カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースとカーローンの違いを比較!お得に車を手に入れるならどっち?

まとまったお金が手元にない場合、カーリースかカーローンを使えば分割支払いで車を手に入れられます。この2つの方法は似ているようですが、まったく別物の仕組みです。どちらが自分にとってお得なのか知るためには、どのような仕組みなのか、違いやメリット、デメリットをきちんと把握しておかなければいけません。 ここではカーリースとカーローンの仕組みにはどんな違いがあるのか説明します。きちんとメリット、デメリットを比較して自分に最もお得な方法で車を手に入れましょう。

カーローンの仕組みとは

カーローンとカーリース、どちらがお得か考えるには、まずそれぞれの仕組みを知ることが必要です。

カーローンとは、車購入費の借入れを行なって車代金を支払う方法です。借りたお金は毎月返済プランに従ってカーローン会社へ返済してくため、利用者は分割払いで車を持つことができます。

車を買うための「お金を借りる」という行為なので、申し込み後は返済能力があるか審査が行われます。信用情報、職業、資産、年収と借入額のバランスなどを総合的に審査し、審査に通らなければカーローンでの車購入はできません。

カーローンを利用する際は、まずどの種類のカーローンにするか選びます。大きく分けて2パターンあり、銀行系のカーローンでお金を借りて車両代金を支払う方法かディーラーが提供しているカーローンを利用する方法です。

ディーラー系のカーローンだと、欲しい車の見積もりからカーローンの返済プラン組み立てまで、まとめて行えるため手間がかかりません。ディーラー側としてはカーローンで車を購入してもらいたいので、比較的審査が通りやすいと言われています。その代わり金利が高いので、総支払額の負担が多くなることが特徴です。

一方、銀行系のカーローンはディーラー系カーローンより低い金利で借りられます。しかし審査が厳しく、収入状況が安定していなかったり金融事故の過去があったりすると審査通過のハードルが上がるでしょう。審査や手続きに時間と手間がかかることがデメリットです。

カーローンの金利には、契約したときの金利がずっと適用される「固定金利」と支払い時の金利の変動に合わせる「変動金利」があります。どちらの方がお得なのかは、これから金利が上がっていくのか、それとも下がっていくのかによって変わるでしょう。

また金利は元金に対してかかるため、大きな金額を長期間で返済する方が負担する利息の総額は多くなります。しかし短期間での返済は金利面ではお得ですが、その分毎月の返済額が多くなり負担が増えます。

このようにそれぞれメリット、デメリットがあるため、どの返済方法がお得か一概には言えません。カーローンを組むときは返済プランのシミュレーションをいくつか出して比較検討することをおすすめします。

 

カーリースはお金ではなく車を借りる

カーリースも毎月分割払いをしていくという点は同じですが、借りるのは「車」で、月々の支払いは車を借りるための費用です。

まず欲しい車を選ぶ時点では、カーローンとほとんど変わりはありません。借り物の車といってもレンタカーのように限られた範囲から選ぶのではなく、好きなメーカーや車種、グレード、オプションを選び、新車購入とほとんど同じ感覚で決めることが可能です。

毎月のカーリース料金を契約満了まで払い続けられるか審査された後、選んだ車をカーリース会社が購入し、その車に乗ることができます。ただし車は購入したカーリース会社のものなので、車の所有者にはなれません。カーリース料金を払うことで契約者は「使用者」として車を手元に置けるという仕組みです。

カーリース料金は車両本体価格のうち、契約満了時の車の予想価格を差し引いた額を元に設定されます。その車両価格に、税金や車検代、メンテナンス代など車の維持管理に必要な費用を足し、月割にして料金が決まっています。つまり車を使用する期間分だけの車両代金と維持費を支払うという合理的なシステムです。

そのため同じグレードの車でも、使用する期間によっては購入するよりリーズナブルな価格で手に入れることもできます。契約満了後は、別の車に乗り換えたり、同じ車を買い取ったりカーリース会社やプランによってさまざまです。

カーリースで覚えておかなければいけないのが、「車はカーリース会社のもの」ということです。プランにもよりますが、車を傷めないために月々の走行距離が制限されることがあります。また整備や車検、修理は指定の場所で行わないといけないこともあり、契約時にきちんと確認しておく必要があるでしょう。

 

カーリースはお得?カーローンとの違いを比較

この2つの大きな違いは「お金」を借りるか、「車」を借りるかです。カーリースは車両代金の借入れのため、支払金額を決める際は金利を考慮しなければいけません。ディーラー系カーローンだと最長8年ほど、銀行系カーローンだと最長10年ほどのカーローンが組めます。支払い回数を多くすれば月々の支払いの負担は減りますが、返済までの期間が長いほど支払う利息は多くなります。

