料クーポンも付きます。リース料は変更になる場合があります。

トヨタ ヴォクシー X(「コスモスマートビークル」の月額リース料)

・3年契約:63,180円
・5年契約:49,356円
・7年契約:43,416円

※メンテナンスプランとして「シルバーパック」を選択した場合のリース料です。リース料には、車両本体価格、自動車取得税、登録諸費用、自動車税、重量税、自賠責保険料、車検整備費用、定期点検費用、オイル交換費用などが含まれます。月間走行距離制限は1,000kmです。リース料は変更になる場合があります。

さて、カーリース会社では、基本的に国産の車を扱っていることが多いです。ただし、中には外車を扱っているカーリース会社もあります。ここで、高価な外車のカーリースの料金例をご紹介します。高価な外車も、手の届きやすいリース料となっています。

BMW 325i ツーリング Mスポーツ 2007年式(「NOREL」の月額リース料)

:59,800円(5ヶ月目からは39,800円)

Audi A4 アバント 2.0 TFSIクワトロ 2011年式(「NOREL」の月額リース料)

:79,800円(5ヶ月目からは59,800円)

※最低利用期間は90日間です。対人・対物・人身傷害保険がサービスに含まれます。自動車税、重量税の支払いは不要です。車検も通す必要がありません。リース料は変更になる場合があります。

 

高価な外車を取り扱っているカーリース会社をご紹介!

最後に、高価な外車を取り扱っているおすすめのカーリース会社をご紹介します。

・プレミアムカーリース

高価な車種の新車をリースしています。契約期間は1年から3年で選べます。契約満了後に車を買い取ることも可能です。

・NOREL

中古車のリースをしています。豊富なラインナップを用意しており、高価な外車もリースできます。最短90日間で返却や乗り換えができることから人気を集めています。

・ヤナセオートリース

外車の正規ディーラーとして有名な「ヤナセ」が展開しているカーリースサービスです。一定の品質が保証された認定中古車をリースしています。契約期間は1年から7年の中から設定できます。

以上が、高価な外車を扱っているおすすめのカーリース会社です。こうしたカーリース会社を利用すれば、月々定額の料金で憧れの高価な外車を楽しむことが可能です。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの利用を検討している人必見!毎月のガソリン代を節約してリーズナブルなカーライフを楽しむ方法とは

カーリースは、月々定額の料金でお得に車を利用できることから人気を集めていますが、カーリースの利用法次第では、毎月のガソリン代も節約できます。今回はガソリン代を節約しながらリーズナブルにカーライフを楽しむ方法をご紹介します!