カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースでフルオプションをつけた場合の費用は?

カーリースのオプションって何がついてくるの?費用はどうなる?といった疑問を持っている方は多いでしょう。そこで今回は、オプションの内容や費用について紹介します。そもそもオプションはつけるべきなのか、利用者の方はどのような選び方をしているのかといったことについても解説していきます。

カーリースのオプション内容は?

カーリースは自分でドレスアップすることはできませんが、どのカーリース会社でもオプションによってカスタマイズすることが可能です。詳細なオプション内容はカーリース会社によって異なります。

多くのカーリース会社のオプションに含まれる内容としては、「カーナビ」「バックアイカメラ」「ETC」「アルミホイール」「LEDヘッドランプ」「アラウンドビューモニター」などが挙げられます。

カーリースのオプションは現状復帰できることを前提にしているので、車そのものを改造できるオプションはレアです。多くのカーリース会社では、上記のように、つけ外しが簡単なオプションがほとんどになります。

また、タイヤ交換などのメンテナンスもオプションの一部に含まれている会社が多いです。アクセサリーとして上記のようなものを取り付けるオプションと、タイヤ交換などのメンテナンスをすべてひっくるめたフルオプションといったイメージです。

アクセサリーとメンテナンスを別々のオプションとして提供しているカーリース会社では、「アクセサリーパック」「メンテナンスパック」などと呼ばれることが多いです。詳細はカーリース会社によって異なりますが、「アクセサリーオプション+メンテナンスオプション=フルオプション」と考えておくとざっくりとしたイメージがつかみやすいです。

なお、オプションでは網羅できないような派手な改造がしたい方は、カーリースではなく一括やローンで購入した方が良いでしょう。一方、利便性を高めるためのドレスアップであれば、カーリース契約のオプションでも十分かと思います。

 

カーリースでフルオプションをつけた場合の費用は?

カーリースにフルオプションをつけた場合、相場として月額料金に2,000円~5,000円程度上乗せされます。メンテナンスパックもカーアクセサリーセットもすべてサービス内容に含めた場合、月額料金が高めになります。

たとえば、カーコンカーリースもろコミの場合、カーアクセサリーセットの料金が月々2,160円(税込)、メンテナンスパックで月々2,700円(税込)となっています。

そして、カーアクセサリーのセットとメンテナンスパックの料金を合わせると、月々の料金が4,860円(税込)となります。

フルでオプションをつけるとこの金額になりますが、何か特別な事情がなければフルでオプションをつけることになります。アクセサリーに関しても、メンテナンスに関してもないと困るものなので、オプションと言いながら基本のサービス内容と言っても過言ではありません。

カーコンカーリースもろコミの場合、上記カーアクセサリーの金額で「カーナビ」「バックアイカメラ」「ETC(音声タイプ)」「フロアマット」「バイザー」がついています。

そして、メンテナンスパックは各パーツを定期的に交換できるサービスになります。カーコンカーリースもろコミは9年リースと7年リースの契約がありますが、それぞれ交換回数が決まっています。

パーツごとに9年リースと7年リースで交換回数が決まっているので、紹介します。

「タイヤ4本セット(9年リース1回、7年リース1回)」
「バッテリー交換(9年リース2回、7年リース1回)」
「エンジンオイル交換(9年リース8回、7年リース6回)」
「オイルエレメント交換(9年リース8回、7年リース6回)」
「オートマチックオイル交換(9年リース2回、7年リース1回)」
「ブレーキオイル交換(9年リース3回、7年リース2回)」
「ブレーキパッド交換(9年リース1回、7年リース1回)」
「Vベルト交換(9年リース1回、7年リース1回)」
「LLC交換(9年リース3回、7年リース2回)」
「点火プラグ交換(9年リース1回、7年リース1回)」
「ワイパーゴム交換(9年リース3回、7年リース2回)」

これですべてですが、これだけ含まれていれば安心です。メンテナンスパックはもちろん、勝手にカーナビをつけたりタイヤを交換したりできないので、アクセサリーセットやメンテナンスパックの両方をつけておくことをおすすめします。

なお、現在、カーコンカーリースもろコミでは1Lにつき20円のガソリン代キャッシュバックキャンペーンを行っています。月々最大2,000円キャッシュバックとなっていますので、フルでオプションを選択しても、半分程度の料金を賄えるということです。

