カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースでお得に憧れの外車に乗ろう | 外車や高級車を取り扱うカーリース業者

「カーリースを利用してお得に憧れの外車や高級車に乗ろう」と考える人が増えているのを知っていますか?カーリースが人気の秘密やもっとお得に乗る方法などと併せて、外車・輸入車・アメ車・高級車を取り扱っているカーリース業者をご紹介します。

タイトルアイコン

憧れの車が頭金0・毎月定額で乗れる!

ずっと夢見ていた「いつかは乗ってみたいあの車」も毎月定額・頭金0のカーリースなら実現できる!カーリース車比較.comは乗りたい車から条件のあったカーリース会社を探せます。

カーリースとは

カーリースとは長期契約によって一定期間、車を借りて乗ることができるサービスです。借りている間は自己所有物とはなりませんが、様々なメリットがあることから近年、利用する人が急増しています。外車や高級車をカーリースで利用する人も多いです。

カーリースには、新車カーリースと中古車カーリースがあります。

新車カーリースでは、契約者が希望する車をカーリース会社がディーラーから調達して貸し出すという流れになりますので、幅広い車種やメーカーから車を選ぶことができます。グレードやオプションも選べます。契約期間は3年や5年、7年などの長期にわたるのが一般的です。

中古車カーリースは、カーリース会社が保有している中古車の中から車を選んで貸し出してもらうという仕組みになります。新車カーリースよりも短い契約期間を選択できるのが特徴です。

 

カーリースのメリット

カーリースがレンタカーより優れている点

働いている人の多くは週末や休日しか車に乗らない、いわゆる「ウィークエンドドライバー」と呼ばれる方です。それならその都度レンタカーを借りた方が「安い」ということになりますが、それでもリースを利用する人が増えているのは、レンタカーに対して次のような不満があるからのようです。

■レンタカーは不特定多数の人が利用するため気持ちの面で抵抗がある

レンタカーに乗ったらタバコ臭かったり座席にシミがあったりして、不快な思いをしたという経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

■予約が必要だが必ずしも予約できるとは限らない(満車のケースもある)
レンタカーは店舗の在庫の中から貸し出すので数に限りがあり、予約できない場合があります。

■気に入った車種に乗れない可能性が高い
お気に入りの車種を店舗に置いてなかったり、置いてあったとしても貸し出し中だったりすることがあります。

■「わ」ナンバーの車には乗りたくない
レンタカーはすべて「わ」ナンバーとなります。このため、周囲の人からレンタカーであることが一目でわかってしまいます。

■毎回借りに行ったり返却しに行く手間がかかる
好きな時だけ車を借りられるのはレンタカーのメリットでもありますが、それは利用するごとに手間がかかるというデメリットでもあります。

■返却時間に間に合わないと延長になり、渋滞に出くわした場合など焦ってしまう
レンタカーでは返却時間が設定され、もし遅れると追加料金を請求されてしまいます。

一方のカーリースではこのような不満は解消され、「所有権がリース会社」にあるということを除いてはほぼマイカーのような感覚で乗ることができます。

カーリースのその他のメリット

そのほか、カーリースの利点を挙げてみます。

■税金・自賠責保険・車検代・メンテナンス代などのほとんどがリース代に含まれている
車を購入する場合とは違って車の諸々の維持費を別に用意する必要がありません。税金の払い忘れの心配もありません。

■毎月一定額を支払えば良いため月々の支払いが安定し家計が安定しやすい
車のローン購入では毎月の返済のほかに諸々の維持費が発生して家計のやり繰りが大変だったりしますが、カーリースなら月々の支払いが安定するので楽です。

■万が一の事故や故障の時も対応や処理をリース会社に一括で任せられる
プランにもよりますが、事故時や故障時の面倒な対応をカーリース会社に一任できますので、安心して運転ができます。

■頭金も不要なケースが多いため少ない初期費用で様々な車を選ぶことができる
ローン購入とは違って頭金が不要な場合が多いので、まとまった初期費用がなくても車に乗り始めることができます。外車や高級車に乗るハードルも下がります。

