カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースとローン購入、それぞれのお得さの違いを徹底比較!

カーリースとローン購入にはどんな違いがあるのでしょうか。両者を比較するとどんなお得さの違いがあるのかを徹底解説します!

今さら聞けない?カーリースの仕組みとは

カーリースは、そもそもどんな仕組みのサービスなのでしょうか?ローン購入の仕組みと比較しながら解説します。

カーリースは、毎月定額のリース料を支払うことでカーリース会社から車を借りられるサービスです。カーリースの契約期間は3年、5年、7年などの長期に及び、その期間毎月料金を支払っていきますので、数年単位で毎月一定の金額を支払っていくローン購入と似ていると言えます。

リースする車は、レンタカーとは違って在庫の中から選ぶわけではなく、カーリース会社がユーザーの希望する車をディーラーから調達します。ですから、基本的に国産全車種から自由に車を選ぶことができ、オプションも付けられます。この点でもローン購入と似ていると言えるでしょう。

このように、カーリースとローン購入には似ている部分があります。ただし、両者は明確に異なるものです。では、どんな違いがあるのでしょうか?

まず、カーリースは車を「借りる」契約ですので、車の所有権はカーリース会社にあり、契約満了まで利用しても基本的に車は自分の持ち物にはなりません。ローン購入は車を「買う」ための契約ですので、遅くともローン完済時には車の所有権は自分の名義になります。細かく言えば、金融機関を利用したローン購入では、所有者の名義は最初から自分になることが多いですが、ディーラーを利用したローン購入の場合は、完済するまで名義がディーラーや信販会社になっていることが多いです(所有権留保)。

※契約満了時に車が自分の物になるカーリースサービスも中には存在します。

また、カーリースは基本的に頭金が不要である上に、毎月の料金に車両価格だけではなく、登録諸費用、各種税金や自賠責保険料、車検料が含まれていることが多いです。

契約によっては点検および整備、消耗部品の交換などのメンテナンスの費用も含めることができます。つまり、車の諸々の維持費がリース料に含まれるのです。一方、ローン購入ではそのようなことはありません。

カーリースでは残価設定があることが多く、ローン購入とは違って車両代金の全額を負担する必要がないというのも、両者を比較した場合の相違点として挙げられます。

※残価設定型のローンも存在します。

さらに、カーリースの場合、ローン購入とは違って、車があくまでも「借り物」であるため、使用に一定の制限があります。例えば、走行距離制限に設定されることが多いですし、原状回復が難しい改造やカスタマイズを自由に加えることはできません。

 

カーリースと比較して、ローン購入の際に気を付けておくべきことは?

 前の項目で、カーリースとローン購入を比較した場合の共通点や相違点に注目しました。ただ、一口でローン購入と言っても、いろいろな種類のローンがあり、それぞれでサービスの内容が異なりますので、注意が必要です。

以下で、ローンを選ぶ際にどんなポイントを比較したら良いかを解説します。

・金利

ローンによって金利は異なります。金利に幅があるローンの場合、何%が適用されるかは審査によって決まりますので、その上限金利に注目して比較した方が良いです。

金融機関のローンでは上限金利を3%~5%前後に設定している場合が多く、ディーラーローンの上限金利の相場は5%~6%ほどで、金融機関のローンの金利の方が比較的低めです。

自動車のように比較的高額な買い物の場合、金利が1%変わるだけで利息が数万円違ってきますので、なるべく金利が低いローンを選ぶに越したことはありません。

ただし、ローンを組むためには審査に通る必要があり、比較的金利が低い金融機関のローンの審査は厳しめだと言われています。

・保証料の有無

金融機関のローンでは、金利とは別に保証料が設定されていることがあります。たとえば、「金利3%、保証料2%」という具合です。この場合、金利は3%と比較的低いのですが、保証料と合わせると4.5%になってしまいます。

金融機関を利用したローン購入を検討する際には、金利だけではなく、保証料の有無も必ず確認するようにしましょう。

・車両本体価格以外もローンに含められるか

ほとんどの場合、ローンには車両本体価格だけではなく、車両購入時に付けるオプション代も含めることができます。

ただし、車両購入時の諸費用(自動車取得税、次年度までの自動車税、最初の車検までの自動車重量税・自賠責保険料、リサイクル費用、検査登録費用など)を含められるかどうかはローンによって異なります。

車両購入時の諸費用は車両本体価格の10%~15%程度かかりますので、まとまった初期費用を出したくない人はそれをローンに含められるものを選ぶとよいでしょう。

 

ローン購入と比較して、カーリースなら毎月の支払額が一定だから安心!

ローン購入の場合、車の購入代金は分割払いで一定にできますが、毎年の自動車税や車検、消耗部品の交換などで、その都度出費が生じてしまいます。また、頭金を用意しないといけないことも多いので、初期費用もそれなりにかかります。

一方、カーリースの場合は、毎月定額のリース料に車の諸々の維持費が含まれていますので、支払いをフラットにすることが可能です。

ローン購入と比較すると家計の管理が非常にしやすく、安心してサービスを利用できます。頭金が基本的に不要である点も、ローン購入と比較した場合にメリットだと言えます。

 

カーリースを利用するなら、ローン購入と比べてお得&便利な「カーコンカーリースもろコミ」がおすすめ!

カーリースを利用する場合におすすめなのが、ローン購入と比較して、お得で便利な「カーコンカーリースもろコミ」(カーコンビニ倶楽部株式会社)です。

カーコンカーリースもろコミは頭金0円、月々8,000円(税込)からのリース料で利用できる上、登録時諸費用やリース期間中の自動車税、自賠責保険料、自動車重量税、車検基本料すべてが月々の料金に含まれています。しかも、残価設定が0円となっていますので、嬉しいことに、契約満了時に車をそのままもらえます。

リース期間は7年(もろコミ7)と9年(もろコミ9)から選べます。いずれのプランでも、契約満了の2年前から原則解約金なしで車の返却や乗り換えができるようになります。

※返却車両の損耗状況によっては請求が発生する場合があります。

オプションも豊富で、月々2,160円(税込)で、カーナビやバックアイカメラ、ETCなどがセットになった「カーアクセサリーセット」、月々2,700円(税込)で、タイヤ交換やバッテリー交換などのサービスを受けられる「メンテナンスパック」を利用することができます。

※メンテナンスパックは軽自動車のみ、適用可能となっています(特選車を除く)。

その便利さから、カーリースの人気は今後ますます高まることが予想されます。賢く車に乗りたいなら、カーリースを利用してみることをおすすめします!
人気カーリースを見る

関連する記事

スポーティさが魅力!カーリースを利用してBMWに乗ろう!

近年、カーリース市場が拡大しています。カーリースについて、なんとなく知っている人は「車を借りるサービス」という程度の認識かもしれません。しかし、最近のカーリースではなんと人気の外車を選択することもできるのです。今回はそんな数ある外車のなかでも多くの人に愛されているBMWのカーリースについてご紹介します。

カーリースは利点がたくさん!?カーリースの仕組みから注意点、メリット・デメリットまで細かく解説!

カーリースには様々なメリットや利点があり、それゆえに人気を集めています。今回はカーリースの利点について、徹底解説します。また、カーリースには利点もある一方で注意点やデメリットもあります。その点についてもご説明しますので、参考になさって下さい。