カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで利用中の車が汚れてしまった!追加料金は発生するの?

カーリースの契約は3年、5年、7年などの長期に及びますので、リース期間中に車が汚れてしまうこともあるでしょう。では、その場合、追加で料金を請求されてしまうことはあるのでしょうか?

リースしている車はカーリース会社の所有物

カーリースは、ユーザーが希望する車をカーリース会社がディーラーから調達して貸し出すサービスです。

ですから、リース車の「所有者」はカーリース会社で、車検証にもそのように記載されます。カーリースのユーザーは車の「所有者」ではなく、車の「使用者」という扱いになります。

リース車がカーリース会社の所有物であることは、ユーザーが車を好き勝手には使用できないことを意味します。例えば、走行距離に制限が設定されます。また、無断で改造したりカスタマイズしたりすることは原則としてできませんし、もし改造などをした場合には、返却する前に原状回復する必要があります。

さらに、車両価値を損なうようなダメージを生じさせないようにする義務もあります。カーリースの契約は長期に及びますので、リース車をまるでマイカーのような感覚で楽しむことができるのですが、使用には一定の制限があるのです。

 

カーリースでは一般的な汚れなら問題ないとの見解もあり

先ほど見た通り、リース車は返却前に原状回復しなければなりませんし、車両価値を損なうような乱暴な扱いはしてはなりません。

これは、車が汚れてしまった場合にその汚れを完全に除いてから返却しなければならない、もしくは、車が汚れたら自動的に車両価値を損なったと判断されてしまうことを意味するのでしょうか?

基本的に言って、一般的な使用で生じる汚れ、例えば、食べこぼしや飲みこぼしなどで生じる多少の汚れについては特に問題にはなりません。ひどい汚れでなければ、そのまま返却しても大丈夫でしょう。

カーリース会社の所有物であるリース車は大切に扱うべきですが、汚れについて過度に神経質になる必要はありません。何年も車を使用すれば、多少なりとも汚れが生じるもので、カーリース会社もその点は理解しています。

 

カーリースの汚れ次第では返還時の査定に影響が出る場合も

カーリースでは、一般的に残価設定があります。つまり、契約満了時の車の予想価値(残価)を予測してあらかじめ車両価格から差し引いてリース料を決めます。

残価設定がある場合、契約満了時に返還車両の査定が実施され、査定額と契約時に設定した残価との差額精算をすることになります。査定額が残価を下回った場合には不足分を請求され、上回った場合にはキャッシュバックを受けられます。

例えば、残価が80万円と設定された車の返還時の査定額(売却額)が60万円だったとすると、差額の20万円に手数料を足した金額を請求されることになります。他方、査定額(売却額)が110万円だった場合には差額の10万円から手数料を引いた金額をキャッシュバックしてもらえます。

このように、カーリースでは契約満了時に残価精算があるため、車の価値が下がらないように大切に車を扱う必要があります。この点で、車の汚れは返還車両の査定額に影響してしまう可能性があります。

前の項目で、一般的な汚れであれば問題はないことについてご説明しましたが、「一般的な汚れ」と一口に言っても、カーリース会社によってどの程度の汚れまでを許容するのかについては基準が異なるでしょう。

つまり、汚れの程度とカーリース会社の査定基準によっては、返還車両の査定に影響し、査定額が残価に届かずに請求が発生してしまう場合があるのです。前述の通り、車の汚れについて過度に神経質になる必要はないものの、汚れについては決して無頓着であってはならないのです。

 

カーコンカーリースもろコミなら残価設定なしだから汚れも安心!契約終了後は車がもらえる

 中には、車の汚れについて心配することなく利用できるカーリースサービスも存在します。カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)はその中の1つです。

カーコンカーリースもろコミは、個人向けのカーリースとしては珍しく「残価設定なし」のカーリースとなっており、契約満了時に車をそのままもらうことができます。残価設定が0円で、最後に車が自分の所有物になるわけですから、契約満了時の残価精算の必要はありません。

そのため、車の損耗状況によって、また車の汚れの状態によって料金を請求されたりする心配もないのです。車の汚れについてあれこれ心配するのが面倒な方にぴったりのカーリースサービスと言えるでしょう。

