カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースでフルメンテナンスをお任せできるプランはある?忙しくて車の管理ができない方が知っておきたいメンテナンスリースとは

カーリースをしている方の中には、納税やメンテナンス等、車の管理が面倒だからカーリースを選んだという方もおられます。しかし、カーリースでも良く選ばないと、メンテナンスが含まれていないセルフメンテナンスカーリースを選んでしまう場合があります。セルフメンテナンスカーリースの場合、オイル交換からタイヤの交換まで全てを行なわなければなりません。今回は、カーリースの中でも便利な、フルメンテナンスのカーリースについてお伝えしていきます。

リース形態には2種類ある

カーリースを利用する時に気をつけておきたいのが、メンテナンスリースなのか、それとも、ファイナンスリースなのかという点です。この2つのリースは全く異なるので、契約を結ぶ前にしっかりと考えておく必要があります。

メンテナンスリースとは、いわゆるフルメンテナンスのカーリースのことで、点検・整備や修理、事故処理、車検、消耗品の交換などを全てアウトソーシング可能です。専門の整備士などにまるごと請負ってもらうため、ドライバーは何もしなくて良いのです。

フルメンテナンスのカーリースには以下が含まれています。

・点検・整備
・車両購入
・修理
・租税公課
・事故処理
・任意保険の加入
・車検
・消耗品や油脂の交換

これらの作業を不慣れな方が全て自分で行うのは大変ですよね?

ディーラーに行ってもらうにしても、工賃がかかります。積もり積もる工賃は決して安くはない金額です。そこで、これらを全てカーリース会社にやってもらおうというのがフルメンテナンスのカーリースなのです。

一方、ファイナンスリースは、車両の購入処理や納税の処理のみをカーリース会社に行ってもらうというものです。車両の登録などの手続きはほとんどの方が初めてです。詳細な点について分からない事も多く、1人で行うのは困難でしょう。その点、ファイナンスリースでは、その煩雑な手続きをカーリース会社が行います。

ファイナンスリースには以下が含まれています。

・車両購入手続き
・租税公課
・任意保険の加入手続

ファイナンスリースはフルメンテナンスのカーリースと違い、ドライバーが全ての維持管理を行う必要があるため、法人で決まったカーメンテナンスの発注先があるという場合や、自分で維持管理や修理を行う自信がある方に適しています。

 

法人リースを契約するならどちらのリース体系がオススメ?

では、法人契約の場合はフルメンテナンスのカーリースが良いのでしょうか。それとも、ファイナンスリースがオトクなのでしょうか?

上述の通り、ファイナンスリースだと、会社側で車両購入手続き、登録手続き、保険加入手続き、定期点検、修理対応、消耗品の交換などを行う必要があります。社員がリースカーを利用して事故を起こした場合や、外観を損ねてしまった場合、会社が全ての費用を負担し、修理を行う必要があります。

こういった雑務に時間と労力を取られてしまうと、本来の会社の業務に携われません。車のことが原因で、会社全体の経営効率に支障をきたす可能性もあるのです。そのため、管理の手間やコストを一元化できるフルメンテナンスのカーリースが、法人にはオススメです。

法人契約の場合、フルメンテナンスのカーリースがオススメな理由には、計画立案が容易であるという点が挙げられます。自社で車を管理する場合、2年に一回の車検があったり、修理費や事故の処理費が突発的に発生したりと、予算を組むことが難しくなります。

一方、フルメンテナンスのカーリースだと、車がどんな問題に見舞われてもリース料は毎月一定なので、会社の出費に変動を与えることがありません。その為、1年を通しての予算が立てやすいのです。

 

個人向けのフルメンテナンスリースもアリ!

