カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースとは?初心者の疑問を解決!

リード文:自分の車が欲しいなと思うことはありますか?しかし、家のローンや保険料などで金銭的な余裕がないという方は、車の購入を躊躇してしまうのではないでしょうか。 車は買うだけでなく、買った後も維持費などで多額のお金がかかるものです。最近では、経済的な面から、車の購入ではなくカーリースを選ぶ方も増えています。 この記事ではカーリース初心者さんのために役立つ、カーリース初心者さん向けの内容をご紹介していきます。 「カーリースって何?」「どこの会社がおすすめ?」など、カーリースの初心者の方が気になっているであろう、初心者向けのいろはを詰め込みましたので、これを読んで素敵なカーリースライフへのきっかけにぜひ役立ててください。

カーリースとは?初心者にもやさしく解説!

カーリースとは、簡単に言うと車を長期間レンタルすることのできるサービスです。

レンタカーは時間単位でのレンタルが主で、基本的に1日で返却が必要となりますが、カーリースは数年単位で借りることができます。

カーリースは元々、法人契約で多く利用されてきましたが、近年では若者の車離れから購入ではなく、リースで満足する個人も多くなってきています。

ただしその分、利用条件が多いため、カーリース向きの方と不向きな方がいるのも事実です。カーリースにすべきか否か、初心者の方はメリット・デメリットを理解した上で慎重に検討するようにしましょう。

 

カーリースの金額とは?いくらかかる?

カーリース利用の初心者の方が気になる項目として、カーリースの利用料金が挙げられます。しかし、何年も車をレンタルするならば料金も高いはずと構えてしまう初心者の方も多いのではないでしょうか。

実は、ここ最近のカーリースならば、月額1万円程度の格安で車を借りることができるケースもあります。たとえば、1万円には基本的に以下のものが含まれます。

なお、これは大まかな例となります。実際の金額については各カーリースサービスに問い合わせ・確認を行ってください。

・車両自体の料金

・車両関係の税金

・自賠責保険

これらはいわゆる基本パックであり、ナビやETC、オーディオ関係といったオプション的なものは付いてきません。それを踏まえてこの価格となる場合もあります。

また、中には車検代が含まれているカーリース会社もあり、初心者さんはいかにお得なカーリース会社を見つけられるかが鍵となっています。

ちなみに各カーリース会社では、月額1万円ポッキリで車を借りたい旨を伝えれば、初心者の方にも見合った車を選出してプランの提案をしてくれるでしょう。

ただし、車種やブランドに強いこだわりがある初心者さんは、月に1万円以上費用が掛かってしまう可能性がありますので、担当者とよく相談してください。

逆に、あまり車種にこだわりがなく、オプションも必要ないという初心者の方にとって、カーリースはおすすめです。

各カーリース会社では見積もりを出してくれますので、希望のカスタムをしてみて、納得のいくカーリースを利用しましょう。

また、「新しい車が好きで発売される度に新しい車を試してみたい!」という初心者の方にもカーリースは大変おすすめの借り方です。

新車で月額1万円というのは難しいところですが、現在のカーリースは3年程度での短期カーリース乗り換えもプランとして選べるケースもあります。

3年経ったら新車を乗り換えるというのは、なかなかできない贅沢ではないでしょうか。ぜひこれを機に、カーリースを検討してみてください。

また、法人で社用車が必要なのであれば、カーリースは初期費用がかからず、経費落ちとなるため非常に経済的です。

最初にまとまった資金が用意できない場合でも車を借りられるため、突然の社用車不足に迅速な対応が可能なのも、カーリースの特長といえるでしょう。

 

カーリースの注意点とは?初心者は特に注意

カーリースの初心者の方が知っておくべき注意点が何点かありますので、お伝えしておきます。

・車に傷が増えると費用が高くなる
・走行距離が長い人は費用が高くなる
・改造はできない
・契約内容は途中で変更できないことが多い
・使用不可となった場合はリースの支払いが一括になる

以上がカーリースをする上で、初心者の方が注意すべき点となります。ひとつずつ見ていきましょう。

・車に傷が増えると費用が高くなる

カーリースの車は最終的に返却時、無傷であることが条件で、傷つけてしまった場合は早急に修理や点検をする必要があります。

傷は放っておくと修理費用がどんどん高くなっていく傾向にありますので、必ず早い段階で修理に出すように心掛けましょう。数年分の傷をつけたまま返却してしまうと、最後に多額の請求をされる場合がありますので、初心者の方は注意しましょう。

