カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースとレンタカー長期レンタルはどちらがお得?実際の金額をシミュレーション!

カーリースと長期レンタカーでは、どちらがお得に車を利用できるのでしょうか?料金を比較して徹底検証します!

タイトルアイコン

乗りたいときにすぐ乗れる!毎月定額で新車購入

短期間でも契約できるカーリースが増えている今、一定期間だけ車を使いたいなら短期カーリースが断然便利!お得な定額料金で新車も選べるメリットを生かして、あなたの乗りたい車で短期カーライフを楽しみましょう。

カーリースとレンタカーで提供されているサービス内容の違いとは?

購入することなく必要に応じて借り受けた車が使用できるサービスとして、カーリースとレンタカーが挙げられ、国内各地で多くの企業がカーリースとレンタカーのサービス提供を行っています。

双方ともサービスの基本的内容が車両貸し出しであることからカーリースとレンタカーのサービスは混同されがちですが、カーリースとレンタカーでは車両貸し出しサービスの内容が異なります。

カーリースは長期レンタル契約を結び利用者が希望する車をカーリース会社が代理購入し、車両とリース車(レンタルした車)の使用権を貸与するサービスです。レンタカーはレンタカー会社が所有する車両を不特定多数の利用者に対して貸し出すサービスで、レンタル期間がカーリースのように長期契約でないものが一般的です。

既述のとおり長期契約を結ぶカーリースは車検証の使用者欄が利用者名義となりますが、カーリースのように長期契約を結ばないレンタカーは車検証に利用者の名義は記載されません。

また特定の利用者が長期使用するカーリースはリース車両の登録区分を通常の自家用登録で行いますが、不特定の利用者が短期使用を繰り返すレンタカーは貸渡自動車として登録され「わナンバー」や「れナンバー」が交付されます。

カーリースの契約時は利用者が車庫証明を取得する必要がある

不特定多数の利用者に車両を貸し出しするレンタカーはレンタカー会社が車庫証明を取得しますが、特定の利用者に車両を貸し出すカーリースは利用者自身がリース車両の保管場所を確保する必要があり、車庫証明を取得する必要があります。

利用者が希望する車両をカーリース会社が代理購入し車両と使用権を貸し出すのがカーリースのシステムで、車検証の所有者欄はカーリース会社の名義、使用者欄は利用者の名義が記載されます。

カーローンを利用して車両購入を行った場合もローンを完済するまではローン会社に所有権留保が行われ、車検証の所有者欄はローン会社の名義・使用者欄は利用者の名義が記載されるのと同様だと言えます。

カーリースとレンタカーは似たようなシステムだと認識されがちですが、カーリースはレンタカーよりもローンで車両購入するシステムに似ていると言えるでしょう。

車検証内に利用者の名義が記載されるため、利用者は確保した駐車場で車庫証明を取得し、カーリース契約時に提出する必要があるため、リース車両のナンバーは利用者が居住する地域を管轄する陸運支局が発行するナンバーとなります。

 

長期レンタル契約を結ぶカーリースの契約期間とは、通常どれくらい?

カーリースの契約期間は、どれくらいの長さが一般的なのでしょうか?主なカーリース会社の契約期間を見てみましょう。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

7年と9年から選択できます。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

5年、7年、9年の中から選びます。

コスモスマートビークル(コスモ石油マーケティング株式会社)

3年、5年、7年から選択します。

リースDeマイカー(日本カーソリューションズ株式会社)

5年、7年、9年の中から選択できます。

カースマ(住友三井オートサービス株式会社)

3年、4年、5年、7年のプランがあります。

オートフラット(出光興産株式会社)

5年と7年から選択可能です。

このように見ますと、カーリースの契約は、基本的に数年間の長期に及ぶことが分かります。長期レンタカーは1週間や1カ月などの利用を前提としていますので、契約期間が数年間のカーリースと料金やサービスを比較するのはナンセンスです。

ただし、最近は個人向けのカーリースの認知度が高まり、ニーズが増えてきたことから、短期のカーリースのサービスもたくさん登場してきました。次の項目で、短期のカーリースがどれくらいの契約期間で利用できるのかを見てみましょう。

 

長期レンタルが基本のカーリース契約の最短契約期間はどのくらい?

