カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースした車に好きなカーナビをつけたい!そんな時に知っておきたいカーリースのルールとオススメのオプションとは

車を運転する上で非常に便利なのがカーナビです。「カーナビなしには運転できない!」という人もいることでしょう。では、カーリースの車には自分の好きなカーナビを自由に取り付けることはできるのでしょうか。今回は、カーナビなどのアクセサリーの取り付けに関するカーリースのルールやオススメのオプションについてご説明します。

カーナビの種類

 カーナビとは「カーナビゲーションシステム」の略で、行き先を入力すればGPSなどを利用して道案内をしてくれる便利な装置です。カーナビにはどんな種類があるのでしょうか?

純正カーナビと社外カーナビ

 純正カーナビは自動車メーカーが車のオプション品として用意している製品です。車との互換性は保証されていますし、デザインも車の内装に合わせてありますので、見栄えがいいです。

ただし、純正カーナビは自動車販売店でしか取り扱っていないため、種類はあまり多くありませんし、値段も比較的高くなっています。

一方の社外カーナビは、自動車メーカー以外のオーディオ機器メーカーなどが販売している製品です。カー用品店や電器店、ホームセンターなどで購入できますし、種類も豊富で価格も純正品よりも安いものがたくさんあります。

カーナビの型

カーナビの型には「インダッシュ型」「オンダッシュ型」「ポータブル型」の3つがあります。

インダッシュ型は、ダッシュボードの中にモニターが納まるタイプのカーナビで、見栄えがいいのがメリットです。社外カーナビの場合、車種によってはエアコンの送風口やスイッチをカスタマイズして取り付ける必要があります。

オンダッシュ型は、ダッシュボードの上にモニターを取り付けるタイプのカーナビです。カーナビ本体は別の場所に設置します。インダッシュ型よりも視線移動が少ないので、より安全に運転できます。価格の相場はインダッシュ型よりも安いです。

ポータブル型は、シガーソケットから電力を供給し、吸盤や両面テープなどで設置するタイプのカーナビで、取り付けや取り外しが非常に簡単で、価格も安いです。デメリットは、コードが丸見えで、明らかに後付けの見栄えになってしまうことです。

カーナビの記録媒体

カーナビの記録媒体には「ハードディスクタイプ」と「メモリータイプ」があります。ハードディスクタイプは、純正カーナビやハイスペック機種に多く使用されています。容量が多いので、動画や音楽などもたくさん保存できます。

メモリータイプはポータブルタイプによく使用されています。容量は少ないですが、安価でハーディスクタイプよりもレスポンスが早いという利点もあります。

 

自分の好きなカーナビをカーリースした車に取り付けるのはOK?

では、自分の好きなカーナビをカーリースした車に自由に取り付けることはできるのでしょうか?

多くのカーリース会社では、カーナビをはじめとするカー用品を、契約時に自由に選んで取り付けることが可能になっています。

純正カーナビを取り付けることはもちろんできますし、カーリース会社が特定の社外カーナビを推奨していたり、リーズナブルな料金で提供していたりすることもあります。推奨されていない社外カーナビでも、希望を伝えれば取り付けてもらえます。

ちなみに、契約時に取り付けたカーナビなどのカー用品は、車両本体と同様にカーリース会社のものですので、契約終了時にはそのまま返却しなければなりません。

では、カーリースの利用開始後に、カーナビを後付で取り付けることはできるのでしょうか?

基本的にはカーナビの後付も可能です。ただし、後付のカーナビは車の返却時に取り外さなければなりません。つまり、原状回復をしなければならないということです。

そのため、設置の際にダッシュボードに穴を空けたり、接着剤の跡が残ったりするような方法でカーナビを取り付けることはできません。もし、そのような方法でカーナビを取り付けてしまうと、返却時の車の査定に影響が出て、清算金を請求されてしまう場合もあります。

 

車にこだわりを持ちたい人は残価設定ナシのカーコンカーリースもろコミがおすすめ

先ほど見た通り、カーリースの取り付け方によっては契約終了時に清算金が発生してしまうリスクがあります。清算金が発生するのは、カーリースの契約で多くの場合に「残価設定」が行われるからです。

残価設定とは、契約終了時の車の予想価格(残価)を設定し、それを車両価格からあらかじめ差し引く方法です。残価設定があるカーリースの場合、契約終了時に返却車両の査定が行なわれ、査定額が残価を下回った場合には、その差額を負担しなければならないのです。

このため、原状回復ができないような方法でカーナビを後付したり、パーツを交換したりすることは基本的にできません。

これは、車をいじるのが好きな人や、車にこだわりを持ちたい人にとっては1つの難点となるでしょう。カーライフを「思う存分」楽しむことはできないのです。

しかし、例えば「カーコンカーリースもろコミ」は残価設定ナシの契約ですので、リース期間満了後に車がそのまま自分のものになり、査定や清算などの面倒な手続きがありません。

返却を前提としていない場合は車の使い方に特に制限が無く、カーナビホイールなども自由に変えることが可能です。カーアクセサリーやパーツなどを自分でこだわりたい人にオススメのカーリースです。

カーコンカーリースもろコミの月々の料金は8,000円(税込)からと非常にリーズナブルになっています。契約プランには、7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」がありますので、希望する期間の長さに合わせて選択することができます。

 

最も安心なのは「カーアクセサリー」オプションをつけること

リース車にカーナビなどのアクセサリーを付けたい場合は、契約時にオプションで付けると安心です。

先ほどご紹介したカーコンカーリースもろコミでも、月額2,160円(税込)で「カーアクセサリー」のオプションを付けることが可能となっており、車との互換性の面でも安心して利用することができます。

「カーアクセサリー」のセットの内容は下記の通りです。

・カーナビ
・バックアイカメラ(「もろコミ9」のみ)
・ETC
・フロアマット
・バイザー

カーコンカーリースもろコミはこうした「カーアクセサリー」のサービスだけではなく、今ならガソリン1ℓあたり20円(毎月最大2,000円)をキャッシュバックしてもらえるお得なキャンペーンも実施していますので、お得にカーリースを利用するチャンスだと言えるでしょう。

※2018年4月1日以降にカーコンカーリースもろコミに申込んで、もろコミ販売店でご契約の方がサービスの対象となります。キャンペーンの内容は予告なく変更・終了する場合があります。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースするなら知っておきたい追加料金とは?

カーリースは初期費用を抑えて手軽に新車を利用できるサービスです。毎月決まった額を支払うだけで、普通に買うよりも安く車を利用できることもある便利なものですが、きちんとサービス内容を把握していないと、思いがけないところで大きな出費が発生する恐れがあります。 そこで今回は、カーリースをするなら知っておきたい諸費用についてまとめました。契約時と契約満了時にかかる可能性のある費用と、それを抑えるカーリースのプランを知り、かしこく、お得に利用しましょう。

カーリースのキャンペーンや特典を利用してお得にカーライフを送ろう!

最近、ディーラー販売でもポピュラーなのが、予想買い取り価格を決める残価設定型のカーリースです。これから新車を購入する事を考えている方にとっては、悩ましい選択肢かもしれません。クレジットローン購入にするか、カーリースにするか、決め手となるのはそのサービス内容です。この記事では、3つのカーリースのキャンペーンと特典をご紹介します。