カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

お得な車両調達手段カーリース!気になる月額料金や車の利用で生じる費用とは

車両購入を行わずカーリース会社が代理購入した車両と使用権を借りて使用するカーリースには、月額料金に車両維持費用まで含まれた契約がありお得に車両使用ができますが、「どの位の月額料金が生じるのか?」が気になりますよね。ここでは、カーリースの月額料金目安などを紹介します。

タイトルアイコン

月々8,000円から!初期費用無+毎月定額で車購入

カーコンビニ倶楽部が提供するカーコンカーリースもろコミなら残価設定なしで精算金トラブルなし!初めてのカーリースでも安心してご利用いただけます。月々8,000円から新車に乗るならもろコミへ今すぐGO!

月額料金で希望車両をお得に利用できる車のサブスクサービスがカーリース!

月額料金を支払いカーリース会社が代理購入した希望車両と使用権を借り受けて使用するカーリースで、頭金やボーナス加算なしの契約を結べば頭金なしの定額料金で希望車両を使用できるため、車のサブスクサービスとして注目され現在利用者が急増しています。

カーリースプランは多種多様!予算に合わせたプランを選ぶことが可能

ひと口にカーリースと言ってもカーリース会社ごとに提供されるリースプランが異なりますし、頭金やボーナス加算の有無や契約期間、月額料金でのサポート範囲など多種多様なプランのカーリースサービスが提供されています。

カーリース契約を行う際、どのカーリースサービスを利用するかと共に重要となるのが「どのような契約内容で契約するか」で、契約内容が異なるとカーリースの利用で実現するカーライフが全く異なるものになると言えます。

カーリースのリース契約は2つのプランに大別できる

カーリース契約には月額料金で車両購入費用の返済など最小限の支払いを行い車両維持費用は利用者が直接負担するファイナンスリースと車両維持費用まで月額料金に含まれているメンテンスリースの2つに大別することができます。

定額料金のサブスクサービスとしてカーリースを使用する場合は車両維持費用を直接負担する必要のないメンテナンスリースを利用するのが効果的で、多くの個人向けカーリースはメンテンスリース契約で利用されています。

月額料金を抑えるためにカーリース会社は残価設定を行っている

月額料金のなかで最も大きなウェイトを占めているのがカーリース会社が代理購入した車両の購入費で、高額な車両や短期契約でカーリースを利用すると償却費用が大きくなり月額料金が高くなります。

一般的にカーリース会社は月額料金を抑えるため5~9年の長期契約でカーリースサービスを提供すると共に、契約期間満了時に見込めるリース車両の中古車価格を予想し車両購入費用から差し引いて月額料金を決定する残価設定を行っています。

ですが、中には残価設定なしのカーリースも存在します。例えば、カーコンカーリースもろコミは残価設定なしのカーリースです。

 

車両の維持にはさまざまな費用が発生!維持費の経済的負担は決して小さくない

ファイナンスリース契約は月額料金を抑えることができますが、リース車両の維持費が利用者負担となるため維持費の支出が大きくなるとカーライフのトータルコストが大きくなり、せっかくのお得なカーリースの魅力が薄れてしまうリスクが潜んでいます。

多くのドライバーの頭を悩ませる車検費用とは?

車両維持費のなかで最も大きなウェイトを占めているのが道路運送車両法で義務付けられている車検費用で、普通車や軽自動車の車検は新規登録後3年目に最初の継続車検を受け、その後は2年ごとに受ける必要があります。

車検費用の目安は軽自動車で5~7万円、1,500ccクラスの普通車で7~10万円程度ですので、定期的に訪れる車検のタイミングに合わせて車検費用を捻出する経済的負担は小さくないと言えます。

車には重量税や自動車税、自賠責保険料の納付義務が存在!車検の受験条件でもある

既述の車検費用のなかには車検の際に車検の有効期限分の一括納付が求められる自動車重量税や自賠責保険料が含まれていて、軽自動車は約32,000円、1,500ccクラスの普通車は約46,000円の重量税と自賠責保険料の納付が求められます。

また毎年4月1日に国土交通省に登録している全ての車両に自動車税が課税され軽自動車は10,800円、1,500ccクラスの普通車は39,500円(2019年9月以前登録)又は30,500円(2019年10月以降登録)が課税されます。

重量税と自動車税、自賠責保険料の納付は車検の受験条件となっていて、いずれかの納付が行われていない車両は車検を受けることができませんので注意が必要ですし、納付証明書は無くさないように厳重に保管する必要があります。

燃料代や駐車場代、任意保険料の負担で車を利用できるカーリースプランが存在する

既述のとおりカーリース契約内容にはファイナンスリースとメンテナンスリースの二種類が存在し、メンテンスリースは月額料金に車両維持費用が含まれているので車検基本料や自動車諸税、自賠責保険料などを直接負担する必要がありません。

