カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースとローン購入を徹底比較!お得なのはどっち?

ひと昔前までは、「車は買うもの」という固定概念がありました。しかし、最近では、その常識が変わりつつあります。多くの人が感じているように、車にかかる費用や税金は高額で、手続きも煩雑です。車を「所有する」事には、かなりの時間とお金、そしてエネルギーが必要になるのです。この記事では、車を「所有する」ためのローンと、車を「使用する」ためのカーリースを徹底的に比較します。

カーリースとローン購入の違い

まず、カーリースとローンの違いをはっきりさせておきましょう。カーリースというのは、長期的に車を借りるレンタルサービスです。しかし、レンタカーと違うのは、手放す時に精算がある事です。

たとえ9年のカーリースだとしても、車はドライバーのものではなく、カーリース事業者の所有物です。「所有者がカーリース事業者である代わりに、カーリース会社が煩雑な手続きや納税を代行します」というサービスがカーリースです。

カーリースの契約方式にはオープンエンド契約とクローズドエンド契約があります。この2つの中でも、オープンエンド契約はローンの支払いスタイルに似ており、クローズドエンド契約は、レンタカーの支払い方式に近いと言えます。

オープンエンド契約は、あらかじめ予想買い取りの価格を決めてから、リース期間がスタートします。新車の価格から予想買い取り価格を差し引き、その残額をローンで毎月支払い、リース期間満了時に、車を返却します。

オープンエンド契約でリース期間が修了する時には、その車を購入できる場合がありますが、このときはローンで払えなかった残額を支払う必要があります。一方、クローズドエンド契約の場合、この「予想買い取り価格」という概念がないため、リース期間が終了したら、車を返却して完了です。

 

カーリースのメリット・デメリット

オープンエンド契約のカーリースは、ローンを組むのと似ていると説明しましたが、カーリースの利点は何でしょうか?ローンを組む場合と大きく異なるのは、法人でリースすると経費に計上できるという点です。

個人でカーリースをする場合、この点は関係ありません。しかし、例えば会社で商用のミニバンを借りるという場合は、リースした方が税金は安くなるのです。一方、ローンで車を購入する場合、会社の資産となるため、資産税がかかってしまいます。

カーリースを利用するメリットのもう一つは、管理コストの削減です。個人で車を所有している場合、その管理をするのはオーナーですが、会社で共用の車を購入する場合には、管理に大きな手間がかかります。そのため、車の税金のことや、修理のことをカーリース会社が一括して管理する方が楽なのです。

会計管理が非常に楽になるというのもカーリースのメリットです。毎月かかる費用は、燃料代とリース代だけなので、複雑な税金や保険料の計算をする必要がありません。

さらに、カーコンカーリースもろコミなどのカーリースサービスを利用すれば、ガソリン代のキャッシュバックが受けられるというのも大きなメリットといえます。

しかし、カーリースの難点もあります。それは、車の持ち主はあくまでもカーリース会社なので、返却の際に故障や汚れがあると、精算金を払わなければならないという点です。これについては、車を綺麗に維持して乗れるのであれば、カーリースでも問題ないでしょう。

走行距離が決まっているというのもデメリットです。毎月何千キロと決められているので、毎日長距離を移動するという方には不向きです。毎日仕事に使いたい場合や、営業や配達で街中を走り回るという方はローンで購入した方が良いでしょう。

また、カーリースだと、基本的には途中解約ができないため、車に飽きやすい方には不向きです。2〜3年で乗り換えたいと言うのであれば、カーリースはオススメできません。カーリースは長く大切に車に乗りたい方や、共用の車の場合に適しています。

 

ローン購入のメリット・デメリット

ローン購入にもメリットとデメリットがあります。

ローン購入のメリットは車の所有権がドライバーにあるということです。カーリース車は自由にカスタマイズしたり、改造したりできないのに対し、購入した車の場合は、違反にならない範囲で自由にカスタマイズできます。

車を自分の愛車にしたい方にとっては、ローンで早めに完済してしまった方が、気が楽でしょう。カーリースだと、数年間ずっと「借りている」車であるという事実は変わりません。車が特別好きな方ならば、ローン購入の方が良いということになります。

一方、ローン購入のデメリットは、維持・メンテナンスの費用や契約時の費用の処理を自分で行なわなければならないという点です。車をいじるのが好きで、メンテナンスなどは自分で行えるというのであれば、問題ありません。しかし、自分でメンテナンスが行えない方にとっては、労力的にも金銭的にも負担になります。

