カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースで3ナンバーの車を選ぶことは可能?お得なカーリース会社で好きな3ナンバー車に乗ろう!

乗用車には、3ナンバーと5ナンバーの車がありますよね。では、3ナンバーと5ナンバーにはどんな違いがあるのでしょうか。カーリースで3ナンバーの車を選ぶことはできるのでしょうか?

3ナンバーってどのような車のナンバー?

3ナンバーと5ナンバーの基準 

車のナンバープレートの1行目には「品川」「横浜」などの車両を使用する本拠地が書かれています。そして、そのすぐ右側には3桁の番号が書かれています。

これは、自動車の種別、及び用途による分類を表示するための番号で、この数字が3から始まるのが3ナンバーの車、5から始まるのが5ナンバーの車ということになります。

分類としては、3ナンバーは「普通乗用自動車」、5ナンバーは「小型乗用自動車」です。「小型」という分類名から想像できる通り、5ナンバーの車は3ナンバーの車よりも小型で排気量が小さい車です。

では、具体的にはどのような基準にしたがって3ナンバーと5ナンバーに分類されるのでしょうか?

下記の基準に当てはまるのが5ナンバーで、どれか1つだけでもオーバーすると3ナンバーということになります。

排気量:2,000cc以下
全長:4,700mm以下
全幅:1,700mm以下
全高:2,000mm以下

3ナンバーは5ナンバーよりも税金が高いのか?

「3ナンバーは5ナンバーよりも税金が高い」と言われることがありますが、これは本当なのでしょうか?

車にかかる税金には自動車税と重量税がありますが、それぞれについて見てみましょう。

まず、自動車税の金額は車の排気量によって変わります。排気量が大きければ大きいほど、税額が高くなっており、具体的には下記の税額に定められています。

排気量1,001~1,500cc以下:34,500円
排気量1,501~2,000cc以下:39,500円
排気量2,001~2,500cc以下:45,000円

5ナンバーの車は「排気量:2,000cc以下」でなければなりませんから、自動車は39,500円以下ということになります。

しかしながら、3ナンバーだとそれよりも自動車税が絶対に高いかというと、必ずしもそうではありません。車体のサイズが基準を超えているために3ナンバーとなっているものの、排気量は2,000cc以下という場合もあるからです。

そのため、3ナンバーであることと、自動車税が高いことは必ずしもイコールではありません。とはいえ、車体のサイズが大きいと排気量も大きくなるのが一般的ですから、3ナンバーの方が5ナンバーよりも自動車税が高いことが「多い」というのは間違いありません。

重量税は、車の重さで金額が決まります。車が重ければ重いほど、税額が高くなります。乗用車の税額は下記の通りです(※エコカー減税は考慮していません)。

車の重さ1トン:16,400円
車の重さ1トン~1.5トン:24,600円
車の重さ1.5トン~2トン:32,800円

車の重さは、先ほど見た5ナンバーの基準に入っていません。そのため、3ナンバーの車が5ナンバーの車と同じ重さであったり、軽かったりすることも、理論上あり得ます。重量税の場合も、3ナンバーの税額が絶対に高いとは言い切れないのです。

とはいえ、3ナンバーの車は5ナンバーの車よりも重い場合が多いです。こうした理由から、3ナンバーの重量税の方が高いことが「多い」と言えます。

 

3ナンバーの代表的な国産車

 ここで、3ナンバーの代表的な国産車を見てみましょう。たくさんありますので、税金が安く済む「排気量が2,000cc以下の車種」に絞って、メーカーごとにいくつか取り上げていきます。

トヨタ

・プリウス(排気量:1,800cc、幅:1,745mm 、全長:4,480mm)
・イスト(排気量:1,500cc、幅:1,725mm 、全長:3,930mm)

ホンダ

・CR-Z(排気量:1,500cc、幅:1,740mm、全長:4,075mm)
・ヴェゼル(排気量:1,500cc、幅:1,770mm、全長:4,295mm)

ニッサン

・エクストレイル(排気量:2,000cc、幅:1,820mm、全長:4,640mm)
・シルフィ(排気量:1800cc、幅:1,760mm、全長:4,615mm)

