カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

やっぱり自分の車にしたい!カーリースした車を契約期間中に途中買取することはできる?

カーリースした車が気に入って、「自分の車にしたい!」と思うことがあるかもしれません。では、そんな場合にカーリース車を契約期間中に途中買取することはできるのでしょうか?

カーリース車の所有権は契約者ではなくカーリース会社にある

カーリース車を途中買取できるかについて見る前に、カーリースの基本的な仕組みをおさらいしておきましょう。

カーリースは、月々のリース料を支払うことで、カーリース会社が車を貸し出してくれるサービスです。契約者が希望する車をカーリース会社がディーラーから購入して貸し出すという仕組みになっていますので、さまざまなメーカーや車種から自由に車を選べます。メーカーオプションやディーラーオプションも付けることが可能です。

カーリースの契約期間は3年、5年、7年などの長期にわたるのが一般的ですので、マイカーのような感覚で車に乗れます。レンタカーのように「わ」ナンバーにもなりませんので、外観でカーリース車だと他の人に知られてしまうこともありません。

ただし、カーリース車の所有者はあくまでもカーリース会社です。車検証の所有者欄にはカーリース会社の名前が記載され、契約者の名前は使用者欄に載ることになります。これが、車が自分の持ち物になる購入と大きく異なる点です。

カーリースは、車を「借りている状態」にありますので、契約期間が満了すると基本的には車をカーリース会社に返却しなければなりません。

また、借り物であるゆえ、カーリース車の使用には一定の制限があります。例えば、走行距離には制限が設定されますし、原状回復できないような改造やカスタマイズも原則として禁止されています。

 

カーリースでは、契約期間中の途中買取は不可?

前の項目で、カーリースの車は基本的には最後に返却しなければならないことについて見ました。とはいえ、その車を本当に気に入ったら「買い取って自分の物にしたい」と思うのが人情というものです。

しかし、残念ながら、カーリースでは契約期間中に車を途中買取することは認められていません。どのカーリース会社も車の途中買取は不可としています。

ちなみに、カーリースは契約の途中解約も原則としてできません。もし、やむを得ない事情で解約する場合には、残リース期間の料金全額などに相当する違約金を支払う必要があります。

車の途中買取も途中解約もできず、一度開始したら契約期間が満了するまで利用を続けるのが、カーリースの基本的なルールであることを覚えておきましょう。

 

途中買取ではなく契約満了後の買取ならOKのカーリースもある!

前の項目で、カーリースの車を途中買取することはできないことを確認しました。しかし、カーリース会社によっては契約満了後、車の返却や乗り換え、リース期間延長のほか、車の買取を選ぶこともできます。車の途中買取はできませんが、契約満了後の買取なら可能なのです。

カーリースの契約では多くの場合、残価設定があります。つまり、契約満了時の車の下取り価格をあらかじめ予想し、その金額を車両価格から差し引いた上でリース料を設定します。契約満了後に車の買取ができる場合、その残価を支払って買い取ることになります。

契約満了後の車の買取ができる具体的なカーリースサービスを2つ見てみましょう。

定額ニコノリパック

定額ニコノリパックは「ニコニコレンタカー」で有名な「株式会社MIC」が展開しているカーリースサービスです。車種などによって、税抜で月額1万円、月額2万円、月額3万円の商品を用意しています。契約期間は5年間となります。

定額ニコノリパックでは、契約期間満了時に以下の3つの選択肢が契約者に与えられます。

1 返却してカーリースを終了するか、別の新しい車に乗り換える
2 カーリースの契約を延長して同じ車に継続して乗る
3 車を買い取って自分のものにする

車を最後に自分の物にしたい場合には、3番目の選択肢を選ぶことができます。

ちなみに、定額ニコノリパックは「クローズドエンド契約」という残価精算がない契約形態となっています。一般的なクローズドエンド契約では、契約満了後に車を買い取ることはできないシステムになっていますが、定額ニコノリパックでは買取が可能です。

※残価精算とは、契約満了時に車を返却した場合に、返却車両の査定額と残価との差額精算をすることです。査定額が残価を上回ればキャッシュバックを受けられますが、下回った場合には不足分を請求されることになります。

オリコオートリース

オリコオートリースは、「コアラクラブ」というカーリースの代理店会グループを全国規模で展開しています。契約期間は1年から7年の間で設定可能です。

オリコオートリースでは、契約満了時の選択肢として下記の4つを用意しています。

1 車を返却して新しい車に乗り換える
2 契約期間を延長して同じ車を継続使用する(延長の期間は原則として12カ月または24カ月)
3 車を買い取って自分のものにする
4 車を返却して契約を終了する

車を買い取りたい場合には、3番目の選択肢を選ぶことになります。

ただし、車の買取ができるのは、リース料を経費処理していない個人のユーザーで、残価精算ありの「オープンエンド契約」の場合に限ります。

 

購入する前提のカーリース契約なら支払総額を確認しよう!

カーリースの期間中に車を気に入って、結果的に最後に車を買い取る場合もあるかもしれませんが、中には契約満了後に車を買い取る前提でカーリースの利用を始めるケースもあることでしょう。

ただし、カーリースでは、リース料の中に含まれている各種税金や車検代、メンテナンス料などにも金利がかかってくるため、ローン購入して自分でお金をやり繰りして車を維持管理していく場合よりも支払総額が多くなるのが一般的です。

ですから、車の買取を前提としてカーリースサービスの利用を考えている場合には、リース料の総額をカーリース会社に見積もってもらい、ローン購入でかかる費用と比較してみることをおすすめします。

とはいえ、カーリースの総支払額の方が高くなるからと言って、自動的にカーリースよりもローン購入を選んだ方がよいということにはなりません。なぜなら、カーリースにはローン購入にはないさまざまなメリットがあるからです。

例えば、毎月定額のリース料に、車の維持管理に関わる費用がコミコミになっていますので、支払いがフラットになり、家計のやり繰りが非常にしやすいです。また、税金の支払いや車検、メンテナンスなどをカーリース会社にお任せできるので、面倒な手間を省けますし、車を常に良好なコンディションに保つことができます。

カーリースを利用すれば、リース期間中はこうしたメリットを楽しみながら車に乗ることが可能になります。ですから、総支払額についてだけではなく、カーリースを利用するメリットについてもじっくり考慮した上で、カーリースを選ぶか、ローン購入をするかを決めることをおすすめします。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの契約期間って通常どれくらい?長期の場合は得する?仕組みを徹底解説!

レンタカーの場合、レンタル期間が長くても1〜2週間という事が多いですが、カーリースは通常どれくらいなのでしょうか?今回は、カーリースの契約期間について、長ければ長いほどお得なのかどうかなど、長期カーリースについての細かな点までしっかりご説明します。

同じ車でもリース費用は異なる?カーリース会社ごとの価格を比較してみよう!

カーリース事業を展開している会社は様々あり、カーリース会社によって、料金やサービス内容などが異なります。たとえ同じ車であっても、料金が異なるということは、カーリースを申し込む前に、各社の比較をした方がいいということです。今回はカーリース会社ごとの価格などを比較していきます。