カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

これからはカーリースの時代?新しい車の乗り方や賢い買い方をご紹介!

以前は、車を手に入れる方法といえば、車を購入するくらいしかありませんでした。でも、今の時代は違います。「カーリース」という新しい車の乗り方や賢い買い方が登場しました。今回は、カーリースの仕組みやメリットについて、徹底解説します。

車の賢い買い方をするために!カーリースと購入の違いを知ろう

カーリースとは、カーリース会社に毎月のリース料を支払う代わりに車を貸してもらえる仕組みのことです。

カーリース会社が、ユーザーが希望する車をディーラーから調達して貸し出します。ですから、購入の場合とは違って、車の所有者の名義はカーリース会社になります。

個人向けのカーリースの毎月の料金は、下記のように設定されるのが一般的です。

(「車両価格」-「契約満了時の車両の予想残価」)÷「契約月数」

このように、車両価格から予想残価が差し引かれますので、車両価格を全額支払う購入よりも、毎月の支払額を抑えることが可能です。このシステムを「残価設定」と言います。

カーリースは新車購入の場合とは違って頭金を用意する必要がありません。車両代や登録諸費用のほかに、各種税金、自賠責保険料、車検代、メンテナンス費用などをリース料に組み込むことが可能です。

 

こんな人はカーリースがお得!

カーリースにはどんなメリットがあるのでしょうか?

カーリースのメリット    

・ワンランク上の車を楽しめる

前述の通り、カーリースでは頭金が不要ですので、まとまった初期費用を出さずに利用を開始できます。残価設定がありますから、毎月の支払いを抑えることも可能です。ですから、カーリースでは、購入の場合よりもワンランク上の車種やグレードの車を選ぶこともできるのです。

・毎月の支払額がフラットになる

毎月のリース料に諸々の費用を組み込むことができますので、毎月の車にかかる費用が安定し、家計の管理がとても楽になります。

・車の維持や管理の手間を省ける

税金の支払いや車検、メンテナンスなどをカーリース会社にお任せできますので、車の維持や管理の手間がかかりません。また、事故時の対応をカーリース会社が行ってくれる場合もあります。

・節税につながる

法人や個人事業主は、毎月のリース料を全額経費として計上できますので、節税できます。

このように、カーリースにはさまざまなメリットがあります。ただし、以下のとおり、デメリットもあります。

カーリースのデメリット

最後に車を返却しなければならない

リースした車は借り物ですので、基本的には契約満了時にカーリース会社に返却することになります。

・カスタマイズや改造を自由にできない

車を好き勝手に改造したりカスタマイズしたりすることはできません。もし改造してしまった場合には、原状回復しなければなりません。

・走行距離に制限がある

カーリースでは走行距離に制限が設定されます。もし超過した場合には、距離に応じて追加料金を請求されます。

・解約金が高額

中途解約する場合には、解約金として残りのリース期間の全料金を一括で支払わなければならないのが一般的です。

以上のように、カーリースにはデメリットもあります。ですから、すべての人がお得に利用できるサービスではありません。では、どんな人の場合、購入よりもカーリースの方が向いていると言えるのでしょうか?

カーリースに向いている人

・車が自分のものにならなくていい人
・改造やカスタマイズに特に興味がない人
・頻繁に長距離を乗ることがない人
・ワンランク上の車を楽しみたい人
・出費を安定させたい人
・車の管理の手間を省きたい人
・個人事業主、法人

これらに当てはまる人はカーリースの利用に向いているといえるでしょう。

 

カーリースでも最終的に“賢い買い方”ができちゃう!?

先ほど、カーリースのデメリットとして、「最後に車を返却しなければならない」ことを挙げました。でも実は、カーリースでも最終的に車をもらえるケースがあります。

「残価設定」がないカーリースの契約では、契約満了後に車をそのままもらえるのです。これは、カーリースでありながらも、車の賢い買い方の1つと言えます。

ただし、最後に車をもらえるカーリースの契約期間は7年や9年などの長期に及ぶのが一般的で、リース料金全体に金利がかかるため、ローン購入よりも金利の面で不利になります。

ですから、車をローンで購入して車の維持費用をその都度支払っていく方がトータル的には安く済むことが多いです。

しかし、毎月の支払いをフラットにできたり、車の維持や管理をカーリース会社にお任せできたりする大きなメリットがありますので、契約満了時に車をもらえるカーリースは車の賢い買い方の1つです。

しかも、カーリース会社がメンテナンスを実施したり、走行距離に制限があったりするリース車の価値は維持されやすいので、車が自分のものになった後に売却すると意外と高い値が付くことがあります。それが人気車であればなおさらです。

ですから、総合的に言って、カーリースは車の賢い買い方だと言えるでしょう。

 

賢い買い方ができる!“車がもらえる”おすすめカーリース会社はコチラ!

