カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースではどんなトラブルがある?トラブルを避ける方法とは

他の色々なサービスにも言えることですが、個人向けのカーリースでもトラブルが生じる可能性はあります。カーリースではどんなトラブルが生じ得るのでしょうか。また、カーリースでのトラブルを未然に防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか?

カーリースの車で事故に遭うというトラブル

どんな車を運転する時にも事故に遭うリスクというものが存在します。特にカーリースの場合は、車は「借り物」ですから、事故に遭わないように、また車を損傷させないように十分に注意する必要があります。

万が一、カーリースの車を運転中に事故に遭って、車を損傷させてしまったらどうなるのでしょうか?

この質問の答えを知るには、「残価設定」について理解する必要があります。残価設定とは「契約終了時点での車両の予想価格(残価)」を設定し、その金額をあらかじめ「車両本体価格」から差し引くことです。残価設定をすると残価がマイナスされる分、リース料金を安く抑えることができますから、多くのカーリース会社が残価設定を行なっています。

ただし、残価設定ありのリースの場合、契約期間終了時に返却車両の査定が行なわれ、査定額が設定された残価を下回った場合には清算金として差額を支払う必要が生じてしまいます。

車に損傷がある場合には、査定額を低く出されてしまいますから、清算金が高額になる可能性があります。そのため、カーリースの車で事故に遭って車を損傷させてしまった場合には、車を修理することがどうしても必要になります。

ただし、修理する前に、事故や車の損傷に関して車の所有者であるカーリース会社に必ず報告するようにしましょう。契約の内容にもよりますが、事故などのトラブルについてカーリース会社への報告を怠るのは義務違反となり、その後に契約上不利な立場に置かれてしまうかもしれません。

契約によっては、修理工場が指定されている場合があります。ユーザーが無断で指定工場以外の場所で修理してしまった場合には、契約違反として追加料金が発生してしまう可能性がありますから、この点もよく確認するようにしましょう。

では、大きな事故やトラブルに遭って、カーリース車が「全損」になってしまったらどうなるのでしょうか?

車が全損になると、その車を継続して利用するのは不可能になってしまいますから、リース契約は強制的に解約となります。その場合、ユーザーは残りの全リース期間の料金と車の残価および違約金を支払うことになります。ですから、解約に伴って発生する費用はかなり高額になってしまうでしょう。

ここまで考えてきた通り、カーリースで事故に遭うといろいろと費用が発生してしまいますから、事故をなるべく起こさないように気をつけたいものです。安全運転を日頃から心掛けるようにしましょう。

「だろう運転」を避け、「かもしれない運転」をすることが大切です。つまり、自分に都合のいいように判断し危険を予測しない運転をするのではなく、常に危険を予測して運転するということです。また、長距離を走る時には必ず休憩をはさむようにしましょう。

事故に遭って車が大きなダメージを受けたり、全損してしまったりした場合には、ユーザーの支払い能力を超える費用負担が発生するというトラブルが生じかねません。ですから、万一の事故に備えて必ず「任意保険」に加入するようにしましょう。

カーリースの場合は「車両保険」を付帯させることが非常に重要になります。自分の車を破損させたり傷つけたりしてしまった場合に、修理費用等を補償してもらうためには車両保険が必要だからです。

さらに言えば、通常の任意保険の車両保険だけでは、車が全損になってリース契約が解約になった場合の違約金まではカバーしてもらえない可能性があります。そのため、そうした費用も補償してもらえるような「特約」を付けると安心です。

この点、カーリース会社が用意しているリース専用の保険や、カーリース会社が提携している保険会社のプランであれば、カーリースの事情に合わせた特約が付いているはずですから、そうした保険に加入するのも1つの方法です。

 

カーリースの清算金に伴うトラブル

先程もご説明しましたが、カーリースでは契約終了後に車の査定および清算が行なわれます。清算金として追加で費用が生じることがあるのですが、車に特にダメージがないにも関わらず請求金額が高額だったというトラブルもあるようです。

なぜ、清算金が高額になることがあるのでしょうか?

