カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースとカーローンを比較!ファミリーカーを持つならどっちがいい?

家族が増え、ファミリーカー購入を検討するライフステージに差し掛かると、従来以上にコストパフォーマンスを意識するものでしょう。カーローンでの購入が一般的ですが、近年人気の高まる個人向けカーリースの存在も気になるものです。ファミリーカー購入が視野に入った方のために、カーリースとカーローンを徹底比較して紹介します。

ファミリーカー選びの際に優先すべきポイント

日本は車の選択肢が多いのが魅力ですが、選択肢が多すぎて「どの車をファミリーカーにするべきか?」と頭を悩ませる方も少なくないでしょう。絶対的な安全性はもちろん、低価格、高燃費で家計に優しいことや、使い勝手が良く走りやすいことなどファミリーカーに求められる条件は多く、クリアするのが難しいのも事実です。

ファミリーカーとしての適応性の高い車のタイプとは?

室内空間が広くスライドドアの使い勝手も良い「ミニバン」は、ファミリーカーとして高い人気を誇ります。乗車時の視点が高いことから生じる安全性や安心感はファミリーカーの条件を十分満たすと考えられます。

しかし、高めの車両価格や、車体重量の重さによる燃費の悪さが家計に優しいと言い難い点、高い重心による高速走行時の安定感不足に、不満を感じる方も少なくありません。

小排気量のスモールカーやコンパクトカーはミニバンに比べると室内空間に余裕がありませんが、3人家族や4人家族なら問題なく、ファミリーカーとして使用できます。車両価格がお手頃なことや、燃費の良さなどで家計に優しい車だと言えるでしょう。

パーキングエリアやショッピングモールの駐車場など、出先で駐車スペースを探すのに手間取るとせっかくの休日が台無しになりますが、スモールカーやコンパクトカーなら、駐車しやすいのも大きな魅力です。

ミニバンの室内空間とスモールカーやコンパクトカーの取り回しの良さを兼ね備えた存在が、ステーションワゴンです。車高が低く、高速走行時の安定性を確保し、余裕のある収納スペースが家族のお出かけをサポートします。

子供が大きくなった4人家族でも快適なドライブを実現でき、スポーティーなデザインが多いので、お洒落なファミリーカーとして人気のあるタイプです。

ファミリーカー選びのポイントは数年先をイメージしながら選ぶこと!

購入後、平均3年から5年は活躍するファミリーカーですから、今の状況だけで選ぶと数年先に後悔することになりかねません。燃費や価格、安全性、使い勝手の中で「自分がファミリーカーになにを求めるのか?」を基準にして選べば、ファミリーカー選びに失敗することはないと考えられます。

 

カーリースとカーローンを比較!仕組みを理解してファミリーカー選びに活かそう!

「頭金を支払って残りはローンで」というファミリーカー購入計画が一般的かも知れません。ファミリーカーでも決して安い買い物ではないので、高額の頭金を用意するか長期ローンを組まない限り、月々の支払いの負担は軽いものではありません。

もっと気軽にファミリーカーを利用したいと考える方におすすめなのが、個人向けカーリースで、頭金なしの月々の定額料金だけでファミリーカーを利用できる、魅力的なシステムです。

カーリースとカーローンのシステムの違いとは

ファミリーカー購入時の支払い方法として一般的なカーローンは、車両購入価格から頭金を差し引いた金額を借入れ返済するもので月々の返済額の圧縮には、高額の頭金の支払いやボーナス払いの併用、長期の返済期間の設定などが行われます。

カーリースでは希望するファミリーカーを、月々定額料金の使用料で借り受けるものです。カーローンはお金を借りてファミリーカーを購入し、カーリースはファミリーカーの購入はカーリース会社が行い、利用者はファミリーカーを借りて使用する「長期レンタカーサービス」だと考えると判りやすいでしょう。

カーリースの場合、月々の使用料金にカーリース会社の車両購入価格と金利が含まれますが、カーリース期間終了後の車両の残価設定を行い車両価格から差し引くことでカーリース価格を抑えています。

カーリースは維持費の負担が少ない?

ファミリーカー購入で生じる各種税金や車検、自賠責保険、メンテナンスなどの車両維持費は家計に大きな負担をかけます。購入したファミリーカーは自分で管理する必要がありますが、借りて使用するカーリースではファミリーカーの維持費は、カーリース会社が負担し、家計への負担はグッと減少します。

カーリースなら月々の定額料金と燃料代、任意保険などの支払いでファミリーカーが利用でき、ファミリーカーにかかる費用が抑えられることで、家計に余裕が生まれます。

カーリースは非常に魅力的なシステムですが「どのカーリース会社を利用するか」が、カーリース利用のカギとなるので、低価格で高品質なサービスを提供するカーリース会社を紹介します。

 

ファミリーカーを選ぶなら月々の支払い額が業界最安水準のカーコンカーリースもろコミがおすすめ!

