カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで三菱の人気車種に乗ろうとしたら、料金はどの程度かかる?

車に乗りたいけど、まとまったお金がなくて買うことができない、転勤が多くてすぐに手放すかもしれない、といった人は意外と多いのではないでしょうか。これらのさまざまな理由から、車を購入して所有することができない人たちにおすすめなのがカーリースです。 今回は、数あるメーカーのなかでも三菱に注目し、三菱の車種をカーリースで利用する場合の料金についてご紹介します。

2018年、三菱の販売台数上位の車種は?

まずは、三菱の車のなかでもどの車が売れているのか、販売台数を確認していきましょう。2018年の三菱乗用車の販売台数トップ3は以下のとおりです。

1位 eKシリーズ(eKワゴン、eKスペース、eKカスタム)
2位 デリカD5
3位 エクリプスクロス

1位 eKシリーズ

eKシリーズはeKワゴン、eKスペース、eKカスタムからなる三菱の軽トールワゴンシリーズです。2001年に初代が発売されたeKシリーズですが、このeKは「excellent K-car」のことであり、また「良い軽自動車」の語呂合わせでもあります。

また2018年5月には予防安全性能がアップした新しいeKワゴン、eKカスタム、eKスペースが発表されました。

新しいeKシリーズではブレーキ機能が向上しているほか、誤発進の抑制、車線逸脱時の警報システムなど、従来よりもさらに安全性が高まっています。三菱を代表する軽自動車であり、各メーカーのなかでも人気の車種だと言えます。

2位 デリカD5

デリカD5はデリカシリーズの5代目の車です。デリカシリーズはその歴史も古く、初代は1960年代に発売されています。

デリカD5はSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)・ミニバン型の車種であり「世界で唯一のオールラウンダー」タイプのミニバンというコンセプトのもとで製造されているのが特徴です。

SUVということで、アウトドアなどのオフロードや悪路走行にも向いていますが、ミニバンとして街乗りでの利用にも最適だと言えます。さらに、車内の広さも兼ね備えているので、家族での利用などにも向いている車です。数あるミニバンのなかでも高い人気を誇っています。

3位 エクリプスクロス

エクリプスクロスはスタイリッシュで走りの良いコンパクトSUVです。初代エクリプスクロスが発売されたのは2017年とつい最近のことですが、すでに三菱の中では人気の車種となっています。

ちなみに、三菱は以前「エクリプス」の名前がついたスポーツカーを販売していましたが、エクリプスクロスとは別のものです。

エクリプスクロスの特徴として挙げられるのが、見た目のかっこよさです。人気のクーペスタイルのデザインを採用している車種であり、前後左右、どこから見てもシュッとしていてスマートに見えます。

このクーペスタイルのSUV車は現在の流行とも言え、三菱のみならず他のメーカーからも同様のタイプの車が販売されています。

また、エンジンに関しては4B40型と呼ばれるものを搭載していて、燃費に優れているほか、排出されるガスも環境にやさしいクリーンなものになっているのも大きな特徴です。

以上が三菱の販売台数上位の人気車種の概要です。続いてはこれらの車種をカーリースで利用する場合の料金についてご紹介します。

 

カーコンカーリースもろコミでの三菱人気車種の料金は?

 人気の車種を実際に購入するとなると、初期費用だけでもかなりのお金が必要になります。そこで、利用を検討したいのがカーリースです。

さきほど紹介した車種を実際にカーリースするとなると、どのくらいの料金が必要になるのでしょうか。ここでは、カーコンカーリースもろコミでカーリース契約を結んだ場合の料金について紹介します。

カーコンカーリースもろコミには「もろコミ7(7年プラン)」と「もろコミ9(9年プラン)」という2つのプランがあります。これは残価設定0円で契約満了後には車がもらえるというプランです。

残価とは、下取り価格のことだと理解してください。7年や9年といったリース期間を満了した時に、その車が持っている価値のことです。

一般的なカーリースでは残価が設定され、リース期間を満了した際に残価を支払うことで、その車を購入してそのまま乗り続けることができますが、カーコンカーリースもろコミの場合は、残価設定なしであるため、そのままもらえるというわけです。

また、残価が設定されている場合は、車の利用状況によっては当初の残価よりも価値が下がり、下がった分の費用を負担しなければいけないことがありますが、カーコンカーリースもろコミのプランであればその心配はありません。

さらに、頭金が0円で月々の料金は定額、カーアクセサリーやメンテナンス、車検基本料や税金などの諸経費込みで利用できるもろコミ特選車もあるので、費用を抑えながらも安心したカーライフを送ることができます。

肝心の三菱車ですが、eKシリーズが月額8,100円(税込)〜、デリカD5が月額30,024円(税込)〜で利用することができます。

 

リックスカーリースでの三菱人気車種の料金は?

