カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで実現する理想的なカーライフ!カーリース会社選びの重要なポイント

月々の定額料金で利用できるサブスクリプションサービスへの対応がさまざまな分野で推し進められサブスクサービスの人気が高まりつつあるなかで、希望する車両の新車を定額料金で使用できるカーリースが注目を集めています。 しかし車のサブスクサービスと言えるカーリースで理想的カーライフを実現するのには、「どのカーリース会社とカーリース契約を結ぶか?」が非常に重要ですので上手なカーリース会社選びの参考になるカーリースのシステムやおすすめのカーリース会社などを紹介します。

利用者の希望車種をカーリース会社が代理購入するカーリースサービスとは?

利用者が希望する車種やグレード、ボディカラーやオプション装備を搭載した車両とリース車両の使用権を利用者に貸与するサービスがカーリースです。

レンタカーと混同されがちですが不特定多数の利用者に保有車両を貸し出すレンタカーに対して、カーリース会社が代理購入した専用車両を利用者に貸し出すのがカーリースですので基本的なサービス内容が大きく異なると言えます。

カーリースは利用者と数年単位の契約を結ぶことで希望車両の代理購入を行いますが、カーリース契約にはファイナンスリースとメンテナンスリースの二種類の契約プランが存在し、契約を結ぶカーリース会社がどちらの契約プランでカーリースサービスを提供しているかは非常に重要なポイントとなります。

リース費用を抑えたカーリースプランのファイナンスリース

車両本体価格や登録費用などの車両調達費用と自動車諸税や自賠責保険料など最低限の車両維持費用をカーリース会社が負担することで、月々の定額料金を抑える契約がファイナンスリースです。

月々の定額料金は抑えられますが法定点検や車検費用などを利用者が直接負担する必要があり、カーリース最大のメリットである車両コストの均一化が困難である側面のある契約プランだと言えます。

維持費用を抑えられるカーリースプランのメンテナンスリース

ファイナンスリースでカーリース会社が負担する車両維持費用に加えて法定点検や車検基本料、一般整備や油脂類など消耗品交換費用などもカーリース会社がケアする契約プランがメンテナンスリースです。

法定点検や車検スケジュールなどもカーリース会社が管理してくれるため、利用者は月々の定額料金と駐車料代、燃料や有料道路使用料などの負担だけで希望する車両が使用できる理想的なサブスクサービスだと言えます。

月額料金を抑えるため多くのカーリース会社は残価設定を行っている

車両調達の際に最も経済的負担のウェイトが大きいのが車両価格ですが、カーリース会社は契約を満了したリース車両の資産価値をあらかじめ算出し車両価格から差し引く残価設定を行うことでリーズナブルな月額料金を実現しています。

綺麗に使用することで契約満了時の査定額が残価設定を上回る場合は差額が返却されますが、事故を起こしたり原状回復が困難な改造が行われた場合は査定額が残価設定を下回るため違約金や追加料金が請求されるので注意が必要です。

また走行距離が伸びると共に車両の資産価値が低下するため、カーリース会社はリース車両に走行距離制限を行うのが一般的です。距離制限を超過すると契約満了時に追加料金が発生します。

ただし、中にはカーコンカーリースもろコミのように残価設定を行っていないカーリース会社も存在します。

 

カーリースとローンでの購入ではどちらがお得なカーライフを実現できる?

新たなカーライフをスタートさせる際はできるだけお得に理想的なカーライフを実現したいものですが、「カーリースとローンでの購入ではどちらがよりお得であるのか判断が難しい」と感じる方が少なくないようです。

カーリースがレンタカーと異なることは既に紹介したとおりですが、実はカーリースはローンでの車両購入と非常に似た側面を持つサービスであるのも事実ですのでカーリースとローンでの車両購入の類似点と相違点を紹介します。

カーリースもローンでの購入も利用者は車両使用権で車両を利用する

利用者の希望する車両をカーリース会社が代理購入して専用車用を長期契約で貸し出すカーリースでは、車両とリース車両の使用権を利用者に貸与するため車検証の使用者欄には利用者の名義が記載されます。

ローンで購入した車両の場合もローン返済中は車両の所有権はローン会社に帰属し利用者の名義は使用者の欄に記載されますので、リース車両もローン返済中の車両も利用者は使用者として車両を使用する点が類似点だと言えます。

カーリースとローンでの購入との最大の違い

既述のとおりカーリースとローンでの購入の類似点は使用権で車両を使用する点は、

最大の相違点はカーリース会社とローン会社との契約期間が満了した際の車両所有権の帰属先

だと言えます。

カーリース会社はリーズナブルな月額料金実現のために残価設定を行うため、契約期間満了時に車両をカーリース会社に返却する必要がありますが、ローンでの購入は借り入れた車両購入費用を完済すれば車両の所有権は利用者に譲渡されます。

カーリースは車両と使用権の貸し出しを行うサービスで、ローンは車両購入資金の貸し出しを行うサービスである点が、契約満了時の車両所有権の帰属先の違いに繋がります。

カーリース契約満了時に車両返却を求めないカーリース会社も存在する

リーズナブルな月額料金を実現するために通常カーリース会社は残価設定を行い車両価格から契約満了時の車両に残された資産価値を差し引くため、契約満了時には車両をカーリース会社に返却する必要があります。

その一方、「カーコンカーリースもろコミ」を提供するカーコンビニ倶楽部など一部のカーリースでは残価設定を行わずにリーズナブルな月額料金を実現していて、契約満了時には使用車両の所有権が利用者に譲渡されリース車両がプレゼントされるカーリースサービスも存在します。

 

国内で提供される代表的なカーリースサービスは?

