カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで利用した車を契約後に引き取りすることは可能?契約終了後のパターンをご紹介!

カーリースとマイカー購入の決定的な違いは、契約期間があるかどうかです。カーリースは契約期間があるため、期間満了後に車をどうするか決めなければなりません。今回は、カーリース契約終了後のパターンをいくつかご紹介します。

必ず理解しておきたい“残価設定(残存価格)”とは?

カーリースをするときにキーワードの1つとなる、残価設定もしくは残存価格という言葉。あなたもお聞きしたことがあるかもしれません。残価設定とは、カーリース契約をする前に、返却時の車の大まかな価格を決めておく事です。

例えば、あなたが300万円の車を7年契約でリースしたい場合、7年後にその車をカーリース会社に返却するときに、どれくらいの価値があるかをあらかじめ決めます。仮に、残価を半額の150万円に設定したとしましょう。

カーリース会社は150万円の価値がある車をあなたに返却してもらう権利があるので、返却時、本当にその価値があるかをチェックします。もし、返却した車の価値が150万円以下だと判断された場合、例えば130万円の価値しかないなら、差額の20万円を支払う必要があります。

反対に、契約時に定めておいた残価の150万円の価値があるとカーリース会社が判断した場合、あなたはその差額を清算する必要はありません。車の程度により、差額が発生するかどうかが決まるので、カーリースした車はキレイに、大切に乗らなければならないのです。

300万円の車の残価を150万円と設定した場合、残りの150万円はあなたが負担することになります。150万円を7年間、もしくは9年間かけて月割で支払います。以上が、オープンエンド型カーリース、つまり、残価設定をするカーリースの基本的なシステムです。

 

契約満了後に車を引き取りすることはできるの?

問題となるのは、カーリース期間満了後に車を引き取ることが可能か?ということです。

カーリースをした場合、多くの場合は車をカーリース会社に返却します。7年、9年間カーリースされてカーリース会社に戻ってきた車は、状態が良ければ中古車市場に売り出されることもあります。

カーリース会社に返却するのも1つの方法ですが、カーリースした車はそのまま引き取りすることもできます。カーリースした車を引き取りしたい場合は、あらかじめ設定していた残価をカーリース会社に支払わなければなりません。残価を清算してしまえば、後は名義変更を行い、自分の車として乗ることができます。

なお、カーリース会社によっては、車の引き取りができないこともあるので注意しましょう。

特に5年契約などの短いリース契約の場合は、カーリースした車を引き取りできないケースもあります。コスモスマートビークルのクローズドエンド契約「返却プラン」や、オリックスカーリースの5年契約「いまのりくん」などが、引き取りできないカーリース契約の例です。

カーリースした車を引き取りできる、代表的な例はカーコンカーリースもろコミです。7年契約のもろコミ7は、契約期間満了後に車を引き取りするか、別の車でリースを続けるか、もしくは返却するかを選べます。

カーコンカーリースもろコミの9年契約、もろコミ9も同じように、返却できるだけでなく、乗り換えもしくは引き取りができます。

日本人の考え方として「10年10万キロを過ぎた車は修理ばかりで管理が大変だ」という見方があります。10年を超えた車は価値も下がってしまうため、中古車としての価格も安くなります。

7年、9年と長い期間大切に乗れるのであれば、コストをかけて中古車市場に出すよりは、そのまま乗れなくなるまで乗ってしまったほうが良い、というのも納得がいきますよね?

カーリースの中には中古車をカーリースできるところもあります。

代表的な例として、「ニコリース」がありますが、短期の中古車リースで、1か月あたりの価格も安いのが特徴です。中古車のカーリースは、カーディーラーのオープンエンド型カーリースとは全く異なり、レンタカーに近いサービスと言えます。

カーリースには新車をリースできるタイプと中古車をリースするタイプの2種類あり、中古車のカーリースはレンタカーに近く、新車のカーリースはマイカーのローン購入に近いということを覚えておきましょう。

車についての十分な知識がないと、自分にはどんな車が合っているのか分からないことがあります。また、子供ができたり、高齢者の介護が必要になったりと、ライフスタイルが突然変化する事もあります。

カーリースでまずは7年、9年乗ってみて「リースした車がとても気に入っていて、まだ引き続き乗れそう」と思うのであれば、引き取りして、自分の車として乗り続ける事をおすすめします。

 

リース契約満了後に車を引き取りして自分のものにできるケースも!

リース期間満了後に車を引き取りした場合は、車検証の所有者と使用者の名前が完全に自分の名義となり、所有権が譲渡された事になります。カーリースした車を引き取りした後は、自賠責保険や車検など、車の管理を自分で行わなければなりません。

カーリースした車を引き取りしたいと考えている方なら、オリックスカーリースのいまのりセブンや、いまのりナインがおすすめです。特に、いまのりナインは月々の支払いを安くして長く乗りたいという方におすすめのプランです。

オリックスカーリースの「いまのりセブン」は、契約期間は7年間ですが、5年経過した時点で別の新車に乗り換えるか、そのまま返却するかを選択できます。もし残りの2年間乗り続けるとしても、7年経過した時点でもう一度乗り続けるか、乗り換えるか、もしくは返却するかを選べます。

いまのりセブンで7年間乗り続けた場合、契約満了後に車をそのまま引き取りできます。その際、国産の車なら車検が無料で受けられるというのもポイントです。車検の際は、重量税や自動車税、自賠責保険料やリサイクル料金は自己負担となります。

カーリース期間満了後に引き取りを考えておられるなら、カーコンカーリースもろコミのもろコミ7やもろコミ9といったプランもおすすめです。

残価設定が0円でカーリースでき、契約満了2年前に乗り換えか返却を選ぶこともできます。カーコンカーリースもろコミなら、頭金なしで新車に月々8,000円(税込)から乗れてしまいます。

 

カーリースを選ぶときは車の引き取りをしたいかどうかを決めておこう!

カーリースをする前に、契約満了後の事について事前に考えておきましょう。1台の車を長く乗りたいのであれば、契約満了後に返却するのか、引き取りするのか、それとも新しい車に乗り換えるのかを選択できます。

これらを決める場合には、カーリースした車をどのように使っていきたいのかが重要なポイントになります。契約をする前によく考えて、自分に合ったプランを選ぶことをおすすめします。

人気カーリースを見る

関連する記事

優良カーリース会社の特徴やサービス内容は?気になるポイントをご紹介!

カーリースは車を手に入れる方法として一般的になってきました。それと同時に多くのカーリース会社が展開しており、それぞれのカーリース会社ごとに特色や契約内容が異なります。上手にカーリースを活用するためには、優良なカーリース会社をしっかり選んで契約する必要があります。 どうすれば優良なカーリース会社を見分けることができるでしょうか。今回は、優良カーリース会社を探すポイントと、それを踏まえておすすめの優良カーリース会社を紹介します。

法人や個人事業主必見!カーリースの経費処理の方法とは?

いまでは、新しい車の買い方として個人向けのカーリースが定着しつつありますが、もともと、カーリースは法人向けのサービスとして利用されてきました。法人や個人事業主がカーリースを利用することのメリットは、その経理処理にあります。今回は、法人や個人事業主がカーリースを上手に利用するために、経理処理に関する基礎知識をまとめてみました。