カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで利用している車で事故に遭ったら?

車を長期間借りられることで人気のカーリースのサービスですが、カーリースしている車で事故に遭う可能性もありますよね。ではカーリースしている車で、もし事故に遭ったらどうすればよいのでしょうか?ここでは、カーリースの車で事故に起こしてしまった場合の対応についてまとめてみました。

カーリースで利用している車で事故に遭ってしまったらどうする?

事故が起きた時には、パニックに陥って正常な判断ができないかもしれませんので、事前に事故時の対応について把握しておくのは大切なことです。カーリースの車で事故をしてしまった対応の流れを携帯などにメモしておけば、なお安心ですね。

1 怪我した人を救助

交通事故が起きた時にまず行うべきなのは、怪我の確認と怪我人の救助です。人命が一番大事ですので、最初にこれをしなければなりません。特に交通量の多いポイントで事故が起きた場合には、後続車両に轢かれるなどのいわゆる二次災害が発生してしまう危険性が高くなります。

事故によって、自分を含めて誰がどのような怪我をしたのかを確認し、怪我人を安全な場所に誘導して119番に連絡し、救急車を呼びます。ここで注意したいのは、たとえ痛みがあまりなかったり、目立った外傷がなかったりしても、後から症状が出る場合もあるということです。ですから大怪我をした人がいないように見えても救急車を呼ぶべきでしょう。

2 警察に連絡

次に警察へと連絡を入れましょう。警察への連絡は交通事故が起きた場合の義務です。連絡は基本的には加害者側がおこないますが、どちらが加害者なのかが明確にわからない場合や、相手が加害者であるにも関わらず警察へ連絡したがらない場合は、自分で速やかに警察に連絡するようにしましょう。

3 事故状況を確認し記録

相手の氏名や住所、連絡先、保険会社名、車両ナンバー、勤務先などを聞き出してメモしておくことが重要です。また、事故現場を確認し、カメラで様子を撮影しておきます。また目撃者がいる場合は証言をメモして、氏名と連絡先を教えてもらいましょう。

4 保険会社に連絡

保険会社には早めに連絡すべきです。保険内容によって、事故時の初期対応も行ってくれる場合もあります。すぐに連絡することができるように、電話番号を携帯に登録するなどしておきましょう。

5 カーリース会社に連絡

カーリースで利用している車の所有権は、カーリース会社にあります。ですから、事故に遭ってしまったら車の所有者であるカーリース会社に報告しなければなりません。事故の規模や車両へのダメージの大きさに関わらず、事故後はカーリース会社に速やかに連絡するようにしましょう。

契約の内容にもよりますが、カーリース会社への事故報告を怠るのは義務違反となり、その後に契約上不利な立場に置かれる可能性が高いです。

以上が、カーリースの車で交通事故発生した際に、速やかに行うべきことです。1から4はどの車を運転している場合にも当てはまる点ですが、5はカーリースの車使用時の特有の事故対応となります。忘れずにおこなうようにしましょう。

次に事故が起きた時に絶対にやってはいけないことを記述します。

まず、過剰な謝罪は避けなければなりません。もちろん礼儀として謝罪をすることはできますが、パニックに陥って、自分に非がないことまで過度に謝罪してしまう人がいます。これがなぜ危険かというと、その様子を見て相手方が不当な要求をしたり、不都合な部分をうやむやにしたりしようとするかもしれないからです。

また、その場で示談は絶対にすべきではありません。その場では怪我の程度や車の損傷具合はまだわかりませんので、その場で行った示談の内容は大抵の場合、不当なものとなります。

そして、示談をした以上はそれが口約束や覚書きによるものだとしても有効とみなされてしまう可能性があります。ですから、相手がどんなに示談をすることを迫ってきたとしても、それは拒否するようにしましょう。

 

万一のカーリース車での事故に備えて任意保険に入っておこう

カーリースで車を利用する場合も、所有している車を利用する場合と同じように、任意保険に入っておくことをおすすめします。カーリースでは自賠責保険はサービスに含まれている場合も多いですが、事故が起きた時には自賠責保険だけではカバーし切れない部分も多いです。

