カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースと割賦(かっぷ)は同じもの?カーリース・レンタル・割賦の違いを解説!

マイカー購入とレンタルの違いは分かるけれど、カーリースと割賦(かっぷ)の違いとなると、はっきりと説明できない方もいます。この記事では、カーリースとレンタル、割賦の違いを詳しく説明します。違いを見極めて、ご自分にふさわしい利用方法を見つけましょう!

カーリース・レンタル・割賦の違いとは?

まず、カーリースとレンタルの違いについてですが、これは多くの方が認識している通り、期間の違いがあります。レンタルは一般には1日から3週間程度の短期なのに対し、カーリースの場合は、最低1か月から、長い場合で5年、7年、9年の契約となります。

レンタルの場合は、所有権も使用者もレンタル会社になりますが、カーリースの場合は、所有権のみがカーリース会社となり、使用者はあなたになります。カーリースは中途解約ができないのに対し、レンタルは中途解約が認められます。

割賦(かっぷ)とは、一般的に代金を分割して支払うことを指します。割賦には後払い式と前払い式があり、後払い式の割賦は、買い手が先に商品を手に入れた後に、料金を分割して支払う方式です。

前払い式の割賦の場合は、代金を分割して商品を手に入れる前に払い始め、後に一定額に達した時点で商品を手に入れます。

割賦取引の場合、通常は5年以内の契約期間が設定され、商品を受け取った後に割賦金を支払い、完済後に所有権があなたに移ります。割賦取引の場合は、基本的には中途解約ができないので、契約前によく考える必要があります。

カーリースと割賦の大きな違いとして、割賦取引は、管理責任があなたにあるということです。所有権はないものの、あなたの自己資産として、固定資産税を納める必要があるのです。カーリースと割賦取引は表面上似ているものの、所有権や管理責任などの点で大きく異なります。

 

自動車の場合の割賦契約とは?

多くの方がカーリースを利用する理由には、頭金が必要なく、低いイニシャルコストで新車に乗ることができるという点があります。この点では自動車の割賦販売も同じで、頭金を支払う必要がないため、まとまったお金がなくても新車を手に入れられます。

割賦契約なら、支払期間などを柔軟に設定でき、経済状況に合わせて返済期間を長くしたり、短くしたりできます。カーリースの場合は契約形態が賃貸借契約になるのに対し、割賦契約の場合は、売買契約となります。

割賦契約の場合、カーディーラーとあなたの間をカーリース会社が仲介します。割賦契約では、あなたが毎月割賦金を支払い、仲介のカーリース会社がカーディーラーに車両代金を支払います。自動車税などの納付は車を使用する人が行う必要があります。

 

今話題のカーリースと自動車購入の割賦は全く別物!

今話題になっているカーリースは、マイカー購入の際の割賦契約とは違います。では、どのように異なっているのでしょうか?今話題のカーリースの中には、クローズドエンド契約のものがあります。クローズドエンド契約だと、契約期間が満了した後、清算金を支払う必要がありません。

契約をする時に予想買い取り価格を設定する必要はなく、7年、9年の契約期間が終了すれば、そのまま車をもらえる場合もあります。カーコンカーリースもろコミのもろコミ7、もろコミ9のような契約がこのタイプのカーリースになります。

カーコンカーリースもろコミでは、支払いプランを自由に設計する事ができます。自分のライフスタイルに合わせてプランを組めるので、どんな方にも利用しやすいカーリースと言えるでしょう。月税込8,000円からピカピカの軽自動車に乗れます。

カーコンカーリースもろコミで、月税込8,000円でカーリースできる軽自動車には、ダイハツミライースLとスズキアルトLがあります。ダイハツミライースLは、車内インテリアはシンプルなものの、2WDで燃費がJC08(ジェイシー・ゼロハチ)モードで、リッター当たり35.2kmという低燃費の車です。

カーコンカーリースもろコミでカーリースした車は、ガソリン代キャッシュバックキャンペーンの対象となります。リース期間中であれば、1リットル当たり20円のキャッシュバックが受けられるため、年間24,000円の節約ができます。ガソリン代キャッシュバックは月最大2,000円となります。