■車検やメンテナンスはリース会社に任せられるので手間がいらない
プランにもよりますが、車検やメンテナンスもカーリース会社にお任せできますので、手間をかけずに車を維持していくことができます。

■自己所有物でないため固定資産に含まれず、リース代を経費計上できるため節税が見込める
法人や個人事業主の場合、カーリースは月々のリース料をそのまま経費として計上できるため、節税効果を期待できます。

このように、車を維持するための金銭的負担が少なく、精神的にも経済的にもリースを利用した方が楽であるという人が多いようです。

さらに、BMWやベンツといった憧れの外車や高級車も同じシステムで乗ることができ、ナンバーも「わ」ではなく一般車両と同じものが付けられますので「ほぼ」マイカーとして乗ることができます。

 

外車や高級車の取り扱いがあるリース業者一覧

ここで、外車や高級車を取り扱っているおすすめの新車カーリースサービスをご紹介します。

カーコンカーリースもろコミ

外車は取り扱っていませんが、国産乗用車全車種に対応していますので、「レクサス」などの高級車に乗ることができます。

※PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両除く

カーリースでありながら、契約満了時に車をそのままもらえるのが最大の特徴です。7年リースの「もろコミ7」、9年リースの「もろコミ9」からプランを選べます。どちらも契約満了の2年前から原則解約金なしで自由に車の乗り換えや返却ができるようになります。オプションで「メンテナンスパック」も選べます。

■オリックス

オリックスのマイカーリースでは、国産・輸入車問わず全メーカー・全車種から選ぶことができます(一部取り扱っていない場合があります)ので、外車も楽しめます。

新車では5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」からプランを選ぶことができます。「いまのりセブン」と「いまのりナイン」では契約満了までの利用で車をそのままもらえます。中古車リースも扱っています。

■SOMPOで乗ーる

国産車だけでなく外車の取り扱いも豊富です。Web見積もりができる車種も多いので便利です。契約期間は3年、5年、7年の中から選択できます。メンテナンスプランとして、最低限のサービスをパックにした「たまーに乗ーるプラン」と、バッテリーや消耗品などの交換もフルパックになった「いつでも乗ーるプラン」の2種類を用意しています。

■NOREL

好きな車に乗り換え放題できるのが特徴のカーリースサービスです。最短で90日で乗り換えができるようになります。国産車・輸入車で150車種以上のラインナップを揃えています。新車の外車では「BMW」と「MINI」に乗れます。中古車も扱っており、掘り出し物の外車を見つけることができるかもしれません。

■リースナブル

5年契約のカーリースサービスです。外車のカーリースも組めます。ボーナス払い併用で、月々リーズナブルな料金で新車の外車に乗れるプランが用意されています。

■ジャッジ

ジャッジのオートリースプログラムでは輸入車全メーカー・全車種から選ぶことができますので、憧れの外車にも乗れます。中古車の取り扱いもあります。

■マリオットマーキーズ

マリオットマーキーズではジャガー、ベンツ、BMW、ポルシェなど幅広いメーカー・車種から外車を選ぶことができます。リース期間は3年または5年から選びます。

■GLIDE

アメ車専門店です。外車の中でも特にアメ車を好む人にはおすすめです。リンカーン、キャデラック、ジープ、ハマー、インフィニティなど幅広いアメ車から選ぶことができます。新車のリース期間は1年~7年となります。中古車も扱っています。

上記以外にもたくさんのカーリース会社がありますが、現時点でホームページ等で取り扱っていない業者でも、取り寄せなどによって用意してくれることもあります。また遠方であっても納車が可能なケースもありますので、まずはカーリース会社に問い合わせてみましょう。

 

費用を抑えたいなら外車の中古車リースもおすすめ

中古車購入のメリットとして「新車よりも価格が安い」「納車までの期間が短い」ということが挙げられますが、カーリースにおいてもこのメリットはそのまま当てはまります。リース料を抑えながら外車や高級車を楽しめますし、すぐに乗り始めることができます。

さらにリース会社の認定基準を満たした中古車、いわゆる「認定中古車」であれば修復歴がないなどさらに高品質な中古車をリースすることができます。

また、新車カーリースよりも短い契約期間を設定できる場合が多いので、あまり長期の契約は望んでいないという方にもおすすめです。

 

外車や高級車の認定中古車リースをしている業者一覧!