また毎月の支払い以外にも、自動車税、自動車重量税、自賠責保険、車検代などの車を維持に欠かせない諸費用も支払わなければいけません。そのため毎月の支払いに加えて契約期間中の維持費も払っていけるかを考えて返済プランを組む必要があります。

一方、カーリース料金は契約期間に対する車の価格と維持費の合計です。契約期間はプラン次第で、1年や2年、長いものだと9年契約もあります。契約年数によって変動する利息がないので、その車に乗りたい年数だけを考えて決められます。

カーリースの場合、カーリース料金以外にかかる出費はガソリン代や消耗品の交換代くらいです。プランによっては自動車保険やタイヤ、ワイパー、オイルなどの交換代も含まれているため、契約期間中の総費用を把握しやすいでしょう。頭金も不要なので初期費用がかからず最初の月から一定額の支払いで車を持てます。

ここまで見ているとカーリースの方が断然お得に思えるかもしれませんが、カーローンにもメリットはあります。

例えば、カーローンなら車の見積もり後に値下げ交渉をすることも可能です。カーリースは契約期間に合わせて車両価格を算出し、料金設定がされているため大幅な値下げは難しいですが、カーローンなら値下げやオプションのサービスなどお得な条件へ交渉できるかもしれません。

またディーラー系カーローン利用時は、車を担保とするため返済まで車の所有者はカーローン会社もしくはディーラーになってはいますが、基本的には自分の車として扱えます。カーローン完済後は完全に自分の車として乗り続けられるでしょう。

カーリースの車は借り物なので、カスタマイズが制限されることが一般的で、自由にカスタマイズをしたい車好きな方にとってはデメリットといえます。カーローンの方が車を自由に扱えるでしょう。

ただし、カーリースの中でも、カーコンカーリースもろコミのように契約満了でクルマがもらえる、と言ったプランであれば、カスタマイズが制限されることもないので、カーローンで購入した車同様に使うことができます。

そのため、一概にどちらがお得かは断言できません。自分がどのような内容でお金、もしくは車を借りるのかしっかり検討して、お得だと感じる方を選ぶようにしましょう。

 

お得な車の持ち方を!カーリースが向いているのはこんな人

このように同じように見えるカーローンとカーリースにもそれぞれ違いやメリット、デメリットがあります。これらを踏まえて考えると、このような方はカーリースの利用がお得です。

・ある期間だけ車が必要
・毎日の買い物や職場までの往復など車に乗る範囲、頻度が限られている
・ライフプランに合わせて乗り換えたい
・車にかかる費用をまとめたい
・車のカスタマイズなど特にこだわりはない
・お金の借入れをしたくない
・税金や整備など車関連の手続きをお任せしたい

この条件に当てはまる人は、カーリースを利用するメリットが大きいといえます。車の用途やライフプランに合わせて比較検討し、自分にとって最もお得な方法でカーライフを楽しみましょう。

関連する記事

トヨタ車の中でも人気の高いアクア!新車で乗るならカーリースがお得?

アクアは、性能の高さや低燃費が魅力の人気ハイブリッドカーです。しかし、その価格は決して安くはありません。「アクアに乗りたいけれど、値段が高い」とお悩みの方もいらっしゃることでしょう。実は、アクアの新車にリーズナブルに乗る方法として「カーリース」があります。この記事では、カーリースとは一体何なのか、その仕組みやメリットについて詳しく解説します。

カーリースを利用したらどんなサポートが受けられる?カーリースのメリットを購入した場合と比較してみよう

「車が欲しいけどお金がない…」「メンテナンスや、保険、税金など、何のことかよくわからない…」そんな方に向けて、カーリースのサポートサービスを紹介します。カーリースは「今はまとまったお金がない」「車のことにあれこれ時間や労力を回したくない」といった現代人にぴったりのサービス内容です。それでは、以下で具体的に解説していきます。

カーリースした車の車検に必要なものって何?費用はどうなる?疑問点を解消!

車を所有しているなら必要な手続きとして車検があげられます。しかし、車検というものがあることを知っていても、どういったことをする手続きなのかは知らないという方も少なくありません。 お金がかかると聞きますが、実際どれくらいかかるものなのでしょうか。車検をするのに必要なものは何かも知っておかなければ、車検の手続きを進められません。そもそも車検は、車を借りている状態のカーリースであっても必要なものなのでしょうか。今回は、車を所有しているなら欠かせない車検の疑問に答えます。