カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースした車のパンク修理はどのように頼めば良い?修理費用はどうなる?

カーリースした車がパンクしたらどこに修理を頼めばいいのでしょうか。パンク修理の費用は誰が負担するのでしょうか?いざという時に慌てないために、カーリースした車のパンク修理について基本的な知識を身につけておきましょう。

タイヤがパンクした時の一般的な対処法は?

一般的に言って、車の運転中にタイヤがパンクしてしまったら、どう対処したらいいのでしょうか?

まず、ハザードランプをつけて少しずつスピードを落としていき、路肩に車を停めましょう。慌てて急ブレーキをかけると、後ろから追突される可能性が高くなりますので危険です。高速道路の場合は、停車した後に車両の後方数メートルから数十メートルのところ(後続車両から見やすい位置)に三角表示板を設置することが義務付けられています。

ちなみに、パンクしたままの状態で走行を続けるのは非常に危険ですのでやめましょう。カーブをうまく曲がれず衝突したり、人身事故につながったりする可能性があります。また、パンクした状態で走行するとタイヤだけではなくホイールもダメにしてしまいます。そうなれば修理代もかなり高くついてしまうでしょう。

自転車やバイクでパンクするとすぐに気づきますが、車の場合はパンクしたことに気づかずに走行を続けてしまう人がいます。でも、パンク時にはタイヤの制御がうまくきかなくなったり、ハンドルが扱いにくくなったり、異音がしたりするはずですので、運転していて違和感が生じたらすぐに車を止めて確認する癖をつけておきましょう。

車を路肩に停車させた後は、JAFや任意保険のロードサービスに連絡しましょう。応急処置やスペアタイヤへの交換などをしてくれます。料金は基本的に無料です(JAFの場合、非会員であれば料金がかかります。任意保険のロードサービスの場合、無料サービスに年1回までなどの制限があることが多いです)。

もちろん、場所によっては自分でスペアタイヤに交換したりパンク修理キットを使って応急処置をしたりすることもできますが、高速道路や交通量の多い道路で作業をするのは危険ですので、車から離れたところに避難してからロードサービスを呼んで作業を任せましょう。

ロードサービスで応急処置をしてもらったりスペアタイヤに交換してもらったりした後は、修理業者を訪ねてパンクしたタイヤの状態を見てもらい、パンク修理やタイヤ交換をしてもらってください。

応急処置は修理ではなく一時的に車を走れる状態にするだけで、スペアタイヤもあくまでも臨時で使うためのタイヤに過ぎないからです。パンク修理の相場は1本につき1,000円~5,000円程度でそんなに高くはありません。ただし、タイヤ交換やホイール交換が必要になれば費用はもっと高額になります。

 

リース車のパンク修理は、まずカーリース会社に連絡を!

カーリースした車がパンクした場合、どうすればいいのでしょうか?

特に走行中のパンクの場合、焦りの気持ちから真っ先にJAFなどのロードサービスを呼んだり、自分で応急処置をしたり、知り合いの修理業者に連絡したりするかもしれません。自家用車の場合はこれらの対処法でも間違いではないのですが、リース車の場合は違います。リース車がパンクした時にまず初めにすべきことはカーリース会社へ連絡することです。

カーリースの契約では、故障した場合に修理を行う整備業者が指定されている場合があり、業者や方法を勝手に選択してパンク修理をしてしまうと損害金等が発生する可能性があります。ですから、リース車がパンクした場合には、まずはカーリース会社に連絡をして指示を仰ぐのが鉄則なのです。

 

パンク修理の費用はカーリース料金に含まれる?

では、パンク修理の費用はカーリースの料金に含まれているのでしょうか?

パンク修理の費用がリース料に含まれているかどうかは、カーリースの契約形態によって異なります。カーリースには大きく分けて下記の「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2つの形態があります。

ファイナンスリース

月々のリース料に車両価格、登録諸費用、自動車取得税、自動車税(期間分)、重量税(登録時のみ)、自賠責保険料(登録時のみ)だけが含まれる契約です。主に「車を調達したい」というニーズに応えるためのサービスです。

メンテナンスリース

月々のリース料に車両価格、登録諸費用、自動車取得税、自動車税(期間分)、重量税(期間分)、自賠責保険料(期間分)に加えて、車検、点検整備、オイル交換、消耗部品交換などのメンテナンス費用も含まれる契約です。ファイナンスリースにメンテナンスサービスという価値が付加された契約形態となっています。

ファイナンスリースの場合、パンク修理の費用は自己負担となると考えて間違いありません。一方、メンテナンスリースの場合はパンク修理の費用をカーリース会社が負担してくれる契約になっていることがあります。

また、タイヤが完全にダメになってしまった時には、タイヤ交換をしてもらえる場合もあります(契約期間中に交換できる回数が決められています)。ただし、メンテナンスリースだからと言って必ずパンク修理を無料でしてもらえるわけではなく、細かい条件は契約によって異なります。ですから、契約内容をよく確認しておくことが重要です。

 

パンク修理もOK!カーコンカーリースもろコミの「メンテナンスパック」がオススメ

カーコンビニ倶楽部株式会社のカーコンカーリースもろコミなら、タイヤのコンディションについて心配することなく車を利用できます。なぜなら、月々税込2,700円の「メンテナンスパック」をオプションで付けることでタイヤ4本セットをサービスしてもらえるからです。

タイヤの寿命が来る前にタイヤ交換をすることで安全に車を利用できますし、万一パンクなどでタイヤがダメになったとしてもタイヤ交換してもらえるので安心です。メンテナンスパックの具体的な内容は下記の通りです。タイヤ交換以外にも様々な消耗部品の交換をしてもらえます。

・タイヤ4本セット(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・バッテリー交換(もろコミ7は1回、もろコミ9は2回)
・エンジンオイル交換(もろコミ7は6回、もろコミ9は8回)
・オイルエレメント交換(もろコミ7は6回、もろコミ9は8回)
・オートマチックオイル交換(もろコミ7は1回、もろコミ9は2回)
・ブレーキオイル交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)
・ブレーキパッド交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・Vベルト交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・LLC交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)
・点火プラグ交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・ワイパーゴム交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)
※もろコミ7(7年リース)ともろコミ9(9年リース)ではメンテナンス回数が異なります。

メンテナンスパックは軽自動車のみ、適用可能となっています。ただし「もろコミ特選車」のリースには、軽自動車であるかに関わりなく標準で「特選車メンテナンスパック」が付きます。
※特選車メンテナンスパックはオプションとして付けるメンテナンスパックとは内容が異なります。

あなたも、カーコンカーリースもろコミのメンテナンスパックで、安心、安全のカーライフを送ってみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースを利用したらキズをつけてしまった!保証はどうなる?

車は欲しいけれど維持費が高額だし、毎日乗るわけでもない、残念だけどマイカーを所有することはできない、と諦めている人も多いのではないでしょうか。しかしカーリースを利用すれば、簡単・安全に車のある便利な日常が手に入ります。 そこで「カーリース車にキズをつけたときの保証はあるの?」「どういう仕組み?」と、まだまだ分からないことだらけという人のために、ここではカーリースでキズをつけてしまった場合の保証について詳しく解説していきます。