カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで知っておきたい基礎知識!返却時に傷がある場合の対処法について解説

車に乗っていると、知らないうちに傷がついていたりすることがあります。マイカーの場合はそのまま放置したり、自分で修理したり、行きつけの修理工場に持ち込んだりとその対応も自由ですが、カーリースの場合はどうすればいいのでしょうか。 カーリースの契約満了時、車を返却する際に傷があったらどうすればいいのか、ここではその対処法について徹底解説します。

カーリースの仕組みとは?返却時に傷がある場合は特に理解しておこう!

まとまった頭金が必要なく、月々の手軽な使用料のみでマイカーのように車ができると人気のカーリースですが、カーリースはその名の通り車を借りる契約です。

カーリース会社が契約者の代わりに車を購入し、使用者が月々の料金を払って使用するシステムです。従って車の「所有者」はカーリース会社になり、契約者は「使用者」になります。

まず、この点をカーリースの大前提として押さえておく必要があります。

一般的な個人向けのカーリースでは「残価」と呼ばれるものが設定されます。残価とは契約期間満了時の車の見なし中古査定価格です。この残価設定のあるリース方式をオープンエンドリース方式といいます。

オープンエンドリース方式では車両価格から残価を引いた値段を契約月数で割った料金が設定されます。そのため残価設定がない場合より、月々のカーリース料金を安く設定することも可能です。

契約満了時には実際に使用した車を査定に出し、差額がある場合には残存価格の清算が必要になります。

査定価格が残価を下回った場合には、契約者はその差額を精算し、支払わなければなりません。

もちろん、丁寧に車を使用して綺麗な状態を保っていれば査定価格が残価を上回る場合もあります。その場合には差額は契約者に返却されます。

 

カーリースした車を返却するときに傷があったらどう対処すれば良い?

オープンエンドリース方式で契約したカーリースだと、契約満了後そのまま車を返却というわけにはいきません。

修理箇所や傷やへこみなどを、細かくチェックされ、査定が行われます。 もちろん車を長年使っていると経年劣化は避けられませんが、経年劣化の範囲を超えた傷などは査定に影響し、査定価格が残価設定を下回る可能性も出てきます。

契約満了時の査定によって、残価より査定価格が下回った場合は、先に述べた通り、契約者は差額を清算金として支払います。

カーリースはまとまった資金がなくても月々の使用料金のみで新車をマイカーのように利用できることが最大のメリットですが、 返却時に精算金としてある程度まとまった金額を提示されトラブルになるケースもあるといいます。

そういったトラブルを避けるためにも、まずカーリースの契約内容についてしっかりと理解、把握しておく必要があります。契約の際に分からないことがあれば、質問したり、契約書には確実に目を通したりして疑問のないようにしておきましょう。

そして、契約期間中はあくまでも車は借りているものだということを忘れずに、丁寧に使用することも大切です。それでも傷がつくことや故障もありえます。

万が一、傷や故障などが発生した場合は、速やかに契約しているカーリース会社に報告しましょう。 知らない間についた傷などは発見した時点で報告してください。

できれば、傷の写真を撮り、日時と傷が発生した状況をメモしておき、カーリース会社に報告します。原因不明の場合は、原因不明であることをはっきりと伝えましょう。

報告すると、カーリース会社が契約にのっとってどのように対応すればいいのか指示をしてくれるはずです。契約内容によっては修理工場が指定されている場合もあります。

また、メンテナンスパックがついているプランについては、その修理対応がプラン内で対応できるのか、それとも有料になるのかなどについても判断してくれます。

自己判断でカーリース会社に報告を行わずに自分で修理したり、指定の修理工場以外で修理したりした場合は、最悪の場合、契約違反となることも考えられます。契約満了時に、報告がないのに修理の跡があると、改造と見なされる可能性もあるのです。

万が一、リース車両に傷をつけてしまった、もしくは知らないうちに傷がついていた場合は、できるだけ早くカーリース会社に報告するようにしましょう。

 

小さい傷であってもカーリース会社に報告しなといけないの?

