カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースってどんな流れで契約するの?遠方納車は可能?カーリースの基本的な仕組みから納車までの流れを一挙にご紹介!

カーリースという言葉は聞いた事があるけれど、レンタカーより期間が長いという事以外、詳細について、実はあまり知らない方も多いのが現状です。この記事では、カーリースの際に遠方納車が可能かどうかなども含め、基本的な仕組みを一挙にご紹介します。

カーリースの仕組みとは?

カーリースの仕組みを理解する前に、まず大原則を理解しておきましょう。カーリースはレンタカーやマイカー購入と違い、車の所有者がカーリース会社の名義、使用者があなたの名義となります。

カーリース会社は、あなたとカーディーラーの仲介業者のような存在になります。

あなたはカーリース会社に毎月一定の料金を支払い、カーリース会社はディーラーなど自動車販売会社から卸値で仕入れた車をあなたに貸し出します。あなたと自動車販売会社の間で複雑な手続きなどを全て行ってくれるのが、カーリース会社です。

オープンエンド型のカーリースの場合、カーリース会社と契約を結ぶ前に予定残存価格(予想買取価格)を決定しなければなりません。全体の車両価格から、この予定残存価格を差し引いた価格が、毎月のカーリース料金に加算される仕組みです。

カーリースでは、契約期間が長ければ長いほど、毎月の負担額は少なくなります。また、設定する予定残存価格が高ければ高いほど、毎月の支払額は少なくなります。そのため、カーリースはローンによるマイカー購入よりも毎月の負担額が小さいのです。

また、マイカー購入の場合、頭金を払う必要があり、比較的高額なイニシャルコストがかかる場合があります。しかし、カーリースの場合は料金を総支払回数で均等するので、イニシャルコストを含め、毎回の負担額が小さくなるのです。そのため、カーリースはまとまったお金がないという方に向いていると言えます。

また、カーリース料金には、上述の均等割された車両価格の他に、税金や諸費用が含まれている事がほとんどです。プランによっては車検整備や定期点検、オイルやバッテリー、タイヤの交換、消耗品交換の費用まで含まれています。

グレードの高いプランでは、ロードサービスやメンテナンス管理の費用まで含まれている場合があるので、カーリースした車の持ち主は、毎月の料金を払っていれば、後は車に乗るだけという事になります。車にまつわる様々なストレスが少ないのがカーリースの特徴です。

また、カーコンカーリースもろコミでは、ガソリン代のキャッシュバックサービスもあるので、月々のガソリン代の負担額が減ります。マイカー購入の場合こういったサービスはないため、カーリース特有のメリットと言えるでしょう。

※本キャンペーンは、2018年9月30日(日)までに、カーコンカーリースもろコミのWEBサイトまたは販売店よりお申込みのうえ、販売店でご契約の方が対象となるとのことです。

マイカー購入の場合、税金や車検、メンテナンス料金の支払いが不定期なため、急な出費となり、生計が立てにくくなる事があります。カーリースはこういった悩みとは無縁で、毎月の支払いが一定なので、出費も安定します。

また、法人でカーリースをする場合は、カーリース料金を経費として計上できるので、節約できる事があります。事業者が仕事用の車をカーリースする場合はメリットがあるため、企業のコストダウンに貢献できます。

 

カーリースの契約~納車までの流れ

カーリースをする前に、ご自分のライフスタイルをよく考える必要があります。大抵のカーリースは中途解約ができないため、5年、7年、9年の契約をしたら、契約終了まで大事に乗る必要があるのです。

「新婚の今は2人だけだけど、子供ができるかもしれない」「両親も高齢になってきているので、病院までの送り迎えなどに車を使うかもしれない」など、ライフスタイルが変化する可能性がある場合は、短いカーリース契約をするか、大きめの車をカーリースするなど、将来を見越した車種選択をする必要があります。

まず、カーリースをするための1つ目のステップが、希望車種の決定です。レンタカーは選べる車種が少ないのに対し、カーリースは国産のほとんどのメーカーや車種から選べると言うのがメリットです。

