カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

たった1か月から利用できる短期のカーリース特集!

現在、「カーリース」というサービスが人気を呼んでいます。カーリースとは、月々のリース料を支払うことによってリース会社から車を貸し出してもらえるサービスです。レンタカーの長期バージョンだと考えてもらってもいいと思います。 リースの契約期間の長さは、一般的には3年間とか5年間など、数年に及びます。ただ、短期のカーリースのサービスを提供している業者も中にはあります。1年単位もしくは数か月間単位、中には1か月単位で契約できる業者もあります。ちょっとの間だけ車が必要という人にとってはとても便利なサービスと言えるでしょう。 ここでは、短期のカーリースについて詳しく解説したいと思います。

短期のカーリースはなぜ便利?

1か月、数か月、1年間だけ車を利用したいという場合、レンタカーのサービスを利用すると高額になってしまいます。レンタカーは1日または数日だけ利用するのが前提となっているサービスだからです。

一方で、通常のカーリースですと、数年単位で契約しなければなりませんし、途中で解約すると高額な違約金を支払わなければなりません。

そこで登場したのが、短い期間の利用が可能な短期のカーリースのサービスです。実際、短い期間だけ車が必要、というケースはよくあるものです。

例えば、

「仕事の繁忙期に役所や取引先との行き来に車があると便利」

「仕事で地方に短期間滞在することになったので、車が必要になった」

「家族が怪我をしたので、しばらくの間、送り迎えに車が必要になった」

「普段は車を使わないが、子供の長期休暇の時には、レジャーに行くのに使いたい」

「車の乗り替えの時期に、新しい車が見つかるまでの間のつなぎとして利用したい」

という場合などです。

さらに、中には試乗目的でこの短期カーリースサービスを利用する人もいるようです。つまり、購入を検討している車を、例えば1か月間リースして、その乗り心地をしっかり確かめるという訳です。1か月も乗れば、その車について色々なことが分かるでしょう。

このように、慎重に車を購入したい方にとっては、利用価値があると言えます。

 

短期のカーリースの料金は?

短期のカーリースの料金はどれくらいなのでしょうか?もちろん、どのグレードの車をリースするか、何か月単位での契約かなどの条件によって値段は変わってきますが、安いところですと、なんと月々約1万円からリースできるようです。

業者や契約の種類によって違いはありますが、リース料金には大抵、車検、自動車税、自賠責保険料、メンテナンス費用が含まれています。さらに、エンジンオイル・ブレーキパッド・バッテリーなどの消耗品の交換費用が含まれている場合もあります。

上記の各種費用を含めて月々1万円からのリース料金ですので、気軽に利用できるサービスであると言えます。車にかかる費用は、基本的にリース料金とガソリン代と任意保険料のみとなります。中には、契約期間中にガソリン代が値引きになるというお得なサービスを提供している業者もあるようです。

 

短期のカーリースならこの業者がお勧め!

短期のカーリースのサービスを提供しているお勧めの業者をご紹介します。

「ニコリース」

神奈川県横浜市、平塚市などを中心に短期カーリースサービスを展開しているほか、埼玉県所沢市にも1店舗を構えています。

利用期間を1か月単位で選ぶことができ、最短契約期間は2か月です。人気車種を月々15,000円から利用することができます。車両準備費用として契約時に35,000円が別途必要になります。リース料金に部品交換費用やオイル交換費用も含まれているので安心です。

貸出期間中は各店舗で3か月ごとの無料点検を実施しています。月間走行距離2,500kmまで、という制限がありますが、これは比較的ゆとりのある距離と言えるでしょう。

「ワンコインリース」

最短1ヶ月から、1日あたりワンコインつまり500円(月々15,000円)での短期カーリースサービスを提供しています。

契約時に名義変更費用として38,000円が必要です。定期交換部品代はユーザーが負担します。低年式で多走行の車を提供することによって料金を安く抑えています。メンテナンスはしっかり行なっているので、安心して運転できる車ばかりです。