長期の契約のカーリースでは、新車をリースするのが一般的です。

リース契約が成立してからカーリース会社がディーラーから車を調達しますので、利用者はさまざまなメーカーや車種を自由に選択してリースできます。一方、短期のカーリースは中古車のリースとなります。

一般的なカーリースサービスである長期契約の新車リースを提供するカーリース会社は非常に多く存在し、各社が独自のリースプランを打ち出しているのでカーリースを利用して車両調達を行う際は「どのカーリース会社を利用するのか?」が重要なポイントとなります。

数あるカーリース会社のなかでもお得なリースプランを打ち出し高く評価される人気の高いカーリースとして

カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースもろコミは契約満了で車がもらえる、そして残価設定なしといったプランを提供しており、カーリースのデメリットといわれるほとんどの部分をカバーしたカーリースサービスとなっています。カーコンカーリースもろコミの基本プランは7年契約の「もろコミ7」・9年契約の「もろコミ9」の二種類となっており、こちらは契約満了で車がもらえるプランです。

また新車リースには「もろコミ特選者」もあり、契約満了で車をもらうことはできませんが、カーアクセサリーやメンテナンスパックなどが追加されたお得なプランとなっています。ほかにも特選車限定の特典などもあるので、お得に利用したい方にはお勧めのプランと言えます。

そのほか、カーコンカーリースもろコミにはもろコミが厳選した輸入車の中古車を取り扱う「もろコミ中古車リース」も提供しています。

カーコンカーリースもろコミはカーリースのデメリットといわれる部分をカバーしているとともに、理想的なカーライフの実現を力強くサポートするカーリースサービスとなっています。

オリックスカーリース

5年契約の「いまのりくん」・7年契約の「いまのりセブン」・9年契約の「いまのりナイン」の三種類の新車リースを提供し、契約から2年経過すれば車両返却や乗り換えが可能となる自由度の高いリースプラン「いまのりくん」が高く評価されているカーリースサービスです。

定額カルモくん

最長11年契約でリース車両を定額で利用できる「定額カルモくん」は、オリックス自動車との提携で実現するリーズナブルな月額料金が人気で急速に利用者が増加しているなど、注目度の高いカーリースとなっています。

コスモスマートビークル

ファイナンスリースの「ホワイトパック」、メンテンテナンスリースの「シルバーパック」・「ゴールドパック」の三種類の新車リースと共に割引価格での給油や運転免許教習とカーリースをパッケージした「コスモのMyカーリース めんくるパック」などユニークなプランが人気のカーリースサービス。

などが挙げられ各社が打ち出す非常に魅力的なリースプランのなかから「どのようなカーライフを実現するのか?」というニーズにマッチしたカーリースサービスを選ぶことができればカーリースを利用して理想的なカーライフを実現することが可能です。

ライフステージに合わせた乗り換えが迫られることも想定しながらカーリース会社とリースプランを比較検討することをおすすめします。

一方、短期のカーリースは中古車のリースがほとんどとなります。

ですから、利用者は車を在庫の中から選ばなければなりません。これは短期のカーリースのデメリットと言えますが、新車のリースとは違って、短期の契約ができるというメリットがあります。

では、短期カーリースは最短どれくらいの期間から利用できるのでしょうか?主な中古車のカーリース会社が設定している契約期間を見てみましょう。

リボーン・カーリース(リボーン・カーリース株式会社)

最低契約期間は1カ月で、1カ月単位で契約期間を設定することが可能です。

ニチゴカーリース(株式会社FIFTEEN)

