カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースでスバルの車に乗ろう!カーリース料金を徹底調査

日本の中堅自動車メーカーである「スバル」は、販売台数こそ少ないものの品質の高い車を提供することによって確固たる地位を築いてきました。その走行性や乗り心地の良さは多くの人の心を掴んでいます。現在では、そんな「スバル」の車をカーリースして乗ることができます。今回は「スバル」の魅力を解説すると共に、「スバル」の人気車種である「ステラ」、「インプレッサ」、「フォレスター」にカーリース業者の「オリックスカーリース」、「定額ニコノリパック」でどれくらいの料金で乗ることができるのかを調べてみました。

「スバル」車の魅力とは!?

「スバル」ブランドを展開しているのは、「株式会社SUBARU」です。元々は「富士重工業株式会社」という名称でしたが、最近になって社名変更をしました。車以外にも航空宇宙産業も手掛ける複合メーカーです。

自動車販売の国内シェアは約4パーセント、世界シェアは約1パーセントと決して大きなメーカーではありません。しかしながら「スバル」の人気は世界的にも非常に高く「スバル」をこよなく愛するファンもおり、彼らのことは「スバリスト」などと呼ばれています。

「スバル」の車にはどんな魅力があるのでしょうか。

まず「スバル」の車はよく「無骨なまでに質実剛健だ」と言われ、そこに惹かれる人が多いようです。とても頑丈でいろいろなシーンで頼りになるというイメージがあります。元々戦闘機を手掛けていた旧「富士重工」ならではの特徴だと言えます。

また、その乗り心地の良さも魅力です。それは「水平対向エンジン」という世界的にも珍しいエンジンを採用しているからです。

「水平対向エンジン」はそのピストンなどが平らに配置されるので全高を低くして重心を下げることができます。そして車の部品の中で一番重いエンジンの重心が下がると車自体の重心も下がりますので、車の安定性が高くなります。

これが「スバル」車の高い走行性につながっている訳です。

 

「スバル」車のカーリース料金を調べてみた

ステラ

まず、軽自動車の「ステラ」について見てみましょう。「ステラ」は、「ダイハツ」から「ムーヴ」のOEM(委託製造)を受けて販売しているトールワゴンです。つまり、「スバル」は「ダイハツ」に「ステラ」の生産を委託し、自社商品として販売をしているという仕組みになっています。

現行のモデルは3代目です。2014年にフルモデルチェンジし、燃費が格段に向上しています。JC08モード燃費は1Lあたり27.4kmから31.0kmです。また、「スマートアシスト」という予防安全機能搭載のグレードもあります。インテリアは広いスペースと高い環境性能を備えています。

では、スバル「ステラ」のカーリース料金を各社で見てみましょう。グレード「2WD 5ドア L スマートアシスト 排気量660cc」で調べました。

オリックスカーリースでスバル「ステラ」に乗る場合

まず「オリックスカーリース」です。この会社では「いまのりくん」、「いまのりセブン」、「いまのりナイン」3つのプランを用意しています。

5年契約の「いまのりくん」プランで月々27,540円となっています。7年契約の「いまのりセブン」で23,004円、9年契約の「いまのりナイン」では18,675円です。

「オリックスカーリース」でスバル「ステラ」に乗る料金には車両本体価格のほかに、自動車取得税、新車登録時手数料、自動車税、重量税、自賠責保険料が含まれています。

定額ニコノリパックのカーリースでスバル「ステラ」に乗る場合

次に「定額ニコノリパック」です。ここは5年契約のカーリースとなります。

料金はボーナス併用払いで月々10,800円です。年2回のボーナス月の加算額は73,872円です。月々均等払いですと月々23,112円となります。

リース料金には自動車取得税、重量税、自動車税、印紙税、自賠責保険料、車検基本料、基本メンテナンス費用が含まれています。

インプレッサ

次に「インプレッサ」を見てみましょう。「インプレッサ」の初代は1992年に発売され現行モデルは5代目になっています。「インプレッサ」には「インプレッサスポーツ」というハッチバックモデルと「インプレッサG4」というセダンタイプの2種類があります。

