カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで利用する車は「わナンバー」なの?

カーリースについての質問でよくあるのが「カーリースの車はわナンバーなのか?」というものです。そもそも「わナンバー」とは何でしょうか。なぜ、カーリースの車には「わナンバー」が使われるのでしょうか?

そもそも「わナンバー」って何?

皆さんも、車のナンバープレートには必ずひらがな一文字が記載されていることをご存知だと思います。実はひらがな表記には意味があり、車の用途を表しています。

具体的には、ナンバープレートに記載されるひらがなは下記の分類に基づいて決められています。

普通自動車の場合

・事業用車:あいうえかきくけこを
・自家用車:さすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆらりるろ
・レンタカー:われ
・駐留軍人用車両:よ、アルファベットEHKMTY

軽自動車の場合

・事業用:りれ
・自家用:あいうえかきくけこさすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆよらるろ
・レンタカー:わ
・駐留軍人用車両:アルファベットAB

「わナンバー」とは、ひらがなの部分に「わ」が記載されているナンバープレートのことです。上記の区別を見ると分かる通り、「わナンバー」はその車が「レンタカー」であることを示します。

ナンバーの見た目ですぐレンタカーであることが分かることから、「わナンバー」はレンタカーの乗り逃げ防止に役立っています。

また、「レンタカーはその車に乗り慣れていない人が運転しているので危険だ」という意味の「レンタカーを見かけたら近づかないようにしたほうが無難である」という言葉があります。見た目でレンタカーと分からなければ、この言葉に従うことはできません。「わナンバー」のおかげでこの言葉は意味を成している訳です。

「わナンバー」を付けるのはレンタカーだけではありません。カーシェアリングの車も「わナンバー」です。カーシェアリングは、同じ車を複数の人に貸し出すという点でレンタカーと似ていますので、「わナンバー」を使うことになっています。

ちなみに、普通自動車のレンタカーナンバーのひらがなには「わ」の他に「れ」もありますが、「れナンバー」は沖縄県でのみ使用されています。沖縄県のレンタカーが多くなりすぎて「わナンバー」がほとんど埋まってしまい、「れナンバー」も使用するようになったと言われています。

 

カーリースで利用する車は「わナンバー」?

では、カーリースの車は「わナンバー」なのでしょうか?カーリースも車を借りるという点でレンタカーと共通していますので、「わナンバー」になりそうな気もしますよね。

しかし、カーリースの車には「わナンバー」を使用しません。確かにカーリースも車を借りるサービスですが、レンタカーのように同じ車を不特定多数の人が利用することはないからです。

特定の契約者が、同じ車を同一人物に長期間にわたって継続して利用するのがカーリースです。ですから、カーリースの契約者はリース車をマイカーのような感覚で利用することになります。

実際、車検証の所有者の名義はカーリース会社であるものの、使用者の名義はカーリースの契約者の氏名となります。さらに、車庫証明なども契約者が自分で取得することになります。

このように、カーリースはレンタカーのサービスとは似て非なるものですので、カーリースの車は「わナンバー」とはなりません。

「わナンバー」ではないのはカーリースのメリットと言えます。所有している車をステータスシンボルと捉える風潮は昔よりも弱くなっているものの、「わナンバー」を運転するのを恥ずかしいと感じる人は今でもたくさんいます。

そうした人にとって、カーリースの車が「わナンバー」ではないのは、うれしいポイントになるでしょう。また、取引先との信頼関係を大事にする法人や個人事業主にとってもメリットと言えるでしょう。

 

「わナンバー」を使用しなくても良いこと以外のカーリースのメリットとは?

「わナンバー」を使用しなくても良いことがカーリースの1つのメリットであることが分かりました。そして、カーリースには他にもたくさんのメリットがあります。ここでは、カーリースのメリットをご紹介します。

出費が安定する

カーリースの月々の料金は基本的に契約開始から終了まで変わることはありません。定額を継続して払っていくことになります。

そして、リース料金には「車両価格」だけではなく「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検費用」「整備点検費用」「オイル交換費用」「消耗部品交換費用」などが含まれています。

※カーリース会社や契約プランによってリース料金の内訳は異なります。

ですから、毎月のリース料金を支払ってさえいれば、車に関して発生する費用は「ガソリン代」「駐車場代」くらいです。出費が安定し、家計のやり繰りがしやすくなると言えるでしょう。

料金がお手頃

毎月のリース料金は「車両価格」から「契約終了時の車両の予想価格(残価)」を差し引いた金額に、上記で取り上げた諸々の費用を加えて算出されます。

つまり、カーリースの契約者は「車両価格」を全額負担する必要はないということです。「残価」があらかじめ差し引かれますから、ローンで購入するよりも支払い額を安く抑えることができます。

車の維持管理が楽

カーリースの場合、車の維持管理の大部分をカーリース会社にお任せすることができます。税金の支払い、車検手続き、メンテナンスなどをカーリース会社が行なってくれるのです。車の維持管理をするのを負担に感じる人にとって、これは大きなメリットであると言えます。

全メーカー・全車種から車を選べる

レンタカーの場合、在庫の中から車を選ぶことになります。一方で、カーリースの場合はリース契約が成立してからディーラーに車を発注しますので、車種の選択肢がたくさんあります。

実際、国産であれば全メーカー・全車種に対応しているカーリース会社は多くあります。また、購入の場合と同じように、メーカーオプションやディーラーオプションも付けることができます。

車やオプションを自由に選べますので、楽しいカーライフを送ることができるでしょう。

車の乗り換えが楽

カーリースでは、契約期間が終了した時に、新たに別の車でリース契約を結ぶことができます。契約期間ごとに車を乗り換えるチャンスが与えられますので、色々な車を楽しみたいという人にとっては魅力的なサービスと言えるでしょう。

また、契約を延長したり、車を買い取ったりして同じ車に乗り続けることも可能です。リースした車を気に入った場合には、車を返却しなくてもいい場合があります。

※カーリース会社や契約プランによって、契約の延長や車の買い取りができない場合があります。

 

ここでは、カーリースのメリットについて見てきました。カーリースには「わナンバー」ではないこと以外にも、たくさんのメリットがあることが分かりましたね。車をお探しでしたら、カーリースの利用も1つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

オフロードを楽しむ!カーリースでジープをお得に手に入れる方法とは?

「どんな悪路も進めるオフロード仕様の機能と力強さがかっこいい!」と男女問わずファンが多く、たくさんの人たちを魅了している「ジープ」。そのジープをお得に手に入れる方法が、ジープを「カーリース」することです。どうしてカーリースだと手に入れやすいのか、その理由と、多くの人が愛してやまないジープの魅力についてみてみましょう。

カーリースの契約期間って通常どれくらい?長期の場合は得する?仕組みを徹底解説!

レンタカーの場合、レンタル期間が長くても1〜2週間という事が多いですが、カーリースは通常どれくらいなのでしょうか?今回は、カーリースの契約期間について、長ければ長いほどお得なのかどうかなど、長期カーリースについての細かな点までしっかりご説明します。