ほとんど気が付かないような小さな傷の場合でも、カーリース会社に報告しなければならないのでしょうか。

いちいち傷部分の写真を撮ったり、カーリース会社に連絡を取ったりするのが面倒だと思うかもしれません。しかし、ここで一度考えてみましょう。契約者が使用している車は一体誰のものだったでしょうか。

答えはカーリース会社です。契約者は「使用者」に過ぎず、車の「所有者」はカーリース会社であることは先に説明したとおり。契約者はカーリース会社の所有する車を借りている状態であると考えれば、どのように小さな傷でも報告する義務があることが理解できるのではないでしょうか。

カーリースの契約満了時に車を返却する際には「原状復帰」が基本です。もちろん経年劣化などは考慮されますが、 その傷が許容の範囲外なのかそれとも修理が必要なのか、それはカーリース会社が判断します。

目立たない小さな傷だからわからないだろうと思っていても、 プロがチェックを行うので必ず分かります。傷を報告せずに返却時に発見されるよりも、申告しておいた方がカーリース会社の心証も良くなるでしょう。

どんな小さな傷であっても契約者は必ずカーリース会社に報告するようにしてください。

 

返却時の傷が気になる人には残価清算がないカーリース会社がおすすめ!

どんなに注意を払っていても知らないうちに傷がついていたり、台風などによる飛来物で車が傷ついていたり、といったケースも考えられます。傷を気にすることなく、マイカーのように車を自由に使用したいという方もいるかもしれません。

そういう場合には、残価設定のないクローズエンド方式での契約おすすめします。クローズエンド方式では残価設定がなされないので、契約期間満了後の残価精算は基本的にありません。

契約期間満了時には車が所有者のものになるため、オープンエンド方式での契約時ほど、車の傷に神経質にならなくていいのです。傷を気にしなくていいのはもちろんですが、オープンエンド方式では、匂いが気になってためらってしまうペットも、心置きなく一緒にドライブを楽しむことができますね。

もちろん返却や乗り換え、再リースも選べます。

カーコンカーリースもろコミでは「残価設定0円」、残価設定の無いクローズエンド方式を採用しています。用意しているプランは7年契約のもろコミ7、9年契約のもろコミ9の2種類です。

残価設定がないので、契約満了時には使用していた車が残価精算なしでそのままもらえます。車の傷を気にすることなく自由に使用できますね。

また、いずれのプランでも契約満了の2年前から乗り換えや返却も可能になります。カーリースでは基本的に中途解約ができないので、こういったライフプランの変化にもフレキシブルに対応できるプランがあると安心です。

カーコンカーリースもろコミでは2019年1月1日(火)~3月31日(日)の期間中、もろコミ7、もろコミ9(※特選車を除く)を申し込み、契約された方にガラスコーティング剤「スパシャン」、車載用防災キット「Refill Box 24」、ドライブレコーダー、キズへこみ保証クーポンをご成約特典としてプレゼントしています(※特典の内容は予告なく変更、終了する可能性があります)。

また WEBからもろコミ7のプランで特選車の申し込み、契約をされた方限定で折りたたみ電動アシスト自転車、キズへこみ保証クーポンのご成約特典がついています( ※特典の内容は予告なく変更、終了する可能性があります)。

カーリースで契約満了時の車の傷などが気になる場合は、残価設定のないカーコンカーリースもろコミのようなクローズエンド方式の契約のものを選んでみてはいかがでしょうか。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースしている車で長距離通勤ってコスパは良い?悪い?知っておきたいカーリースの走行距離制限

カーリースを検討している人の中には、毎日長い距離を車で通勤しているという人もいるでしょう。しかし、長距離通勤者の人がカーリースの仕組みを知らずに契約してしまうと、契約満了時に思いがけない出費を被る恐れがあります。 そこで今回は、特に長距離通勤者の方が注意すべき走行距離制限についてまとめ、カーリースを選ぶポイントをまとめました。

カーリースした車にペットを乗せても大丈夫?知っておくべき注意点とは

ペットを車に乗せて、一緒にお出かけに行くことに憧れる人は多いのではないでしょうか。しかし、ペットを車に乗せると、毛がシートに落ちるなど、気になる点も少なくありません。自家用車ならペットを乗せても問題ありませんが、それがカーリースとなると尚更です。契約満了時にお金を支払うこともあるカーリースでは、ペットを乗せることはできるのでしょうか?今回はカーリースとペットの関係についてご紹介します。