カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで人気の四駆は?取扱いのあるカーリース業者を徹底比較

悪路や雨や雪の中でも、安定した走行ができる四駆車には根強い人気があります。もちろん、カーリースでも四駆車を利用できます。今回は、カーリースで人気の四駆車種や四駆車の取扱いのあるカーリース業者をご紹介します。

カーリースで人気の四駆車種TOP

まず、カーリースで人気の四駆車種を、四駆普通車と四駆軽自動車に分けてご紹介したいと思います。

四駆普通車

1 ランドクルーザープラド(トヨタ)

ランドクルーザープラドは、足回りの軽量化やコンパクトなボディを特徴とする四駆車です。市街地を中心に走行するユーザーから高い評価を受けています。

2 ハイラックスサーフ(トヨタ)

ハイラックスサーフは、大きなボディと頑丈な作りを特徴としています。居住空間が広々としており、高い走破性もあります。アウトドアを思いきり楽しみたい人におすすめの四駆車です。

3 エクストレイル(ニッサン)

エクストレイルハイブリッドは、高い走破性とタフさを兼ね備えている四駆SUV車です。積載性にも優れており、荷物をたくさん載せることができます。

4 パジェロ(ミツビシ)

パジェロは、優れたオフロード性能と安全性能を持つ四駆SUV車です。日本だけではなく、世界的にも人気があります。

5 ステップワゴンスパーダ(ホンダ)

ステップワゴンスパーダは、床の高さが低く、車内への乗り降りがとても楽な設計になっています。ファミリー層に人気の四駆ワゴン車です。

四駆軽自動車

1 ハスラー(スズキ)

ハスラーは、近年人気を集めているSUVタイプの軽自動車です。ハスラーが発売される前は、SUVと言えば無骨なイメージが強く、車体の色もダーク系統が多かったのですが、ハスラーは明るい色のラインナップで人気を集めました。

2 ジムニー(スズキ)

ジムニーは、悪路でも安定した走行ができる人気の四駆軽自動車です。小回りもよく利きます。

N-BOX(ホンダ)

N-BOXの室内空間の広さは軽自動車としては最大クラスです。角張った硬派なボックス型のデザインも人気の理由です。N-BOXの四駆は軽自動車とは思えないほどの走行性を発揮します。

4 ワゴンR(スズキ)

ワゴンRは、お好みで選べる3種類のエクステリア・デザインや、広々とした室内空間、先進予防安全システムの採用などにより、ロングセラー車種となっています。雪国に住むユーザーなどをターゲットに四駆車も設定されています。

5 タント(ダイハツ)

タントの室内空間も軽自動車としてはとても広いです。また、スライドドアを採用することによって乗り降りをとてもしやすくしています。価格もリーズナブルです。カーリースで四駆車を選べば、悪路にも対応できます。

 

【四駆普通車】カーリース業者別の料金徹底比較

ここで、カーリース業者別の四駆普通車の料金をご紹介します。先に取り上げた四駆普通車のカーリース人気TOP5の中から3車種を選び、5年契約の場合の月額料金を調べてみました(頭金やボーナス払いはなし)。

ランドクルーザープラド(四駆 5ドア TX 5人乗り 2700cc ガソリン)

・オリックスカーリース:月額74,520
・コスモスマートビークル:月額55.836
・定額ニコノリパック:月額42,444

エクストレイル(四駆 5ドア 20S 2列シート車 5人乗り 2000cc ガソリン)

・オリックスカーリース:月額55,188
・コスモスマートビークル:月額48.816

パジェロ(四駆 ロング 5ドア GR 7人乗り 3000cc ガソリン)

・オリックスカーリース:月額72,360
・コスモスマートビークル:月額58.644
・定額ニコノリパック:月額50,436

料金は2018年3月18日時点の情報です。料金は変更になる場合があります。

 