カーリースは法人向けサービスとして1960年代にスタートしたサービスで、個人向けカーリースは1990年代から提供が始まり多くのカーリース会社の参入と共に提供されるサービス内容の多様化が進みました。

自動車メーカーや総合リース企業、石油元売りなどカーリースサービスを提供するカーリース会社も多種多様ですが、人気の高い代表的なカーリースサービスを提供する3社を紹介します。

コスモスマートビークル

石油元売りとして国内各地でサービスステーションを展開するコスモ石油がサービスステーションを発信源として提供するカーリースサービスが「コスモスマートビーグル」です。

コスモスマートビークルを提供するサービスステーションにはカーライフコンシェルジュと呼ばれる自動車のプロが待機してして、「車には詳しくない」という方へのサポートを行っています。

コスモスマートビークルはホワイト、シルバー、ゴールドの3つのメンテナンスパックで構成されていますが、利用者の直接負担が少ないメンテナンスリース契約はシルバー、ゴールドの2つでホワイトパックはファイナンスリースだと言えます。

石油元売りがカーリース会社として提供するカーリースサービスだけに、コスモスマートビーグルの契約者は割引価格でお得に燃料を購入できる点が高く評価されているカーリースサービスです。

オリックスカーリース

不動産や金融事業と共にプロ野球球団の経営も行う大手総合リーズ企業のオリックスグループのオリックス自動車はレンタカーサービスの提供と共にオリックスカーリースのチャンネルでカーリースサービスも提供しています。

オリックスカーリースでは5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」の3つのカーリースプランを提供していて各プラン共に基本的に維持費用の直接負担がないメンテナンスリースで提供されています。

通常契約期間中はリース車両の返却や乗り換えが行えないのがカーリース契約ですが、いまのりくんは契約から2年、いまのりセブンは契約から5年、いまのりナインは契約から7年が経過すれば車両返却や乗り換えを自由に行えるのが魅力です。

またオリックスカーリースを提供するオリックス自動車は残価設定を行わずにリース車両の月額料金を算定しているため、契約期間満了時に使用している愛車をカーリース会社に返却する必要がない点でもオリックスカーリースが高く評価されています。

カーコンカーリースもろコミ

自動車板金修理や自動車整備、車検サービスを全国各地で提供するカーコンビニ倶楽部のカーリースサービスが「カーコンカーリースもろコミ」で、7年契約の「もろコミ7」、9年契約の「もろコミ9」の2つのカーリースプランを選べます。

国内メーカーの全車種、全グレードに対応している点や残価設定を行わず契約期間満了時にリース車両がプレゼントされる点などで高く評価され、現在最もおすすめできるカーリースサービスを提供しているカーリース会社だと言えるでしょう。

また7年契約の「もろコミ7」は契約から5年、9年契約の「もろコミ9」は契約から7年が経過すれば自由にリース車両の返却や乗り換えが行えるので、ライフステージと主に変化するカーライフにも対応することができるのが魅力です。

 

魅力的なカーリースプランを提供するカーリース会社を選んでお得なカーライフ実現を

頭金0円で希望する新車を使用できるカーリースの存在で、カーライフをスタートさせるハードルが大きく引き下がりましたが、基本的に契約期間中の返却や乗り換えが認められない点や契約期間満了時の残価設定をクリアするために使用制限があるのも事実です。

その一方で、頭金0円や維持費の直接負担が必要ないカーリースのメリットを残しながら契約期間中の車両返却や乗り換え、残価設定を行わず契約満了時にリース車両がプレゼントされるなどカーリースの新しい形を提案するカーリース会社も存在します。

特にカーコンカーリースもろコミは、カーリースのデメリットと言われる部分の多くをカバーした内容となっていますのでおすすめです。

ご自身のライフスタイル、予算などを踏まえて、自分に合ったカーリース会社を慎重に選びましょう。

関連する記事

カーリースのリース料に含まれる税金とは?自動車税から重量税・取得税まで解説

車を維持するには、自動車税や自動車重量税といった「税金」を納めていかなければなりません。カーリースのリース料に含まれる税金には、どんな種類があるのでしょうか?この記事では自動車税をはじめとする各種税金の基礎知識と、税金が含まれてお得なカーリース、カーコンカーリースもろコミを紹介します。

カーリースの利用を検討している人必見!毎月のガソリン代を節約してリーズナブルなカーライフを楽しむ方法とは

カーリースは、月々定額の料金でお得に車を利用できることから人気を集めていますが、カーリースの利用法次第では、毎月のガソリン代も節約できます。今回はガソリン代を節約しながらリーズナブルにカーライフを楽しむ方法をご紹介します!

カーリースの残価精算とはどんな仕組み?メリットやデメリットを解説!

新しいマイカーの導入方法として、近年浸透しつつあるカーリースですが、一般的な個人向けカーリースと残価は切っても切り離せない関係にあります。 カーリース会社によっては「残価清算なし」を宣伝文句に掲げているところもありますが、そもそも残価とは何なのか、残価清算とはどんな仕組みなのでしょうか。ここでは、残価設定のあるカーリース契約の場合のメリット、デメリットとともに徹底解説します。