1つの要因は残価設定にあります。残価設定が高ければ高い程、リース料金は安くなりますが、契約終了後の車の査定額が残価に届かずに、清算金が発生する可能性も高くなります。

一般的に言って、カーリース会社はリスクを考慮に入れて残価を比較的低めに設定しますので、このようなトラブルは通常は起きないのですが、残価を不適切な価格に設定した場合にはトラブルが生じ得ます。

こうしたカーリースのトラブルを避けるためには、信頼のおける優良カーリース会社を選んだり、残価が適正かどうかを契約する前によく確認したりすることが必要でしょう。

また、何らかの理由(車のメーカーが大きな不祥事を起こして信用が失墜したなど)で、リースしていた車の価値が大きく下がってしまうということもあります。その場合、車に大きなダメージがなくても査定額が残価を下回ってしまう可能性があります。

車の価値が大きく下落するかどうかを事前に予想するのは難しいですから、残価設定ありのカーリースでこの種のトラブルを避けるのは非常に困難です。

ただし、残価設定なしで最後の清算がないリース契約ではこのトラブルは起きません。残価設定なしの個人向けのカーリースをしている会社は少ないですが、例えば「カーコンビニ倶楽部」の「もろコミ」は残価設定なし、清算なしのサービスを提供しています。こうした会社を利用するのも1つの方法でしょう。

清算金が高額になる別の要因は「走行距離制限」です。多くの場合、カーリースではリース期間中に走行できる距離に制限が設定されています。制限を超過して走行した場合には、その距離に応じて清算金が発生します。制限距離が短い契約プランを選んだにも関わらず、かなりの距離を日常的に走行していた場合には、追加料金が高額になる可能性があります。

走行距離超過のトラブルを防ぐには、自分が実際にどれくらいの距離を走行するのかをよく吟味して、それに合った距離制限の契約プランを選ぶことが必要です。

 

まとめ

今回は、カーリースでどのようなトラブルが生じ得るのか、トラブルを避けるにはどうしたらよいのかを考えてきました。

トラブルが生じる可能性は高くはありませんが、もしトラブルに悩まされるとカーリースを利用したことを後悔することになりかねません。カーリースにはどんなトラブルがあって、どんな対処が必要なのかを事前に把握しておくのは大切なことです。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースのサービス内容とは?メリットやデメリット、今注目のカーリース会社のサービスまで詳しくご紹介!

これまでは新車を導入するとなると、購入するのが一般的でした。新車の購入の際には現金で一括購入するか、オートローンを利用するかの二択でしたが、どちらにしてもかなりの初期費用がかかります。 新車の購入はマイホームの次に大きな買い物である、というのがこれまでの一般的な認識だったのではないでしょうか。ですが、話題となっているカーリースは、今までの認識を覆すようなサービスとして注目を集めています。 ここでは、カーリースのサービス内容についてはもちろん、メリット、デメリットについても詳しくご説明します。

カーリースの料金に点検は含まれる?知らないと損するカーリース事情とは

カーリースを契約するときに見落としたくないのが、点検費用など、メンテナンスに関わるサービスが受けられるのかどうかです。カーリース会社や契約プランによっては、車検費用や整備費用は自分で負担しなければならないというものもあります。 また、反対に、知らないうちに不要なサポートがついていて、その分料金が割高になっていたというケースも考えられます。知らずに契約して損をすることがないように、カーリースと点検などのメンテナンスについて、ここで詳しく学んでおきましょう。

60歳以上でもカーローンは組める?対策やおすすめのカーリースについても解説

還暦や定年を迎えてもまだまだ続くカーライフ。ライフスタイルの変化に伴ってクルマの買い替えを考えることもあることでしょう。とはいっても退職金に手を付けて一括購入するのはちょっとためらってしまうかもしれませんね。今回は60歳以上でもカーローンを組むことは可能なのか、対策や新しい車の乗り方として注目を集めているカーリースも含めて解説します。

カーリースなのに車がそのまま貰えるって本当?

カーリースはイメージとしては車を借りるという形になるのですが、そのリースした車を貰って、マイカーにすることができるということを皆さんはご存知ですか。 「カーリースなのに車が貰えるってどういうこと?」と思ったかもしれませんが、カーリースではこのような仕組みが存在しています。今回は、カーリースで車がもらえる仕組みや、車を貰うための手続きなどを詳しく紹介していきます。