カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースと残価設定ローン、それぞれどんな人が向いているの?共通点や違いなどをご紹介!

近頃CMなどでもよく耳にする“残価設定ローン”。経済的な負担を少なくしたい人には嬉しい購入方法ですが、同じく近年人気の「カーリース」とシステムが似ています。 「残価設定ローンとカーリースはどう違う?」「自分にはどちらが向いているのか?」などの疑問や悩みを持つ方に向けて、今回は両者の特徴やメリットデメリット、共通点などの解説をしたいと思います。

残価設定型ローンとは?

価設定型ローンは、購入する車の価格から、3年後や5年後など、数年後に残ると想定された残存価格を差し引き、残りの金額を分割で支払うローン体系のことを指します。

契約が満了した後は、また別の新しい車に乗り換えるというケースが多いため、ディーラーがリピーターを増やす、いわば囲い込みの発想がきっかけで生まれた方法がこの残価設定型ローンです。

具体的に、残価設定型ローンの例を挙げてみたいと思います。

例えば、価格が300万円の新車を3年乗るとして、その3年後に残ると想定される車の価値が170万円だとした場合、残りの130万円を3年間の間に分割して毎月支払うことになります。

残存価格の設定方法はディーラーによって異なりますが、あらかじめ決められた方法で残価率を設定します。

車を一括や通常のローンで購入する場合、車両代の100%を支払わなければならないため、欲しいと思った車に手が届かず購入を断念するというケースも少なくありません。

しかし、残価設定ローンを活用すれば、設定された残価を差し引いた額、つまり自分が使用する期間分だけ支払えば良いので、経済的な負担が少ないというメリットがあります。

購入した車を3年間乗ると想定した場合、先ほど例に挙げたように、設定された残価の170万は据え置き、最終回の支払いに充てることになります。

では、最終支払いはどのように行うかというと、次のようなパターンがあります。

同じディーラーで新しい車に乗り換えローンを継続する

車を返却する

車を一括または分割で買い取り乗り続ける

短期間で異なる種類の新しい車に常に乗りたい、と思う方は①、最初から期間限定で車に乗る予定だったという人は②、乗っている時に車に愛着が沸いたり乗り心地が気に入ったりしたら③、といった選択になるでしょう。

残価設定ローンは、車を所有したいけれど経済的な負担がかかることを避けたい人にとってはとても画期的な購入方法だといえます。

 

残価設定ありのカーリースとの違い・共通点

残価設定ローンの仕組みとよく似たシステムに「カーリース」があります。

以前は、カーリースといえば法人向けサービスにとどまるものでしたが、ここ数年で個人向けカーリースサービスが普及し、新しい車の乗り方のひとつとして人気が高まっています。

カーリースは、ディーラーが所有する車を3年、5年、7年などの数年単位で借りるサービスです。

こちらも、契約年数が満了した際の残価をあらかじめ設定し、残価を差し引いた金額を毎月支払うという料金体系で、契約満了後は「車を返却」「別の車種に乗り換え」「買い取り」のいずれかを選択することになります。

料金体系や契約満了後の選択肢だけを見ると、残価設定ローンで車を購入するのと相違がないように感じられます。しかし、カーリースには残価設定ローンにはない下記のような特徴があります。

・頭金が必要ない
・登録費用、車検代、税金、自賠責保険料などがすべてリース料に含まれている
・所有権はディーラー側にある
・法人の場合リース代を必要経費として計上できる

カーリースを利用する際の最大のメリットは、「毎月の支払いが一定でまとまった支出がない」という点にあります。

残価設定ローンも、通常購入よりは経済的負担を抑えられますが、毎月の支払いはあくまで車両代にかかっているもので、税金や保険など車の維持に欠かせない諸費用は別途支払わなくてはなりません。事故や故障の際にも、修理は自身で行う必要があります。

一方、カーリースはディーラーが所有する車を数年単位で借りて自分の車のように乗ることができるというサービスなので、いわばレンタカーの延長線上のサービスといえます。

車を所有する際に必要な手続きや手配はすべてディーラー側で行い、車両代にそれらの金額を乗せた分を分割して支払うため、毎月の支出が安定し、家計のやりくりがしやすくなります。

また、リース会社にもよりますが、修理が必要になった際に、リース会社の方で修理にともなう作業や費用を負担してくれるケースもあります。

しかし、これらのメリットがある分、手数料がプラスされるため、毎月の支払い額は残価設定ローンよりも高くなる傾向があります。

 

残価設定ローン・カーリースそれぞれどんな人に向いている?

