カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

もしもの事故、トラブルに備えておきたい!カーリースでロードサービスは利用できる?

万が一の事故や故障の時に助けになるのがロードサービスですが、カーリースの車でトラブルに遭った場合、ロードサービスを利用することは可能なのでしょうか?

ロードサービスって何?

ロードサービスとは、鍵の閉じ込み、パンク、バッテリー上がりなど、事故以外のさまざまな車のトラブルに対応するサービスのことです。今では、多くの任意保険にロードサービスが自動付帯するようになりました。ロードサービスが付帯する任意保険に加入していれば、24時間365日、専門のオペレーターが電話受付してくれ、電話口でアドバイスをくれたりスタッフを派遣したりしてくれます。

では、ロードサービスには具体的にどのようなメニューがあるのでしょうか?代表的なものを見てみましょう。

緊急修理

鍵の閉込みやパンク、バッテリー上がり、落輪などのトラブル発生時に、応急処置や簡易的な修理をしてもらえます。パンクの応急処置、タイヤ交換、バッテリーのジャンプ、オイル補充などの緊急修理に対応していますので、非常に心強いです。ただし、保険会社によって対応できる修理内容や修理時間が異なりますので、よく確認するようにしましょう。工賃は無料ですが、部品代などの実費は自己負担になることが多いです。

レッカー移動

故障で車が走行できなくなり、緊急修理でも対応できない場合、修理工場までレッカー移動してくれるサービスです。無料でレッカー移動できる距離は保険会社ごとに異なり、保険会社が指定する工場に移動する場合と、自分が希望する工場に移動する場合とで距離が変動する場合もあります。

ガソリン補給

ガス欠になってしまった時に、保険会社がスタッフを派遣してガソリンを届けてくれるサービスです。ガソリンの搬送料は基本的に無料ですが、ガソリン代の扱いは保険会社によって異なります。「規定回数まで無料」、「一定量まで無料」、「契約年数によって無料」など、条件付きでガソリン代が無料になるケースが多いです。

代車提供

車を修理に出さなければならなくなった時に、修理が終わるまでの間代車を無料で提供してくれます。ほとんどの場合、保険会社が指定した工場で修理することが条件になっています。

宿泊費や帰宅費の負担

遠距離ドライブ中に故障で車が動かなくなった時に、他の交通機関で帰宅した際の交通費や帰宅できない場合の宿泊費を保険会社が負担してくれるサービスです。保険会社によって、負担してもらえる金額や現場から自宅までの距離に上限が設けられています。

※上記はロードサービスの代表的なメニューです。すべての保険会社のロードサービスに上記のメニューが含まれているわけではありませんし、上記以外のメニューを含むロードサービスも存在します。いずれにせよ、保険会社によってロードサービスの内容の詳細は異なりますので、契約前によく確認しましょう。

 

カーリースでは契約にロードサービスが含まれることが多い

前の項目でロードサービスが非常に心強いシステムであることをご理解いただけたと思います。ロードサービスは万が一の事故や故障への備えになりますので、「是非利用できるようにしておきたい」と思った方も多いのではないでしょうか?

通常の新車購入の場合、ロードサービスを受けるにはロードサービス付きの任意保険に加入する必要があります。一方でカーリースの場合、カーリース会社やプランによってはロードサービスが契約に含まれているので、別途任意保険でロードサービスを付ける必要はありません。ただし、すべてのカーリースの契約にロードサービスが付いているということではありませんので、契約する際にはロードサービスの有無をよく確認するようにしましょう。

ちなみに、カーリースの契約に含まれるのはロードサービスだけではありません。車両代や登録諸費用だけを支払う新車購入とは違って、月々の料金に契約期間分の各種税金や自賠責保険料、車検基本料などが含まれていますので、車に関係する出費がフラットになり家計のやり繰りがしやすいです。

さらに、契約によっては点検整備やオイル類の交換や消耗部品の交換といったメンテナンスサービスも付いてきます。単に車を借りるだけではなく、いろいろなサポートやサービスを受けられるのがカーリースなのです。

 

ロードサービスを利用できるカーリース会社をご紹介!