最低契約期間は1カ月です。1カ月単位でリース期間を決められます。

ワンコインリース(潮来自動車販売株式会社)

最低契約期間は1カ月で、その後1カ月単位で契約期間を設定できます

ニコリース(株式会社MIC)

最低契約期間は2カ月です。1カ月単位で契約期間を選べます。

このように見ますと、中古車のカーリースであれば、1カ月などのかなり短い契約期間で利用できることがわかりますね。1カ月から利用できる短期のカーリースであれば、長期レンタカーと料金を比較してみる価値があると言えるでしょう。

 

カーリースと長期レンタカー長期未満、短期以上のレンタルはどちらがお得?

ここで、短期カーリースと長期レンタカーの料金を比較してみましょう。

軽自動車を1カ月利用した場合の料金を比べてみます。カーリースは「ニチゴカーリース」(株式会社FIFTEEN)の料金、長期レンタカーは「ニコニコレンタカー」(株式会社MIC)の料金を調べてみました。

短期カーリースの料金

軽自動車「ダイハツ ムーヴ」の月額リース料は16,200円(税込)です。これに加えて初回利用時の諸費用として27,000円(税込)かかり、合計43,200円(税込)となります。

各種税金や自賠責保険料、車検代はリース料に含まれていますが、任意保険は自分の負担で加入する必要があります。

※料金は変更になる場合があります。

長期レンタカーの料金

軽自動車クラスの通常料金は24時間3,600円(税込)です。毎日利用すると1カ月で約109,440円(税込)と、かなり高額になってしまいます。

週に5日利用する場合で77,400円(税込)、週に3日利用する場合で46,440円(税込)、週に2日利用する場合で30,960円(税込)です。

ニコニコレンタカーの車両には、保険補償制度が付いていますので、任意保険に加入する必要は必ずしもありません。

任意保険料がかからないことを考慮に入れると、平均して週3日未満の利用であれば長期レンタカー、週3日以上の利用であればカーリースの方が安く車を利用できるという結論になります。

「ウィークデーコース」を利用すると、月曜日から金曜日の5日間レンタルを通常よりもお得な料金で利用できます。料金は5日間で13,500円(税込)です。毎週利用すると1カ月で58,050円(税込)となります。

1カ月のうち、3週だけ利用すると40,500円(税込)、2週だけ利用すると27,000円(税込)となります。3週までの利用であれば長期レンタカー、それ以上の利用であればカーリースの方がお得だと言えます。

※料金は変更になる場合があります。1カ月の合計料金は1カ月=4.3週で計算しています。

以上の比較から、1カ月の間に日常的に車が必要なのであれば、長期レンタカーではなく、短期カーリースを利用するのが賢明であると言えます。

ちなみに、カーリースの「初回利用時の諸費用」は2カ月目以降にはかかりませんので、2カ月以上継続して車を利用する場合、カーリースのお得度はさらにアップします。

ただし、カーリースの場合、1カ月あたりの走行距離に制限が設定されていることがあります。制限を超過すると追加料金が発生してしまいますので注意しましょう。

 

カーリースとレンタカーの長期レンタル、それぞれのサービス利用のメリット・デメリットとは?

カーリースとレンタカーはどちらも借り受けた車両を使用できるサービスですが一般的なカーリースは数年単位の契約期間、レンタカーは数時間から数週間の契約期間を前提としておりどちらが長期未満、短期以上のレンタルに適しているのかの判断が難しいところです。

しかしカーリースの契約内容とレンタカー契約内容を十分確認して見ると、カーリースを利用することで得られるメリットとデメリット、レンタカーを利用することで得られるメリットとデメリットが炙りだされてきます。

契約期間やサービス内容、契約内容などが異なり、似て非なるサービスであるカーリースとレンタカー双方の利用で生じるメリットとデメリットを確認しながら紹介します。

また、既述のとおりカーリースを利用して手に入れたリース車両は、利用者の居住する地域を管轄する陸運支局で使用者欄に利用者の名義を記載して登録されますので、一般ナンバーが交付されます。

