カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースでは即日で車を利用できる?

「急ぎで車が必要!」「即日で車が欲しい!」ということがあるかもしれません。そんな時、レンタカーなら即日で車を借りられます。では、カーリースの場合は即日で車に乗れるのでしょうか?

カーリースは即日で利用を開始できるのか?

カーリースは申込をして即日で利用をスタートさせることができるのでしょうか?

結論から言いますと、残念ながら即日でカーリースの利用を開始することはできません。カーリースの場合、申込から納車まである程度の時間がかかりますので、即日で車が必要な場合には、対応が難しいと言えます。

 

カーリースの利用の流れ

ここで、カーリースの納車までの流れを見てみましょう。

1 カーリース会社に問い合わせる

店頭、電話、メールなどでカーリース会社に問い合わせます。この際、サービス内容の詳細を確認したり、不明な点について質問したりできます。また、契約プランや車種選びなども、担当者が手伝ってくれます。

2 見積もりを確認する

契約プランと車種を決めたら、カーリース会社に見積もりを出してもらいます。オンラインにて即日で見積もりを確認できるようにしているカーリース会社もあります。見積もりに納得がいったら、審査を申し込みます。

3 審査を受ける

カーリース会社は申込者の支払い能力を確認するために審査を行ないます。審査の結果は即日で分かる場合もありますし、結果が出るまで2〜3日かかる場合もあります。

4 契約する

審査に通ると、いよいよ契約の段階になります。カーリース会社から送られてくる契約書に署名、捺印をします。

署名、捺印をする前に契約書の内容をよく確認するようにして下さい。不明な点があれば必ずカーリース会社に確認しましょう。

その後、契約書をカーリース会社に渡し、契約が成立となります。契約が成立すると、カーリース会社は車両の納品準備に取り掛かります。新車の場合はカーリース会社がディーラーに車を発注します。

5 必要書類を揃える

住民票や車庫証明など、車両登録の手続きに必要な書類を準備し、カーリース会社またはディーラーに渡します。書類が揃ったら、カーリース会社またはディーラーが車両登録手続きを行ないます。

6 納車

車両の用意が整うと、カーリース会社またはディーラーが指定場所に納車してくれます。中古車のリースでは、店頭に車を取りに行く場合もあります。ここから、カーリースの利用をスタートさせることができます。

 

カーリースの申込から納車まではどれくらい時間がかかるか?

カーリースの納車までの流れを見てみると、申込から納車までの間にいろいろな段階があるため、即日での利用は難しいということが、納車までの流れから分かると思います。

では、カーリースでは納車までにどれくらい時間がかかるのでしょうか?各カーリース会社の納車までの所要時間を調べてみました。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

契約手続きが完了(契約書締結)してから、通常は1カ月〜2カ月程度で納車できます。人気車や自動車メーカーの生産状況によっては、それ以上かかる場合もあります。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

リース契約の手続き完了(契約書締結)後、通常は1カ月〜2カ月程度で納車できます。人気車や自動車メーカーの生産状況によっては、それ以上かかる場合もあります。

フラット7(株式会社オートコミュニケーションズ)

納車が早い車や時間がかかる車があるものの、平均1.5ヶ月くらいです。

定額ニコノリパック(株式会社MIC)

納車までに平均的に2カ月前後の時間がかかり、それ以上かかる車種もあります。

このように見ていきますと、契約から納車までに1カ月〜2カ月くらいかかり、即日とは程遠いことがわかります。

ただし、これは新車のカーリースの場合です。後述しますが、中古車の場合は貸出用の車が店舗に在庫としてありますので、即日とまではいきませんが、もっと早く納車できる場合もあります。

 

即日は無理でも、早めに納車してもらえるカーリース会社をご紹介!

カーリースでは即日での車の利用は難しいわけですが、ここで、納車を比較的早くしてもらえるカーリースサービス「コスモスマートビークル(コスモ石油)」についてご紹介します。

また、中古車のリースであれば、新車よりも早く納車してもらえます。中古車のおすすめのカーリース会社「リボーン・カーリース」についても合わせてご紹介したいと思います。

コスモスマートビークルのサービスの特徴

コスモスマートビークルでは契約から最短で2週間で納車できる「即納車」を用意しています。コスモ石油が提携しているディーラーの在庫車をリースすることで、早い納車が可能になっているということです。

コスモスマートビークルでは、メンテナンスプラン(ゴールドパック・シルバーパック・ホワイトパック)、契約期間(3年・5年・7年)、月間走行距離制限(500km・1,000km・1,500km)、頭金(なし・10万円・30万円・50万円)、ボーナス払い(なし・3万円・5万円)を自由に設定することができます。

メンテナンスプランの中で「ゴールドパック」を選択すると、とても充実したメンテナンスサービスを受けることができます。

「ゴールドパック」の場合、カーリースの料金に「車両代」「登録諸費用」「各種税金」「自賠責保険料」「車検代」が含まれるほか、「法定点検」「定期点検」「オイル交換」「タイヤ交換」「バッテリー交換」「ブレーキパッド交換」などのサービスも受けられます。「

車両の延長保証サービス」や「ロードサービス」、「ガソリン代1Lあたり5円引きサービス」も特典として受けることが可能です。

リボーン・カーリースのサービスの特徴

リボーン・カーリースでは、申込から約2週間で納車してもらえます。急ぎの場合は、店舗に連絡にすればもっと早く納車できる可能性もあるようです。

さすがに即日で納車というわけにはいきませんが、新車のカーリース会社よりも4分の1から2分の1程度の期間で納車してもらえますので、なるべく早く車に乗りたいという人にとっては助かりますね。

リボーン・カーリースの月々の料金には「車両使用料」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「整備費用」が含まれます。

契約時に「初回登録等手続き費用」として軽自動車の場合は16,200円、普通自動車の場合は23,760円が別途必要です。

「初回登録等手続き費用」の内訳は、「名義登録費用」「納車前整備点検費用」「エンジンオイル交換費用」「各種油脂類の交換・補充費用」などとなっています。

契約期間は最短で1カ月から設定でき、短期間だけ車が必要という人にも非常に便利なカーリースサービスとなっています。

 

即日で車が必要ならレンタカー

今回の記事を通して、カーリースでは即日で車を利用するのは難しいということが分かりました。

ただ、即日では利用できなくても、比較的早く納車してもらえるカーリース会社もあります。急ぎの場合はそうしたカーリース会社を利用したり店舗に相談してみたりできるでしょう。

どうしても即日で車が必要な場合には、ひとまずレンタカーを利用して、その後、車を購入したり、カーリースを利用したりするのが現実的と言えます。

人気カーリースを見る

関連する記事

車検費用に含まれている“印紙代”ってどういうもの?金額はどれくらい?

車を維持するうえで定期的に受けなければいけない車検は、車検費用が決して安くはないことなどから、多くの方にとって頭の痛い問題なのではないでしょうか。車検整備費用などは依頼先によってリーズナブルに抑えることができますが、法定費用に関しては節約しようがなく、腹立たしい存在だと言えるでしょう。 特に法定費用に含まれる「印紙代」に対して、何の費用なのか理解できないと感じている方も少なくないかと思われます。車を維持する以上、免れることができない車検システムを少しでも理解するために、車検費用に含まれる「印紙代」について紹介します。