車両購入やファイナンスリースで車両調達したドライバーの頭を悩ませる車両維持費を直接負担することなく月額料金以外に燃料代や駐車場代、任意保険料などを支払うだけでリース車両を使用できるのがメンテンスリース契約の魅力だと言えます。

 

お得なカーリースの月額料金は?気になるカーリースプランの料金目安とは

メンテンスリース契約でカーリースを利用すれば月額料金を支払い、お得にリース車両を使用できることが近年多くの利用者にカーリースが支持される理由だと言えますが、「具体的にカーリースを利用するとどの位の月額料金が必要なのか?」が気になります。

カーリースの料金は頭金やボーナス加算の有無、契約期間などで変化する

一般的にカーリース契約の際には頭金やボーナス加算の有無を選ぶことができ、頭金の支払いやボーナス加算を行えば同じ契約期間でも月額料金を抑えることができますし、契約期間が長ければ月額料金が安くなります。

頭金を用意することなく車両調達できるのがカーリースの魅力です。頭金なしのボーナス加算を行って9年の長期契約を結びダイハツの新型タフトGターボを「カーコンカーリースもろコミ」で調達した場合で確認すると

・月額料金11,000円(税込)
・ボーナス加算80,520円(税込)

で車両本体価格1,606,000円(税込)のダイハツの新型タフトGターボを使用できます。

カーリース会社がおすすめするお得なリース車両も存在する

多くのカーリース会社では即納対応できる即納車や、特にお得に利用できるおすすめのリース車両などを用意し、お得なカーリースサービスの提供を行っています。

たとえば、7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」のリースプランを提供する「もろコミ」では、契約から最短14日間で納車される「即納車」やWeb申し込み限定の「もろコミ特選車」を用意しているカーリースサービスです。

即納車は台数に限りがあり地域によっては対応できないケースも存在しますが、一見の価値がある非常に魅力的な車両が即納車として採用されています。

月額税込約8,000円から利用できるカーリースサービスも存在する

また「もろコミ」ではボーナス加算することで7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の双方のリースプランで月額料金が8,000円台で使用できる驚くほどリーズナブルな車両の用意も行っています。

さらに「もろコミ7」と「もろコミ9」の利用者には契約期間満了時に使用中のリース車両がプレゼントされるので、カーリースのデメリットと言われる契約満了時の車両返却を行う必要がないのも賢い利用者に「もろコミ」が選ばれる大きな理由だと考えられます。

 

カーリースは理想的な新車調達手段である

車両購入を行わずカーリース会社が代理購入した車両を借り受けて使用するカーリースは、頭金を用意することなく月額料金を支払うだけで新車を利用できる理想的な車両調達手段だと言えるでしょう。

カーリースは急な出費もなく月々定額の支払いとなるため、月々の出費を安定させたいという方にもおすすめです。月々の出費を安定させることができれば、貯金なども効率よく進めることができるかもしれませんね。

関連する記事

カーディーラーのカーリースなら安心?カーリース利用時の注意点とおすすめカーリース業者

カーリースには、カーリース専門店が行っているものと、カーディーラーが行っているものがあります。カーディーラーのカーリースにもメリットはあるものの、比べてみるとカーリース専門店が行っているサービスの方がお得である場合があります。その理由をご説明しましょう。

車検にかかる費用は高い?安い?気になる費用の内訳も解説!

車検は車を保有している限り、避けては通れませんが、その費用がどのような内訳になっているのかまではあまり把握していないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは、車検制度そのものについてと、車検費用の詳細な内訳、そして車検費用が高くなるのはどんな場合なのかをチェックしてみましょう。

カーコンカーリースもろコミならドライブレコーダーを無料装備してもらえる!

今、ドライブレコーダーが人気を集めており、多くの人が車に装備していますが、何と、ドライブレコーダーを無料で付けてもらえるカーリースサービスが存在します。それが、カーコンカーリースもろコミです。カーコンカーリースもろコミは、一体どんなサービスであり、どのようにして申し込んだら良いのかをご紹介していきましょう。

カーリースでも車庫証明は必要!ケースごとに取得する流れを解説します!

カーリースも通常の購入時と同じように車の保管場所を届け出る必要があります。一般に「車庫証明」と言われるものですが、どのように取得すれば良いのでしょうか?また軽自動車でも車庫証明は必要なのでしょうか?今回はカーリース契約をする際の車庫証明について解説をします。

法人は車を購入するよりもカーリースの利用がお得?カーリースのメリットをご紹介

法人で社用車の導入を検討する際、購入とカーリースどちらがよりメリットの多い手段なのか、迷うことがあるのではないでしょうか。この記事では、法人がカーリースを利用した場合のメリットや注意点、利用の流れや審査についてなどを解説するとともに、法人におすすめのカーリースをご紹介します。