カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで憧れのアルファードに乗ろう!おすすめのカーリース会社もご紹介

多くの人が「いつかは乗ってみたい憧れの車」というものを持っています。そんな憧れの車の1つがアルファードです。芸能人でも多くの愛用者がいるほど、たくさんの人からかっこいい!と支持を受けています。 しかしながら金銭的に手を出せないという方も多いです。今回は、なかなか手を出せない憧れの車に乗る1つの方法である「カーリース」の利用メリットや、アルファードの魅力に迫ります。憧れのアルファードを乗ることのできるカーリース会社も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

アルファードはどんな車?気になるメリットとは

アルファードはトヨタが出している最高位クラスの高級ミニバンで、重厚感と高級感のあるデザインが特徴です。大きくて迫力のある車が好きだけど、SUVのようなワイルドさはいらないという人にはぴったりの車です。

独身者から既婚者、ファミリーなど幅広い層でアルファードは支持される理由は何でしょうか。

アルファードのメリットを3つあげてみましょう。

高級感

アルファードが高級クラスの車であることも、実際高価であることも知られています。そのアルフォードを持っているということは一種のステイタスになり、デザインから溢れ出る高級感だけでなく、内装やシートにもラグジュアリーさを感じられます。

室内スペースが快適

大きいボディからわかるように、車内は広くゆったりした空間になっています。助手席はスライドさせて足元を広くし、オットマン付きでくつろぐことができます。まるで家にいるのと同じような感覚でシートに座ってドライブを楽しめるのです。スライドドアや運転席の位置調整も電動で機能性にも優れています。

走行、燃費機能

トヨタなのでもちろん走行性が高いことがうかがえますが、高級車だけあって、特に力を入れています。足回りの性能が良くミニバンであっても、揺れが少なくなるよう設計されており、安定した乗り心地を提供します。

燃費が良いとは言えませんが、ハイブリット仕様も出ているので燃費を抑えることも可能です。ハイブリット仕様にすれば、ノーマル車より60パーセントの燃料費をカットできます。

人気が高く価値が下がりにくい

アルファードは憧れの車として人気のため、価値が安定しています。中古車でも需要が高いため、どのグレードであっても売りに出しやすいです。思った以上に高値が付くこともあり得ます。

 

アルファードにはどのようなデメリットがある?

こう見るとアルファードは完璧な車に思えます。しかしニーズによってはデメリットとなる部分もあります。どんな弱点があるでしょうか。

小さな子供には乗り降りがしづらい

ファミリー層にも人気の車ですが、ファミリー用に設計されているわけではありません。車体が大きい分、小さな子供が自分で乗り降りするには高さを感じるかもしれません。

車体が大きい

車体の大きさは運転手にとってはデメリットになり得ます。3列シートなので、やはりボディに長さがあります。ミニバンの運転に慣れていない人は特に、左折時の内輪差に気を付けなければいけません。また住宅地や駐車場前の道が狭いと運転テクニックが必要になります。細い道でのすれ違いも、普通サイズの車より緊張感が走ります。

値段

アルファードは高級車クラスなだけあって高価です。ローンを組んだとしても、頭金がそれなりに必要になります。排気量や重量が大きいため、自動車税や重量税もコンパクトカーより高く維持費もかかります。

 

アルファードはカーリースでも人気!その理由とは?

車を分割払いするためにはローンを組む以外に、カーリースという方法があります。これまで、カーリースは法人利用がメインで、個人ではあまり活用されていませんでした。しかし近年では、個人でもカーリースで車を手に入れることにメリットが多いとカーリースの利用者は増えてきています。アルファードのような憧れの高級車に乗る人にもカーリースは人気です。

カーリースを利用することの第一のメリットは「初期費用が必要ないこと」です。新車を購入するときにはまとまったお金が必要になります。ローンで毎月少しずつ払うにしても、最初に頭金を払わなければいけません。しかし、ほとんどのカーリースは頭金0円で契約を開始できます。最初の月から決められたリース料金を支払うだけでいいのです。

また、カーリースの料金を決める時は、まず契約満了時の車の市場価値を予想残存価値として算出します。そして、車の価格から予想残存価値を引いた額をリース料金として月割で払っていきます。つまり、リース契約期間が5年であれば、5年分だけの車体代金を支払う形になります。