例えば、オリックスカーリースの場合は、特選車から選べます。特選車はフルオプション付きで、月の負担額も安いのが特徴です。主婦やパートのお母さんが使える軽自動車もあれば、会社の資材をたくさん積める日産キャラバンのような大型の車もあります。

オンラインで見積りを出して、どれくらいの予算が必要か、どんなプランが適当かを決定します。審査があるので、審査に通れば、契約段階に進めます。

一定の年収があれば審査には通ります。一定の年収がない場合でも、保証人を立てる事ができます。申込みはオンラインでできる場合もあれば、実際に店舗に行かなければならない場合もあります。

その後、カーリース会社との契約にサインし、車の車庫証明を取得、車庫証明に必要な書類を提出し、自動車販売店に送付します。その後、約1〜2ヶ月後に新車登録、納車となります。基本は自宅への納車となり、カーリース会社によっては遠方納車も可能です。

 

カーリース契約後は遠方納車も可能?

納車について、遠方納車が可能なカーリース会社もあれば、そうでないところもあるので、遠方納車を希望される場合は、事前にカーリース会社に問い合わせる必要があります。また、一部の地域しか遠方納車に対応していないカーリース会社もあります。

カーコンカーリースもろコミの遠方納車

カーコンカーリースもろコミの場合は、離島に住んでいてもカーリース契約ができる場合があります。離島にもいろいろあり、本土からかなり離れている離島もあります。一部の離島は遠方納車できないため、申込みの際にカーコンカーリースもろコミに聞いてみる事をおすすめします。

オリックスカーリースの遠方納車

オリックスカーリースでカーリースをした場合、納車場所はあなたのご自宅となります。カーコンカーリースもろコミと同じく、離島への納車も可能となっていますが、一部の離島は対応していないため、やはり事前に問い合わせて聞いてみる必要があるでしょう。

オリックスカーリースの遠方納車について、一部の離島以外は基本的に可能ですが、北海道や沖縄など、遠方納車の際には陸送費用が加算される場合もあります。陸送費用については、オリックスカーリースに聞いてみる必要があります。

定額ニコノリパックの遠方納車

定額ニコノリパックの場合は、オリックスカーリースやカーコンカーリースもろコミと違い、契約した店舗への納車となるので、遠方納車のサービスはありません。

このように、カーリース会社によって遠方納車ができるかどうかは全く異なるため、遠方納車を希望される方は事前に調べておきましょう。

今回はカーリース契約の全体的な流れと、遠方納車についてご説明しました。賢く利用すればとても便利なカーリース。日本全国どこでも利用できるので、事前によく計画を立てて申し込みましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

人気急上昇中のカーリース!一方で解決すべき課題も?カーリースのメリットとデメリットを知っておこう

人気の車の利用法として知られているカーリース。車の利用に関する費用に支払い方に特徴があり、カーシェアやレンタカーなどとは異なったメリットがあります。しかし、人によっては、メリットだけではなくデメリットもあり、これに関してはカーリースの解決すべき課題と言えます。今回は、カーリースのメリット、デメリットを取り上げながら、カーリースの持つ課題についてまとめていきます。

カーリースなら、話題のSUVも手軽に乗れちゃう!SUVの魅力もご紹介!

力強く悪路や海岸線を走る姿が目に浮かぶSUVは、日常からアウトドアの世界へ連れ出してくれる魅力的な存在です。また、タウンユースにも違和感なく溶け込むSUVのデザインに魅力を感じる方は多いのではないでしょうか? 存在感の強いSUVは「1度は乗ってみたい」と思うものの、車両価格がネックとなり、SUV購入に二の足を踏む方は少なくないようです。まさに高根の花と言えるSUVですが、現在はカーリースで憧れのSUVに格安で乗ることができます。

車検を受けるともらえる車検シールにどんな意味があるの?しっかり理解しておこう!

車検を無事に受かるともらえる、数字が記されたシール。よく車のフロントガラスに貼られていますが、「見た目が悪くなるし、どうしても貼らなければいけないのだろうか?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、この車検シールにどのような意味があるのかについて説明します。関係する法律や罰金についても解説しますので、ぜひご一読ください。