カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで車を傷つけてしまったらどうすればいいの?

カーリースでは3年や5年などの長期にわたって車を利用できます。でも、それだけ長い期間車を利用すれば、車に傷をつけてしまうこともありますよね。カーリースしている車に傷ができてしまったらどう対応したらよいのでしょうか?

カーリースの仕組みを理解しよう

カーリースで車を傷つけてしまったらどうすればいいかを考える前に、カーリースの基本的な仕組みを理解しておきましょう。

カーリースとは、毎月のリース料金を支払うことでリース会社から長期間車を借りられるサービスのことです。車を「購入する」のではなく、あくまでも車を「借りる」ためのサービスです。車の所有権はカーリース会社にあり、リース期間終了後には、買い取りをしない限り車を返却しなければなりません。

個人向けのカーリースでは多くの場合「残価設定」をします。「残価設定」とは、数年後のリース期間終了時に車の下取り価格がどれくらいになるのか予想して設定することです。

設定された金額を「残価」と呼びます。リース料金を算出する際に、この「残価」が「車両本体価格」から差し引かれます。「残価」が差し引かれる分、ローン購入と比べて費用を抑えることができるというメリットがあります。

ただし、この「残価設定」にはデメリットもあります。リース期間が終了して車を返却する時に、車の査定が行なわれ、車の価値が「残価」よりも低くなっているとみなされた場合には差額を支払わなければならないのです。

これを「オープンエンドリース方式」と呼びます。「オープンエンドリース方式」の場合、ユーザーは車の価値が「残価」よりも低くならないように大切に車を扱わなければなりません。

ここまで、カーリースの仕組みを簡単に見てきました。カーリースしている車を傷つけてしまった場合の対応を考える上での重要なポイントをまとめると、下記の2点になります。

・カーリースは車を「借りる」契約であり、契約期間終了時には車を返却しなければならない。
・車の返却時に車の査定が実施され、「残価」と照らし合わせて精算が行なわれる。

これらのポイントを、まずは頭に入れておきましょう。

 

カーリースで車を傷つけてしまった場合の対応は?

カーリースで利用している車に傷がついてしまったらどうすればよいでしょうか?

マイカーであれば、自分さえ気にしなければ傷をそのままにすることもできます。しかし、カーリース車は「借り物」ですから、傷をそのまま放置することは原則としてできません。もし仮に、カーリースで傷をそのままにするとどうなるでしょうか?

リース期間終了後の車の返却時に査定が行なわれますから、傷がついていることがカーリース会社に知られてしまいます。そして、傷の程度によって車の査定額が低くなり、「残価」を下回れば差額を請求されることになります(通常の使用による磨耗や軽微な傷などであれば、差額を請求されることはないと思われます)。

カーリースで車を傷つけてしまった場合、基本的には修理することが必要です。傷を修理する際には以下の点に気をつけるようにしましょう。

・傷をつけてしまったら車の所有者であるカーリース会社に速やかに報告する

車に傷をつけてしまったら、まずカーリース会社に報告して相談しましょう。いつのまにか傷ができていたという場合は傷に気づいた時点で報告するようにしましょう。

小さな傷であればカーリースしているユーザーの負担で修理する必要はないと言ってもらえるかもしれません。また、修理方法に関して契約上のルールがあればそれについて改めて教えてもらえるでしょう。

・契約内容に沿った方法で修理する

修理する方法に関しては、契約によって様々です。ユーザーの選ぶ場所で修理が可能な場合や、修理工場が指定されている場合があります。修理工場が指定されている場合に、ユーザーの判断で勝手に別の場所で修理してしまった場合には、契約違反として追加料金が発生してしまう可能性があります。

このように、カーリースで車に傷を付けてしまった場合には修理をする必要がありますから、任意保険に加入しておくのは重要です。

任意保険に入る際には「車両保険」を付帯させるようにしましょう。「車両保険」を付帯させておけばカーリースの車を破損させたり傷つけたりしてしまった場合に、修理費用等を補償してもらえるからです。

この点、カーリース会社が用意しているリース専用の保険や、カーリース会社が提携している保険会社を利用できれば、それが一番安心でしょう。カーリースの事情に合わせた内容の保険となっているからです。

 

契約終了時の清算不要!おすすめのカーリース会社

今回見てきたように、カーリースでは「残価設定」があり、車の返却時に「残価」と照らし合わせて清算が行なわれます。そのため、ユーザーはカーリースしている車に傷がつかないように注意しなければなりません。

これは人によってはかなりのストレスとなるかもしれず、カーリースの1つのデメリットと言えます。ただし、中には、契約終了時の清算がない方式、つまり「クローズドエンドリース方式」で個人向けのカーリースを行なっている会社もあります。おすすめなのが「カーコンビニ倶楽部」の「もろコミ」です。

「もろコミ」は「残価設定」をしていません。そのため、契約終了時に車が自分の物になり、車の査定と清算が行なわれることはなく、カーリース期間中に車が傷つかないように過度に神経質になる必要はありません。

このように「もろコミ」は「残価設定なし」のサービスを展開している訳ですが、それでもリース料金をお手頃な価格に設定しています。ボーナス併用払いであれば月々8,000円からの料金で新車に乗ることができます。

しかも「もろコミ」のリース料金には「車両本体価格」のほかに「車両登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」がコミコミになっています。さらに「もろコミ」でリースした車には契約期間中の「車検基本料金」と「印紙代」が無料になるクーポンが付きます。

「もろコミ」には7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」という2つのプランがあります。どちらのプランも契約期間終了の2年前から違約金なしで乗り換えや返却(中途解約)ができるようになります。

※契約期間終了前に乗り換えや返却をする場合には車の清算があります。中途解約する可能性があるのであれば、車の扱いに気をつける必要があるでしょう。

「もろコミ」は車の傷が心配な方におすすめのカーリース会社です。

 

まとめ

今回はカーリースで利用している車に傷がついてしまった場合の対応について詳しく見てきました。

カーリースの車は「借り物」ですから、傷つけないように大事に扱う必要があります。カーリースはとてもお得で便利なサービスですが、車の傷を気にしたくない方にとっては不向きなサービスと言えるかもしれませんので、自分のニーズに合ったサービス選びをするようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

法人カーリースのメリットとデメリットを比較!おすすめのカーリース会社は?

新しい車の導入方法として浸透しつつあるカーリースですが、実は法人においては個人向けよりも早い時期から取り入れられているサービスだってご存じでしたか?それだけ法人にはカーリースによって得るメリットが大きいのです。 ここでは法人カーリースのメリットとデメリットについてはもちろん、法人におすすめのカーリース会社もご紹介します。

カーリース会社の有名どころはココ!おすすめカーリース会社の特徴やメリットを解説

カーリースの利用を検討されている方にとって、カーリース会社選びは非常に重要です。料金やサービス内容で比較していくのもいいですが、有名な会社を選ぶというのも安心感があって良いでしょう。有名なカーリース会社は、知名度の高さなどを活かしたメリットが多くあります。今回は、そんな大手カーリース会社の特徴やメリットを紹介します。

短期で契約可能なリース車 | 1ヶ月から借りれるライフスタイルに合わせたカーリース特集

一般的なカーリース契約と言えば、3年・5年・9年など長期間の契約となるケースが多いですが、中には短期間のリースを販売している業者もあります。短期間でのリースであれば、その時々に合わせたカーライフを楽しむことが可能です。ここでは、短期リースの際の注意点やおすすめの短期契約可能なリース業者を紹介します。