カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースしている車で長距離通勤ってコスパは良い?悪い?知っておきたいカーリースの走行距離制限

カーリースを検討している人の中には、毎日長い距離を車で通勤しているという人もいるでしょう。しかし、長距離通勤者の人がカーリースの仕組みを知らずに契約してしまうと、契約満了時に思いがけない出費を被る恐れがあります。 そこで今回は、特に長距離通勤者の方が注意すべき走行距離制限についてまとめ、カーリースを選ぶポイントをまとめました。

カーリースは毎月の走行距離に制限がある

カーリースは、毎月の走行距離に制限がかけられています。たとえば、コスモの「Myカーリース」は月500kmから1,500km、オリックスの「いまのりくん」やカーコンリースもろコミは月2,000kmなどです。

走行距離に制限があるのは、走った分だけ車の価値が下がるからです。

多くのカーリース会社では、予想残存価格(残価)を加味してリース価格を決めています。予想残存価格とは、リース契約満了時の自動車の評価額のことです。

たとえば、300万円の車を5年契約でリースするとします。5年後の予想残存価格が180万円だとしたら、リースする人は残りの120万円を、5年間で支払えばいいというわけです。こうした仕組みのおかげで、購入するよりもずっと安く新車に乗れるようになっています。

ところが、予想していた走行距離よりも多く走ってしまうと、自動車の損傷は大きくなり、リース契約満了時の残価は下がってしまいます。

そのため、走行距離制限を設け、超過した場合には、契約満了時にその分の費用を徴収するというところが多いのです。料金はカーリース会社によって変わりますが、1km当たり5~10円が相場となっています。

また、事故などで車が傷ついたり、傷の修復歴があったりする場合にも、残存価格(残価)に影響します。この場合も、別途費用を請求されることがあります。さらに、改造やカスタマイズをしていた場合も、修復費用を請求されるケースがあるので注意が必要です。

 

長距離通勤にカーリースした車を利用する場合に必ず確認すべきこと

第1章で述べたように、月の走行距離制限はカーリース会社や契約するプランによって異なります。まずは、検討しているプランの走行距離制限に、月当たりの走行距離が収まるのかきちんと計算をしましょう。

特に長距離通勤の場合、思いのほか走行距離はかさんでいきます。毎日の往復距離だけでなく、出張や、打ち合わせや営業などで車を使う場合、週末などにプライベートで使う場合も含めて、1ヶ月のおおよその走行距離を算出しておきましょう。

走行距離がカーリースのプランの制限を超える場合は、契約満了時に思わぬ出費を強いられる恐れがあります。カーリースの方が初期費用は抑えられても、トータルの出費は、新車や中古車を購入した方が安く済むという場合もあるのです。

 

長距離通勤にカーリースを利用する際におさえておくべきポイント

長距離通勤でカーリースを利用するときには、走行距離以外にも押さえておきたいポイントがいくつかあります。

まず、毎月かかるガソリン代です。会社が負担してくれる場合もありますが、長距離だとそれがかなわないこともあります。カーリースの中には、ガソリン代を割引してくれるプランがあることもあるので、そうしたサービスを上手に使いましょう。

万が一、事故を起こした場合の労災は勤めている会社から下りるのか、また、修理費用などはカーリース会社に負担してもらえるのかなども重要なポイントです。長く運転するだけに事故の可能性は想定しておくべきですから、しっかりとした備えをしておきましょう。

さらに、カーリースの場合、自賠責保険などは含まれていることがほとんどですが、任意保険には自分で加入する必要があります。

まとめると、長距離通勤でカーリースを検討する場合に押さえておきたい事項は次のとおりです。

・月当たりの走行距離が、契約したいプランの制限走行距離内に収まるか
・毎月のガソリン代はいくらになるのか、また、ガソリン代の負担が軽減されるサービスはあるか
・万が一、事故を起こした場合、勤めている会社から労災は降りるのか
・事故を起こした場合に修理費やロードサービスなどのサービスは受けられるか
・任意保険にかかる費用はいくらか

カーリースとひとくちにいっても、そのサービス内容や料金はさまざまです。カーリース会社に支払う費用と、別途自分で負担すべき費用、そして受けられるサービスの内容をきちんと比較して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

長距離通勤にはカーコンカーリースもろコミがおすすめ!

長距離通勤におすすめなのが、カーコンカーリースもろコミです。

カーコンカーリースもろコミは、他の多くのカーリース会社と異なり、残価設定がありません。そのため、契約満了時にはそのまま車をもらうことができます。

残価設定がある場合、車が消耗しているとその分の費用を請求されることがありますが、カーコンカーリースもろコミならそんな心配は不要というわけです。

また、月々の走行距離が2,000kmまでと長めに設定されているのも、長距離通勤者にとっては魅力です。

さらに、契約期間中、ガソリン代1リットルあたり20円、月々最大2,000円の補助を受けられるキャンペーンも実施中となっています。これは、2018年9月30日までに、カーコンカーリースもろコミのWEBサイトまたはもろコミ販売店でお申し込みの上、販売店でご契約の方が対象となります。

長く使うときに気になるのがメンテナンスですが、カーコンカーリースもろコミの場合、「車検無料クーポン」によって無料で受けることができます。

加えて、契約満了の2年前(「もろコミ9」なら7年、「もろコミ7」なら5年経過後)からは、原則追加費用なしで、乗換や返却ができます。

自由度が高く、ガソリン代や残価設定による追加請求の心配もないカーコンカーリースもろコミ。長距離通勤者にとっては、非常に使い勝手がよく、お得なプランだといえるでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースなら、話題のSUVも手軽に乗れちゃう!SUVの魅力もご紹介!

力強く悪路や海岸線を走る姿が目に浮かぶSUVは、日常からアウトドアの世界へ連れ出してくれる魅力的な存在です。また、タウンユースにも違和感なく溶け込むSUVのデザインに魅力を感じる方は多いのではないでしょうか? 存在感の強いSUVは「1度は乗ってみたい」と思うものの、車両価格がネックとなり、SUV購入に二の足を踏む方は少なくないようです。まさに高根の花と言えるSUVですが、現在はカーリースで憧れのSUVに格安で乗ることができます。

軽自動車を白ナンバーに変更できる!その方法を徹底解説!

あなたは軽自動車の黄色いナンバーを白ナンバーに変更できるのをご存知でしょうか?「そんなことできるはずがない」と言う方もいるかもしれませんが、実は今、期間限定で変更が可能になっているのです。実際に2017年4月から既に、特別仕様に変更できる軽自動車の白ナンバー交付が始まっています。