カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで一番安いところを調べるためにはどんな方法がある?

個人向けのカーリースは、数多くの会社が事業を展開している状況にあり、利用者としてはどれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。人によっては、料金で選ぶ人もいますし、サービスやオプションなどで選ぶ人もいます。今回は、特に料金にフォーカスして、安くカーリースを利用できるところはどこなのかについて解説していきます。

そもそもカーリース料金の仕組みとは?

利用料金が安いカーリースを調べる前に、まずは、カーリースを利用する上で支払う料金の仕組みについて知っておきましょう。カーリースの利用料金の中には、どんなものが含まれているのかを知ることによって、どの項目を抑えるのか、必要不必要などの選択をすることができます。

それでは、カーリースの料金の仕組みについて解説していきます。

カーリース料金の大部分を占めているのはもちろん車体代です。カーリースでは、契約期間中、車体価格を分割して支払うという仕組みになっています。ただ、カーリースには、残価設定という独特の算定方法によって、車体代が決められています。

この残価というのは「残存価値」の略で、意味としては、契約満了時に車を返却した段階での車の査定額を指します。カーリースでは、この残価を契約時に想定します。そして、車体価格全体から、設定された残価を差し引いた残りの金額を契約期間中に分割で支払っていくという仕組みになります。

つまり、車を購入するよりも、総支払額という面で言えば、カーリースの方が、支配額が安くなるという特徴があります。車を購入した場合、車体価格全体を分割で支払っていきますが、カーリースでは、車体価格よりも小さい金額を分割で支払うことになります。

これがカーリースにおいてよく言われている、車体価格を安く抑えることができる仕組みになります。

そして、この残価について、もう一つ知っておかなければいけないのは、あくまで残価は契約時に想定したものであって、契約満了後に出される査定額と一致するわけではないということです。

車の状態や使用状況によっては、設定残価を査定額が下回ることも考えられます。その場合は、差額を追加で請求されることがあります。逆に、査定額が設定残価を上回った場合は、差額を返金してもらえることになります。

カーリース料金のうちの車体価格について知るべきことは、この「残価」という仕組みになりますので、カーリースの利用を検討している人は覚えておいてください。

また、カーリースでは、車体価格以外の項目も月々の利用料金に含まれています。カーリースでは基本的に、車体価格に加えて、各種登録料、税金、車検、保険、メンテナンス費などが含まれています。

メンテナンスに関する項目が料金に含まれているものを「メンテナンスリース」、そうではないものを「ファイナンスリース」と呼びます。

このように、カーリースの利用料金には以上のような項目が含まれていることが分かります。それぞれの項目をしっかり理解したうえで、カーリース会社のサービスを比較していくといいでしょう。

 

カーリース料金が安いところを探す際のポイントは?

カーリース料金には2つの注目すべき点があります。それは、毎月支払う利用料金と、契約期間中に発生する総支払額というものです。毎月の支払額を安くすることができれば、家計が安定するというメリットがありますよね。

反対に、総支払額が安くなれば、全体的な金銭的負担を減らすことができます。カーリースの料金について、安いところを探すときには、この「毎月の支払額」と「総支払額」のどちらが安くなるのかという視点が重要となります。

まず、毎月の支払額を安くするポイントについて解説します。カーリースの利用料金は、契約期間中に発生する総支払額を分割で支払うという仕組みです。

つまり【総支払額】÷【契約月数】=【毎月の支払額】という計算になります。

ということは、毎月の支払額を安くするためには、分母の【総支払額】を小さくするか、分子の【契約月数】を大きくするかの2つの方法が考えられます。

このことから、毎月の支払額を安くするためには、契約期間を長くするという方法が考えられます。契約期間を長く設定し、支払回数を増やすことによって、毎月の支払額を減らすことができます。

しかし、契約期間を長くすることによって、金利がかかってしまいますので、総支払額が大きくなってしまう可能性があるという面には、注意が必要です。

月額料金を安くするプランには、契約期間が長いものが多いというのを覚えておきましょう。

 

月々の料金が安いところは8,000円(税込)から新車に乗れるカーコンカーリースもろコミ!

