カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースしている車を売ることってできるの?

カーリースした車でも、契約期間中に飽きてしまうことはあります。そして、そんなときには、「カーリースした車は売却できるの?」という疑問が生じるのではないでしょうか。今回は、そんな素朴な疑問についてお答えします。

カーリース契約中の車は「自分のものではない」ということを知っておこう!

カーリースを契約する前に必ず知っておかなければならないのが、カーリースした車は自分の物ではないということです。当然のことですが、借りているレンタカーを下取りに出す人はまずいないですよね?カーリースも同じ理屈なのです。

カーリースを間違って下取りに出した場合、横領罪が成立します。

日本には横領罪というものがあり、借りているものを自分のものにしてはならない、という法律が存在するのです。カーリースはあくまでも借りているものであることを認識しておきましょう。ちなみに、横領罪は懲役5年以下となる可能性もあります。

カーリースした車は売ってはならないと言ったものの、実際にカーリースした車を売る状況というのは、そこまで多くないのも事実です。まず、カーリースの利用者は基本的に、契約期間はカーリース料金を払い続けなければならないということを承知した上で、契約書にサインしているからです。

カーリース期間中に飽きて、車を売りたくなるような事態になることがあらかじめ分かっているなら、短い契約のカーリースをするのが得策です。

たとえば、カーリースには比較的短い5年プランがあります。オリックスカーリースのいまのりくんは、5年契約で契約期間が短いだけでなく、2年経てば、別の新車に乗り換える事ができるという特徴があります。その他、中古車リースならば1ヶ月単位で借りられるケースもあるのです。

このように、カーリースは売ることができないばかりか、中途解約もできません。契約期間満了まで乗り続けられるか自信がないという方は、短めのカーリースをオススメします。

しかしながら、上記を踏まえた上で、それでもカーリースした車を売る必要が出てきた場合は、どうすれば良いのでしょうか?実は、カーリースした車でも売ることができる場合もあります。以下で紹介していきましょう。

 

カーリース契約中の車を売る際の流れと注意点とは?

カーリースした車は、カーリース会社の所有となるため、売るためにはまず、所有権をあなたに移さなくてはなりません。カーリースした車でも買い取りプランというものがあり、契約途中でも買い取りができる場合があります。

自分のカーリースプランが買い取り可能かどうか分からない場合は、カーリース会社に聞いてみましょう。残価設定があるオープンエンド型カーリースなら、買い取り可能な場合が多いので、プランが残価設定型かどうかを確認してみる必要があります。

車を買い取る際には買い取り代金のほか、事務手数料、自動車相当額、リサイクル料金などの諸費用を払う必要があります。買い取りの前にある程度の手持ち金を準備しておきましょう。買い取り手続きが済んだら、所有権があなたに渡り、晴れて売る事ができるようになります。

カーリースした車を売る場合、なるべく高く売る必要があります。

オープンエンド型のカーリースなら、返却時にカーリース会社によって下取り価格が査定されますが、買い取った車の場合は自分で査定してもらわなければなりません。この査定額は会社によって違います。なるべく多くを当たって、高く買い取ってくれるところを選びましょう。

 

必ずチェックが必要なカーリースの残価とは?

上述のように、残価設定型でカーリースした車を売る必要がある場合は、残価を確かめておく必要があります。

カーリースを利用する時によく耳にする残価ですが、この残価は自由に設定する事ができます。変形型のオートローンと言うと分かりやすいかもしれません。「返却する時にある一定の価値を保った状態で返却するので、その分、安くしてください」というのが、残価設定型のカーリースの仕組みです。

残価設定は自由に行うことができ、この残価設定が高ければ高いほど、月々の支払いは楽になります。人気のある車だと、一般的な買い取り価格も高いため、残価を高く設定でき、月々の負担額を減らすことが可能です。人気のある車に低負担で乗れるというのが、カーリースの一つのメリットなのです。

例えば、あなたが150万円の車をカーリースするとしましょう。

残価設定を50万円として、7年間乗り続けるとします。あなたは150万円から50万円を差し引いた100万円を毎月分割で支払う必要があります。100万円割る84カ月(7年間)で、1月の支払い額は11,904円となります。

残価設定額を高くすればするほど、支払い金額が安くなるということが分かりますよね。

ただし、残価設定を高くした場合、車の状態はキレイに保っておかなければなりません。走行距離や消耗箇所が少なければ少ないほど、高く下取りに出すことができるからです。

カーリース会社は、あなたに返してもらった車を中古車として売りに出す事があります。この時、カーリース会社としては少しでも高く売りたいのです。あなたがきれいに車に乗れば、それだけ高く中古車として売ることができます。

逆に、走行距離が10万キロを超えており、車の足回りも消耗していたらどうでしょうか?価値がつかない車になってしまい、カーリース会社は損をしてしまうのです。そのため、走行距離制限が定められており、それを超えた場合は、返却の際に清算金を支払う必要があります。

 

カーリースの契約満了時に買取りができるカーリース会社をご紹介

・定額ニコノリパック

この会社には5年リースがありますが、契約満了時に返却、乗り換え、または、買い取りができます。

カーリースの例外的な選択肢として、そのまま「リース期間を延長する」というものがありますが、新車購入に比べて割高になってしまうことがほとんどのため、あまりオススメできません。

その点、定額ニコノリパックなら、カーリース期間満了後に買い取りし、車をそのまま自分のものにすることが可能なので、いつでも好きな時に売る事ができます。

・新車生活

ロータスクラブが運営している新車生活も、契約終了の際に車の買い取りができるカーリース会社の一つです。定額ニコノリパックと同じで、5年契約のカーリースができます。

・カーコンカーリースもろコミおよびオリックスカーリース

カーコンカーリースもろコミやオリックスカーリースは、7年と9年のリースプランがあります。契約期間が満了すると車が自分のものになる場合があるため、契約期間満了後に車を売るのは、あなたの自由ということになります。

このように、カーリースにはいろいろなプランあるので、カーリースした車をゆくゆくは売りたいと考えているなら、買い取りができるカーリースを選びましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

リース車にナビを後付けすることは可能?知っておきたいカーリースのルールやオプションについて

「カーリースの車にナビを後付けすることはできるの?」と疑問に思われたことはありませんか?カーリースの車は自分の車ではないため、自分でナビを取り付けるとなると、不安になるかもしれません。この記事では、カーリースでのナビの利用について詳しく解説します。

カーリースを利用中に乗り換えたくなったらどうする?乗り換えの流れや便利なサービスをご紹介!

カーリースは便利なサービスではありますが、契約期間が数年間単位で行われるサービスでもあるので、契約期間中の様々な変化に対応できるのか、気になりますよね。特に、契約期間中の車の乗換えは、誰もが気になるところでしょう。今回は、カーリースの利用中に乗り換えをしたくなった場合に、どのような選択肢が考えられるのかまとめていきます。

一括払いのカーリースがあるって本当?どんなサービスで、どんなメリットがある?

近年注目されている自動車の利用方法でもある「カーリース」。簡単に言えば、毎月定額で車を利用できるといったサービスなのですが、利用スタイルによっては、カーリースが最もお得に車を利用できる方法かもしれません。 月額払いのイメージが強いカーリースですが、実は、一括払いができることを知っていましたか?今回はカーリースの一括払いについて、サービス内容やメリットをまとめていきます。