もちろん、車をもらわずに返却したり新車に乗り換えたりすることも可能です。しかも、契約満了を待たずしてそれができます。

7年契約の「もろコミ7」の場合は契約から5年経過後、9年契約の「もろコミ9」の場合は契約から7年経過後に原則解約金なしで車の返却や乗り換えができるようになるのです。

多くのカーリースサービスでは、中途解約が原則としてできないため、リースが一旦スタートすると契約満了まで同じ車を利用し続けなければなりませんが、カーコンカーリースもろコミはこの不便さを軽減してくれているのです。

※返却車両の損耗状況によっては請求が発生する場合があります。

カーコンカーリースもろコミの月々定額のリース料には車両代、自動車取得税、登録諸費用、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検基本料がコミコミとなっています。それでいてリース料は月々税込8,000円からと非常にリーズナブルです。頭金も不要です。

カーコンカーリースもろコミは、オプションも充実させており、「カーアクセサリーセット」と「メンテナンスパック」を利用できます。

カーアクセサリーセットは月々税込2,160円で利用できます。セットの具体的内容は以下の通りです。

※もろコミ9ともろコミ7ではセット構成が異なります。

 

・カーナビ(もろコミ7、もろコミ9)

・バックアイカメラ(もろコミ9)

・ETC(もろコミ7、もろコミ9)

・フロアマット(もろコミ7、もろコミ9)

・バイザー(もろコミ7、もろコミ9)

 

メンテナンスパックは月々税込2,700円で付けることが可能です。パックの具体的な内容は下記の通りです。

※メンテナンスパックは軽自動車のみ、適用可能です(特選車を除く)。

※もろコミ9ともろコミ7ではメンテナンス回数が異なります。

 

・タイヤ4本セット(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)

・エンジンオイル交換(もろコミ7は6回、もろコミ9は8回)

・オイルエレメント交換(もろコミ7は6回、もろコミ9は8回)

・オートマチックオイル交換(もろコミ7は1回、もろコミ9は2回)

・ブレーキオイル交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)

・ブレーキパッド交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)

・Vベルト交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)

・LLC交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)

・点火プラグ交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)

・ワイパーゴム交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)

 

車の汚れについて心配したくない方は、ここでご紹介したカーコンカーリースもろコミなどの残価精算がないサービスを利用するとよいでしょう。

ただ、どのカーリースサービスを利用するとしても、リース車は大切にきれいに扱うことを心がけるべきです。乱暴に、粗末に扱うことにメリットは何もないので、その点は留意しておくと良いでしょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

リース車がへこんでしまったらどうする!?リース車に傷やへこみが生じたときの対応法と注意点

「リース車をぶつけて、へこませてしまった…!」車の運転をしていると、こういった予期せぬ事態に遭遇することは多々あります。もし、リース車をぶつけて傷つけてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?カーリースを使用する上で知っておきたいポイントとともに解説します。

車検はいつからいつまで受けられるの?見積もりから当日の流れまで詳しく解説

車を持っていると必ずやってくるものが「車検」です。何年かごとに受けるのは知っていても、いつまでなのかはあやふやかもしれません。しかし、車検をいつまでに受けるのか、手続きをしっかり知っておくことは大切です。いつのまにか有効期限が迫っていて満了日を過ぎてしまうと面倒なことになってしまいます。 車検をいつまでに受ければいいのでしょうか。この機会に、車検の手続きはどのような流れで行われるのか、しっかり把握しておきましょう。

安い車検サービスを提供している会社はなぜ他社より安くできる?トラブルの心配は?

車検には多額の費用がかかります。そのため、安い車検サービスの利用を考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、「安いからには何か問題があるのではないか?」と心配されている方も少なくないはずです。そこで、今回の記事では、安い車検サービス提供会社がどうやって料金を安くしているのかについて解説します。

カーリースした車がリコール対象車になったらどうする?知っておきたい車のリコールについて

カーリースした車が、万が一リコールやサービスキャンペーンの対象になったら、どうすれば良いのでしょうか?今回は、リコールとはそもそも何か、どうすれば自分の車がリコール対象になっているかを知ることができるのかなどを含め、その対処方法について詳しく説明します。