カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースでダイハツの軽自動車“タント”へお得に乗り換え!人気のカーリース会社で費用を比較!

ダイハツのタントは1人乗りからファミリーまで幅広い層に人気の軽自動車です。このタントはどのような車なのか、人気の秘密に迫ってみましょう。また、軽自動車は人気が高いこともあり、タントを新車購入しようとすると意外と費用がかかります。 このタントに、できるだけお得に乗る方法が「カーリース」です。ここでは、どうしてカーリースがお得なのか、また、実際にかかる費用はどうなのかも紹介します。

ここが他の軽自動車と違う!ダイハツの人気軽自動車タントの特徴とは?

タントの魅力の一つは、スライドドアを開けた時のワイドな開口部です。柱がないため前部座席のドアも開ければ大きな荷物の積み下ろしも簡単にできます。ベビーカーもサイズによっては畳まずに乗せられるので、お母さんたちにも嬉しいポイントです。

また、車内の天井が高く、広々とした車内空間を楽しめます。助手席をスライドさせたら、さらに空間を作ることも可能です。快適性だけでなくタントは安全性能も充実しています。

前方の車や歩行者を感知すると警報を鳴らし、衝突しそうなときには緊急ブレーキがかかります。また、車線からはみ出したときのブザーや障害物があるときの発信抑制機能など、近年の安全装備をつけることが可能です。燃費が良いことも多くの層に人気を得ている秘訣でしょう。

小さな子供がいる夫婦、特にお父さんはかっこいい車に乗りたいけどお母さんは子供を連れて移動しやすい車がいいという夫婦にとって、タントは二人の希望の間を取れる車です。ファミリー層でなくても、維持費が安い車がいいけどかわいすぎる軽自動車は嫌という人や、大きな荷物も出し入れできる軽自動車がいいという人にも、タントはおすすめです。

 

タントへの乗り換えにカーリースがおすすめの理由

このタントにお得に乗り換えられるのがカーリースです。カーリースでは、毎月決まったカーリース料金を払って、カーリース会社が所有している車を使用します。あくまで「所有者」はカーリース会社ですが、契約者は「使用者」として手元に車を置いて自由に使用できます。

通常車を購入する際は、車両代金や頭金、車両登録費や税金などの諸費用がかかるため、車を購入した月は初期費用でまとまった出費が必要になります。また、維持していくうえで税金、自賠責保険、車検代なども取り分けておかなければいけません。

しかしカーリースならプランによってはそれらの費用をまとめて契約期間で分割できます。
そのため最初の月から一定の月額で新車への乗り換えができるのです。車検代などの維持費を取り分けておく必要がなく、車にかかる費用の管理がしやすくなります。

車両代金の設定をする際、多くのカーリース会社では契約満了時の車の予想価格を残価として算出します。本体価格からこの残価を差し引いた額が車両代金として設定されるため、支払うのは契約期間分だけの車両代金ということです。

そのため、同じ車を乗る期間によっては通常購入より安く、新車に乗ることができるのです。その分、車のグレードを上げたりオプションを付けたりすることも可能です。

これらのメリットを踏まえるとカーリースがおすすめなのはこんな人になります。

・まとまったお金がないので初期費用を抑えたい
・車検代や税金など突発的な出費を出したくない
・車が必要な期間が限られている
・気軽に色んな車に乗り換えたい
・メンテナンスや維持の手続きをお任せしたい

 

タントへお得に乗り換えるならこのカーリース会社3社がおすすめ

カーリースでタントへ乗り換えるなら、どのカーリース会社がいいのでしょうか。カーリース会社によって特徴やプラン、料金形態など異なります。そこで、おすすめのカーリース会社3社を紹介します。

カーコンカーリースもろコミ

残価設定がないので契約満了後は残価と実際の査定額の差額の精算をしなくていいクローズドエンドリース方式です。料金には車両代金の他に車両登録手数料、自動車取得税、自動車重量税、自動車税、自賠責保険が含まれています。

車検も契約期間は「車検無料クーポン」を使って受けることができるので、車の維持にかかるお金をすべてまとめて管理できます。プランは、契約期間が7年の「もろこみ7」、9年の「もろこみ9」のどちらかを選べます。

