カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで中古車も選べる!中古車をリースする際の注意点と絶対知っておくべきこと3選

カーリースでは新車以外に中古車もリースすることができます。当然、新車をリースするよりもリース料金が安くて済みますが、あくまで中古のため新車とは多少異なる点がいくつかあります。メリット・デメリットや新車との比較、中古車をリースする際に押さえておきたいポイントについて解説をします。

中古車カーリースは月々の料金も抑えられる!

中古ということで車両価格それ自体が新車よりも低いため、月々のリース料金もお得になります。

中古車カーリースのメリット

自動車税、自賠責保険、法定点検、車検、その他メンテナンス代といったものが基本的に含まれています。これは新車のリース時と同じですが、車両価格が安い分だけ月々の支払いは安くなるケースがほとんどです。それ以外にかかる費用と言えば燃料代や駐車場代などになります。

また、企業や個人事業主の方がリースをする場合、リース料は経費として計上することができますので節税効果が見込めます。

もう一つ、メリットを追加するとしたら、中古車カーリースの場合、原則的には2年程度の契約期間ですが、なかには1ヶ月・3ヶ月などの短い期間で契約をすることが可能なリース業者もあります。新車では3年・5年・7年など長期間の契約となりますが、そこまでの期間は必要ない、でもレンタカーは高すぎるといった方には向いているかも知れません。

 

中古カーリースのデメリット

これは新車においても言えることですが、車両本体価格はもちろん、車検や法定点検などに対しても「金利」がかかってきますので、デメリットと捉える方もいるかも知れません。またしっかり整備されているとは言え、あくまで中古車ですので耐用年数自体は短くなっています。使用状況によってはガタがきたり、メンテナンスが必要になるケースも少なくありません。

ほかにも、新車のリース時と同様に中途解約では解約金が発生する、事故を起こしてしまった場合には残価(=事故を起こしていなかったら契約終了時につくであろう車の価値)を求められるケースもあります。

 

リースバックが可能なケースも!

自社で車を所有している法人や個人事業主の方は、その車をリース会社に買い取ってもらい、そのままリース契約をするという「リースバック」を利用できるケースがあります。特に、帳簿価格で買い取りをしてくれるリース業者が多いため、売却損が発生するリスクも低く、さらに売却費用を事業資金に充てることも可能です。

 

新車・中古車カーリースのリース料金を比較してみよう

基本的な仕組みの違いを簡単に解説します。

 

《新車カーリースの仕組み》

(1)リース会社がディーラーや販売店から新車を購入する

(2)登録などの手続きを行う

(3)新車をリースする

 

《中古車カーリースの仕組み》

(1)レンタカー及び新車リースの返却車両を仕入れる

(2)点検・整備を行い在庫としてバックヤードに保管する

(3)中古車としてリースする

 

このような違いがあります。中古車の場合、在庫を抱えるデメリットはありますが、新車と違って購入するためのコストがかからないこともあり、その分リース料金を安くできるというメリットがあります。

 

中古車カーリースの注意点

中古車カーリースをする場合、基本的に新車と比べるとリース期間が短く設定されています。長く乗りたい場合は再リースを検討するか、新車カーリースを選ぶようにしましょう。また、走行距離が制限されています。これはケースバイケースですが新車よりも毎月の走行距離が短く設定されている可能性があります。長距離を乗りたい場合は契約をする前に確認をしましょう。

 

中古車をリースする前に知っておきたい3つのこと

中古車カーリースについてお話をしてきましたが、契約をする前にぜひ押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

 

(1)個人と法人では異なるケースがあることを知っておく

リース会社によって、個人と法人では選択できるプランに違いがあります。例としては、「個人の方が法人よりもリース料金が高くなる」「個人の方がリースできる期間が短い」「個人の方が走行距離制限が短い」といったことが挙げられます。契約をする前に確認をしておきましょう。

 

(2)自分が中古車カーリースが向いているかどうか知っておく

中古車カーリースには向き・不向きがあります。契約をする前に、自分がどちらに当てはまるか確認をしておきましょう。

 