外車の認定中古車をリースしている代表的な業者をご紹介します。

■Audi

Audiでは新車初年度登録月から9年(108ヶ月)以内のAudi認定中古車をリースすることができます。リース契約時に設定した残存価格について、リース期間終了時に車両の査定を行い、査定金額と残存価格との差額を利用者とリース会社の間で精算するオープンエンド方式を採用しています。リース期間は、1年~5年の中から1年刻みで選択できます。

■BMW

BMWでは認定中古車モデルで利用できる「オープンエンド・リース」を用意しています。オープンエンド・リースは希望の月額に合わせて残存価格を設定し、走行距離に関係なく自由に乗ることができるプログラムです。購入した場合と同様のアフターサービスを提供していますので、安心できます。再リース(リース契約の延長)にも対応しています。

■YANASE

厳しい基準で検査した「ヤナセ認定中古車」をリースしています。新車初年度登録後経過年数と走行距離に応じて「プラチナ」「プレミアム」「スタンダード」「バリュー」の4タイプの保証プログラムを用意していますので、安心して外車に乗れます。プラチナにおいては業界最大級の5年または10万km保証がついています。

憧れの外車や高級車も安価で長期間乗ることができるカーリース。今後さらに市場が活性化してくるものと思われます。人気のメーカーや車種は早い者勝ちになってしまいますので、利用する予定がある方はぜひ、今このタイミングを逃さないようにしましょう。

 

関連する記事

車をリースで購入する場合の値段と月々の費用まとめ

リースで車を購入する際の最重要ポイントは月々の支払金額といった方が多いと思います。しかし、各業者のHPをみても本当にその金額で抑えられるのか、その他の費用は必要ないのかなど様々な点が不安になります。ここでは、リース車を購入した際の月々の支払いやその他にかかる費用などを詳しく解説していきます。

カーリースには年齢制限があるのか?申し込みで気になる点を徹底解説!

カーリースの利用を検討されている方は多いかもしれませんが、カーリースに年齢制限はあるのでしょうか。未成年はどうなのかという問題もありますし、最近では、高齢者の方の運転に関しても難しい問題になってきていますよね。今回はカーリースを申し込む際の年齢制限について、詳しく解説していきます。

カーリース利用時に必要なものとは?カーリースの契約の流れや必要書類について解説

カーリースを利用するなら、契約から納車までの流れや、必要なものなどを事前に把握しておくとスムーズです。この記事では、カーリース利用時に必要なもの、契約の流れなどを解説します。カーリースのメリット・デメリットにも触れているので、併せて参考にしてください。

車を持たない若者が増える一方、人気が高まるカーリース!若い世代や独身の方にカーリースをおすすめしたい理由とは?

若者を中心に車離れが進んでいますが、車がなくても問題ないという理由以外にも、様々な理由があるようです。そんな中、車を購入せずに月々一定の支払いで乗ることができるカーリースの人気が高まっています。 車に興味のない若者や独身の方でも、低いコストで車を使用できるためとても便利です。今回は若者や独身の方におすすめしたいカーリースを詳しく紹介していきます。

カーリースの申込みはスマホから簡単に行える!申込みの手順をカーリースの手軽さやメリットと併せてご紹介

近年、スマホが爆発的な勢いで普及してきました。ひと昔前であれば、ネットを見たり、メールを確認したりするツールと言えばパソコンでしたが、今はパソコンよりもスマホをメインのツールとしている人が多いのではないでしょうか。カーリースの申込みは、そんな便利なスマホからも簡単に行なえます。今回は、申込みの手順をカーリースの手軽さやメリットと併せてご紹介します!