カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

おすすめの7年契約のカーリースプランをご紹介!

カーリースの契約期間はリース会社や契約プランによって様々な種類があります。 1ヶ月単位で契約できる短期のカーリースもあれば、7年や9年などの長期にわたるカーリースもありますので、自分のライフスタイルに合わせて契約期間を選択することができます。 今回の記事ではおすすめの7年契約のカーリースプランをご紹介していきます。

おすすめの7年契約のカーリースプラン!

もろコミ7(カーコンビニ倶楽部)

カーコンビニ倶楽部のカーコンカーリース「もろコミ」は、「もろコミ7」という7年契約のプランを提供しています。9年契約の「もろコミ9」というプランもあります。

「もろコミ」の最大の特徴は「残価設定0円」の「クローズドエンドリース方式」を採用していることです。「残価設定0円」なので、期間満了まで利用すると車をもらうことができます。また、走行距離制限は月2,000kmまでとかなり長い設定となっています。

「もろコミ」のカーリース料金には「車両価格」「新車登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検代」が含まれています。

さらに、WEB申込限定の特典として全車種に無料でドライブレコーダーが付きます。軽自動車の場合は月額2,700円(税込)で充実した「メンテナンスパック」を付けることも可能です。

「もろコミ」では契約期間満了の2年前から車の乗り換えや返却が可能となります。つまり、7年契約の「もろコミ7」の場合は、契約開始から5年経過すると自由に解約ができます。

もろコミプラス(カーコンビニ倶楽部)

「もろコミプラス」も「カーコンビニ倶楽部」のカーリースプランですが、「もろコミ」とは違って「残価設定あり」のプランとなっており、お得なリース料金を実現しています。

「もろコミプラス」のリース料金には「車両価格」「車両登録時・継続時の諸費用」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検代」「法定点検費用」「定期点検費用」「オイル交換費用(年2回)」などが含まれています。

契約期間は3年・5年・7年の3つから選ぶことができますので、7年間のカーリースも可能です。

いまのりセブン(オリックス自動車)

「オリックス自動車」はカーリースサービスとして「いまのりくん」シリーズを展開しています。「いまのりセブン」は「いまのりくん」シリーズの中の7年契約のプランです。他にも5年契約の「いまのりくん」、9年契約の「いまのりナイン」というプランもあります。

リース料金には「車両価格」「新車登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」が含まれています。

「車検の基本点検費用」や「オイル交換(半年ごと)」「オイルエレメント交換(1年ごと)」が無料になるクーポンもついており、「オリックスレンタカー」を基本料金の半額以下で利用できる特典もあります。

「いまのりセブン」では契約開始から5年経過後に、自由に車の乗り換えや返却をすることができるようになります。7年間のカーリース契約期間満了後は車を自分の物にするか、返却してキャッシュバックを受けるかのいずれかを選ぶことができます。

コスモスマートビークル(コスモ石油)

「コスモスマートビークル」は自分の好みに合わせて「メンテナンスプラン」「走行距離制限」「契約期間」「頭金やボーナス払いの有無」を自由な組み合わせで設定できる人気のカーリースサービスです。

「契約期間」は「3年」「5年」「7年」から選ぶことがでますので7年間のカーリースもできます。「メンテナンスプラン」は「ゴールドパック」「シルバーパック」「ホワイトパック」の3段階から選びます。

「走行距離制限」は1か月あたり「500km以内」「1,000km以内」「1,500km以内」から、頭金は「なし」「10万円」「30万円」「50万円」から、ボーナス払いは「なし」「3万円」「5万円」から選択可能となっています。

契約の形態を「オープンエンド契約」と「クローズドエンド契約」の2種類から選ぶことができ、「オープンエンド契約」の場合、契約期間満了時に車を買い取ることもできますし、再リースすることも可能です。

車を返却して契約を終了する場合には、車の「査定額」と「設定残存価格」の差額の清算があります。「クローズドエンド契約」の場合は車を買い取ることはできず、再リースするか、返却するかのどちらかを選びます。返却の際の清算は基本的にありません。

フラット7(オートコミュニケーションズ)

「フラット7」は軽自動車の7年契約のカーリースサービスです。

リース料金には「車両価格」のほかに「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検代」「オイル交換費用」「フロアマット代」「ドアバイザー代」が含まれています。新車に月々定額の1万円から乗ることができます。

「フラット7」はカーリース専用の任意保険も用意しています。一般的な任意保険では補いきれない部分もカバーするカーリース専用ならではの保険内容となっていますので、安心してリース車を利用することが可能です。

契約期間満了後は、車を買い取ったり、同じ車を再リースしたり、新しい車に乗り換えたりすることもできます。

 

7年後に解約ができるカーリースプラン!

カーリースの中には、契約期間が7年よりも長いものの、7年経過後に自由に解約ができるようになるプランも存在します。7年以上は車を利用する予定で、7年経過後に解約する可能性もある方などは下記のプランを利用するとよいかもしれません。

もろコミ9(カーコンビニ倶楽部)

前述の通り「もろコミ9」は9年契約のプランですが、契約期間満了の2年前から車の乗り換えや返却が自由にできるようになります。つまり契約開始から数えて7年後から解約ができるようになります。

7年経過後に解約の必要性が生じた場合には解約することもでき、そのまま車の使用を継続したい場合には最大9年間利用できます。

いまのりナイン(オリックス自動車)

「いまのりナイン」も9年契約ですが、契約開始から7年経過後に車の乗り換えや返却をすることが可能です。契約満了まで利用を続けた場合には、「いまのりセブン」と同様に車を自分の所有にすることができます。

 

まとめ

今回は7年契約のカーリースのプランや、7年経過後に中途解約ができるプランについて見てきました。7年契約の場合は期間が長いため、月々のリース料金を比較的安く抑えることができます。

「もろコミ」や「いまのりセブン」のように、契約期間満了まで利用すると車をもらえる場合もあります。このようにl、7年契約のカーリースはとても魅力的なサービスと言えるでしょう。長期のカーリースに興味がある方は、是非利用を検討してみてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

半年だけ車に乗りたい!そんな時は短期のカーリースを利用しよう

カーリースは契約期間が5年間や7年間などの長期に渡るのが一般的でしたが、近年は短期の契約期間のサービスを提供しているカーリース業者も増えてきました。短期のカーリースですと、1年単位、半年単位、1か月間単位などで契約できます。「短い間だけ車を利用したい」という人にピッタリのサービスです。ここでは半年などの短期で契約できるカーリースサービスについて徹底解説したいと思います!

カーリース契約中にできてしまった車両のへこみはどうすればいい?知っておきたい対応方法とは?

購入するよりもお得に新車を利用できる個人向けカーリースの人気が高まっていますが、「うっかりリース車両をぶつけてしまいへこみができた!」などのトラブルも増加しています。 自由に使えるとは言っても、リース車両はカーリース会社からの借り物ですから、へこみの対応に頭を抱える利用者も少なくないでしょう。今回は、カーリース契約中のリース車両のへこみや傷などの効果的な対応方法を探ります。

カーコンカーリースもろコミのCMが気になる!出演者やサービスの特徴は?

個人向けカーリースの人気は年々高まっており、今ではCMを流しているカーリース会社も珍しくありません。その中でも特に印象的なCMを提供しているのは、カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)です。 では、カーコンカーリースもろコミのCMには誰が出演しているのでしょうか。また、カーコンカーリースもろコミのサービスにはどんな特徴があるのでしょうか?