以上、法人契約の場合のフルメンテナンスによるカーリースについて説明しましたが、フルメンテナンスのカーリースは法人契約だけでなく、個人契約のマイカーリースにおいてもやはり安心で、多くの手間が省けます。

個人向けのフルメンテナンスカーリースサービスとしては、たとえば、カーコンカーリースもろコミのメンテナンスパックがあります。7年リースのもろコミ7や9年リースのもろコミ9でメンテナンスパックを付けておくと、車のコンディションをいつでも良好な状態に保てます。

カーコンカーリースもろコミのメンテナンスパックでは、カーコンビニ倶楽部株式会社のカーコン店舗でパーツ交換および取り付けサービスが受けられます。タイヤ4本がセットになっており、リース期間中に1回、タイヤを新品に交換できます。

タイヤは溝の深さが1.6ミリ以下になってしまうと、走行に支障をきたす場合があります。その状態では、公道を走ることは法律で禁止されており、違反すると処罰されることもあるので、注意が必要です。

罰金は普通車の場合で、9,000円となり、2点減点されます。溝の浅いタイヤだと、車検にも通らないので、タイヤ溝のチェックは必須事項です。特に毎日長距離を走るという方は日頃から注意を払っておきましょう。

カーコンビニ倶楽部株式会社のカーコン店舗でのパーツ交換および取り付けサービスには、ブレーキパッドやVベルトの交換も含まれています。山岳地帯をよく走るのであれば、ブレーキパッドへの負担が大きいため、摩耗は早くなります。

ブレーキパッドを交換しないと、制動距離が長くなり、追突事故を起こしやすくなります。また、急ブレーキで危険を回避できないため、大きな事故に繋がる可能性もあります。

Vベルトは車検の度にチェックすべき大切なパーツの1つです。消耗品なので、経年劣化すると、切れてしまう恐れがあります。損傷や劣化が見られたら、切れる前に交換しておきましょう。

他にも、このサービスパックを付けていれば、ワイパーゴム交換を無料で3回行ってくれます。カーコンカーリースもろコミのもろコミ7なら2回、もろコミ9なら3回の交換ができます。

ワイパーゴムが硬化すると、ウインドガラスの水滴を弾かなくなり、雨の日に視界が悪くなる可能性があります。硬化したワイパーゴムを付けたままワイパーを動かすと、摩擦によりガラスに傷がつくこともあるため、注意が必要です。

ウインドガラスは安全に直接関係する大切な窓ガラスなので、クリアに保っておきたいですよね。

カーコンカーリースもろコミのメンテナンスパックには、他にも、点火プラグの交換や、ロングライフクーラントの交換、オートマチックオイルやエンジンオイルの交換、オイルエレメント交換がコミコミです。

これに加えて、軽自動車をリースするなら、1リットル当たり20円のガソリン代キャッシュバックもあります。

※ガソリン代キャッシュバックキャンペーンは予告なしに変更・終了する可能性があります。

上記の補修交換全て含めて(税込)月々2,700円です。

なお、カーコンビニ倶楽部株式会社のカーコン店舗で受けられるパーツ交換および取り付けサービスは、カーコンカーリースもろコミでリースした軽自動車が対象になります。乗車頻度が高い方や走行距離が大きい方は付けておきたいですね。

今回ご紹介したとおり、カーリースにもフルメンテナンスのカーリースとファイナンスリースの2種類があるので、契約する前にどちらが良いのかを前もって決めておきましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースを利用するために必要な年収は?

クレジットカードを申し込む時や、車のローンや住宅ローンを組む時、部屋を借りる時などには必ず年収について聞かれます。これは言い方を変えれば、年収によって、それらを利用できるかどうかが左右される場合があるということです。では、カーリースを利用する上で、年収は関係してくるのでしょうか、関係するとしたら、年収はいくらくらい必要なのでしょうか?

車をリースで乗る!今、個人向けのカーリースが大人気の理由とは!?

個人事業主や法人を対象としたカーリースはこれまでも数多くありましたが、10年くらい前から個人向けのカーリースも増え始め、その人気は年々上昇しています。「憧れのマイカー」を手軽に手に入れることができ、月々の出費も抑えることができるカーリース。その魅力をご紹介します。

レジャー好きの大家族などにおすすめ!7人乗り自動車をカーリースで手に入れよう

何らかのイベントなどで親戚や友人が集まった時、「7人乗りの車があれば便利なのに」と感じることがあるのではないでしょうか。もとより大家族という場合はなおさらです。しかし、7人乗りのミニバンやSUVなどの新車は、コンパクトカーなどに比べるとかなり価格も上がり、なかなかハードルが高いといった問題も出てくるでしょう。 その点、カーリースを利用すれば、高額な初期費用なしで7人乗りの車が手に入ります。ここでは、そんなお得なカーリースの仕組みや、人気の7人乗りミニバンやSUVのカーリースの料金をご紹介します。