先ほどはカーコンカーリースもろコミを利用した場合の料金を紹介しました。続いては、同じくカーリースのサービスを展開しているオリックスカーリースでカーリース契約を結んだ場合の三菱の人気車種の料金を紹介します。

オリックスカーリースの特徴の1つとして挙げられるのが、乗り換えや返却に便利なプランです。例えば、「いまのりくん(5年)」というプランでは2年が経過したら自由に解約および乗り換えをすることができます。

このプランを利用すれば、5年の間に複数の新車に乗るということが簡単にできますし、ライフステージの変化に応じて乗り換えることも可能です。

そのほかにも乗り換え、返却、車をもらう、キャッシュバックを選択することができる、「いまのりセブン」、月々の料金を抑えることができる「いまのりナイン」といったプランも用意されているなど、利用者の目的に応じて選ぶことができます。

三菱車に関してはeKシリーズが月額17,604円(税込)〜、デリカD5が月額38,556円(税込)〜、エクリプスクロスが月額39,960円(税込)となっています。

 

コスモスマートビークルでの三菱の人気車種の料金は?

最後に、コスモスマートビークルでカーリース契約を結んで三菱の人気車種を利用した場合の料金を紹介します。

コスモスマートビークルではゴールドパック、シルバーパック、ホワイトパックという3つのプランが用意されています。これらのプランはメンテナンス代の有無、ガソリン割引額などがそれぞれ異なっているのが特徴です。

例えば、ゴールドパックの場合ガソリン代が5円/L引となるほか、タイヤ交換やバッテリー交換といったメンテナンスやロードサービスの利用などが全て込みとなっていて、車に初めて乗るという人でも、安心して利用することができます。

三菱車に関してはeKシリーズが月額29,268円(税込)〜、デリカD5が月額52,812円(税込)〜、エクリプスクロスが月額55,836円(税込)となっています。

 

まとめ

今回は三菱の人気車種の紹介と、それらをカーリースで利用する場合を想定したうえで、3つのカーリース会社を紹介してきました。

同じ車をカーリースで利用するとしても、プランによって契約内容や料金が変わってくるため、内容をしっかりと確認し、自分のライフスタイルや考え方に合った料金プランやカーリース会社を選ぶようにしましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

リース契約で車を購入する際の流れと注意点

リース契約は月々一定の支払いで車に乗ることができ、各種手続きや支払いなどをすべてリース会社に一任することが出来る手軽さから、最近話題になっている新しい車の所有方法です。しかし、気軽に車に乗れるからと安易に手を出してしまい失敗したといケースも増えています。リース契約で失敗しないためにも、ここでは購入する際の注意点についてご紹介していきます。

車検証とはどんなもの?発行や再発行にはどのような手続きが必要?

車を保有するのであれば欠かせないのが車検ですが、車検証の重要性を実感する機会は少ないのではないでしょうか。普段は、自賠責保険証と一緒にグローブボックスに入れっぱなしになっていて、しっかりと内容を確認したことがないという方も多いのではと思います。 ここでは、車検証とはどういうものなのか、氏名や住所変更の際にはどんな手続きが必要なのか、また万が一、紛失してしまった場合にはどうすればいいのかなどをご紹介します。

ペーパードライバーから抜け出したいのに車がない…そんなときはカーリースを活用しよう!

ペーパードライバーを抜け出したい!と思っても、急に車を買うのは事故のリスクの高さや気持ちの準備だけでなく、お金も必要ですので、簡単な決断ではありません。その点、カーリースはフラットな支払いで生活を圧迫することなく車に慣れるのに最適です。今回はペーパードライバーの方にカーリースがおすすめである理由を詳しく紹介していきます。