カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

いまさら人に聞けない!?カーリースの基礎知識と用語集!

最近注目の車の利用法でもある「カーリース」。これまでは、車を購入したり、カーシェアをしたりといった利用法が一般的ではありましたが、料金面などのメリットから、カーリースを選ぶ人が増えています。 そんなカーリースですが、知らない人にとっては、気にはなるけど、内容がよくわからないサービスかもしれません。今回は「カーリース」に関する基礎知識や用語について解説します。

カーリースの仕組みやメリットとは?

まずは、カーリースの基本的な仕組みから解説します。カーリースを簡単に言えば、「月額料金で車を借りる」という車の利用形態です。長期的に利用するレンタカーというイメージをすれば、理解しやすいかと思います。

具体的な仕組みとしては、利用者はカーリース会社から車を借り、車検・税金・メンテナンス費などを含んだ毎月の利用料を支払うことで、車を利用できるという形になっています。

車を購入するときには、ローンを組むことになりますが、カーリースと自動車ローンに関しては、毎月お金を支払うという面では共通していますが、中身については少し異なります。

カーリースと自動車ローンの違いとしては、「賃貸住宅」と「住宅ローン」の違いと同じイメージになっています。

住宅ローンでマイホームを購入する場合、土地や建物に加えて、固定資産税や修繕費についても自己負担になりますよね。賃貸住宅の場合、そういった諸費用を考えることなく、毎月決まった金額を支払うだけで済みます。

この家の部分を車に変えて考えると、カーリースのことがよく理解できます。車体や維持費にかかる費用を考えることなく、毎月決まった金額で利用できるというのが、カーリースの特徴です。

また、カーリースは料金面に関するメリットが数多くあります。ここでは、カーリースの料金面にまつわるメリットをまとめていきます。

1.まとまったお金が不要

車を購入するときには、頭金をはじめ、各種税金や手数料など、大きな出費がありますよね。カーリースの場合、そういった費用は毎月の利用金額に含まれているので、利用開始時にそういったまとまったお金が必要ではありません。

2.月々の支払いが定額

車を購入した場合、利用する中で様々な出費が考えられます。例えば、定期的な税金の支払いやメンテナンスなど、車の維持費に関して、急な出費が余儀なくされます。

その点、カーリースでは、月々の支払いに車体や管理、維持に関する費用が含まれているので、毎月の出費を一定にすることができます。毎月の支払いが安定するというのは、大きなメリットですね。

3.月々の支払額が安くなる

カーリースの利用金額が安くなる理由としては、「残価」と呼ばれるものを設定することにあります。「残価」というのは車の将来の価値のことで、カーリースの場合は、利用者が契約満了時に車を返却した際、その車に残存している価値のことを指します。

カーリースでは、あらかじめ設定した残価を車体価格から差し引いた金額から、毎月の利用料が決まります。つまり、自動車ローンよりも、月々の支払額を残価の分だけ安くすることができるということになります。

 

利用する前に知っておきたいカーリースの基礎知識を解説!

カーリースが、毎月定額で車を利用することができる仕組みであることは理解できたかと思います。次に解説するのは、その月々に支払う利用料に何が含まれているのかです。

カーリースの月額の使用料とは、車体価格、税金、保険、メンテナンス費などのカーリース料金の訴額を、月数で割ったものとなります。

そして、このカーリース料金に含まれる内容については、カーリースの種類によって異なります。カーリースには、税金・保険に加えてメンテナンス費なども含まれる「メンテナンスリース」と、税金・保険などのみが含まれる「ファイナンスリース」の2種類があります。

この2つの形態について、カーリース料金に含まれる具体的な項目をまとめていきます。

カーリース料金に含まれる項目例

メンテナンスリース

車両価格、登録諸費用、自動車諸税、自賠責保険料、任意保険料、定期点検整備費、一般修理費、事故修理費、車検費用、タイヤ・オイル交換代、代車料

ファイナンスリース

車両価格、登録諸費用、自動車諸税、自賠責保険料、任意保険料、事故修理費

 

これさえ覚えておけば大丈夫!カーリースに関する基本用語9選

初めてカーリースのことを知ったという人は、度々登場する専門用語の理解に苦しむかもしれません。そういった用語が理解できないと、せっかく自分にとってメリットがあるのに、利用を躊躇してしまいますよね。

