カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースなのに車がもらえる?カーリースの仕組みと満了後に車がもらえるケースとは

カーリースは車を借りるための契約ですから、最後には車を返却するのが基本です。しかし、契約方式によっては契約期間満了後に車をそのままもらえるケースもあります。では、どんな場合に車をもらえるのでしょうか?

カーリースの仕組みとは

まず、カーリースの基本的な仕組みについて見てみましょう。

カーリースはどんなサービスか?

カーリースは、月々のリース料金を支払うことで、カーリース会社から定められた契約期間に車を貸し出してもらえるサービスです。契約期間は3年、5年、7年などの長期に及ぶのが一般的です。

カーリースする車はレンタカーのように在庫の中から選ぶわけではありません。

カーリースの契約が成立すると、カーリース会社がユーザーの選んだ車をディーラーに発注して調達するという流れになります。ですから、カーリースのユーザーは様々なメーカー・車種から車を自由に選択することが可能です。

カーリースの場合、車の「所有者」はカーリース会社で、ユーザーは車の「使用者」という扱いになり、車検証にもそのように記載されます。各種税金の支払い、車検の手続きは車の所有者であるカーリース会社が行います。

さらに、整備点検、オイル交換、消耗部品交換などのメンテナンスをカーリース会社にお任せすることもできます。

カーリースの残価設定の仕組み

カーリースでは通常、車両価格から「残価」(契約終了時の車の予想残存価格)をあらかじめ差し引きます。これを「残価設定」と言います。

そして、その金額に、各種税金、自賠責保険料、車検代、メンテナンス費用などを上乗せして、月々のリース料金を設定するわけです。

カーリースは残価設定の方法によって「オープンエンドリース」と「クローズドエンドリース」の2つに分類することができます。

オープンエンドリースの場合、カーリース会社が契約時にリース期間終了時点での車の予想価格(残価)を明示します。そして、契約終了時には返却車両の査定額と残価の差額清算が行われます。

査定額が残価を下回った場合は、ユーザーがカーリース会社に不足額を支払います。上回った場合には、カーリース会社がユーザーに差額をキャッシュバックすることになります。

これに対してクローズドエンドリースの場合、カーリース会社が契約時に残価を明示しない方式です。契約終了時の清算もありません。

ただし、返却車両に不具合やキズがある場合には原状回復の費用を、走行距離制限を超過していた場合には、超過料金を請求されることもあります。

 

カーリースの契約期間が満了したら?

カーリースの契約期間が満了した時に、ユーザーは必ず車を返却しなければならないわけではありません。

車の扱いについて、以下の4つの選択肢をもらえるのが一般的です。

1 新しい車をカーリースする

車を返却し、新たに別の車をカーリースできます。カーリースでは契約期間が終わるごとに気軽に車を乗り換えることが可能です。

2 契約期間を延長する(再リース)

契約期間を延長できます。同じ車を引き続きカーリースさせてもらえるのです。この場合、最初の契約時に設定した残価から、再リースの契約期間が終了する時点での残価を差し引いてリース料金を改めて算出します。

3 車を買い取る

オープンエンドリースの場合、契約時に設定した残価で車を買い取ることができます(契約によっては買い取り不可としている場合もあります)。クローズドエンドリースでは基本的に車の買い取りはできません。

4 車を返却してカーリースを終了する

車を返却して契約を終了します。先程ご説明した通り、オープンエンドリースとクローズドエンドリースで返却時の手続きに違いがあります。

 

契約満了後に車がもらえるケースとは?

先程、契約終了時の4つの選択肢について見ました。一般的にはいずれかを選ぶわけですが、他にも車をもらえるというケースもあります。

リース車の所有権はカーリース会社にありますが、契約期間満了時にカーリース会社が車の所有権を解除し、車の「所有者」をユーザーにしてくれる契約プランがあるのです。これがすなわち、カーリースで「車をもらえる」ということです。

ユーザーは車の「使用者」だったものが「所有者」になりますので、車を好きに扱うことができます。もちろん、売却や譲渡も可能です。何年もリースした後だったとしても、人気車種でコンディションがよければ、高値で売れるかもしれません。

最後に車をもらえるプランは決して多くはありませんが、そのようなカーリースプランは確かに存在します。

なお、オープンエンドリースの場合は残価が明示されますので、最後に車をもらえるということはありません。車を自分の物にするには、残価で車を買い取る必要があります。

ですから、車をもらえるのは基本的にクローズドエンドリースもしくは残価設定が実質0円のプランということになります。

 

