カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーディーラーのカーリースなら安心?カーリース利用時の注意点とおすすめカーリース業者

カーリースには、カーリース専門店が行っているものと、カーディーラーが行っているものがあります。カーディーラーのカーリースにもメリットはあるものの、比べてみるとカーリース専門店が行っているサービスの方がお得である場合があります。その理由をご説明しましょう。

カーディーラーのカーリースは安心?

カーディーラーでリースをする場合に、チェックしておくべきなのは料金体系です。カーディーラーのリースは、残価設定型になっていることが多いからです。残価設定型のプランだと、月々の支払いが少ないため、その支払い額だけを見て、お得だと判断して契約してしまう人が多いのです。

 

カーディーラーでのカーリースの仕組み

トヨタの残価設定型プランを例にとって考えてみましょう。このプランだと、車をリースする時に、あらかじめ3年後または5年後の予想買い取り価格を差し引いた金額を分割で支払うことになります。

予想買い取り価格が差し引かれるため、月々の負担は軽く、その金額だけを見て残価設定型プランで契約してみたものの、返却時に差額が発生して精算金を支払うように要求されるという事があり得ます。

ポイントは、この3年または5年後の予想買い取り価格をどのように設定するかということです。予想買い取り価格を高く設定すれば、月々の支払いは楽になるものの、返却するときの車の状態がかなり良いコンディションでなければなりません。

傷やへこみがあったり、原状復帰できない改造がされていたりすると契約違反となり、当初の予想買い取り価格より価値が低くなってしまいます。そのため、カーリースをしたドライバーに精算金の請求書が来るのです。

トヨタのカーディーラーでアクアをカーリースした場合

トヨタでカーリースをした場合を例として、見積額を計算してみましょう。アクアのスーパーホワイト、グレードはCrossoverです。ナビやオーディオ、メーカーオプションやオリジナルアクセサリーを一切つけずに見積もった結果、支払総額は219万2,337円となります。

この価格には、税金、リサイクル料金、保険料などを含めた14万円ほどの経費が含まれています。最新式のアクアのカーディーラーによる下取り価格が、現段階で税込価格145万円なので、リース期間が終了する4年〜7年後には更に下がっているでしょう。

ここで、予想下取り価格を70万円で設定するとどうなるでしょうか?支払総額は149万2,337円となり、この149万円を分割で支払う事になります。

 

カーディーラーでカーリースする際の注意点

カーディーラーでのカーリースを利用する場合、ディーラーは安全を見積もって、最低価格を予想買い取り価格に設定します。そのため、場合によっては新車を購入して自分で下取りに出したほうが、お得であるケースもあります。

逆に、残価設定が高すぎて、返却時にその差額を請求されるということがあり得ます。例えば、上述のアクアの予想買い取り価格が150万円だとして、5年後に返却するプランを組んだとします。

5年後に返却する際、予想買い取り価格が想定よりも下回っていた場合は、トヨタのディーラーから「この車は150万円の価値はないので、差額の〇〇万円を払ってもらいます」と言われてしまうのです。毎月の負担額は減るものの、返却時に差額を精算するなら、結局は同じことですよね。

こういったことが、カーディーラーが行うカーリースでも起こっているので、日産のディーラーだからとか、トヨタのディーラーだからと言って、安心する事はできないのです。

ディーラーではなく、一般のカーリース専門の業者の中に、残価設定型のカーリースを提供するところもあります。予想買い取り価格を高く設定して、月々の支払いを「1万円」などと安く設定しているものの、大切に乗らないと、後で差額を請求されることになります。

もちろん、毎年の走行距離が少なかったり、大切に乗れるという自信があったりするのなら、残価設定型のカーリースがおトクな場合もあります。

 

「残価設定なし」のカーリース業者で安心のカーリースを!

カーリース業者の中には、残価設定なしのところもあります。カーコンカーリースもろコミは、7年間と9年間のカーリースとなり、残価設定はなしです。契約終了後はカーリース車がそのまま自分のものになります。

カーコンカーリースもろコミでは、自分の好きな新型の車をカーリースできます。頭金が0円なので、一度に大きな出費が負担だという方にもオススメです。ボーナス月に加算される部分はあるとはいえ、頭金なし、残価設定0円のカーリースは、他にはなかなかありません。

カーコンカーリースもろコミでカーリースした場合、月々の費用に全てが含まれているので、いろいろとややこしい事を考える必要がありません。日本の車は税金制度がややこしく、その上高いのが特徴です。ドイツなど、欧州の先進国と比べても、日本の車にかかる税金は高く、JAFが国に税制改革を働きかけるほどなのです。

カーコンカーリースもろコミの月々の支払額に含まれているのは、登録時の諸費用や車検基本料、自動車税、自賠責保険、自動車重量税などです。自分で陸運局に行って車検を受ける場合には、全て自分でやらなくてはなりません。こういった複雑な手続きや支払いを、カーコンカーリースはもろコミが全て請負ってくれるのです。

残価設定をするカーリースをオープンエンド契約のカーリースと呼びます。一方、残価設定をせず、返却時に差額を精算しないカーリースがクローズドエンド契約です。クローズドエンド契約でカーリースをすれば、差額を支払う必要はありません。

残価設定なしのクローズドエンド契約でリースができる業者には、上記のカーコンカーリースもろコミや、アラジン、リボーン・カーリースがあります。これらのリース会社はリース前に残価設定をする必要がなく、大切に乗っていれば、毎月のリース代金だけで車が借りられます。

アラジン

アラジンは江頭さんがイメージキャラクターのカーリース会社です。福岡や長崎を中心に展開するカーリースチェーンとなっています。リース期間を6か月、12か月の短期間から選べるのが、一般的なカーディーラーのカーリースとは違うところです。

リボーン・カーリース

アラジンとは違い、全国展開しているのがリボーン・カーリースです。北は北海道から南は四国まで幅広く店舗を構えています。リボーン・カーリースはアラジンより短期間のリースで、月単位で利用できます。

カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースもろコミも、アラジンやリボーン・カーリースと同じ、クローズドエンド契約のリースです。残価設定がないだけでなく、毎月の負担額も少ないのが特長です。

しかも現在、カーコンカーリースもろコミはリース期間中、ガソリン代のキャッシュバックを受けられるキャンペーンも実施されています。

ガソリン代1リットルあたり、軽油でもハイオクでも20円キャッシュバックされます。たとえば、軽自動車で月1万円の燃料代だとすれば、約60リットル強です。この場合は、一ヶ月で1,200円以上もキャッシュバックされることになります。

カーコンカーリースもろコミの7年リースと9年リースは完全クローズドエンド型なので、車の損傷や損耗、月間走行距離の超過などによって返却時に精算が生じることはありません。カーディーラーの一般的なカーリースとは料金体系が全く異なります。

カーディーラーだから全て安心と考えていると、返却時に予想を上回る出費を精算されることがあります。カーリースを契約する前には、残価設定型かどうかをしっかりチェックしておきましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

自家用車をリースで購入する場合のメリット・デメリット徹底調査

以前までのカーリースは、財務上でのメリットがあることから営業車や商用車として多くの企業に利用されてきました。しかし、最近では、「同じ予算内でワンランク上の車に乗れる」などの広告の影響もあり、個人向けカーリースの人気も高まっています。なぜ、人気が高まっているのか、カーリースのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。