最後に、車の賢い買い方ができる、つまり契約満了時に車をもらえる、おすすめのカーリース会社をご紹介します。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

契約プランとして、5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」の3つがあります。

「いまのりくん」の場合は、契約満了時に車を返却する必要がありますが、「いまのりセブン」と「いまのりナイン」では契約満了後に車をそのままもらえます。

「いまのりセブン」では契約から5年後、「いまのりナイン」では契約から7年後から、自由に車の返却や乗り換えをすることも可能になります(返却時の車の損耗状況により、請求が発生する場合があります)。

毎月のリース料には、車両本体価格、新車登録時手数料、各種税金、自賠責保険料が含まれています。さらに、オイル交換や車検の基本点検費用が無料になるクーポンや「オリックスレンタカー」を基本料金の半額以下で利用できる特典も付きます。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

7年契約の「もろコミ7」、9年契約の「もろコミ9」という2つの契約プランがあります。どちらのプランも契約満了時に車をそのままもらうことができます。

「もろコミ7」では契約から5年後、「もろコミ9」では契約から7年後から、原則解約金なしで車の返却や乗り換えが可能になります(返却車両の損耗状況により、請求が発生する場合があります)。

リース料には、車両本体価格、車両登録時手数料、各種税金、自賠責保険料が含まれます。また、契約期間中の車検基本料金と印紙代が無料になる車検無料クーポンも付きます。

さらに、月額2,700円(税込)で「メンテナンスパック」、月額2,160円(税込)で「カーアクセサリーセット」を付けて、契約内容を充実させることもできます。

※メンテナンスパックは軽自動車のみの適応となります。

今なら、契約期間中ずっとガソリン代1ℓあたり20円(毎月最大2,000円)をキャッシュバックしてもらえるキャンペーンを実施中です。

※2018年9月30日(日)までに、もろコミのWEBサイトまたはもろコミ販売店から申し込み、もろコミ販売店で契約した人が対象となります。キャンペーンの詳しい内容は、カーコンカーリースもろコミのHPか、もろコミ販売店でご確認ください。

以上が、車の賢い買い方を提供しているおすすめのカーリース会社です。あなたもこうしたカーリース会社を利用して、車の賢い買い方を実践してみてはいかがでしょうか。

人気カーリースを見る

関連する記事

法人向けのカーリースはお得?経費の観点から徹底検証!

法人や個人事業主は利益を出すためになるべく経費の削減や節税をしたいと思っています。大きな経費がかかるものとして車を挙げることができます。事業を行なう上で車が必要であれば、それなりの経費を用意しなければなりません。 法人や個人事業主が車を必要とする場合、購入した方がよいのでしょうか、それともカーリースを利用した方がよいのでしょうか?経費などの観点から徹底検証します。

ハイエースに乗り換えを検討している方は必見!カーリースの仕組みを知って、お得に賢く乗り換えしよう!

仕事用だけでなく普段用として乗るためにも選ばれるハイエースは、ミニバンに並ぶ人気です。そんなハイエースを手に入れるなら、できるだけお得に買いたいと考えるのは自然なことではないでしょうか。 賢く車を手に入れる方法として、多くの人に活用されている方法が「カーリース」です。上手に使えば、ローンや一括払いよりお得にハイエースに乗ることができます。なぜカーリースを選ぶ人が増えているのか、その仕組みを詳しく見てみましょう。

カーリースでも駐車場は必要!車庫証明の取得の流れを徹底解説

カーリースの大きな魅力の1つは、諸々の費用が月々のリース料金に込みになっているため車に関わる出費の計画が立てやすいということです。では、カーリースでは駐車場代も込みなのでしょうか?残念ながらそうではありません。カーリースの駐車場代は自分で払うことになります。さらに言えば、駐車場を自分で確保して車庫証明を取得することが必要です。ここでは、その車庫証明の取得の流れを徹底解説します!

カーリースで人気の車種は!?軽自動車・普通車の人気車種をリース業者別にご紹介!

好きな車に手軽に乗ることができるカーリース。「できれば今流行りの人気車種に乗ってみたい!」という方も多いのではないでしょうか?今回は各リース業者で人気の車種を軽自動車・普通車のカテゴリー別にご紹介します!これからカーリースを検討している方はぜひチェックしてみてください。