マツダ

・ビアンテ(排気量:2,000cc、幅:1,770mm、全長:4,715mm)
・ロードスター(排気量:1,500cc、幅:1,735mm、全長:3,915mm)

ミツビシ

・RVR(排気量:1,800cc、幅:1,770mm、全長:4,295mm)
・アウトランダー(排気量:2,000cc、幅:1,810mm、全長:4,695mm)

スバル

・インプレッサG4(排気量:1,600cc/2,000cc、幅:1,740mm、全長:4,585mm)
・フォレスター(排気量:2,000cc、幅:1,795mm、全長:4,595mm)

このように、排気量が2,000cc以下の3ナンバーの車もたくさんありますね。

 

3ナンバーの車をリースすることは可能?

カーリースで3ナンバーの車に乗ることは可能なのでしょうか?カーリースの車は在庫か選ぶわけではなく、カーリース会社がディーラーから調達しますので、国産であればほとんどの車種を利用できます。ですから、3ナンバーの車も当然利用することが可能です。

しかも、先ほど自動車税や重量税の話をしましたが、カーリースであれば、そうした税金がすべて込みの定額料金で利用することができます。さらに、自賠責保険料、車検代、メンテナンス費用もサービスに含まれる契約プランもあります。

 

特典やキャンペーンを利用してお得に3ナンバーの車をカーリースしよう!

 

最後に、お得なキャンペーンや特典サービスを実施している、3ナンバーの車を利用できるおすすめのカーリース会社をご紹介します。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

個人向けのカーリースとしては珍しい、残価設定なしのサービスを提供しています。残価設定が0円ですので、契約期間が満了すると車をそのままもらうことができます。契約期間は7年と9年から選ぶことが可能です。今は、契約期間中にガソリン代1ℓあたり20円をキャッシュバック(毎月最大2,000円)してもらえるお得なキャンペーンを実施中です。

※キャンペーンは予告なく、変更・終了することがあります。詳しくは公式ホームページをご確認ください。

コスモスマートビークル(コスモマーケティング株式会社)

3つあるメンテナンスパックのうち、最も充実したサービスを受けられる「ゴールドパック」を選択すると、車両の延長保証やロードサービス、ガソリン代1ℓあたり5円引きの特典を受けられます。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」の3つのプランを用意しています。「オリックスレンタカー」を基本料金の半額以下で利用できるうれしい特典が付きます。

こうしたカーリース会社を利用するなら、お得な特典を受けながら、好きな3ナンバーの車をカーリースできるでしょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーディーラーのカーリースなら安心?カーリース利用時の注意点とおすすめカーリース業者

カーリースには、カーリース専門店が行っているものと、カーディーラーが行っているものがあります。カーディーラーのカーリースにもメリットはあるものの、比べてみるとカーリース専門店が行っているサービスの方がお得である場合があります。その理由をご説明しましょう。

“月々1万円で車乗り放題!”のあのカーリース会社の特徴やメリットについて調べてみた!

カーリースは月々定額のリーズナブルな料金で利用できることで人気を集めていますが、中には毎月1万円で車乗り放題のサービスを提供しているカーリース会社もあります。今回は“月々1万円で車乗り放題!”で話題の、あのカーリース会社について徹底解説します。

カーリースで中古車も選べる!中古車をリースする際の注意点と絶対知っておくべきこと3選

カーリースでは新車以外に中古車もリースすることができます。当然、新車をリースするよりもリース料金が安くて済みますが、あくまで中古のため新車とは多少異なる点がいくつかあります。メリット・デメリットや新車との比較、中古車をリースする際に押さえておきたいポイントについて解説をします。

カーリースを選ぶメリットとは?東京でおすすめのカーリース会社もあわせてご紹介!

車が欲しいと考えている人の多くは、購入を検討しているのではないでしょうか。車を持つ=購入するというイメージがあるかもしれませんが、実はこれ以外にも、所持する方法があります。それがカーリースと呼ばれる方法です。 今回は、カーリースがどういったものなのか、その特徴を紹介し、合わせて東京都内でおすすめのカーリース会社についても紹介していきます。車が欲しいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。