※キャンペーン・サービス内容は予告なく変更・終了する場合があります。

このようにお得なキャンペーンを利用すれば、月々の支払いを抑えることもできます。

 

フルオプション込みのプランを提供しているカーリース業者

フルオプションを提供している業者としては、「オリックス自動車株式会社」「フラット7」「定額ニコノリパック」などが挙げられます。

オリックス自動車株式会社に関しては、車種ごとにフルオプション価格をセットで表記しています。そのため、オプション料金単体での価格はわかりません。オプション内容としては、「カーナビ」「バックカメラ」「衝突回避ブレーキ機能」「誤発進抑制制御機能」「コーナーセンサー」「ETC」「オリックスオリジナルマット」などがあります。

オリックス自動車株式会社の場合、車種ごとに詳細なオプション内容も異なりますが、だいたいは上記のものが網羅的に含まれています。機能性重視で、運転が便利になります。

フラット7のオプションは「カーナビ」「ETC」「CDステレオ」「ドライブレコーダー」「希望ナンバー」などです。これ以外のオプション詳細や、料金に関しては会社に直接問い合わせるようになっており、ネット上には公開されていません。

定額ニコノリパックは、料金詳細やオプションの内容も含めて会社に問い合わせる仕組みになっています。

 

フルオプションでより快適なカーライフを!

フルオプションをつけるメリットは、利便性の向上やメンテナンスの手間を省くといったことでしょう。カーリースは「メンテナンス不要」を謳っていることが多いですが、多くの場合、フルオプションをつけることが前提になっています。

オリックス自動車株式会社のように、そもそもフルオプションをつけた料金で記載しているカーリース会社も多いです。そういう意味では、もともとフルオプションがついていて、特殊な事情があってオプションが不要な人だけ外すというイメージの方がわかりやすいかもしれませんね。

オプションと言うと後からつけるもののように思われますが、カーリース会社がお得感を出すためにオプションと呼んでいる印象です。実態としては、フルオプションを含めての基本セットといったイメージになります。

結果的にフルオプションをつけなければ、「メンテナンス不要」「快適なドライブ」「法的手続きの丸投げ」といったカーリースのメリットを活かせません。特別な事情がない限り、フルオプションをつけるのがおすすめです。

そして、法人でも個人でもほとんどの場合。フルオプションで契約するのが王道です。
人気カーリースを見る

関連する記事

日本の車検費用はなぜ高い?費用の内訳や車検を安く済ませる方法をご紹介!

自動車検査登録制度を採用する日本で車を維持するには、一般的に車検と呼ばれる「自動車検査車検」を受け、合格する必要があります。車検は国土交通省が定める安全基準などを基に行われ、基準をクリアしない場合は合格することができません。 車の安全性能を高いレベルで保つために、定期的な車検は有意義な存在だと言えますが、費用が高いことがネックであり、車検対策に頭を悩ませる方は少なくないと言えるでしょう。 国内で車を維持するために避けて取ることができない車検の仕組みや、費用が高い理由、高い車検費用を抑える方法などを紹介します。

カーリースは利点がたくさん!?カーリースの仕組みから注意点、メリット・デメリットまで細かく解説!

カーリースには様々なメリットや利点があり、それゆえに人気を集めています。今回はカーリースの利点について、徹底解説します。また、カーリースには利点もある一方で注意点やデメリットもあります。その点についてもご説明しますので、参考になさって下さい。

均等払いでカーリースを利用したい!均等払いでも支払い額を抑えられるカーリースプランの選び方とは?

カーリースといえば、月額一定の料金を支払うことで、車を利用することができるサービスとして知られています。月々の支出を安定させることができるので、家計も計画的に行うことが可能です。しかし、本当にカーリースの利用料金は毎月一定なのでしょうか。今回は、気になるカーリースの均等払いについてまとめていきます。

カーリースの中古車は個人でもできる?中古車カーリースのメリット・デメリット

カーリースは決して新車だけの契約ではありません。中古車にすることで毎月のリース料金をよりお得にすることもできますし、中古車だからこそ柔軟な借り方を実現することもできます。最近ではそんなお得さから中古車のカーリースを利用する人も増えているといいます。カーリースを中古車で契約するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。