最後に、ロードサービスを受けられるカーリース会社をいくつかご紹介します。

オリックス自動車

カーリース(メンテナンスリース)または任意保険を契約した人を対象に「オリックスセフティーサービス24」というロードサービスを提供しています。車の故障や事故などの不測のトラブルが発生した際に、24時間365日、専門スタッフが万全の体制でサポートしてくれます。

トヨタレンタリース

トヨタレンタリースでは「サポートダイヤル24」というロードサービスを用意しており、万が一の場合に365日24時間トヨタレンタリースが対応してくれます。全国どこからでも通話料無料のフリーコールで電話可能です。全国約5,000カ所のトヨタサービス工場に入庫、修理を手配できるほか、全国約1,200カ所のトヨタレンタカー営業店舗から事故代車を手配できます。

日立キャピタルオートリース

日立キャピタルオートリースでは、全国どこにいてもカーリースの車を24時間365日サポートするロードサービスを提供しています。ユーザー自身が現場で対応できるようなトラブルであれば、専門スタッフが電話でアドバイスしてくれますし、30分程度で対応できる故障の場合は、提携工場からスタッフを派遣して修理します。また、現場で対応できない事故や故障が生じた時には、車をレッカー移動して提携工場で修理してくれます。

オリコオートリース

オリコオートリースのカーリースの車には24時間365日のロードサービスが付帯しています。運転中に予期せぬトラブルや事故に遭遇した際に、応急処置をしたりレッカー車で整備工場まで移動したりと、万全の体制を整えています。また、万が一、車が使えなくなっても帰宅サポート、宿泊サポートなどを受けられますので安心です。

コスモスマートビークル

コスモスマートビークルのロードサービスでは、鍵の閉じ込み(一般シリンダーキーが対象)、スペアタイヤ交換、バッテリー上がりのジャンピング作業、落輪引き上げ(落差1m以内タイヤ1本まで)、レッカー移動(10kmまで)、30分以内の簡単な修理などに対応しています。ただしロードサービスを利用できるのは、3種類あるメンテナンスパックのうちフルメンテナンスの「ゴールドパック」を選択した場合のみです。

このように、安心してカーリースの車を利用できるようにロードサービスを契約に含めているカーリース会社があります。もし、万が一に備えてロードサービスを受けられるようにしたいのであれば、こうしたカーリース会社を選ぶようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースを検討している人こそ知っておきたい!カーリースの弱みとは?

新車の導入方法として、一括購入やオートローンの他にもカーリースという選択肢も選べるようになってきました。月々の決められた料金のみで新車に乗れると特に若い世代に人気ですが、カーリースにも弱みがあることをご存知ですか? カーリースは近年になって知られるようになってきた車の導入方法のため、あまり弱みは知られていないかもしれません。値段の安さのみに惹かれて契約すると、もしかしたら後悔することが出てくるかもしれないのです。ここでは真剣に検討している方にこそ知って欲しい、カーリースの弱みについてご紹介します。

車検を受けるともらえる車検シールにどんな意味があるの?しっかり理解しておこう!

車検を無事に受かるともらえる、数字が記されたシール。よく車のフロントガラスに貼られていますが、「見た目が悪くなるし、どうしても貼らなければいけないのだろうか?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、この車検シールにどのような意味があるのかについて説明します。関係する法律や罰金についても解説しますので、ぜひご一読ください。

カーリースの平均価格は?人気の車種でリース料金を比較!

カーリースの利用を検討した際、初めに注目するのが月々の支払料金ではないでしょうか。 まとまった資金の用意なしにお手軽な料金で新車をマイカーのように使用できる点がカーリースの特徴ですが、支払料金だけに注目してカーリース会社やプランを決定してしまうと、もしかしたら後悔してしまうことになるかもしれません。 カーリース料金の価格の差には、各社のプランの違いが反映されているからです。メンテナンスが含まれているか、含められているとしてもどの程度までか、契約期間満了後に車はもらえるのかなど、様々な条件によってカーリース料金は違ってきます。 ここでは人気車種のカーリース料金の平均価格を比較して、その差を確認してみましょう。

社用車で車検を受けた場合、費用の仕訳はどうすればいいの?

車は個人で使用する自家車以外にも、社用車などの法人名義のものが存在します。車を維持するにあたって、車検を受けることが義務付けられていますが、その時に必要な車検費用の捻出は、個人にも法人にも頭の痛い問題です。特に車が法人名義の場合は、車検費用に対する会計処理も必要となってきます。 会計処理は事業運営の上で必ず必要となる業務ですが、専門家でない限り、勘定科目の仕訳は複雑で一筋縄にいかないのも事実です。車検費用の仕訳をしっかり把握していなければ、定期的に受ける必要がある車検の度に苦労することになりますので、ここでは、法人名義の車の車検費用の仕訳について詳しく紹介していきます。