レンタカーのように「わナンバー」や「れナンバー」ではない一般ナンバーですので、車検証の所有者欄を確認しないかぎりカーリース会社から借り受けた車両であると判断できません。

車検証の所有者欄を確認してもカーリース会社のことを知らない場合は「ローンで購入した車両?」と認識されるケースが多く、「他人に借り受けた車両を利用しているのを知られたくない」と考える利用者でも安心してカーリースを利用することができます。

近年運転マナーの悪いドライバーが増加し社会問題化していますが、「わナンバー」や「れナンバー」の車両は特にターゲットにされやすい傾向にあると言われていますので、一般ナンバーが交付されるカーリースは走行時の安全を確保する効果が期待できます。

 

カーリースを利用するメリット

カーリース利用の最大のメリットは利用者が希望する車両をカーリース会社が代理購入し借り受けられる点だと言っても過言ではなく、利用者は車両購入費用を直接負担することなく使用者欄の名義が利用者の形で車を使用できます。

車両の所有権がカーリース会社に帰属し月々の使用料でリース車(レンタルする車)を利用できるシステムはマイカーローンのシステムに似ていますが、カーリースではローンで車両購入を行う際に必要となる頭金が求められないのもメリットだと言えるでしょう。

カーリース契約には車両購入費用や自動車税、自動車重量税などの自動車諸税、自賠責保険料、点検整備や車検基本料金などを利用者が直接負担する必要がないメンテナンスリースと呼ばれる契約が存在します。

メンテナンスリース契約を結べば利用車は月々の定額使用料以外に駐車場代やガソリン代、任意保険料などの負担だけで希望する新車を利用できるためカーリースは自動車版のサブスクリプションサービスだと言えるでしょう。

維持費が変動しないサブスク方式で希望する新車を利用できるのは利用者にとって非常に大きなメリットだと言えますが、カーリースには残価設定で定額料金を抑えるシステムも存在します。

残価は契約期間満了時に見込めるリース車両の資産価値を指すもので、車両購入費用から残価を差し引いた額をベースに算出したカーリース料金を契約期間で分割支払いするのがカーリースの定額使用料です。

通常契約満了時のリース車両には新車価格の30~45%程度の資産価値が見込めるため、この額を差し引いた金額に各種費用や手数料が加算されますがザックリ計算すると利用者は30~45%引きの価格で新車を利用できると言えます。

 

カーリースを利用するデメリット

長期レンタル契約を結び希望の新車を利用できるカーリースですが、マイカーローンと異なるためいくら長期間使用料を支払っても所有権はカーリース会社のままである点をカーリースのデメリットと捉える方もいるかもしれません。

またカーリース会社が行う残価設定は月々の定額使用料を抑えるために効果的ですが、契約期間満了時にカーリース会社が見込んだ資産価値を確保するためにリース車(レンタルしている車)には走行距離制限などの使用制限がかけられます。

契約満了時には原状回復したリース車(レンタルしている車)をリース会社に返却する必要あり、事故や改造、過走行などで通常使用よりもダメージが大きく原状回復できないと判断された場合は違約金や追加料金が発生するのもカーリース利用のデメリットだと捉えられるケースが少なくありません。

ただし、中にはカーコンカーリースもろコミのような残価設定なし、契約満了で車がもらえるという、従来のカーリースの常識を打ち破ったカーリースサービスも存在します。カーコンカーリースもろコミのようなカーリースサービスであれば、契約満了時に追加料金などが発生することもありませんので、カーリースを利用するデメリットに含まれないことになります。

もし、カーリースサービスを利用するのであれば、こういったカーリースのデメリットといわれる部分をカバーしているカーリース会社を選ぶことがポイントです。

 