低重心で風の影響を受けにくく安定感があり、走りを重視するドライバーに大変人気があります。排気量は1,600ccと2,000ccのモデルが存在します。

「インプレッサ」には「スバル」の伝家の宝刀「アイサイト」も搭載されています。これは安全機能で衝突被害軽減ブレーキの先駆け的存在です。

ではここで料金を見てみましょう。グレード「2WD 5ドア 1.6i-L アイサイト 排気量1600cc」の車両で調べました。

オリックスカーリースでスバル「インプレッサ」に乗る場合

「オリックスカーリース」では「インプレッサスポーツ」、「インプレッサG4」共に同じ料金です。

「いまのりくん」プランで月々46,116円、「いまのりセブン」で39,312円、「いまのりナイン」では32,400円となります。

定額ニコノリパックのカーリースでスバル「インプレッサ」に乗る場合

「定額ニコノリパック」では「インプレッサスポーツ」の料金はボーナス併用払いで月々21,600円、年2回のボーナス月の加算額は100,440円です。月々均等払いでは月々35,500円となります。

「インプレッサG4」の料金はボーナス併用払いで月々32,400円、年2回のボーナス月の加算額は53,784円です。月々均等払いでは月々41,364円となります。

フォレスター

最後に「フォレスター」について見てみましょう。「フォレスター」の初代は1997年に発売されました。現行車は4代目です。「フォレスター」は「全方位SUV」のキャッチフレーズで有名です。そのフレーズの通り、オンロードのみならずオフロードでも抜群の走行能力を発揮します。SUVにしては全高を抑えて低い重心になっていますので、アスファルト道路のカーブでも走りが安定します。

一目で「スバル」の車だとわかる伝統的なデザインや、広々とした車内空間による快適性もその特徴となっており、「アイサイト」搭載のモデルもあります。

ではスバル「フォレスター」のカーリース料金を見てみましょう。車のグレード「4WD 5ドア 2.0i-L 排気量2000cc」の車両で調べました。

オリックスカーリースでスバル「フォレスター」に乗る場合

「オリックスカーリース」では「いまのりくん」プランで月々60,156円、「いまのりセブン」で51,408円、「いまのりナイン」では41,904円です。

定額ニコノリパックのカーリースでスバル「フォレスター」に乗る場合

「定額ニコノリパック」ではボーナス併用払いで月々32,400円、年2回のボーナス月の加算額は41,040円です。月々均等払いで月々39,312円となります。

 

最後に

前半部分で書いた通り、「スバル」ブランドを展開する会社は最近になって社名変更を行ないました。今回の社名変更は「価値を提供するブランド」として生きていくという会社としての決意表明だそうです。これからも「株式会社SUBARU」は価値ある車を提供していくに違いありません。

今回はそんな「スバル」ブランドの魅力と共にカーリース料金を見てまいりました。カーリースではお手頃な料金で「スバル」の新車を楽しむことができます。「スバル」の車に乗ってみたいという方は、カーリースの利用も考えてみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの良さってどんなところ?カーリースの仕組みやメリットまで一挙にご紹介!

納車と共に始まる新車でのカーライフは、胸が躍るほど魅力的で期待に満ちたものではないでしょうか?しかし新車を購入すると、納車と同時に車両価格返済のために家計のやり繰りのスタート地点に立つことにもなります。 月々の返済額を抑えるためには、高額な頭金を用意するか、長期ローンを利用するしかありません。そこで「家計に優しい形でカーライフを満喫したい!」と願う方におすすめなのが、カーリースで始めるカーライフです。今回はカーリースの魅力と良さを紹介します。

カーリースではどんな審査を受ける?保証人不要のプランもご紹介!

カーリースを利用するためには、基本的に保証人を立てることが必要となります。総支払額が100万円を超えるような契約になるので、当たり前といえば当たり前ですが、中には、保証人が必要ではないカーリース会社も存在します。 カーリースで保証人が必要な条件はどんなものなのか、保証人が不要なカーリース会社はどこなのかなど、今回はカーリースにおける保証人関係の事柄をまとめていきます。