【四駆軽自動車】カーリース業者別の料金徹底比較

次に、カーリース業者別の四駆軽自動車の料金をご紹介します。四駆軽自動車のカーリース人気TOP5の中から3車種をピックアップし、5年契約の場合の料金を調査しました(頭金やボーナス払いはなし)。

ハスラー(四駆 5ドア A 4人 660cc ガソリン)

・オリックスカーリース:月額26,244
・コスモスマートビークル:月額25.812

ジムニー(四駆 3ドア XG 4人乗り 660cc ガソリン)

・コスモスマートビークル:月額26.460
・定額ニコノリパック:月額23,544

N-BOX(四駆 5ドア G 4 660cc ガソリン)

・オリックスカーリース:月額30,348円(特選車価格)
・コスモスマートビークル:月額29.052

料金は2018年3月18日時点の情報です。料金は変更になる場合があります。

ここまで、四駆普通車と四駆軽自動車の月額料金をカーリース業者別に見てきました。料金を比較するとわかる通り、カーリース業者によって月額料金にはバラつきがあります。

業者を選ぶ際には複数から見積もりを取って料金を比較してみると良いでしょう。もちろん、料金だけではなく、サービスの内容を業者ごとによく調べることも大切です。

 

おすすめのカーリース業者と特徴

最後に、四駆車を扱っているおすすめのカーリース業者をご紹介します。先程の料金比較からもわかる通り、「コスモスマートビークル」と「定額ニコノリパック」はリーズナブルな月額料金を設定しているため、おすすめです。

コスモスマートビークル

「コスモスマートビークル」ではユーザーの希望に合わせてメンテナンスプラン、走行距離制限、契約期間、頭金やボーナス払いの有無を自由な組み合わせで設定することができます。

メンテナンスプランはサービスが充実している順に「ゴールドパック」「シルバーパック」「ホワイトパック」の3段階から選ぶことが可能です。

走行距離制限は1か月あたり「500km以内」「1,000km以内」「1,500km以内」から、リース期間は「36か月」「60か月」「84か月」から選ぶことができます。頭金は「なし」「10万円」「30万円」「50万円」から、ボーナス払いは「なし」「3万円」「5万円」から選択します。

ちなみに、先程ご紹介した料金例は、メンテナンスプランが「シルバーパック」で、走行距離制限が「1,000km以内」の場合のものです。

「シルバーパック」の場合、月々のカーリース料金には「車両代」や「登録諸費用」の他に「自動車取得税」「自動車税」「重量税」「自賠責保険料」「車検代」「法定点検費用」「定期点検費用」「オイル交換費用」が含まれます。

定額ニコノリパック

「定額ニコノリパック」の契約期間は基本的に5年間となります。走行距離制限は5年間で60,000kmです。カーリース契約者にガソリン代割引のサービスを実施しています。

月々の料金には「車両代」「登録諸費用」の他に「自動車取得税」「自動車税」「重量税」「車検代」「新車1カ月点検の費用」「新車6カ月点検の費用」「エンジンオイル交換費用(計9回)」「ウォッシャー液補充費用」「バッテリー液補充費用」「クーラント液補充費用」などが含まれます。

他にもたくさんのカーリース業者があります。是非、自分に合った業者を探して、利用するようにして下さい。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの利用を検討している人必見!毎月のガソリン代を節約してリーズナブルなカーライフを楽しむ方法とは

カーリースは、月々定額の料金でお得に車を利用できることから人気を集めていますが、カーリースの利用法次第では、毎月のガソリン代も節約できます。今回はガソリン代を節約しながらリーズナブルにカーライフを楽しむ方法をご紹介します!

カーリースの料金は月々いくら?契約期間や車種でも変動する料金をできるだけ抑えるにはどうする?

カーリースの料金は、月々いくらかかるのでしょうか。カーリースは割高になると思っている方もいるかもしれませんが、カーリースにもいろいろな料金設定があります。プランの選び方や車種、契約期間によって、カーリースの利用料金は大きく異なるのです。今回はカーリースの利用料金をなるべく抑えるための賢い方法をご紹介します。