ここでは、カーリースに関する基本的な用語を9つ、ご紹介していきます。

1.残存価格

カーリース契約満了時点での車両の販売価格のこと。カーリースでは、契約時に想定される残存価格を設定し、そこから利用金額が算出されます。

2.オープンエンドリース

残価清算方式のことで、契約時に残価を設定し、契約満了時の査定額と残価の差額を清算する方式です。

3.クローズエンドリース

契約満了時に、車両の残存価格を清算せずカーリース会社に返却する方式のことを意味します。

4.リースアップ

カーリースの契約期間が満了することです。

5.ファイナンスリース

車両購入、登録、税金、保険がカーリース料金に含まれる方式。メンテナンス費は契約者の負担です。

6.メンテナンスリース

車両購入、登録、税金、保険だけでなく、メンテナンス費がカーリース料金に含まれる方式です。

7.フルペイアウト契約

カーリース料金の総額が、車体価格、金利、付帯費用の合計90%以上ある契約のことです。

8.リースバック

顧客所有の車両をカーリース会社が買い取り、そのままカーリースとして利用するシステムです。

9.再リース

カーリース契約満了後、同一の契約者に、同一の車両を再度リースすることを意味します。

 

これってどういう意味?カーリースで間違えやすいもの解説!

ここまでで、カーリースの基本的な仕組みや用語について理解できたと思います。ここでは、カーリースにおいて間違えやすい「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」、「オープエンド方式」と「クローズドエンド方式」について、改めて解説します。

1.「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」

この2つはカーリースの料金に含まれる項目に違いがあります。「メンテナンスリース」は、カーリース期間中のメンテナンス費や修理費などの費用が含まれる契約となっています。

「ファイナンスリース」では、メンテナンスリースのように、メンテナンスや修理費はカーリース料金に含まれていません。契約期間中に発生するそういった費用に関しては、自己負担となります。

2.「オープエンド方式」と「クローズドエンド方式」

「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」は、カーリース契約満了時の清算方法に違いがあります。

「オープンエンド方式」は、契約時に想定される残存価格を設定し、契約満了後に実際の査定額と、契約時に設定した残価との差額を清算する方式です。査定額が残価を下回った場合、差額を支払うことになり、上回った場合、差額は返金されます。

「クローズドエンド方式」は、契約時に残存価格を設定せず、契約満了時にも残価と査定額の生産をしないという方式です。ただ、返却時に支払いが発生しないというわけではなく、引渡しの際に原状に回復する義務があったり、損傷などがあったりした場合は損害額が請求されることがあります。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースが満期を迎えたらどうする?よくあるパターンを解説

カーリースの利用を検討するとき、何を基準に検討するかといえば、やはり一番は月々の支払額というところでしょうか。 カーリースでは7年や9年といった長期にわたる契約も多いですが、いざカーリースが満期を迎えた際にはその後どうするのか、あまりに先のこと過ぎるために考えていないというケースもあるかもしれません。 しかし、契約時に満期時のことも考慮しておくことは決して無駄ではありません。ここでしっかりとカーリースの満期時にはどうすればいいのかをお伝えしていきます。

カーリースを検討している人こそ知っておきたい!カーリースの弱みとは?

新車の導入方法として、一括購入やオートローンの他にもカーリースという選択肢も選べるようになってきました。月々の決められた料金のみで新車に乗れると特に若い世代に人気ですが、カーリースにも弱みがあることをご存知ですか? カーリースは近年になって知られるようになってきた車の導入方法のため、あまり弱みは知られていないかもしれません。値段の安さのみに惹かれて契約すると、もしかしたら後悔することが出てくるかもしれないのです。ここでは真剣に検討している方にこそ知って欲しい、カーリースの弱みについてご紹介します。

『忘れていた!』とならないために…車検を受けるのに必要な持ち物を知っておこう!

車の維持のためには避けて通れないのが定期的に受けることが義務付けられている車検の存在だと言えるでしょう。万が一、車検が切れた車を公道で走らせると道路交通法違反で刑事処分を受けることになるので、車検は必ず受け、自分の車が国土交通省の定める安全基準を満たしていることを確認する必要があります。 しかし、車を維持するために必要であることは理解していても、やはり車検は煩わしいものであり、問題なくクリアしたいのが本音です。書類に不備があると車検を受けることができませんので、車検場で「忘れていた!」とならないために、車検に必要となる書類など、車検の際の持ち物を紹介します。

ジムニーの燃費が思いのほかいいって本当?魅力も交えて凄さを紹介!

スズキの顔とも言うべきジムニーは、軽自動車のオフロード四駆の中でもダントツの人気を誇り、1970年の発売以来多くのファンに愛され続けています。2018年に発表された現行モデル・4代目ジムニーでは20年ぶりのフルモデルチェンジを施し、新たなファンを獲得するなどその勢いは増すばかり。今回はそんなジムニーの燃費について詳しく解説するとともに、魅力もたっぷりお伝えします!

頭金なしで新車に乗れる!カーリースの魅力をご紹介!

新しい形の車との付き合い方としてカーリースのサービスが人気を集めています。昔はカーリースと言えば法人向けのサービスでしたが、今は個人でカーリースを利用する人も大勢います。なお、個人で利用できるサービスの中には、頭金なしで利用できるカーリースもあります。今回は、カーリースの頭金について考えてみます。