車の税金は細かく分けると9種類ほどあり、自分でローン購入した場合、こういった税の支払いや保険料の支払いをすべて自分で管理しなければなりません。そのため、こうしたさまざま手続きが面倒だと言う方にはカーリースがオススメです。

 

カーリースとローン購入の費用を比較

ここで、ローン購入した場合とカーリースを利用する場合の具体的な費用を比較してみましょう。ここでは、カーコンカーリースもろコミを例にとって、ローン購入の費用と比較してみます。対象は、新型のフィットハイブリッドです。

ホンダ フィット ハイブリッド カーコンカーリースもろコミ(7年) ローン購入(7年)
本体価格(税込価格) 1,699,920 1,699,920
諸費用(頭金) 0 196,070
月々の支払額 13,068 19,200
初回支払額 0 19,453
平均の月支払額(ボーナス月含む) 30,564 19,203
車検を含むメンテナンス費用 0 500,000
自動車税・重量税(3回分) 0 188,100
合計 2,567,376 2,497,222

上記の表からも分かるように、ローン購入した場合と、カーコンカーリースもろコミで7年間使用した場合は、総額がほぼ同じということになります。ここでポイントになるのが「車検を含むメンテナンス費用」の部分で、これにはタイヤやオイル交換の代金、車検手数料なども含まれています。

低く見積もってこれだけなので、これ以上かかる可能性もあります。比較のポイントとしては、この費用をどれだけ抑えられるかという点です。メンテナンスや車検などを自分で行うことができ、手数料などのコストを削減できるというのであれば、ローン購入の方がオススメです。

一方、車について詳しくないという方や、仕事や家の用事が忙しくて時間がなく、車のメンテナンスができないという方の場合、ディーラーなどに頼らなければならないため、余計な費用がかかってしまいます。その場合、毎月固定でリース代を払った方が、ローン購入で自己管理するよりも安くなる可能性があります。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースには年齢制限があるのか?申し込みで気になる点を徹底解説!

カーリースの利用を検討されている方は多いかもしれませんが、カーリースに年齢制限はあるのでしょうか。未成年はどうなのかという問題もありますし、最近では、高齢者の方の運転に関しても難しい問題になってきていますよね。今回はカーリースを申し込む際の年齢制限について、詳しく解説していきます。

カーリースした車にすり傷が!知っておきたいカーリースのルールやリース会社の選び方

「カーリースした車にすり傷をつけてしまったらどうなるの?」「すり傷を一つもつけないほど綺麗に乗りこなす自信がないのだけど…」という方は多いでしょう。実際、車に乗っていれば、縁石にタイヤをこすってしまったり、壁にボディをこすってしまったりするような大失敗もあり得ます。 このような傷を作ってしまった場合どのように対処すれば良いのでしょう?今回は、すり傷を含め、カーリースした車を傷つけてしまった場合の対処法や、その他カーリースのルールについて紹介します。

SUVの代表格!ハリアーに乗るにはカーリース利用がおすすめ!

スタイリッシュなSUVに乗りたい、そんな人に選ばれる車がハリアーです。そのボディは、道路を走っていても一際目を引く存在感があります。そんなハリアーに乗りたいのなら、カーリースがおすすめです。 カーリースなら憧れの車も気軽に乗り始めることができ、お得に手に入れることも可能なのです。なぜカーリースはお得にハリアーに乗れるのでしょうか。そこで、ハリアーの魅力と、カーリースのお得な仕組みを紹介します。

カーリースで短期の契約はできる?一ヶ月から契約可能なプランを紹介!

最近注目を集めている車の利用方法でもある「カーリース」。このカーリースですが、基本的には3年から5年といった長期の契約を前提としたサービスとなっています。ここで気になるのは、短期のカーリース契約はできるのかということですよね。今回はカーリースで短期契約ができるかどうかという点や、一ヶ月から契約可能なプランをご紹介します。

カーリースに興味がある方必見!契約から納車までの流れを人気のカーリース会社別にご紹介

最近注目の車の利用方法でもあるカーリース。月々の支払いを一定額にすることができるというメリットがあるので、利用を検討している人も多いのではないでしょうか。カーリースの利用において、気になるのは、契約から納車までの流れですよね。今回は、カーリースの契約から納車までを、代表的なカーリース会社を例に出しながらまとめていきます。