最長3ヶ月間車をリースした後に、中古車として購入できる、という中古車販売システムもあり、全国的に貸出店舗があります。リース契約は貸出店舗と個別に行なうことになります。

「イチゴカーリース」

東京、神奈川、埼玉、千葉のほか、オーストラリアにも店舗があります。

最短1ヶ月の契約から、月単位での短期カーリース利用が可能です。リース料金は、軽自動車は月々15,000から、普通自動車は月々21,000円からです。初回に諸費用で軽自動車の場合は22,000円、普通自動車の場合は29,000円かかります。

リース料金には車検費用や、税金が含まれています。整備士によって十分に整備された中古車両ですので、安全のうちに運転を楽しむことができます。軽自動車、普通車、商用バン、トラック、福祉車など車種も豊富にあります。

「リボーン・カーリース」

北海道、東北、東海、近畿、四国と広域にわたって短期カーリースのサービスを展開しています。

月々15,000円~、月々21,000円~、月々27,000円~の3つのコースを用意しています。初回登録等手続き費用として、軽自動車の場合は15,000円、普通自動車の場合は22,000円かかります。最短契約期間は1ヶ月です。軽自動車が中心ですが、普通車やワンボックス、ミニバンなどの車種も選ぶことができます。

「アラジンスタジアム」

利用期間は、6ヶ月、12ヶ月といった短期から選ぶことができます。

月々1万円から車乗り放題のサービスを提供しています。消耗品の交換費用もリース料金に含まれており、幅広い車種から選択が可能です。車両によっては月間走行距離1,500~2,000kmまでOKです。任意保険は必要な時期のみの加入で、無駄な費用が発生しません。九州に多数の店舗を構えているほか、山口県にも店舗があります。

 

まとめ

短期のカーリースについて詳しく見てまいりましたが、いかがだったでしょうか?

短期カーリースは「1年、数か月、1か月の短期間だけ車に乗りたい」というユーザーのニーズに応えるとても便利なサービスと言えるでしょう。しかも、多くの業者がお手頃な料金でサービスを提供しています。

「短期間だけ車が必要」という方は是非、短期のカーリースの利用を検討してみて下さい。

注意すべき点として、カーリースの場合は車両をリース会社より借りているため、個人で所有する場合と比べて色々と制約があります。そのため、契約内容をきちんと理解しないまま利用すると色々とトラブルが生じたり追加料金を請求されたりする場合があります。

カーリースを利用する際にはトラブルを回避するために、契約内容をよく確認するようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

社用車で車検を受けた場合、費用の仕訳はどうすればいいの?

車は個人で使用する自家車以外にも、社用車などの法人名義のものが存在します。車を維持するにあたって、車検を受けることが義務付けられていますが、その時に必要な車検費用の捻出は、個人にも法人にも頭の痛い問題です。特に車が法人名義の場合は、車検費用に対する会計処理も必要となってきます。 会計処理は事業運営の上で必ず必要となる業務ですが、専門家でない限り、勘定科目の仕訳は複雑で一筋縄にいかないのも事実です。車検費用の仕訳をしっかり把握していなければ、定期的に受ける必要がある車検の度に苦労することになりますので、ここでは、法人名義の車の車検費用の仕訳について詳しく紹介していきます。

一日でも早く新しい車に乗りたい!カーリース契約時に即納は可能?

新しく車を契約すると納車まで時間がかかるのが一般的です。人気の車種や特殊なオプションであれば、数ヶ月かかることもあり得るため、即納ということはごく稀です。吟味して契約した車は一日も早く乗りたいものですが、納車されるまで首を長くして待たなければいけません。 しかしながら、納車まで時間がかかるのは、カーリースで契約した場合も同じなのでしょうか。カーリースで即納が可能なのか、カーリースの仕組みから見てみましょう。