カーコンビニ倶楽部株式会社が提供する「カーコンカーリースもろコミ」は頭金0円、月々定額払いで車検基本料や税金、諸経費の負担もなく希望するファミリーカーを利用できるカーリースです。残価設定を行わずカーリース契約満了時には車両がプレゼントされます。

カーリースもろコミが人気の秘密は好条件で多彩なプラン!

カーコンカーリースもろコミでリースされる車両は全て新車で、気持ちよくファミリーカーを利用できるのも人気を支える理由の1つです。また9年リースの「もろコミ9」、7年リースの「もろコミ7」にボーナス併用払いの「月々税込8,000円から」プランや「お客様が選ぶ自由設計」などのお得なプランを組み合わせられます。

また、7年リースの「もろコミ特選車」には次に挙げる2つのキットとパックが含まれ、さらにお得にもろコミを利用できます。

カーアクセサリーキット

・カーナビ
・バックアイカメラ
・音声タイプETC
・フロアマット
・ドアバイザーカ

 

メンテナンスパック

・車検"2回"
・12ヶ月法令点検"4回"
・エンジンオイル交換"13回"
・オイルエレメント交換"6回"
・ブレーキオイル交換"2回"
・ワイパーブレード交換"6回"

上記以外にもドライブコーダーや希望ナンバー"人気ナンバー除く"が無料装備されます。もろコミ特選車以外の車両にも次の料金を月額料金に加算すれば、カーアクセサリーキットやメンテナンスパックの利用は可能です。

・カーアクセサリーキット"月々税込2,160円から"
・メンテナンスパック"月々税込2,700円から"

※メンテナンスパックは軽自動車のみ適用となります(ただし、特選車を除く)

 

カーコンカーリースもろコミの申し込み方法をご紹介!

カーコンカーリースもろコミは、全国のもろコミ販売店やもろコミの公式サイトから申し込めます。カーコンカーリースもろコミの利用の流れは次のとおりです。

利用車種選定

希望するファミリーカーを選びオプションのメンテナンスパックやカーアクセサリーセットの有無を選択します。

利用申し込み

必要事項を入力し利用申し込みを行います。

カーコンカーリースもろコミによる審査

カーコンカーリースもろコミによってカーリース利用の可否が審査され、審査結果を本人のみに通知します。

リース契約手続き

居住地近くのもろコミ販売店でカーリース契約を行います。

車両登録後納車

新車登録を行ったファミリーカーが納車されます。契約から納車までは通常1ヶ月から2ヶ月程度の時間がかかります。

なお、2018年10/1(月)~12/31(月)の期間中に、全国のもろコミ販売店で「もろコミ7」または「もろコミ9」を成約すると「もろコミ7・9(※特選車を除く)ご成約特典」として車載用防災セット「Refill Box 24」、ドライブレコーダー、キズへこみ保証クーポンがプレゼントされます。

また10/1(月)~12/31(月)の期間中にWEB申し込みでもろコミ7の「特選車」を成約すると「もろコミ7の「特選車」ご成約特典」として折りたたみ電動アシスト自転車、キズへこみ保証クーポンがプレゼントされます。

※上記特典の内容は予告なく変更、終了する可能性があります。
人気カーリースを見る

関連する記事

均等払いでカーリースを利用したい!均等払いでも支払い額を抑えられるカーリースプランの選び方とは?

カーリースといえば、月額一定の料金を支払うことで、車を利用することができるサービスとして知られています。月々の支出を安定させることができるので、家計も計画的に行うことが可能です。しかし、本当にカーリースの利用料金は毎月一定なのでしょうか。今回は、気になるカーリースの均等払いについてまとめていきます。

料金は月々1万円以下!格安のカーリースサービスをご紹介

車を購入すると何かとお金がかかるものです。ローン代に加えて税金やメンテナンスのための出費などがあり、費用がかさみます。しかしながら、今では軽自動車であれば、月々1万円以下の料金で新車をリースできる時代になりました。実際に、車を購入する代わりにカーリースを利用する人も多くなっています。ここでは、月々1万円以下の料金で利用できるカーリースサービスをご紹介します。

自家用車をリースで購入する場合のメリット・デメリット徹底調査

以前までのカーリースは、財務上でのメリットがあることから営業車や商用車として多くの企業に利用されてきました。しかし、最近では、「同じ予算内でワンランク上の車に乗れる」などの広告の影響もあり、個人向けカーリースの人気も高まっています。なぜ、人気が高まっているのか、カーリースのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。