契約満了後に車がもらえるリース会社

契約満了後に車をそのままもらえるカーリースサービスをご紹介したいと思います。

カーコンカーリースもろコミ

7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」がありますが、どちらのプランも、残価設定0円のクローズドエンド方式がとられており、契約期間満了時に車をそのままもらえるシステムになっています。

車の損耗や走行距離制限超過などによって、清算金が発生する心配がありませんので、安心して車を利用することができます。

「もろコミ7」では契約開始から5年経過後、「もろコミ9」では7年経過後から自由に車を乗り換えたり返却したりできるようになり、違約金はかかりません。ただし、この場合は車を返却することになりますので、車の損耗状況によっては清算金が発生する可能性があります。この場合の走行距離の設定は月間2,000㎞となります。

オリックスカーリース

5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」という契約プランがありますが、「いまのりセブン」と「いまのりナイン」は契約満了後に車をもらえるプランになっています。

返却も可能で、「いまのりセブン」の場合は返却すると年間リース料の20パーセントをキャッシュバックしてもらえるシステムになっています。

「いまのりセブン」では契約開始から5年経過後、「いまのりナイン」では7年経過後に車を返却して中途解約できるようになります。違約金は発生しません。ただし、返却車両の損耗状況により費用を請求される場合があります。走行距離は月間2,000㎞の設定となっています。

カースマ

「カースマ」は「住友三井オートサービス」が展開するカーリースサービスです。いくつかプランがありますが、7年契約の「カースマ7」は契約満了時に車をそのままもらえる仕組みになっています。

「カースマ7」を中途解約する場合には、違約金が発生してしまいますので注意してください。なお、月間走行距離は1,000kmを想定しています。

 

このように、契約期間満了時に車をもらえるカーリースプランもいくつかありますので、「契約期間中はカーリースのメリットを楽しみ、最後には車を自分の物にしたい」という方は、こうしたプランを利用するとよいでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

車のリース期間はリース会社によってどう違うの!?リース会社各社を比較してみました!

カーリースを検討している方の中には「リース期間ってどれくらいで設定すれば良いのだろう?」と迷っている方も少なくないようです。確かにリース会社によって2年、3年、5年、7年、9年など設定されているリース期間は様々で、それによってリース料金なども変わってきますので慎重に選びたいところです。今回はリース会社各社のリース期間を比較してみましたので、カーリースを検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。

カーリースではどんな車種が人気なの?軽自動車と普通車に分けてご紹介!

カーリースではどんな車種が人気なのでしょうか?軽自動車と普通車に分けてランキングをご紹介します。ランキングは主に「オリックス自動車」(オリックス)や「コスモスマートビークル」(コスモ石油)などのカーリース業者が提携している「Yahoo!ショッピング」のサイト情報を参考にして調べました(2018年1月31日現在の情報)。

法人は車を購入するよりもカーリースの利用がお得?カーリースのメリットをご紹介

法人で社用車の導入を検討する際、購入とカーリースどちらがよりメリットの多い手段なのか、迷うことがあるのではないでしょうか。この記事では、法人がカーリースを利用した場合のメリットや注意点、利用の流れや審査についてなどを解説するとともに、法人におすすめのカーリースをご紹介します。

カーリースとカーローンの違いとは?自分に合った新車の買い方や乗り方を選択しよう!

カーリースもカーローンのように月々決まった額を支払っていく買い方です。似ていますが、カーリースとカーローンは少し異なります。この違いを把握しておかないと、後々、後悔してしまうかもしれません。車は大きい買い物なので、後から失敗したと思うことのないように、カーリースとカーローンの買い方の違いをしっかり確認しておきましょう。

無免許の人でもカーリース利用は可能?さまざまなケースをご紹介!

一般的に周知されつつあるカーリースですが、まだまだ、その詳しい仕組みはよく知らないという方も少なくありません。車を購入するのと、どんな違いがあるのでしょうか?購入より手続きや条件が複雑なイメージがありますが、実際どうなのでしょうか。 また、ここではカーリースをする際に「もしも免許をもっていなかったら?」というケースも紹介します。無免許なのに車を手に入れるというのは、どういうことなのでしょうか。実はこの状況は誰にでもあり得ることなのです。今はその状況になくても、万が一の時に役立つ情報として知っておきましょう。