カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで人気車種をリースしたい!待ち状況はどれくらい?気になる納期や今人気のリース車などを一挙にご紹介

人気車種の場合、購入してから納車までに時間がかかることがあります。カーリースでもそれは同じです。では、人気車種のカーリースの待ち状況はどれくらいでしょうか?

カーリース契約の一般的な流れとは?

まず、カーリースの一般的な利用の流れについて見てみましょう。

カーリースの契約手続きには、オンラインで手続きが完結する場合と、店舗に来店して手続きをする場合の2パターンがあります。

オンラインで手続きが完結するパターンの一例として、「オリックスカーリース」(オリックス自動車株式会社)の利用の流れを確認してみましょう。

オリックスカーリースの利用の流れ

1 希望車種の決定

リースする車種を決定します。ボディカラー、グレード、オプションなどを決定した上で、オンラインで見積もりを確認できます。

2 審査の申込み

オンラインで審査を申込みます。審査の結果は1~2営業日で出ます。

3 契約

審査が通った人には、オリックス自動車からメールで連絡があります。その後、電話で申込内容の確認があり、問題がなければオリックス自動車から契約書が送られてきますので、目を通してから署名・記入をして返信します。契約書が届き次第、オリックス自動車がディーラーに車を発注します。

4 車の登録・納車

ディーラーから、車庫証明等、登録に関する書類一式が送られてきます。車庫を準備して、住民票などの必要書類を揃えた上で郵送すると、ディーラーが車の登録手続きを済ませてから自宅まで納車してくれます。

続いて、店舗に出向いて契約手続きをするパターンの一例として、「カーコンカーリースもろコミ」(カーコンビニ倶楽部株式会社)の利用の流れを見てみましょう。

カーコンカーリースもろコミの利用の流れ

1 希望車種の決定

車種を選びます。契約プランごとの見積もりをオンラインで確認できます。

2 申込み

必要事項を入力して申込みます。カーコンカーリースもろコミのWEBサイト上に希望する車種が見つからない場合には、申込画面の下部の「備考欄」に希望する車種やグレード、オプションなどを入力することによって申込むことが可能です。申込み内容に基づいて審査が実施されます。なお、審査の結果は申込者本人のみに伝えられます。

3 契約

審査を通過した人には、最寄りのもろコミ販売店についての案内がありますので、そこに出向いて契約手続きをします。契約成立後、ディーラーから車を調達します。

4 車の登録・納車

車の登録手続き後、自宅まで納車してもらえます。

 

カーリースの契約をした場合、納期まではどれくらい?

カーリースの契約から納車まではどれくらいの時間がかかるのでしょうか?カーリース会社ごとの納車までの期間を下記にご紹介します。

・オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

契約手続きが完了してから、通常は1~2カ月程度で納車される。人気車や自動車メーカーの生産状況によっては、さらに時間がかかる場合がある。

・カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

契約手続きの完了後、通常は1~2カ月程度で納車される。人気車や自動車メーカーの生産状況によっては、それ以上かかる場合がある。

・定額ニコノリパック(株式会社MIC)

納車までに平均的に2カ月前後の時間がかかる。場合によっては、それ以上かかる車種もある。

以上の例を見ますと、契約から納車まではだいたい1~2カ月ほどかかり、人気車種ではもっと時間がかかる場合があることが予想できますね。

 

カーリースの納期は数か月かかることも…人気カーリースの待ち状況は?

人気車種のカーリースの待ち状況は具体的にどうなっているのでしょうか?

「コスモスマートビークル」(コスモ石油マーケティング株式会社)の公式サイトで、カーリースの待ち状況を調べてみました。いくつかの車種の待ち状況を例として、取り上げたいと思います。

・ニッサン デイズ:2.5カ月程度
・スズキ エブリイワゴン:2.5カ月程度
・ホンダ N-ONE:3ヶ月程度
・ニッサン ノート:2.5カ月程度
・トヨタ C-HR:2.5カ月程度
・トヨタ ノア:3カ月程度
・マツダ デミオ:4カ月程度
・トヨタ ハイエースバン:4.5カ月程度

このように、2カ月以上の待ち状況となっている車種があります。中には3カ月や4カ月以上の待ち状況になっている車種もあります。カーリースの車が早めに必要な場合には、十分に前もって検討・問い合わせ・見積もりをするのがおすすめです。

 

カーリース利用時は、待ち状況を加味して余裕をもって契約しよう!

車の必要時期が迫ってからカーリースの利用の手続きを始めると、焦って契約することになり、後になって「失敗した」と後悔することになりかねません。前述の通り、時間に余裕をもって手続きを始めるようにしましょう。

そして、カーリースする車種を慎重に選ぶようにしましょう。カーリースの契約は長期に及び、一度契約すると途中で車を乗り換えることは基本的にできませんから、車種選びは重要です。

ここで、車種を選ぶ際のポイントを参考までにご説明します。

・車の用途

当然のことですが、用途に合わせて車種を選ぶ必要があります。

・予算

カーリースの場合、リース料に各種税金や自賠責保険料、車検代などがコミコミとなっていますので、車をローンで購入する場合よりも予算の見通しは立てやすいです。それでも、リース料が予算の範囲内かどうかをよく確認することは大切なことです。

・駐車場におさまるか

駐車場に入らない大きさの車種を選んでしまったら大変です。駐車場が車全体を収容できない場合、後述の「車庫証明」を取得することもできなくなります。機械式駐車場を利用している場合は、車体の高さも必ず確認するようにしてください。

・納車までの待ち状況

車が必要になるタイミングに納車が間に合うかどうかの待ち状況を確認することも大切です。希望する車種の待ち状況によっては、早く納車してもらえる車種に変更することが必要かもしれません。

カーリースの利用の手続きを早めに開始したとしても、車の登録に必要な書類を準備できていないと、納車が遅くなってしまう場合があります。

例えば、車の登録には「車庫証明」(正式名称は「自動車保管場所証明書」)が必要になります。車庫証明を取得するためには、車庫(駐車場)を確保しなければなりません。

自宅の敷地内に駐車場がある場合や、すでに借りている駐車場がある場合を除いて、駐車場を探す必要があるのです。これに手間取っていると車庫証明の取得に時間がかかり、結果として納車の時期が遅れてしまうことがあります。

車庫証明の申請は管轄の警察署でできますが、申請には、申請書と駐車場の所在図・配置図、印紙代2,500円前後が必要です。借りている駐車場の場合は、貸主から「保管場所使用承諾証明書」を発行してもらい、提出しなければなりません。

ちなみに、車庫証明の申請は、カーリース会社や行政書士に代行してもらうこともできます(別途代行手数料が必要になります)。

カーリースの利用の手続きをする際には、必要書類をしっかり揃えてスムーズに手続きが進むようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースで中古車も選べる!中古車をリースする際の注意点と絶対知っておくべきこと3選

カーリースでは新車以外に中古車もリースすることができます。当然、新車をリースするよりもリース料金が安くて済みますが、あくまで中古のため新車とは多少異なる点がいくつかあります。メリット・デメリットや新車との比較、中古車をリースする際に押さえておきたいポイントについて解説をします。

カーリースで新車にお得に乗るにはどんなところに気をつければ良いの!?知らないと損するポイントも知っておこう!

「カーリースは新車にお得に乗ることができる」という話は聞いたことがある方も多いかも知れませんが、具体的にどのような点がお得なのでしょうか?リーズナブルに新車に乗るためのポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。