《中古車カーリースに向いている人》

安い費用で車に乗りたい

毎月の出費額を安定させたい

登録やその他の面倒な手続きは避けたい

リースした車が自分のものにならなくても構わない

車種や年式、グレードなどのこだわりがあまりない

3年や5年といった長期間乗る予定はない

 

このような方には中古車カーリースが向いていると言えます。一方で

 

《中古車カーリースに向いていない人》

車を自分の好きなようにカスタマイズしたい

3年や5年などできるだけ長く同じ車に乗りたい

リース期間終了後に自分の所有物にしたい

運転に不慣れで技術にも自信がない

月間の走行距離が2,000kmを超えそう

内装や外装の汚れ・劣化が気になってしまう

リース期間中に中途解約する可能性がある

 

このような方は中古車カーリースには不向きと言えます。自分がどちらに当てはまるかよく考えてから検討しましょう。

 

(3)デメリットをしっかり把握しておく

最後に、冒頭の項目でもお伝えしたデメリットです。最低限、以下の4項目は把握しておきましょう。

 

*原則的に中途解約はできない(万が一解約をする場合は解約金が発生する)

*事故を起こした場合、残価を求められるケースがある

*基本的にはリース期間終了後でも自分の所有物にはならない(例外もあります)

*決められた走行距離をオーバーすると超過料金が発生する

 

以上が、中古車リースをする前に知っておきたいポイントです。

中古車カーリースは新車カーリースよりも安く乗ることができるため、特にこだわりがない方にとっては非常に便利なものです。しかしながら中古ならではの安い理由があったり、新車とは異なる制限があるなどメリット・デメリットが存在します。

 

契約をしてから「思っていたのとと違った」と後悔することがないように、検討する段階からしっかりとポイントを押さえておきましょう。

人気カーリースを見る

 

関連する記事

リース車のパーツ交換やカスタマイズはしても良い?カーリースの基本的なルールを知っておこう

車好きの方にとっては、パーツ交換やカスタマイズをするのも車の楽しみ方の1つだと思います。では、カーリースで利用している車のパーツ交換やカスタマイズは自由にできるのでしょうか?今回は、カスタマイズについてのカーリースの基本的なルールについてご説明します!

五年契約のカーリースプランにはどんなものがある?おすすめの3つをご紹介!

カーリースを契約する際にはリース期間を設定しなければいけません。個人のカーリースでは一般的に五年、七年、九年であることが多いです。契約期間中は同じ車を乗り続け、リース料金を払い続けなければいけないので、自分に合ったリース期間で契約することは大切だと言えるでしょう。 契約期間はカーリース会社によって固定で決められていることもあれば、契約期間を選べることもあります。ここでは五年の契約期間でのカーリースを検討している人に向けて、五年のカーリースプランがあるカーリース会社を紹介します。

圧倒的な存在感と高級感!ヴェルファイアに乗るならカーリースを利用しよう!

ファミリーや若者など様々な層から支持されているヴェルファイアはミニバンの人気車種です。ヴェルファイアに乗りたいと購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 しかし気になるのは費用です。ミニバンは他の車種に比べ車両価格が高く、重量税や自動車税などの諸費用も多くかかります。とてもヴェルファイアには手を出せないと諦めてしまう人も少なくありません。 そこで、ヴェルファイアに乗るときにぜひとも利用したいのがカーリースです。カーリースであれば憧れのヴェルファイアであっても気軽に乗ることができるのです。そんなヴェルファイアの魅力と、カーリースで乗るのがおすすめである理由についてみてみましょう。

カーリースと中古車購入はどっちがお得?それぞれのパターンに向いている人の特徴やメリット・デメリットとは

中古車購入をためらっている方の中には、修理費用がかさむ、新型を選べないなどの理由を挙げる方もいます。しかし、中古車には新車にはないメリットもあります。今回は、中古車購入のメリット、カーリースのメリットについて、それぞれ説明します。