残価設定ローンとカーリースの特徴や違い、メリットをお伝えしましたが、それぞれ、どのような人に向いているのでしょうか。

まず、カーリースは次のような人におすすめです。

<カーリースに向いている人>

・まとまった頭金を払いたくない
・とにかく月々の支払いを一定にしたい
・面倒な税金手続きやメンテナンスを自分で行いたくない
・長期間乗る予定がない(数年で新しい車に乗り換えたい)

月の支払いを一定にしたいという人はもちろん、面倒な税金関係の手続きやメンテナンスのことはよくわからないといった方は、カーリースの方が楽だといえるでしょう。多忙で時間がない人や、年輩の方には向いていると言えます。

一方で、次の項目に当てはまる方は、カーリースよりも残価設定ローンのほうが向いているかもしれません。

<残価設定ローンに向いている人>

・毎月の支払いを抑えたい
(※ボーナスなどがあり、たまに発生する大きな支出は問題ない)
・3年以内の使用を検討している
・長期間使用する予定がない

先述したとおり、残価設定型ローンはカーリースよりも毎月の支払額に関しては安くなるケースが多いため、最終的に支払う額を少しでも抑えたいという人は残価設定ローンの方がおすすめです。

ただ、月によって発生するメンテナンス費や税金などの大きな支出は問題なく支払えることが前提となります。

 

残価設定ローン・カーリース利用時の注意点

残価設定ローンでの車購入もカーリースも、できるだけ費用を抑えて新しい車に乗りたいと考える方には便利なサービスですが、次のような共通した注意点もあります。

金利は残価分にもかかる

ローンを組む際には当然ですが金利がかかります。残価設定ローンの金利は、実際に乗る分だけ(残価差引後の価格)にかかるものだと思われる方が多いのですが、実は残価分にも金利はかかってきます。

その車には3年間しか車に乗る予定がないのに、金利は車両全体の価格に対してかかるというわけです。

契約満了後にもし車を買い取るという選択をした場合、残価分を一括または分割で支払うことになります。

しかしながら、その支払いに対してもさらに金利がかかるので、残価設定ローンで最終的に車を買い取る場合、金利が二重に発生するということを頭に入れておいた方が良いでしょう。

この残価分にかかる金利は、カーリースの場合にも同様に当てはまります。

毎月の距離制限や使用法に注意

残価設定ローンもカーリースも、毎月の走行距離に制限がついていることがほとんどです。車は走れば走るほど傷んでいきますので、走行距離は契約満了時の査定に大きく響くということになります。

それによって契約満了時の査定額が当初想定していた残価よりもずっと下回り、差額を支払わなくてはいけないといったケースが発生する可能性があります。長距離での車の使用が多い方は注意が必要です。

このように、残価設定ローンもカーリースも、それぞれメリットとデメリットがあります。自分自身の生活環境や、どんな目的で車に乗りたいかといった点をよく考え、方法を賢く選択すれば、手が届かないと思っていた新車にリーズナブルに乗ることができるでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの契約期間ってどれくらい?契約期間の途中で解約はできるのか

カーリースでは契約期間をあらかじめ決めておく必要があります。手軽な月額料金のみで新車が利用できると話題のカーリースですが、契約期間の長さはどのくらいあるのでしょうか。また、契約期間満了を待たずに解約できるのかも気になるポイントでしょう。ここでは、カーリースの契約期間や、途中解約ができるのかなどを解説します。

車検証とはどんなもの?発行や再発行にはどのような手続きが必要?

車を保有するのであれば欠かせないのが車検ですが、車検証の重要性を実感する機会は少ないのではないでしょうか。普段は、自賠責保険証と一緒にグローブボックスに入れっぱなしになっていて、しっかりと内容を確認したことがないという方も多いのではと思います。 ここでは、車検証とはどういうものなのか、氏名や住所変更の際にはどんな手続きが必要なのか、また万が一、紛失してしまった場合にはどうすればいいのかなどをご紹介します。

均等払いでカーリースを利用したい!均等払いでも支払い額を抑えられるカーリースプランの選び方とは?

カーリースといえば、月額一定の料金を支払うことで、車を利用することができるサービスとして知られています。月々の支出を安定させることができるので、家計も計画的に行うことが可能です。しかし、本当にカーリースの利用料金は毎月一定なのでしょうか。今回は、気になるカーリースの均等払いについてまとめていきます。