ここからは、具体的に月々の料金が安いカーリース会社を紹介していきます。ここで紹介するのは「カーコンカーリースもろコミ」です。

「カーコンカーリースもろコミ」では、最も安い車種で月々8,000円(税込み)で利用することができます。ここにボーナス月加算が加わる場合がありますが、それでも月8,000円というのは破格の安さですね。

また、「カーコンカーリースもろコミは料金以外にもお得なサービスが盛りだくさんとなっています。

カーコンカーリースもろコミでは、残価を0円に設定することができます。毎月の支払額が最安8,000円にもかかわらず、残価を0円に設定できるということは、契約満了時の差額請求の心配がいらない上に、リーズナブルにカーリースを利用できるということになります。

また、残価が0円ということは、契約期間中に車体価格を全額支払うことになります。つまり、車を購入するのと同じことになるのですが、カーコンカーリースもろコミでは、契約満了時まで車に乗り続けた場合、車を貰うことができます。

カーリースでは、マイカーのようにカスタマイズをしたり、内装を変えたりといったことはできませんが、契約満了時に車をもらうことができるのであれば、それ以後は自由に車に乗ることができます。

その他にも、税金や車検、メンテナンスといったオプションも充実しており、安心のカーライフをサポートしてくれます。

毎月の料金が安いうえに、その他のサポートも充実している「カーコンカーリースもろコミ」は、安いカーリースをお求めの方にはとてもおすすめです。

 

総支払額を抑えるなら、乗り換えホーダイが魅力の「NOREL」!

次に紹介するのは、カーリースの総支払額を抑えることができるという点でおすすめの「NOREL」です。

月額の利用料金は59,800円~となっており、「カーコンカーリースもろコミ」と比較するとかなり高くなっていますが、「NOREL」の特徴としては、最短で90日間の利用によって、別の車に乗換えが自由にできるということです。

短期間で車を乗り換えながら、返却することによって、カーリースの利用で発生する総支払額を安く抑えることができます。

「NOREL」の魅力は、やはり短期間でのカーリース利用をリーズナブルに抑えることができるという点にあります。人によっては、数年単位でのカーリースの利用が必要ではないという人もいますよね。

あくまで、短期間でのカーリースの利用を検討した場合、「NOREL」のようなサービスを選択すると総支払額を安く抑えることができるのでおすすめです。

このように、カーリースでは、毎月の支払額と総支払額という2つの視点から安いところを探すのがポイントとなります。ご自身の状況に合わせてベストな選択ができるようになりましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

リース車の事故で全損!修理代や解約金はどうなるの??

気を付けていてもリース契約をしている車両で一部破損事故や全損事故を起こしてしまった場合、どのようなことが発生するのでしょうか。「修理費用は自己負担なのか?」「解約金が発生するのか?」という疑問の答えから、自己負担が大幅に軽減されるカーリース車専用の保険も合わせてご紹介します。

カーリースでダイハツの軽自動車“タント”へお得に乗り換え!人気のカーリース会社で費用を比較!

ダイハツのタントは1人乗りからファミリーまで幅広い層に人気の軽自動車です。このタントはどのような車なのか、人気の秘密に迫ってみましょう。また、軽自動車は人気が高いこともあり、タントを新車購入しようとすると意外と費用がかかります。 このタントに、できるだけお得に乗る方法が「カーリース」です。ここでは、どうしてカーリースがお得なのか、また、実際にかかる費用はどうなのかも紹介します。

カーリースで知っておきたい基礎知識!返却時に傷がある場合の対処法について解説

車に乗っていると、知らないうちに傷がついていたりすることがあります。マイカーの場合はそのまま放置したり、自分で修理したり、行きつけの修理工場に持ち込んだりとその対応も自由ですが、カーリースの場合はどうすればいいのでしょうか。 カーリースの契約満了時、車を返却する際に傷があったらどうすればいいのか、ここではその対処法について徹底解説します。

カーリース利用中、残債があるのに乗り換えたくなったらどうする?カーリース利用中の疑問はここで解決!

カーリースをして乗り始めたはいいけど、カーリースした車がやはり自分には合わない事に気づいて乗り換えたくなった場合、どうすれば良いのでしょうか?今回は、そんな「残債が残っているけど乗り換えたい!」という時の事について考えます。