2019年1月1日から3月31日の期間は成約特典を行なっています。もろコミ7・9(※特選車を除く)ご成約特典では、期間中に特選車を除く車の「もろこみ7」「もろこみ9」を契約するとガラスコーティング剤「スパシャン」、車載用防災セット「Refill Box 24」、ドライブレコーダー、キズへこみ保証クーポンがプレゼントされます。

また、もろコミ7の「特選車」ご成約特典では、WEB申し込み限定で、もろこみ7のプランで特選車の契約をした方には、折りたたみ電動アシスト自転車、キズへこみ保証クーポンがプレゼントされます。

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります

コスモスマートビーグル

乗りたい車やグレード、オプションだけでなく、契約期間、走行距離、メンテナンスパック、頭金とボーナス払いの有無を細かく設定できます。予算や用途に合わせて最善のカーリースプランを組み立てられるのが魅力です。

メンテナンスパックの選択はどれくらいの維持管理費をカーリース料金とセットにしたいかに合わせて行えます。登録諸費用と自動車取得税、自動車税など初期費用として必要なものだけでいいならホワイトパックです。

法定点検や定期点検、オイル交換など基本的な整備はお任せしたいならライトメンテナンスがセットになったシルバーパックがおすすめです。これ以外にも、タイヤやブレーキパッド、エアコンフィルタなどの消耗品の交換やロードサービスなどフルメンテナンスの付いたゴールドパックがあります。

また、コスモ石油での指定カードでの給油割引サービスが受けられるので、日々のガソリン代もお得になります。

オリックス自動車

5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」の3種類のプラン設定があります。いまのりくんは、契約満了すると契約を延長するか、車を返却します。いまのりセブン、いまのりナインは、契約満了後は車を自分のものにすることができます。

契約期間満了前でもそれぞれ2年、5年、7年が経過すればいつでも返却、乗り換えができます。常に新車に乗りたい、生活スタイルが変わるかもしれないなど、車の乗り換えを気軽にしたい人にはぴったりの仕組みです。

契約期間中に使える車検無料クーポンと、オイル交換無料クーポンでメンテナンスもきちんと行うことができます。

 

おすすめのカーリース会社3社でタントのリース費用を徹底比較!

おすすめのカーリース会社3社でタントを選んだ場合、実際のタントのカーリース料金はどれくらいになるのか比べてみましょう。カーリース会社ごとに付けるオプションは異なりますが、「ダイハツ タントのグレードL」の料金です。

カーコンカーリースもろコミ

もろコミ7 月額 10,800円税込から

もろコミ7の8,100円とメンテナンスパック2,700円の合計です。年2回のボーナス月の加算は通常80,352円ですが、オプションを設定すると異なるので契約時に確認するようにしてください。ボーナス払いを無しにすると22,248円税込にメンテナンスパック2,700円税込みになります。

※メンテナンスパックは軽自動車のみ適用となります。ただし、特選車を除く。

コスモスマートビーグル

月額 26,028円税込

契約期間84ヶ月、フルメンテナンスのゴールドパックを選択しています。頭金、ボーナス払い無しの料金です。

オリックス自動車

いまのりセブン 月額23,868円

頭金無しの料金です。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの良いところは何?悪いところも含めて総合的にご紹介!

カーリースは最近注目を集めている車の利用方法ですが、結局のところ、カーリースって得なのか損なのか分らないという人も多いはずです。メリットばかり紹介されても、そこまで信ぴょう性を感じませんよね。そこで今回は、カーリースの良いところと悪いところを総合的に紹介していきます。その中で、自分にとって適したサービスかどうかを判断してください。

マニュアル車で運転を楽しみたい人へ!マニュアル車をお得にカーリースする方法をご紹介

マニュアル車の数は減ってきているとはいえ、まだまだ根強い人気があります。マニュアル車は「マシーンを操作している」という実感が運転中に存分に味わうことができるため、とても楽しいものです。カーリースでも多数のマニュアル車が取り揃えてあるのは、そうしたファンが多いからだと言えるでしょう。今回は、マニュアル車のカーリースについて詳しくお伝えしていきます。