・走行距離が長いと費用が高くなる

車で遠方へ頻繁にドライブしたいという方がカーリースをする場合、注意が必要です。

カーリースは最初に走行距離を決定して支払い金額を算出していますので、元々の走行距離以上を走ってしまった場合は、車の返却時に追加料金がかかる可能性があります。

キロ数単位で金額がかかってきますので、走行距離にはカーリース初心者の方も常に気を付けておく必要があるでしょう。

・改造できない

これは当たり前ですが、カーリースの所有は自身ではなくカーリース会社となります。もしも改造を行った場合には、原状回復を行った上で返却する必要が出てきます。

・契約内容は途中で変更できない場合が多い

契約期間が過ぎれば返却が原則のカーリースですが、ずっと車に乗っているとやはり愛着が湧いてきてしまうのも事実です。

途中で「車を手放したくない、この車が良い!」となる場合もあるでしょうが、残念ながらカーリースの契約は基本的に途中変更ができませんので、返却の必要があります。

会社によってはカーリースの契約を変更してくれるところもありますが、お店側と要相談になりますので、返却による乗り換えが基本であることを忘れないようにしましょう。

・車が使用不可となった場合はリースの支払いが一括払いになる

カーリースは最初に残価設定を行っているため、無傷で返却されるのが前提です。

しかし、事故などで車が全壊してしまったり、車としての役割を果たせなくなったりした時点で、カーリース契約は強制的に終了し、今後数年掛かる予定だったリース支払い料金もそこで残額一括支払いとなります。

常に「借り物」の車であることを忘れないようにしましょう。カーリース初心者の方はこれらの点を忘れがちですので、留意して車を使用するように心掛けてください。

 

カーリース会社はどこがいい?初心者にもおすすめの会社

おすすめのカーリース会社がどれかわからず、悩んでいるカーリースの初心者の方もいらっしゃるかと思います。ここではそんなカーリースの初心者の方に、おすすめの3社ご紹介したいと思います。

もろコミ+(プラス)

大手レンタカー業者のカーコンビニ倶楽部が行っているカーリースで、2018326日より販売予定のプランです。

・月々税込8,000円から
・頭金0円
・残価設定あり
・車検基本料金込み
・法定点検あり
・オイル交換年2回あり
・全国産乗用車から車を選べる(一部車両を除く)

現在の「もろコミ」は残価設定なしですが、こちらは残価設定ありのプランとなります。月々の支払いは一定で、これから車を持ちたいとお考えのカーリースの初心者の方には大変お得なプランでしょう。

また、取扱い店舗数が多いため、全国各地でプランを組めるのもカーリースの初心者の方へおすすめする理由の1つです。

ニチゴカーリース

「人にも地球にもちょっと優しい」というキャッチコピーのカーリース会社で、関東を中心に店舗展開しています。

・月々15,000
・車は中古車を再利用
・1か月単位の利用が可能
・車種数が多い
・車検は業者負担
・自動車税は業者負担

ニチゴカーリースのおすすめポイントは、中古車を再利用しているところです。新車のカーリースでは途中解約ができませんが、こちらはリース期間が1か月以上であれば、自分で途中解約が可能となっています。

必要な分だけ安く乗れるため、カーリースの初心者の方にもおすすめしています。

オリックス・カーリース

自動車保険などでもお馴染みのオリックスが取り扱うカーリースです。

・頭金0円
・月々定額払い
・国産車はほぼすべてのメーカーを取り揃え
・オイル交換無料
・車検無料
・ネットで簡単に手続き可能

新車または中古車を自分で選べるため、幅広い選択肢の中からカーリースが可能で、カーリースの初心者の方にも大変おすすめです。

いかがでしたでしょうか。カーリースは初心者にとっては難しい点も多くありますが、一度経験すると、自分のカーライフスタイルに合わせやすくなるというケースもあります。

「うまく業者に丸め込まれてしまうことはないだろうか」とやや不安になっているカーリースの初心者の方もいらっしゃると思いますが、最近のカーリースはお得でお財布に優しい、カーリース初心者にも嬉しいプランがいくつも出てきています。

一度カーリースの良さを知るためにも、初心者だからこそ、カーリース会社へご連絡してみることをおすすめします。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースはクレジット払いで利用可能?クレジットカードが使えるカーリース会社のメリットをご紹介!

従来車を所有するためには、現金一括購入かオートローンを利用するのが一般的でした。どちらにしてもまとまった初期費用が必要なため、新車の購入は住宅の次に大きな買い物であるという意識が根強くありました。しかし、近年では月々に決まった使用料を支払って利用できる、個人向けのカーリースが浸透しつつあります。 カーリースの支払方法としては口座振替、クレジット払いがありますが、ここではカーリース料金のクレジット払いのメリットやデメリット、クレジット払いが利用できるカーリース会社をご紹介します。

半年だけ車に乗りたい!そんな時は短期のカーリースを利用しよう

カーリースは契約期間が5年間や7年間などの長期に渡るのが一般的でしたが、近年は短期の契約期間のサービスを提供しているカーリース業者も増えてきました。短期のカーリースですと、1年単位、半年単位、1か月間単位などで契約できます。「短い間だけ車を利用したい」という人にピッタリのサービスです。ここでは半年などの短期で契約できるカーリースサービスについて徹底解説したいと思います!