長期・短期含むレンタカーをレンタルするメリット

レンタカーの契約は数時間から数週間の利用を前提に行われるため、短期間の利用であればコストを抑えた利用が可能であるのがレンタカーのメリットです。憧れの高級車などでも数時間の利用であれば、驚くほどの低価格なレンタル料で利用できるケースも存在します。

また不特定多数の利用車が利用するレンタカーは万一の事故に備えた保険に加入しているため、重大事故を起こした場合でも免責額以上の補償はレンタカー会社が加入する保険で賄われるのもメリットだと言えます。

 

長期・短期含むレンタカーをレンタルするデメリット

レンタカー利用中に事故を起こしてしまった場合、免責額以上の補償はレンタカー会社が加入する保険で賄われますがレンタカーの修理期間の営業補償が利用者に求められるケースが珍しくありません。

またレンタカー会社が所有する車両を不特定多数の利用者がレンタルするレンタカーは、希望する車両を利用できないケースも存在しますし、短期契約が前提となるため長期レンタルを行うとレンタル料が高額となる傾向が強いのもレンタカー利用のデメリットだと言えます。

 

長期レンタカーの代わりに利用できる、短期カーリース会社をピックアップ!

最後に、1カ月の短期から利用できるおすすめのカーリース会社の特徴をご紹介します。

リボーン・カーリース(リボーン・カーリース株式会社)

北海道、東北、東海、近畿、四国と広い範囲にわたってサービスを展開しています。車種などによって、月々16,200円(税込)から、月々22,680円(税込)から、月々29,160円(税込)からの3つの価格帯を用意しています。

リース料には車両使用料、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料などが含まれています。

「初回登録等手続き費用」(名義変更・登録費用、整備点検費用、エンジンオイル交換費用、各種油脂類の交換・補充費用)として、軽自動車は16,200円(税込)、普通自動車は23,760円(税込)かかります。

ワンコインリース(潮来自動車販売株式会社)

月々16,200円(税込)からのリーズナブルな料金でサービスを提供しています。月々のリース料には車両使用料、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検工賃が含まれています。契約時に「名義変更費用」として41,040円(税込)が必要です。

最長3ヶ月間、車をリースした後に中古車として購入できる「中古車販売システム」も利用できます。全国に貸出店舗があり、リース契約は貸出店舗と個別に行ないます。

今回見てきたように、カーリースは1カ月などの短期でもお得に利用できます。ですから「1カ月だけ車が必要」という方は、長期レンタカーだけではなく、こうした短期のカーリース会社の利用も検討してみてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

ペーパードライバーから抜け出したいのに車がない…そんなときはカーリースを活用しよう!

ペーパードライバーを抜け出したい!と思っても、急に車を買うのは事故のリスクの高さや気持ちの準備だけでなく、お金も必要ですので、簡単な決断ではありません。その点、カーリースはフラットな支払いで生活を圧迫することなく車に慣れるのに最適です。今回はペーパードライバーの方にカーリースがおすすめである理由を詳しく紹介していきます。

軽自動車を白ナンバーに変更できる!その方法を徹底解説!

あなたは軽自動車の黄色いナンバーを白ナンバーに変更できるのをご存知でしょうか?「そんなことできるはずがない」と言う方もいるかもしれませんが、実は今、期間限定で変更が可能になっているのです。実際に2017年4月から既に、特別仕様に変更できる軽自動車の白ナンバー交付が始まっています。

カーリースにもデメリットが存在する?リース車をお得に利用するポイントとは

車両購入を行わずカーリース会社が代理購入した希望車種を、月額利用料を支払うことで借り受け、自由に使用できる車のサブスクサービスとして賢い消費者に注目されるカーリース。ですが、そんなカーリースの利用で生じるデメリットをしっかり理解できておらず、トラブルになった…という方も多いのではないでしょうか。今回はカーリースのデメリットについて紹介していきます。