ではカーリースを利用する場合に、どのように任意保険に加入することができるでしょうか。

カーリース契約には、リース料金に任意保険料が含まれていている種類のものがあります。この場合は自分で任意保険に加入する必要はありません。

一方でカーリース料金に任意保険が含まれておらず、利用者自身が任意保険に加入する必要がある場合もあります。この場合は、基本的には利用者が独自に保険会社を選択して加入することになります。

ただ、カーリースはやや特殊な側面がありますので、カーリースによく合った補償内容の保険を選ぶ必要があります。カーリース会社が専用の保険を用意してくれているならばそれを利用するのが一番安心かもしれません。

では、任意保険に加入しているとどんなメリットがあるのでしょうか?

それは自賠責保険では補償してもらえない部分を補ってもらえるということです。自賠責保険では、事故の「相手方の身体」に関する損害しか補償の対象となりませんので、「相手方の物」「自分の身体や物」が受けた損害はカバーされないのですが、任意保険に加入しておくならば補償してもらえます。

特にカーリースの場合は、車は自分の物ではなくカーリース会社の物ですから、事故を起こして自分が運転する車に損害が生じた場合は、必ず修理しなければなりません。もし放置するならば、契約終了時の清算で高額な追加請求をされかねません。ですから、任意保険で「車両保険」に入って修理に必要な費用を補償してもらえるようにしておくことは大切です。

また、カーリース期間中に車の全損事故を起こしてしまった場合にも、任意保険が非常に重要になってきます。車が全損になり走行不能になった場合は、リース車を継続して使用できないので強制的に解約となっていまいます。

そしてカーリース契約ではこのようなやむを得ない理由で中途解約になった場合も、違約金を支払わなければなりません。ですから、任意保険に加入して違約金もカバーされるような特約に入っておけば、保険金で違約金の大半の部分をカバーできるので安心なのです。

 

まとめ

今回は、カーリースで利用している車で事故に遭った場合の対処方法や、任意保険の重要性について考えてまいりました。

事故はいつどこで起きるかわかりません。自分がどんなに注意していても相手の不注意によって事故に巻き込まれる可能性があります。ですから、カーリース者の利用時に事故が発生した時にどう対応したらよいかをあらかじめ確認しておくことは大切ですし、事故に備えて保険に加入しておくのも重要です。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの平均価格は?人気の車種でリース料金を比較!

カーリースの利用を検討した際、初めに注目するのが月々の支払料金ではないでしょうか。 まとまった資金の用意なしにお手軽な料金で新車をマイカーのように使用できる点がカーリースの特徴ですが、支払料金だけに注目してカーリース会社やプランを決定してしまうと、もしかしたら後悔してしまうことになるかもしれません。 カーリース料金の価格の差には、各社のプランの違いが反映されているからです。メンテナンスが含まれているか、含められているとしてもどの程度までか、契約期間満了後に車はもらえるのかなど、様々な条件によってカーリース料金は違ってきます。 ここでは人気車種のカーリース料金の平均価格を比較して、その差を確認してみましょう。

カーリースで短期の契約はできる?一ヶ月から契約可能なプランを紹介!

最近注目を集めている車の利用方法でもある「カーリース」。このカーリースですが、基本的には3年から5年といった長期の契約を前提としたサービスとなっています。ここで気になるのは、短期のカーリース契約はできるのかということですよね。今回はカーリースで短期契約ができるかどうかという点や、一ヶ月から契約可能なプランをご紹介します。

法人や個人事業主必見!カーリースの経費処理の方法とは?

いまでは、新しい車の買い方として個人向けのカーリースが定着しつつありますが、もともと、カーリースは法人向けのサービスとして利用されてきました。法人や個人事業主がカーリースを利用することのメリットは、その経理処理にあります。今回は、法人や個人事業主がカーリースを上手に利用するために、経理処理に関する基礎知識をまとめてみました。