※本キャンペーンは、2018年9月30日(日)までに、カーコンカーリースもろコミのWEBサイトまたは販売店よりお申込みのうえ、販売店でご契約の方が対象となるとのことです。
※キャンペーンは予告なく、変更・終了する可能性があります。

もろコミ9の場合、契約期間が9年となるため、ガソリン代キャッシュバックを利用すれば、最大で合計216,000円のコストダウンになります。長期的な目で見ると、カーコンカーリースもろコミのガソリン代キャッシュバックキャンペーンはかなりお得です。

なお、カーコンカーリースもろコミで月税込8,100円のプランを選択すれば、より多くの種類の軽自動車から自分の好きな車を選べます。ムーヴLやタントカスタム、ウェイク、アルトラパンLなど、女性に人気の車種があります。

 

カーリースはこんな人におすすめ!

数十万円以上のまとまったお金を用意するのが困難な場合、頭金を支払う必要がないカーリースがオススメです。「新車にのりたい!でも頭金を払うのが難しい」という方も、カーリースなら気楽に新車に乗り始められます。

カーリースには残価設定をする場合と、しない場合があります。車を大切に乗れる方であれば、残価設定のカーリース契約でも大丈夫ですが、7年、9年とキレイに乗る自信がないという方にはオススメできません。カーリースが向いているのは、1台の車を大切に5年、7年、9年と長く乗りたいという方です。

法人の方で、社員間で車を共有する場合もあります。カーリースの場合、車の所有者はカーリース会社なので、法人の所有物とはならず、税金が安くなります。そのため、コストダウンのためにカーリースを利用することもできます。

また、これは一般家庭でも法人でも言えることですが、料金が毎月一定なので、財務計画が立てやすいという事もカーリースのメリットとして挙げられます。

契約期間中は、カーリースした車にかかる毎月の費用が固定なので、数年先の計画も容易に立てられます。毎月の車の出費を固定化したい方にも、カーリースが向いています。

オリックスカーリースの「いまのりくん」は5年契約となりますが、2年乗った段階で他の新車に乗り換える事ができます。常に新車に乗りたいという新しいもの好きの方は、「いまのりくん」のようなカーリース契約が向いていると言えるでしょう。

車の利用の仕方には、レンタカー、カーリース、マイカー購入、割賦契約など様々な形態があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、あなたのライフスタイルに合わせて一番良い方法を選びましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリース会社ランキングと人気車種ランキングをご紹介します!

カーリースは、長期の契約で車を借りて利用できることで人気を集めています。以前はカーリースと言えば専ら法人向けのサービスでしたが、今は多くの会社が個人向けのカーリースを展開しています。国産であれば全メーカー、全車種を利用できるところも少なくありません。ここでは「おすすめの個人向けカーリース会社ランキング」と「カーリースの人気車種ランキング」をご紹介します!

カーリース中の税金は誰が納めるの?車の購入や維持に必要な税金の種類も知っておこう!

車を購入・維持していくためには様々な「税金」を納める必要があります。どんな種類の税金があって、それは誰が納めるものなのか?カーリースを検討している方であればぜひ知っておいて欲しい部分でもあります。今回は税金の種類と誰が納めるのかを解説します。

カーリースなら、話題のSUVも手軽に乗れちゃう!SUVの魅力もご紹介!

力強く悪路や海岸線を走る姿が目に浮かぶSUVは、日常からアウトドアの世界へ連れ出してくれる魅力的な存在です。また、タウンユースにも違和感なく溶け込むSUVのデザインに魅力を感じる方は多いのではないでしょうか? 存在感の強いSUVは「1度は乗ってみたい」と思うものの、車両価格がネックとなり、SUV購入に二の足を踏む方は少なくないようです。まさに高根の花と言えるSUVですが、現在はカーリースで憧れのSUVに格安で乗ることができます。

カーリースで輸入車に乗ろう!

「フォルクスワーゲン」「メルセデスベンツ」「フォード」など、外国の車に憧れる人はたくさんいますが、輸入車は価格が高いのでなかなか手が出しづらいと感じる人もいることでしょう。しかし、カーリースであればお手頃な料金で輸入車を楽しむことができます。ここでは、輸入車を扱っているおすすめのカーリース会社をご紹介します!