カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースした車がリコール対象車になったらどうする?知っておきたい車のリコールについて

カーリースした車が、万が一リコールやサービスキャンペーンの対象になったら、どうすれば良いのでしょうか?今回は、リコールとはそもそも何か、どうすれば自分の車がリコール対象になっているかを知ることができるのかなどを含め、その対処方法について詳しく説明します。

車のリコールとは?

リコールとは、メーカーが自主的に、既に販売した商品をユーザーから回収し、未然に重大な事故などを防ぐことです。家電などでは、生産者が回収・修理を行いますが、自動車の場合は、メーカーが国土交通省を通してリコールを発表します。

例として、2009年にはトヨタのレクサスや、北米を中心に販売されているタンドラがリコールになりました。その内容は「運転中に急加速して事故につながる可能性がある」というもので、大規模なリコールとなりました。

また、最近では、2018年1月に三菱アウトランダーPHEVのリコールがありました。後輪ブレーキキャリパーに不具合があったのです。ブレーキキャリパーは、ブレーキパッドをブレーキディスクに押さえつける役割を果たし、制動時に重要な役割を果たします。

このブレーキキャリパーの不具合により、駐車中でも車体が動き出す恐れがあったため、三菱は合計9万2,307台をリコールしました。幸い、この不具合が原因の事故は起きませんでしたが、ブレーキという基本的で重要な箇所の不具合だったため、多くのユーザーがリコールへの対応を余儀なくされました。

普通は、新聞やテレビ、またカーディーラーを通してリコールがあったことが分かりますが、自分の所有している車がリコール対象車かどうかは、どのようにして分かるのでしょうか?

リコールが発表される場合「20〇〇年の〇〇月〇〇日から20〇〇年の〇〇月〇〇日の間に製造された車両が対象」というように発表されることもあり、自分の車が該当しているのかが分からないことがあります。

上述のように、自動車のリコールは国土交通省を通して発表されるので、すべての自動車のリコール情報は、国土交通省が把握しています。国土交通省のホームページには「自動車のリコール・不具合」というページがあり、車名や型式、シリアル番号、車台番号を入力して検索できます。

型式や車台番号、エンジンの型式などは全て車検証に細かく記載されているので、ご自分の車種を対象にリコールが発表されたなら、まずは車検証を参考にしながら、国土交通省のページで検索してみる必要があります。

全く同じ車でも、生産された時期によって、エンジンの型式や使われているパーツが全く異なることがあるので、車検証を再度確認することは重要です。自分の車がリコール対象かはっきりしない場合は、ディーラーに問い合わせるのも一つの方法ですので参考にしてみてください。

 

カーリースした車でもリコール対象車になる可能性はある!

国土交通省のウェブサイトには、最近あった各自動車メーカーのリコールについて詳細な記録があります。毎年、ほぼすべてのメーカーからリコールが出ており、対象車の数も数千台から数万台、数十万台など、規模が大きいものもあります。

カーリースした場合も例外ではなく、リコールの対象車になることがあります。カーリースで提供される車は、カーリース会社により周到に検査されているとはいえ、メーカーにしか分からない不具合もあり、それが後になって発覚することがあるのです。

「カーリースの場合は、車の所有者がカーリース会社だからリコールは関係ない」と考えるのではなく、疑わしい場合はすぐに調べる事が大切です。では実際に、自分がカーリースした車がリコール対象となった場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

カーリースした車がリコールされたらどうする?

一例として、カーリースの株式会社マックス山陰を例にあげて考えてみましょう。マックス山陰のウェブサイトには、よくある質問の中に「使用車がリコール対象車の場合、どうしたらよいですか?」という質問があります。

質問に対する答えは、

「リコール対象車両は、各メーカーの販売店より連絡があります。安全のため、早急に修理(無料)をお受けください」

とあります。

自分のリースカーがリコール対象車両であることが分かっている場合は、先延ばしせずに、すぐディーラーに連絡を取り、修理を予約しましょう。

リコールの責任はカーリース会社でも修理業者でもなく、メーカーにあります。そのため、メーカーと直結しているディーラーが責任を持ってリコール対応をしてくれます。

ブレーキやエンジン、ステアリングや足回りの不具合など、重大な事故に繋がりかねない大規模なリコールは、新聞やテレビで取り沙汰されます。しかし、事故につながらない小さな不具合等は、サービスキャンペーンとして通知されるケースがほとんどです。

リコールによっては、「事故に繋がりかねない」と発表されるものの、自分の車には全くそのような症状が出ておらず、不具合と感じない場合があります。しかし、「リコールが出ているが、自分の車は大丈夫だ」と考えるのではなく、なるべく早いうちに修理を依頼するようにしましょう。

新しい車は、厳重なチェックを何度も行った上で市場に出されます。リコール対象車も、本来は問題がなかった車で、チェックに合格したため、晴れて市場に出回ったわけです。しかし、人為的ミスやパーツの経年劣化、無理な設計などにより、乗っているうちに不具合が浮き彫りなってきます。

自分の車にリコールがあった場合、今は大丈夫でも、しばらく経つと故障や不具合が表面化し、事故や重大な故障につながる可能性があるということを理解しておきましょう。

また、リコールがあった車は車検に通りません。メンテナンスリースでカーリースした車にリコールがあって、修理していないと、カーリース会社が車検を行う際に問題になる可能性があります。カーリース会社に負担をかけないためにも、リコールの対応はすぐに行うのが賢明です。

リコールとは別に、サービスキャンペーンというものがありますが、サービスキャンペーンは、重大な事故に繋がらない自動車の不具合です。

サービスキャンペーンは国土交通省を通して通知されるものではないので、ドライバーや車の所有者に見過ごされがちですが、対象車になっているなら、なるべく早く修理しておいたほうが良いでしょう。

 

カーリース契約時に、もしもの時のことをしっかり確認しておこう!

完璧な車は存在しません。自動車にはリコールがつきものです。このブランドは信頼できるから、この車は高級で頑丈だから、といった理由があったとしても、過信はできません。どんなに高級で高性能な車でも、リコールは発生し得ます。

カーリース契約を行う際に、リコールやサービスキャンペーンの対象車となったらどうすれば良いか、その対処方法をカーリース会社に尋ねておくのも良いでしょう。

カーリースの場合、5年、7年、9年という長い期間、1台の車に乗り続けることになります。また、所有者はカーリース会社となるため、できるだけ良い状態で返却する必要があります。

カーリースした車がリコールやサービスキャンペーンの対象車となったら、カーリース会社と連絡をとって、すぐ修理しましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検にかかる税金とは?知っておきたい税金の種類をご説明!

車の維持にはガソリン代以外にも様々な費用がかかります。中でも大きな出費となるのは車検にかかる費用です。車検を通すには車がきちんと整備された状態でなければいけません。 なお、車に問題がなくても車検が進まないことがあります。見落としがちなその原因は税金の納付状態です。車検は車が整備されているだけでなく、税金もきちんと払っておかなければいけません。この車検に必要な税金とは一体何なのでしょうか。今回は、車検時に必要な税金についてご紹介していきます。

カーリースした車の車検に必要なものって何?費用はどうなる?疑問点を解消!

車を所有しているなら必要な手続きとして車検があげられます。しかし、車検というものがあることを知っていても、どういったことをする手続きなのかは知らないという方も少なくありません。 お金がかかると聞きますが、実際どれくらいかかるものなのでしょうか。車検をするのに必要なものは何かも知っておかなければ、車検の手続きを進められません。そもそも車検は、車を借りている状態のカーリースであっても必要なものなのでしょうか。今回は、車を所有しているなら欠かせない車検の疑問に答えます。