アルフォードを手に入れるための一番の壁は価格です。しかし、カーリースであればアルファードの代金を丸ごと払う必要はありません。リース契約の乗る分だけの料金を払えばいいのです。しかも、初期費用がかからず、毎月一定の支払いでアルファードに乗ることができます。カーリースであればアルファードに手が出しやすくなるのは、この理由があります。

カーリースは各種税金や自賠責保険、車検、点検代などがリース料金に組み込まれています。アルファードを持つための維持費も毎月のリース料金に含まれているということです。毎月一定の金額を払うので車の支払いと維持費にどれくらいかかるのか管理しやすくなります。さらに、税金や保険の面倒な手続きもお任せできるので、車を気軽に持つことが出来るのもカーリースの人気の理由です。

 

アルファードの取り扱いがあるおすすめのカーリース会社

憧れのアルファードを取り扱っている3つのカーリース会社とそれぞれの特徴を紹介します。

カーコンカーリースもろコミ

プランは9年契約の「もろコミ9」と7年契約の「もろコミ7」から選べます。どちらも契約満了の2年前から乗り換えや返却ができます。

残価設定なしでリース契約満了後は車を手に入れられます。車の損傷や走行距離によって残価との差額が生じないクローズドエンド形式です。リース料金には本体価格、自動車取得税、自動車税、登録諸費用、重量税、自賠責保険が含まれています。

消耗品の交換や補充がセットになったメンテナンスパックや、カーナビやバックアイカメラなどのカーアクセサリーセットを付けることができます。

※メンテナンスパックは軽自動車のみ適用となります(ただし、特選車を除く)。

コスモスマートビークル

コスモ石油が運営するカーリースなので、指定カードでの給油時にガソリンの割引サービスが付いています。自分に必要なメンテナンスオプションや契約期間、走行距離、頭金の有無、ボーナス払いの有無を設定してカーリースプランを組み立てます。

例えばメンテナンスのオプションではリース代金に加えて諸費用や車検や消耗品の整備をどの程度含めるのか3種類から選ぶことができます。本当に自分に必要なものだけをライフスタイルや予算に合わせて組み込めるので、自分に合ったカーリースプランを作れます。

オリックス自動車

同じ車をどれくらい乗り続けたいのかに合わせて契約プランを選択できるようになっています。5年契約の「いまのりくん」は契約から2年たつと乗り換え、返却ができ、契約満了後は車を返却します。7年契約の「いまのりくんセブン」、9年契約の「いまのりくんナイン」は契約満了2年前から乗り換え、返却ができ、満了後は車を自分のものにできます。

憧れの車に乗りたいけど使い勝手が合うか心配、という場合でも早期返却ができるプランなら安心です。
人気カーリースを見る

関連する記事

個人カーリースの使い道はいろいろ!カーリースした車で通勤したい人がおさえておきたいポイントや注意点とは?

単身赴任で住まいから離れている場合や、急に車が必要になった場合など、通勤でもカーリースがお得で便利な場合があります。今回は、カーリースした車で通勤したいと考えている方に、知っておいてほしいポイントと注意点をご紹介します。

カーリースの車には走行距離制限がある?カーリースのルールについて知っておこう

まとまった初期費用が必要なく、お手軽な月額料金のみで好きな新車が自由に選べて、マイカーのように使用できるカーリースが人気を集めています。しかしながら、カーリースには走行距離の制限がつきものです。ここでは、カーリースの車の走行距離制限について、徹底的にご説明します。

新型スズキジムニーの全カラーはこれだ!人気カラーもご紹介

ジムニーと言えば本格的なクロカン軽自動車、どちらかというと玄人好みの車種でしたが、20年ぶりにフルモデルチェンジをした新型ジムニーの人気が爆発的に上昇しています。新しいファンを取り込むことに成功した新型ジムニーは豊富なカラーのラインアップも魅力的です。ここでは新型ジムニーの全13カラーと、その中から人気のカラーを紹介します。

カーリースを利用する場合、保険料はどうなるの?カーリース料金の内訳や保険の種類について解説!

車を利用する上で欠かせないのは保険です。万が一の備えとして、ほとんどの人が自賠責保険だけではなく、任意保険にも加入しています。では、カーリースを利用する場合、保険料はどうなるのでしょうか。カーリース料金に、保険料は含まれているのでしょうか?